<   2016年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

筑波DEデート♡ 青木葉峠編

…というわけで、長〜い前置きはこれくらいにして、ようやくライド編へ!(汗)







昨日、火曜日は代休取得。

車にpcblue号を押し込んで、常磐道を飛ばして、またしても筑波方面へ。






代休といっても朝から晩まで…というわけにはいかないのが子持ち中年男の悲しいサガ。

本当は早起きしてのんびり自走で…といきたいところなのですが、なかなかそうもいきません。



秩父方面もけっこうお金も時間がかかるし、近年は8時過ぎに家を出ると高速もけっこうな渋滞になってしまうので、やはり常磐道利用の筑波方面になってしまうんですよね。




さて、先週の筑波では思わぬ不動の通行止めもあり、そしてまだ復旧していない様子なので、今回は…














b0295234_14405222.jpg
【あっ、あの時パンク修理した場所だ…】
















不動&裏不動が走れないとなると、懸念となるのが「トゥリーの帰りをどうするか」。(そこかい!)


朝日峠もいまだに通行止めだし、恐怖の朝日トンネルは走りたくないし、十三塚は…(ママさんの頼みでも、もうカンベン⁉︎)。










なので、今回は思い切って車で朝日トンネルを通過♡







土浦北インターを筑波山方面に出て、ほどなくして右折してフルーツライン。

朝日トンネルを爆走して、「辻」交差点の先にある駐車場を利用させてもらいました。




この駐車場の片隅で、あの熱中症ライドの時にパンク修理したんだよなぁ…。
















b0295234_14463456.jpg
【さあR3のデビュー戦です。パンクしないでねっ】














出発時、なんと頭上に黒い雲があって、パラっと…。


そして、スタートの9時30分時点ですでに30℃を越えていて、まるで梅雨時のような蒸し暑さです。





幸い、この後、雨に降られることはなかったのですが、気温は34℃くらいまで上がるようで、湿度も強烈。けっこうハードなライドになりそうです。












しかしまあ、せっかくあんなにツラい仕事の山を乗り越えたのに、なんでまたわざわざ本物の山でこんなにツラい想いをしてるんだろう…。








自転車乗りって、本当に◯◯ですよねぇ⁉︎(好きな言葉を入れてください)

















b0295234_14514198.jpg
【さあ行くぜ、ツラい想いをしに♡】














b0295234_14514802.jpg













駐車場から朝日トンネル方向に出てすぐ「辻」交差点。






まっすぐ行けばトンネル。

右に曲がれば裏不動。

斜め右に行けば朝日峠。





そして今日は、初めて「左」に曲がりますよ。












左に曲がって長閑な集落の中を少し走って、ここを右折。













b0295234_14541952.jpg














すると…













b0295234_14544347.jpg
【山!】














Y字の分岐を右に行くと…













b0295234_14553727.jpg
【コンクリうちっぱ&刻み、いきなりキターーーーーーーーー!(狂喜乱舞)】

















少々ウォーミングアップ的なものが足りないかとも思いましたが、いきなりの「メインディッシュ」登場に歓喜(笑)。いやこれ、なかなかの斜度でございますよ。















b0295234_14565947.jpg















「林道弓弦線」(何て読むんでしょ?)



青木葉(あきば)峠に続く林道です。








以前、コメを頂いてから、ずっと気になっていた峠&林道。

今日最大の目的(デート以外で)は、この青木葉峠なのであります。







青木葉と書いて「あきば」だなんて、なんたってその名前がいいでしょう⁉︎



カッコいいというか趣があるというか、なかかなかない素敵なネーミングだと思うんですよね。













そして想像どおり、斜度もおステキ♡













b0295234_15025999.jpg















b0295234_15030997.jpg















おそらく余裕の10パー越えと思われるつづら折れが序盤から連続し、とってもいい感じです(苦笑)。


林道の雰囲気もなかなかワイルドで、はっきり言って、とっても気に入ってしまいました♡














さて、新調したタイヤ、「ボントレガーR3」25Cの第一印象ですが…









駐車場から走り出してすぐに感じたのは、やはり「R4 320」に比べての「硬さ」と、「漕ぎ出しの軽さ」です。







乗り心地に関しては、やはり「R4 320」に軍配。



例えるなら…



難しいんですが、どこか「布」っぽい「R4 320」に比べて、「R3」は「ゴムっぽい」⁉︎







「フワッスタッ」と振動を吸い込んでしまうような感触の「R4 320」に比べて、「R3」はより普通っぽいといいますか、段差での振動を「ドシン」とダイレクトに伝えてくる感じですね。

まあでもこれは「R4 320」が「良すぎる」と思われるので、おそらく他のタイヤと乗り比べたら、「R3」もかなりいい線いってる…と思われる乗り心地ではあります。よりゴムっぽい感触というか、材質が同じなのか似ているのか、ジテツウで使用している「AW2」に似た感触ですね。









そして、坂道での「漕ぎ出し」は、狙いどおり「R3」に軍配!








「R4 320」よりカラっと軽い漕ぎ出し感があって、25Cのネガも僕レベルのヒルクライムではまったく問題無しです。ただやはり、単純なグリップ力は「R4 320」の方が上のようで、ダンシングでズルっといく率は「R3」の方が高くなりました。なるべくシッティングで後輪に荷重をかけるような登り方がいいようです。ただまだ新品そのものでタイヤのバリも取れていない状態なので、表面が一皮剥けたらまた違った感じになるのかもしれません。






軽量なタイヤということで、もう少し「頼りなさ」もありのかなぁと思ったんですが、逆。そこは25Cであることも関係しているのか、思った以上にしっかりガッシリしていて、乗っていて安心感がある感じですかね。さすがに「R4 ROAD」23Cに比べるとタイヤそのものの重さを感じてしまいますが、それがいい感じで安心感につながっている感覚です。


やはり「安全第一」、ですからね。
















b0295234_15031953.jpg
【「ION 100R」も点滅で付けっ放し。暗い林道で何度か車と遭遇しましたが、とても安心感がありました】















b0295234_15180531.jpg
【「R3」はアメサイドではなく通常のブラックサイドになるので、見た目の精悍さが増すのもポイント高し】
















b0295234_15181661.jpg













それにしてもこの「林道弓弦線」は、なかなの雰囲気。


不動とも縦走路とも違う、どこか秩父的な重厚感があって、かなり気に入りました。






そして、何と言っても斜度がステキ!














b0295234_15205348.jpg
【ぬおおおおおおおおおおおおっ(笑顔)】




























b0295234_19332796.jpg

















いいですねぇ、弓弦線。



激坂一歩手前…みたいな坂がつづら折れで続く感じで、とっても美味しいっす!(笑)
















b0295234_19344554.jpg
【時折、開けた景色が出てくるようになると…】
















b0295234_19355701.jpg
【唐突にゴール】














青木葉峠、獲ったり〜!!!














b0295234_19364056.jpg














登った距離的には3㎞くらいでしょうか。


距離といい斜度といい、「ちょっと物足りないな〜」というくらいの、ちょうどいい感じです。


ここはまさに「穴場」ですねぇ〜。














b0295234_19382067.jpg
















青木葉峠を過ぎたら、気持ちのいい林道を反対側へと下りますよ。














b0295234_19390768.jpg















b0295234_19391828.jpg
【紅葉の時期は綺麗なんだろうなぁ〜】














しばし重厚な森のダウンヒルを楽しんでいると…













b0295234_19400335.jpg
【⁉︎】













どうやら湧き水のようですが、湧いてないような…



しかし、少し下ったところに…














b0295234_19411834.jpg
【あった!】














b0295234_19413799.jpg
















「金命水」という湧き水のようで、ちゃんとした表示があるし、僕の前に軽トラで汲みに来ている方もいたので、たぶん大丈夫なんでしょう、ということで…














b0295234_19425737.jpg
【ガブ飲み】














b0295234_19431725.jpg
【ンマーーーーーーイ♡】















すっきりしていて、どことなく甘さみたいなものもあって、美味しいお水でした!



ひとしきり飲んだあと、ボトルも満タンにして、再出発。

さらに下っていきます。
















b0295234_19443214.jpg
【いい景色】















しばらく下ると、こんな十字路に出ました。














b0295234_19445636.jpg
【左に行くと三ツ石森林公園、右に行くと雪入ふれあいの里、というところに出るようです】














b0295234_19461567.jpg
【右に曲がると、こんな大きな桜が!】















b0295234_19463693.jpg
【これは春にも来なくちゃいけないですね】















b0295234_19465705.jpg
【こんなT字にぶつかるので、右にいくと…】
















b0295234_19472916.jpg
【少し登って、着きました】












どうやらここはビオトープ的な自然公園のようで、おそらく地元の小学生なんかが野外授業で来たりするんだろうな〜という雰囲気でした。


















b0295234_19494656.jpg

















b0295234_19495764.jpg
【しばしザリガニを観察して、出発】

















b0295234_19503113.jpg
















b0295234_19504292.jpg














b0295234_19505238.jpg















b0295234_19510349.jpg














「雪入ふれあいの里公園」から東側に下っていくと、長閑な田園風景から住宅地へと変わり、県道64号線に出ました。


青木葉峠、よかったなぁ〜。









左折して県道に入り、千代田石岡方面へと平地を爆走します!




〈つづく〉













にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-09-07 19:56 | ヒルクライム | Comments(10)

予告2 〜回し者ではございません⁉︎〜

昨日は遅れてきた「ぼくのなつやすみ」。


代休利用で筑波エリアの新規開拓に行ってきました。








先週、久しぶりのお山でいきなり「つくば道」&「十三塚」をかましてしまった僕…。


さいわい脚へのダメージはなかったのですが、少々刺激が強すぎた感があるので(苦笑)、今回はいつもの「のんびりまったり」で行くことに。





それにしても奥が深い筑波エリア。


不動、風返し、つつじヶ丘、湯袋…という「メインストリート」以外にも、まだまだたくさん「美味しい坂」(⁉︎)があるんですよね。




そして今回は、以前、読者の方にもコメを頂いてずーっと心に引っかかっていた「あの峠」に初挑戦することを第一目的にすることとしました。







その峠、まずは名前がいい!






なんかオシャレというか趣があって…






そんな素晴らしいネーミングのこともあって、以来、「行ってみたい!」と思っていた峠でした。


それに、どうやらなかなかの斜度みたいですし…(笑)。







さあ、まだ見ぬ筑波エリア、いったいどんな坂が待っていてくれるんでしょうか?















…と、その前に…


















b0295234_09411132.jpg
【⁉︎】





























…はい、いきなりの「物欲編」でございます(爆)。













タイヤだぁ〜!












春、秩父で軽量タイヤ「R4 ROAD」が逝ってしまった後は、去年の冬に購入した「R4 320」を再度装着していたわけですが…。







ボントレガーの「R4 320」というタイヤ、ちょいと重い(230g)のがアレですが、TPI320コットンケーシングの乗り心地はもう最高の一言で、素人の僕でもその違いがはっきりと分かるほど気に入っています。


グリップも最高で、本来はバンクを高速で駆け抜けるようなレース仕様を念頭に開発されたタイヤのようですが、僕的にはこれまで履いてきて「やや低めの空気圧でのんびりまったり平地を流すのにも最高」、という印象です。


最近は江戸川を走る時などは6.5気圧くらいの低圧を試しているのですが、低圧の方がよりコットンケーシングの柔らかさが際立つのか、荒れた路面箇所でも「コトンコトン」という感じで、もう最高の乗り心地。なんの不満もありません…というどころか、改めて最高に気に入っているわけであります。


タイヤそのものの作りもすごく丁寧で、トレッド面の造形だったり滑らかさみたいなものは、バイクに乗っていて視覚的にも「いいタイヤに乗ってるな」という満足感がすごくあります。




ただこれがヒルクライムとなると、その重量と、さらに「すごくいいタイヤを坂でグリグリとすり減らしている」という言いようもない罪悪感というか、「もったいない感」に苛まれ…





特に前回は激坂が二連発だったこともあり、「ああ、これはもったいないなぁ」と。







…と、そこで急浮上してきたのがタイヤ交換。







もちろん、外した「R4 320」は取っておいて、また冬の平地オンリーの季節になったら登場願おう、というクリンチャーならではの利用方法も出来ますしね。






そして、これから秋にかけてのヒルクラシーズンを共にするタイヤとして急浮上してきたのが、今、仲間の中でも装着者続々のド定番、「コンチネンタルGP4000sll」です。



GP4000といえばもう説明の必要がないほど定番中の定番ハイグレードタイヤで、軽さ、転がり、耐久性…とどれを取っても一級品の名作。僕もマドン4.5で25Cを履いていましたが、もう何も文句もないタイヤで、軽い漕ぎ出し感、巡航時の転がり、耐久性の高さ…と、とても好印象でした。「ll」にモデルチェンジしましたが、その性能は正常進化でますますよいタイヤになっているようです。

僕の場合、ライフの後半はジテツウのみになっていたので、それほどハードに使用していたわけではないのですが、それでも3年近く平気で持ってしまう耐久性も圧巻でした。

ジテツウなので走行距離的にはさほど伸びていなかったと思うのですが、ガツンと歩道に乗り上げたりもしていたことを考えると、ジテツウだからこそ荒っぽく使っていた場面もけっこうあったように思います。


今、マドンにはさらに耐久性重視で「ボントレガーAW2」25Cを履かせていますが、走行感の軽さだけをいえば、やはり「GP4000」の圧勝と言わざるを得ません(お値段も圧勝なので仕方ないのですが…)。

難と言えば「やや太め」ということくらいで、23Cで実質24Cくらい、25Cで27Cくらい…というところでしょうか。元来細めのタイヤが好きな僕としては、買うなら迷わず23Cかな、という感じです。

あとは、若干乗り心地が硬めということで、これは類まれな転がりの良さとトレードオフといったところでしょうか。ただ硬いといっても耐えられないような硬さではなく、あくまでも「若干」ですよね。







そんなこともあり、実は自分の中では「GP 4000sllの23Cで決まり!」と、ほぼ心は決まっていたのですが…。












某日夜、ショップ店長と密談。

「GP4000sll」23Cと「ボントレガーR3」25Cを前に、最終決断の時…。











どちらを選ぶか…という前に、まずは店長から23Cと25Cについてお話がありました。










「転がり抵抗うんぬんの話の前に、最近のワイドリムホイールでの23C使用というのは、当然クリンチャーの場合、タイヤが両ビード側に引っ張られる形になりますから、極端に言うと断面がのっぺりと潰れてしまうんですよ。そうなると、タイヤ本来が持つクッション性だったり、転がりだったり、バイクを倒した時のグリップ力だったりが、十分に発揮できなくなってしまうんです。そういった意味でも、ワイドリムホイールをお持ちのお客様には、まずは安全面を第一に考慮して25Cをお勧めしています。確かに登りのことだけを考えるならば軽量第一の23Cもアリなのですが、登れば必ず下りがあるわけじゃないですか。そうなると断然、25Cの方がタイヤのグリップ力が常に自然な感じで発生して、ひいては安全なんです。なので、pcblueさんが『今度のヒルクライムレースでどうしても勝ちたい!』とおっしゃるならば、私も23Cをおすすめするかもしれません。でもそうでないならば、やはり25Cをおすすめします」











「23C信者」の僕ですが、この店長の真摯な言葉には陥落しました。









見た目の細さや登りの軽快さよりも、まずは「安全」。



確かに、レースやTTに無縁な僕みたいな人間こそ、転がり抵抗うんぬん以前に、使っているホイールにマッチしている25Cなんですよね。。。










そして次に、「GP4000sll」か「R3」か。











最初に店長には「GP4000sllの23Cが第一候補」と伝え、次に、軽量な「R3」も気になっていて、まだ迷っている…と伝えてありました。





「ボントレガーR3」が最終候補に残っていたのは、「R4 ROAD」の印象がすごくよかったのと、やはりその軽量性。25Cでも200gジャストに抑えてあり(「GP4000sll」23Cは205g)、GP4000sllの23Cは実質25Cに近い太さとはいえ、25Cで23Cを下回っているのです。これはヒルクラ好きにはやはり魅力的です。


店長は「ビットリアやミシュランの新作もいいですよ〜」とのことだったのですが、なぜか「R3」に惹かれたんですよね。













「はっきり言って、これはもう好みですね。どちらもよいタイヤですし、どちらを選んでも後悔はないはずです。あえて言うなら、転がりの軽さ&耐久性重視なら「GP4000sll」、重量の軽さ&乗り心地重視なら「R3」…というところでしょうか。あとはお値段ですかね(笑)。2本だと、「R3」の方が5000円近く安く済みます」










うむむむむ……












けっこう悩んだ末に手にとってレジに持って行ったのが、冒頭の写真のタイヤでした。











ボントレガー「R3」25C!(D.S.Dさん、浮気しませんでしたよ〜/笑)
















ほんとはね、「チームGP4000」結成で仲間とおそろで走る…というのも妄想したのですがね(りょうたパパさん、rinyaさん、ふきみそさん、スミマセン♡)。





「R3」と言えばTREK乗りとしては定番中の定番タイヤですし、こちらも一度は乗っときたいというのもありまして(旧R3はマドンで使っていた時期がありまして、実はその時の印象もかなりよかったんですよね)。

ま、「GP4000」は「最後に戻る場所」として取っておこうかなと…










「R3って実はなかなかコスパのいいタイヤで、実はこの価格帯(5000円)で25Cで200gって、他になかなかないんですよ。23Cだと195gですしね。耐久性も、さすがにGP4000には敵いませんがちゃんとありますし、ケーシング値(120TPI)のわりには、ゴム質の影響で乗り心地もソフトですから」








そして、「GP4000sll」を買うつもりで来ていたので、浮いた予算で…





















b0295234_09413243.jpg
【!】





















はい、軽量ついでにボントレガーから新登場の小型フロントライト、「ION 100R」です。







僕が愛用しているフロントライトは、同じくボントレガーの「ION 700」なのですが、最大700ルーメンという原チャリ並みの明るさと、三段階の明るさ+点滅二種類…と使い勝手も最高です。







ただひとつ、べらぼうに重いんですよね。






測ったことはないんですが、例えるならば超合金的な重さ(爆)。





金属ボディで重厚感や高級感、そして見た目のスリム度合いもバッチリなんですが、ハンドルに取り付けるとはっきりと「重い」と感じられてしまうくらいのズッシリとした重さなのです。これはヒルクラには…






…とそこで今年のTREKワールドで発表されたのが、軽量な「ION 350R」と「ION 100R」。





「ION 350R」もプラ外装でかなり軽量で惹かれたんですが、「日中のヒルクライム使用前提」と考えると、店長いわく「ION 100Rで十分ですし、被視認用の点滅は明るさ自動認証二種類、通常ライトは最大100ルーメンと控えめですが、トンネル通過や比較的明るい街中の幹線道路などなら問題ないです。私もいま、通勤路で使ってるのですが、勝手知ったる道であれなまったく問題ないです。何より軽いですから、まさにヒルクライム用と言ってもいいくらいですよ」




以前、ボントレガーにあった小型の「グローライト」というのを僕も使っていたのですが、アレは明るさ的にもかなり頼りなく、電池もボタンで(新しい「ION 100R」はUSB充電)、すぐに接触も悪くなって…とあまりいい印象がなかったのですが、今回の「ION 100R」はかなりグレードアップしているようです。



また、最近のボントレガーは安全面を考慮した「視認性」にすごく力を入れているようで、今回の「ION 350R」や「ION 100R」の登場も、その一環とのこと。つまり、夜間走行用というよりは、日中の被視認性を重視した製品で、まさに林道のヒルクライムなどにはもってこいとのことです。


薄暗い林道を「こんなとこ、車なんて来ないよね〜」なんて思いながら走っていると、いきなりカーブの先からけっこうなスピードで車が現れ…っていう経験、ありますよね。





とてもびっくりするんですが、見るとだいたい、車の運転手はもっとびっくりしています(笑)。

まさかこんなところを自転車が走っているとは、向こうも思わないんですよね。





特に、勝手知ったる地元のドライバーならまだいいのですが、観光で来て林道に迷い込んじゃった的な車って、けっこうなスピードを出しちゃってたりするじゃないですか。そんな場面で最大限こちらの自己防衛的な意味でも、日中の前後ライト点滅は必須ですよね。























…というわけで、「GP4000sll」が「R3」+「ION 100R」に化けてしまいましたが…









わたくし、お世話になっているショップに義理は大いに感じておりますが、決してボントレガーの回し者ではございませんから!(爆)











さてさて、新しく導入した2アイテムを携えて、NEW筑波エリアに行くとしますか!(引っ張るね〜)









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-09-07 11:18 | インプレ | Comments(6)

予告 〜ぼくのなつやすみ〜

b0295234_21105899.jpg




















暑い暑い一日となった今日、「夏」を取り戻すべく、またしても彼の地で癒されてきました♡




例によって引っ張るほどのたいしたライドではないのですが、日本代表戦が始まるので、本編は明日で♡










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-09-06 21:13 | ヒルクライム | Comments(0)

思い切って走り出そう!

今日日曜日は、もともと日中の自転車OKをもらっていました。


しかし、近づくにつれて天気予報は悪くなり、ついには降水確率80%。


本当はりょうたパパさんとLINEで「車載で筑波でも」…なーんて画策していたんですが、昨日のパンデモルデミーティングでDNS決定。お互いKS専念…ということに。




そして今日、日曜日。




てっきり朝から雨だと思っていたのでゆっくり起き出してみたら…










「降ってないやんけ!!!」










ま、すぐに降り出すんだろうな…と思いつつKS活動に勤しんでいたわけでありますが、雨が降るどころか時折晴れ間も…。






いったいどうゆうことよ⁉︎






確かに怪しい雲は多いものの、結局、午後になっても本格的に降り出す気配はなく…。





でもね、これって意を決して走り出したら即、雨…という「あるある」だよなぁ。











「よし、グジグジ悩んで結局走らないなら、走って降られた方がいいじゃないか⁉︎」






気がついたらジャージに着替えてました。















b0295234_21315214.jpg

















案の定、家を出て江戸川に入るまでの僅かな時間で、空はみるみる真っ黒に。












ええい雨よ、来るなら来い!















b0295234_21330804.jpg
【来た…】
















左岸に入って南下し始めて、僅か3㎞のところで大きめの粒の雨が。



早いよ…。



思わず四阿の下に飛び込んで、うらめしく空を見上げてしまいました。






それでも5分ほど待っていたら小降りになってきたので、意を決してリスタート!


このまま帰ったらライド史上最短距離を更新しちゃうからね(苦笑)。
















b0295234_21362996.jpg
【葛飾橋から北を向いて】

















b0295234_21372585.jpg
【右岸。左半分が雨、右半分が快晴⁉︎】














どうやら雨は超局所的なようで、右岸に入る頃にはもう晴れ間が。


しかし、ものの2分くらいで、再び雨…。


いったいどうなってるんだ〜。














b0295234_21385233.jpg
【MY天然スタジオで一枚撮ってから…】














b0295234_21392708.jpg
【駆け込む…】















b0295234_21401984.jpg
















今度はさっきよりも大粒の雨。



いよいよ本降りかなぁ…とションボリ。



しかし…















b0295234_21404529.jpg
【またすぐに晴れてきた!】



















もうこれは本降りだろうと観念したのですが、またしてもみるみる黒い雲が去って行って、晴れてきた!










いや〜、これも普段の行いだよなぁ〜♡














b0295234_21421695.jpg
【再々出発!】
















b0295234_21423701.jpg
【右岸を北上。南を向くと、快晴】















b0295234_21431456.jpg
【進行方向北は、まだ真っ黒】


















b0295234_21433694.jpg
【そして左側、西は不思議な空…】
















b0295234_21443060.jpg
【どうやら雨雲は南から北に上がっていったのかな?】
















b0295234_21450266.jpg
【風ひろば。こんな時の自転車乗りは「同士」。「雨雲は北に向かってるね。まだグイグイ北上しない方がいいみたいだね〜(笑)」。休憩中の見知らぬ者同士、会話も弾みます】













b0295234_21482361.jpg
















b0295234_21460290.jpg











流山橋付近の路面は完全にウェット。ついさっきまでけっこう降っていたことが窺い知れました。



ほんと今日は、不思議な天気です…。













b0295234_21501059.jpg














濡れた路面に太陽が照りつけ、蒸し風呂状態。


かなり暑いのですが、自転車に乗れる喜びがそれを上回ります。


やっぱり思い切って出てきてよかった!















b0295234_21515349.jpg
















b0295234_21520312.jpg
















b0295234_21521490.jpg














b0295234_21522915.jpg















b0295234_21524296.jpg
【玉葉橋から】















そしてもちろん…













b0295234_21533429.jpg
【ウマーーーーーーーイ♡】
















久しぶりに「碑の前チチヤス」。



うん、うまし。















b0295234_21544461.jpg















しばしまったりとチチヤスを楽しんだ後、再び江戸川へ…













b0295234_21552815.jpg














今度は西の空がすごいことになっていて、雲間から「梯子」がいくつも…















b0295234_21560545.jpg

















見るたびに表情を帰る西の空を堪能しながら、ゆっくり、ゆっくりとペダルを回します。
















b0295234_21571014.jpg
















b0295234_21573287.jpg















b0295234_21574326.jpg

















流山橋をわたって、本日の最終エイドへ。





















b0295234_21585895.jpg
















b0295234_21592225.jpg
【けっこう蒸し暑かったので、抹茶フラッペが染みた〜】




















お山行きがツールド・チチヤスになってはしまいましたが、



やっぱり思い切って走り出したら、いいことあるよね♪



















最終エイドを満喫した後は、再び流山橋を渡って左岸に入り、西の空を楽しみながらゆっくりと家路へ。



そこからがまた、至福の時間でした。















猛烈な忙しさが去り、4日連続の自転車。




この幸せをかみしめて、明日からまた心機一転、頑張るとしますか。























b0295234_22025480.jpg















b0295234_22030663.jpg















b0295234_22064400.jpg















b0295234_22065962.jpg
















b0295234_22071437.jpg
















b0295234_22072957.jpg


















b0295234_22061568.jpg















b0295234_22080450.jpg















b0295234_22082559.jpg


























あまりに気持ちがいいので、家の前をスルーし、葛飾橋まで行ってからUターンしました(笑)。




















b0295234_22094332.jpg
















b0295234_22100806.jpg















b0295234_22102645.jpg








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-09-04 22:11 | サイクリングロード | Comments(14)

至福のふたり朝練

激闘の筑波(苦笑)から一夜明けた昨日。

午後から仕事だったのですが、午前中の2時間だけ江戸川を常夜灯公園まで走ってきました。





いちおう写真は撮ったんですが、いつものクセで、今朝、出発時に初期化してしまいました。



ま、「あずま家」のアイスコーヒー&行徳焼き(いわゆる「どら焼き」)の写真がメインなので、いっか(爆)。








そして今朝は気合の2時30分起き!







身支度&食パン1枚を頬張って、顔を洗って3時過ぎに出発。















b0295234_12391855.jpg














目覚ましなしでオッサンを深夜に起こしてしまう自転車の魅力って、すごいですよね〜(苦笑)。














b0295234_12400253.jpg















幸い雨は降っておらず、でもしっとりと湿気をまとった空気の中、快適な江戸川ナイトライド。





門限は8時(キビシー)。

残念ながら明日は雨予報になってしまったので、貴重な自転車時間です。
















b0295234_12412373.jpg
【葛飾橋で右岸に渡って北上し、風ひろばにて】

















まだ真っ暗なのにけっこうな数のジョガーが。みなさん、早起きですね〜。


自転車乗りもチラホラ。

スライドする時、なんとなく感じる連帯感が嬉しい。


















b0295234_12423906.jpg















雲が多く、朝焼けはほとんど期待してなかったんですけど…。
















b0295234_12433800.jpg















b0295234_12434891.jpg














なかなか味のある朝焼けを楽しめました。
















b0295234_12441549.jpg














玉葉橋、野田橋を越えて北上していると…






最近、自転車に鬼はまり(誰のせい⁉︎)なりょうたパパさんからLINE。


玉葉橋付近にいらっしゃるということで、もちろんUターン!
















b0295234_12452590.jpg















b0295234_12453630.jpg
【おはようございまーす!(笑)】















「まさかこんな時間に江戸川を自転車で走るようになるとは、思いもよりませんでしたよ(笑)」










かなり乗り込んでいるようで、会うたびに精悍さを増しているりょうたパパさん(ウェアが!)。


自転車の魅力…いや、魔力ってすごいですよね〜。










ふたりで玉葉橋を渡り、運河方面へGOです!

















b0295234_12481844.jpg
【ヴォーーーーーーーーー】















まるで夕方のような不思議な空を眺めながら、ふたりでペダルを回す朝。


最高ですね。













b0295234_12494758.jpg
【トイレ休憩(笑)】
















b0295234_12500676.jpg















「すごい雲ですね〜」と後ろを走るりょうたパパさん。



朝陽のオレンジに照らされた不思議なウロコ雲…。



なんとなく「秋」を感じます。


















b0295234_12521839.jpg

【運河から利根川へ】















前後にまったく人がいないことを確認して、ふたりで少しだけおしゃべりしながら並走。



話の内容は、「峠」と「RAPHA」(爆)。



た、楽しい…。



















b0295234_12514668.jpg
【今日は裏道ではなく、新大利根橋を渡ってそのまま大通りを手賀沼方面へ】




















ちょいとペースを上げて、手賀沼、大堀川からアドベンチャールートであのお店の開店時刻を目指す!


















b0295234_12550216.jpg














b0295234_12570431.jpg
【お気に入りのポケットパークでトイレ休憩(笑)】















b0295234_12580927.jpg
【りょうたパパさん絶賛のGP4000sll。「チームGP4000」、僕も加入しちゃおっかな⁉︎】

















b0295234_13053694.jpg














しばしのおしゃべりの後、アドベンチャールートを駆け抜けて…















b0295234_13062990.jpg
【出た!(笑)】


















b0295234_13065030.jpg















まるで計ったように開店時刻7時ジャストに到着。



最近、新作のパンがドドっと増えて、けっこう頑張ってる「パンデモルデ」さんです。

















b0295234_13080873.jpg
【フランクに、新作のパンプキンパン。これがなかなか美味しかった〜!】














b0295234_13084610.jpg
【りょうたパパさんは「甘々コンビ」で糖分補給(笑)】















朝陽を浴びて明るいテラスで、峠談義、ウェア談義、子育て談義、そしてメンバー談義…(みんな、クシャミ出たっしょ⁉︎)。












今の自分にとっては、かけがえのない大切な時間。

ささやかだけど、楽しい自転車生活…。










けっこう走れた70㎞。

そして、美味しいパンと他愛のない会話…。







りょうたパパさん、楽しい朝の時間を、ありがとうございました。












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-09-03 13:13 | サイクリングロード | Comments(10)

激坂・トゥリー・激坂 後編

賑わうパラグライダー場をスルーして、そのまま縦走路を北上。


極上のアップダウンを堪能しながら、久しぶりの「山」をじっくりと味わうのでした。















b0295234_21590772.jpg

















b0295234_21592033.jpg















b0295234_21593138.jpg
















もうね、基本、自転車はどこ走っても楽しいんですが、やっぱり山は格別。


体の中に溜まったものがジワジワと滲み出て、木々が吸い取ってくれているようです。


この感覚は、何回味わっても最高ですね。

















b0295234_17383076.jpg
















b0295234_17384231.jpg














b0295234_17385429.jpg
















尾根沿いは気温も低く、快適そのもの。


そして、あっという間にこちらへ…

















b0295234_17394573.jpg
【久しぶりの一本杉峠】

















急にパっと開けたところにある一本杉峠の碑。


近くにイノシシの死骸があってドキッ。


なんか今日はワイルドだなぁ。












さてさて、ここからパワーウインドまでがなかなかの登り坂。


さあ、気合入れていきますよ!

















b0295234_17414575.jpg
【ぬおおおおおおおおおおっ(笑)】
















最後の難関、10%越えの坂を(まだ「つくば道」のおかげで感覚が麻痺していたので)笑顔でやり過ごすと…



















b0295234_17423864.jpg
【着いた!】
















巨大な風力発電、パワーウインド下に到着です。よっしゃ!











ここでまたワイルド事件⁉︎



風車の下でしばし休憩した後、リスタ−トしようと自転車にまたがると…








なんと目の前に5、6匹の野犬の群れ!








幸い、僕の姿に驚いてきびすを返して森に逃げていっていきましたが…
















b0295234_18050396.jpg
【道の奥の方に逃げていく犬たち、分かります⁉︎】















ちょっとドキドキしながら採石場の横を通り過ぎ…
















b0295234_18055363.jpg


















b0295234_18055903.jpg














b0295234_18062165.jpg
















b0295234_18063749.jpg














登りは終わり、見事な杉林の中をダウンヒル。















b0295234_18070706.jpg















b0295234_18071930.jpg














b0295234_18073006.jpg
【縦走路、走破!】


















荘厳な杉林を下りきってのどかな風景が広がれば、縦走路は終了。


つきあたりの道路を左に行けば「岩瀬駅」からりんりんロードへ。

右に行けば、平地をグルっと回って八郷へ。








もちろん、「あのお店」がある右、ですよねー。














b0295234_18121692.jpg














ずっとくらい森の中にいたので、明るい平地が眩しい…。


このあたりの平地の雰囲気がまた最高で、長閑な田園風景の中を快走!















b0295234_18133787.jpg













…と、道沿いに味のあるヤマザキを発見。



そういえば補給らしい補給をしてなかったなぁということで。


















b0295234_18144575.jpg














b0295234_18145964.jpg
【最強の補給食、それはあんぱん!】

















賞味期限が迫っていたので、おば…いや、おねえさまが10円サービスしてくれました♡



店前のテラス(立ち食い)であんぱんを食べて、再出発。














b0295234_18165531.jpg
【交通量はそれなりにありますが、いい道です】















右手には、さきほどまで入っていた縦走路のある山並みが。














b0295234_18175652.jpg
【パワーウィンド、分かります?】





















平地は暑いには暑いのですが、もうあの真夏の暑さではないですね。


切り裂く空気はカラっと爽快で、気分良く流していると、見えてきましたよ〜。














b0295234_18183488.jpg
【キターーーーーーーーーーーー!】

















ここに来るのを夢見て、仕事頑張ったんだよ〜(涙)。












「あら、久しぶりですね〜!」














ドアを開けると、あの元気なママさんの笑顔が迎えてくれました。



ちょうどランチタイムも終わり、お客さんはゼロ。


気兼ねなくのんびり出来そうです。



















b0295234_18214560.jpg
【癒しの空間】














b0295234_18222300.jpg
【いつも明るく元気な笑顔で迎えてくださるママさん&スタッフさん。ありがとうございます】















実は今日、一番来たかったのがここ、「トゥリー」。


縦走路を走りながら、ずっと「ポークソテーかカレーか」で悩んでおりました(爆)。











ポークか、カレーか、ポークか、カレーか…。












あまりにも悩みすぎて、しまいには「いっそポークカレーか⁉︎」などと訳のわからないことを考えながら(そんなメニューはありません)、縦走路のアップダウンを耐え忍んでいたのです。












しかし、テーブルに座ると腹は決まりました。


ママさん、今日はカレーにします!








注文を終えてトイレに行き、戻ってくると…






なにやら店内に香ばしい香り。





はて、カレーってこんな匂いしたっけなぁ、なんて思いながら席に着くと…












「はい、これサービスね♡ ちょうどカレー用の鶏肉を仕入れたところだったから、特別よ〜」














b0295234_18291504.jpg
【唐揚げ! ママさん、惚れてまうがな…】

















b0295234_18294695.jpg
【ふわっふわ!】















「うまーーーーーい!(宮川大輔風で)」













揚げたてなのもあるのでしょうが、それにしてもふわっふわのトロットロ!


こんな美味しい唐揚げ、お世辞抜きで初めて食べたよ…。













「地元のお肉なのよ〜。やわらかくてジューシーで美味しいしょ⁉︎」











いやはやママさん、参りました…。



3個も出てきたので最初は食べられるかなぁと思ったんですが、一瞬で2個がお腹の中へ。


そして…














b0295234_18321912.jpg
【キュウリも食べられるようになったよね〜(笑)。ほんと、ここのキュウリは青臭くないんです! いまだにここ以外でキュウリは食べられない(…というか、近くにあるだけで逃げ出すほど)ので、やっぱり違うと思います】















そして…

















b0295234_18340360.jpg
【八郷の野菜を使った「やさとぼんちカレー」。絶品】















そして、こうなるよね〜。















b0295234_18355544.jpg
【唐揚げ、残りの1個を投入!(爆)】

















絶品のインドカレーとチキン、そして唐揚げのハーモニー。



ああ、もう死んでもいいよ…。

















一瞬でカレーを平らげると、間髪入れずにママさんの波状攻撃。






「手で豪快に食べてね♡」






お次は一本漬のなすが登場!(これも青臭くなくて、絶品。写真撮り忘れた/苦笑)






さらに…














b0295234_18371415.jpg
【ママさん、愛してます♡】















やはり採れたての梨とマスカットがサービス。




これってやっぱり…

















「オレら、付き合ってるよね…」

















コホン、失礼いたしました…。
















b0295234_18400286.jpg
【水が美味しいせいか、アイスコーヒーも透き通るような美味しさ。ちょっぴり苦味も強調されて、恋の味⁉︎】


















アイスコーヒーを飲み終えると、もうさすがにお腹いっぱい。



あとはママさんとゆっくりトークを楽しんで、至福のひととき♡




しかしこの後、店内に衝撃が走るのでした。



















いろいろな話題から、さてそろそろ行きますか、というところでママさんが驚きの一言。
















「不動は通行止めだし、帰りは朝日トンネルかしら。いや、それだけ食べたんだから十三塚よね〜」















じゅ、じゅ、じゅ…、十三塚!












思わず飲んでいたお冷を吹き出しそうになる僕。




ママさん、十三塚、知ってるのね⁉︎













「車でも通りたくない道よね〜。でも今日は唐揚げパワーで余裕よね♡」












い、いや、まぁその…















「ももも、もちろん! もとよりその予定でしたよ!!!(キリッ)」
















恋ってつらいなぁ…






















「それじゃ、がんばってね〜。転んで動けなくなったら戻ってきてね〜♡」












いやママさん、動けなくなったら戻ってこれないと思うんですけど…。














綺麗どころ二人に見送られて「トゥリー」を出発。


本当は右に出て朝日トンネル爆走、の予定だったのが、(シブシブ)左へ。












やってやるぜ…
















b0295234_18471871.jpg
【なんでこうなるの⁉︎(涙)】














前方にそびえる筑波山が、心なしか不気味に見えるのは気のせいだろうか…













b0295234_18484143.jpg
【すでに10パー(たぶん)】














道沿いにあるのは果樹園。


そのほのぼのとした雰囲気とは裏腹に、奥に向かってスーっと伸びていく坂道…。







その雰囲気にごまかされるんですが、斜度はすでに10パー付近と思われ、とにかく体が重い…。


いや、やっぱり食べ過ぎたか…⁉︎










果樹園地帯を抜けると、道は不気味に蛇行を始め、斜度は緩まるどころかますますおかしなものに。


そして…













b0295234_18515973.jpg
【でたっ、赤いガードレール!(ガクブルっ)】













この坂に来たのは、確か二度目。pcblue号を買ってほどなくした頃じゃなかったっけ。


あの時、「もう二度と来るまい」と心に誓っていたのに…。








十三塚、別名「イノシシ落とし」!








その怖すぎる別名がピッタリな超激坂は、まだまだこの先に…












赤いガードレールに、あの時の記憶がありありと甦ります。
















b0295234_18552364.jpg
【赤いガードレールの後は、「赤滝」。笑えねぇ…。そして、見にいく余裕なし】














b0295234_18561115.jpg
【や、ヤベぇ…】

















赤いガードレール区間、そして「赤滝」看板を過ぎると、道幅は一気に縮小。








いよいよくるぞ…






















b0295234_18573799.jpg
【キターーーーーーーーーーー!】



















b0295234_18582703.jpg
【これ、アカンマークや…】















激坂マークが刻まれたコンクリ打ちっ放しの道が出てきてからは、まさに恐怖の超激坂。


「つくば道」と同じくらいか、それ以上か…⁉︎








一回止まるとクリートキャッチはほぼ不可能と思われるので、写真も撮らずにひたすら登る!








足が痛い…というより、背中がいてぇ…














どうにか中盤に差し掛かった頃、後ろから「ブロロロロロ〜」と車のエンジン音。


道幅狭く危険なので、無念の足着き…


















b0295234_19060297.jpg
【写真だとそうでもないように見えるんですけど、あの車、最後まで登れるのか⁉︎…とこちらが心配になってしまうほど】


















軽自動車をやり過ごした後、命がけのクリートキャッチ(成功!)。






ラストの激坂つづら折れを一気に駆け上がって…














b0295234_19090774.jpg
【助かった!!!】


















愛する人の頼みでも、もう二度と来ないよ…。














b0295234_19094239.jpg
【さらば、いのしし落とし!】















ほんと、ここは本当にヤバいですし、冗談抜きで興味本位で侵入するのはやめた方がいいです。


よい子は不動、風返し、そしてつつヶ丘、縦走路…などで楽しみましょう〜。














十三塚を登りきった後、風返し峠で呼吸を整えて、神社側にダウンヒル。


激坂って背筋が痛くなるよね…(苦笑)。














b0295234_19133683.jpg
【ついでに「つくば道」をダウンヒルしてみる♡】













最後は背中だけじゃなく、握力がなくなりました…(つくば道のダウンヒルも、よした方がいいです)。
















b0295234_19152923.jpg
【超低速で下りきって、ホッ】














激坂、トゥリー、激坂。










まさかの不動通行止めから思わぬ展開になってしまった久しぶりの筑波、久しぶりのお山でしたが、終わってみれば記憶に残る楽しい一日…だったかな(苦笑)。














b0295234_19164298.jpg
【ラストは田園地帯を走って平沢遺跡方面へ…】














b0295234_19170975.jpg
















b0295234_19172033.jpg















空はすでに秋の雰囲気いっぱい。



秋の紅葉シーズンまでには心も体もヒルクライム仕様に戻して、夏の分まで楽しむぞ〜!!!
















b0295234_19185627.jpg
【15時36分、無事デポ地の総合体育館に帰還。走った時間&距離のわりに、かな〜り濃い一日だったなぁ〜(苦笑)】

















そして最後に…



















ママさん、十三塚、ちゃんと登りきったよ〜!(今度行ったら、そっと褒めてください♡)








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-09-02 19:22 | ヒルクライム | Comments(6)

激坂・トゥリー・激坂 前編

やたらと忙しかった8月。まさに「激坂」続き…。


やっぱり今年も、僕に「夏」はありませんでした…(子供達にはかわいそうなことをしたなぁ)。



でもいいんです。



まだまだ夏は終わらない!












仕事もようやくひと段落し、今日は久しぶりの代休取得(&子供達は2学期スタート♡)。



もちろん目指すは…















b0295234_20302943.jpg
【感動】














フロントガラスに「あの景色」が映ると、もう感動…。


この時のために一生懸命働いたんだよなぁ。。。







久しぶりの筑波ヒルクライム!!!

















b0295234_20401923.jpg
【今回は総合体育館にデポ。不動からつつじヶ丘に上がって、縦走路か⁉︎】















b0295234_20413037.jpg
【9時17分、スタート!】















天気は快晴。


朝は爽やかな空気で、まるで秋。しかしスタートする頃にはみるみる気温も上昇してきていて、30℃目前。





今年も僕には「夏」がなかったので、ちょっとだけ待っててくれたのかな(…ということにしておく)。







もともと寒がりなので、暑いのは大歓迎。

河川敷だとさすがにつらいけど、今日は車載で「山のみ」だから、最高のコンディションです。









さてさて、筑波はこの時以来。



猛烈に忙しくなる直前に自走で来た時以来で、あの時はホント、ヤバかったなぁ。。。(汗)


あの後しばらく体調が悪くなり、そのまま仕事が忙しくなっちゃったんだっけ。







以来、乗れても江戸川チョイ乗りくらいだったので、久しぶりのお山が、とても新鮮です。


















b0295234_20572556.jpg
【久しぶりのヒルクライムは不動峠アタックからスタート!】

















b0295234_20593413.jpg

















もうすっかり稲刈りの時期も近いんだなぁなんて思いつつ、不動の入り口に吸い込まれていきます。


久しぶりの坂、無理せずのんびりいきましょう。





















b0295234_20595678.jpg





















幸先わるっ!















件の台風で、まさかの通行止めです…。



入り口まで戻ってよく見たら、看板に「崩落につき通行止め」と書いてありました。




崩落ということは、復旧までしばらくかかるかもしれませんね…。











完全に出鼻をくじかれた状況。



とりあえずこのまま帰るわけにもいかないので、筑波神社側から登りますか。




不動入り口を右に折れて麓沿いに走れば、確かりんりんロード筑波駅の方に出るはず(テキトー)。



















b0295234_21032011.jpg
【平沢遺跡の裏側を走って…】
















b0295234_21034504.jpg















見覚えのある道。


以前はよく筑波駅にデポして不動アタックをしていたので、その逆ルートを走ればOKだよね、と味のある街並みを走っていくと…
















b0295234_21055412.jpg
【あっ、ありゃ…???】















筑波駅どころか、なんだか道がどんどん狭くなって、かつ斜度が…




そう、正解は、途中で左に折れて田んぼの中を走ってりんりんロードに出る…だったんですが、そのままぼーっと走っていたら、なんか不穏な空気が漂い始めていたのです。















斜度はどんどんヒドくなり、そして、確信しました。



















b0295234_21074809.jpg
【つ、「つくば道」だ!】















b0295234_21274235.jpg












「つくば道」。


それは、集落から筑波神社方面に向かって一直線に伸びている「激坂」。



話には聞いていたのですが、あの「十三塚(イノシシ落とし!)」にも匹敵するという超激坂。



確か様々な激坂を経験済みの豪脚のショップの店長が挑戦して、「かなりヤバかったですよ〜。アレが登れれば他のは余裕でイケますね」と言ってたような…(後で読み返したら、最大勾配27%、「登る前から記憶がフラッシュバックして心拍が上がってしまうほどの急勾配」なーんて書いてあった…)。







「つくば道」と判明した時点で引き返すという選択肢もあったのですが、これも何かのご縁(⁉︎)、登ってみましょっ。











「九十九折」とは無縁の、男らし過ぎる「一直線」。


驚くのは、そんなまっすぐな激坂沿いに、普通〜な感じの民家がひしめいていること…。


駐車場には普通に自家用車が停まっていますが、これ、対向車が来たらどうすんでしょ⁉︎













…とつくば道沿いの方々の車生活を心配している場合ではなく、自分がヤバい。







ダンシングすれば後輪がズルズル滑って進まないし、かといってシッティングでは前輪が浮き上がってひっくり返りそうに…。


途中まで登ってしまったら引き返すのも恐ろしいほどの斜度で、これはもう覚悟を決めて登るしかない、とハンドルにしがみついてペダルに全身の力を叩きつけます。










よい子のみなさん、この道は自転車なんかで登ったらアカンですよ…。












さらに怖かったのが、住民の方々の車がヒュンヒュンやってくること!


みなさん慣れているのか、ものすごい勢いで下ってきたり、ものすごいエンジン音を轟かせて駆け上がってきたり…。




そのたびにコケそうになりながら、もうしょうがないので、民家の軒先や平らなスペースに退避。

そこからまた勢いをつけて登っていきます。



だって坂の途中でクリートキャッチ出来る自信がまったくありませんから…。












「ぬおおおおおおおおおおおおお」










久しぶりのヒルクライムで、いきなりの超激坂の洗礼。

ま、これも何かのご縁ということで…
















b0295234_21262445.jpg
【「ぬおおおおおおおおおおおっ!」(登頂後に撮影♡)】
















b0295234_21271097.jpg
【おかしな斜度】
















b0295234_21273383.jpg














あの「あざみライン」ですら、登っている途中で「楽しい」と思えたんですが、ここは無理。



もうしばらく…というか、二度といいかな…。















命からがら「つくば道」を走破すると、こんなところにチョコんと出ました。















b0295234_21312890.jpg
















見覚えのある旅館街。



筑波神社近くの道です。









さて、気を取り直して風返し峠、そしてつつじヶ丘を目指しましょうか。

















b0295234_21331171.jpg














「つくば道」のおかしな斜度のせいで、いつもは結構苦労する神社側からの登りも、やけに緩やかに感じられましたよ。















b0295234_21342397.jpg
【風返し峠はノンストップで、一気につつじヶ丘アタック!】














b0295234_21345770.jpg













いやぁ、なんという斜度の緩さ。


「つくば道」、恐るべし…。















b0295234_21355874.jpg
















b0295234_21355476.jpg
















b0295234_21362306.jpg
















b0295234_21385764.jpg













2016事件」のお礼を言いたかったんですが、残念ながらおかあさんの姿はなし。




仕方ないので、コーラ休憩だけして、下りましょうか。
















b0295234_21401841.jpg
【このまま空を飛べちゃいそう!…といつも思うポイント(笑)】















風返し峠の分岐からさらに下るのは、もちろん湯袋側。






いつもどおりゆっくり下り、つきあたりを左折。


少し走って、右折。






どうやらこちらは通行止めではなさそうです。



















b0295234_21431285.jpg
【癒しの林道!】















仕事中、何度この道を走ることを妄想したことでしょう。来たかったよ〜(涙)。


















b0295234_21442424.jpg
【癒しだらけ♡】
















b0295234_21445151.jpg
【台風の影響か、道は小枝でフッカフカ】
















b0295234_21451972.jpg















b0295234_21453278.jpg















b0295234_21454616.jpg
【一箇所だけ崩落がありました。自転車を担いで通過】
















b0295234_21462478.jpg














b0295234_21463898.jpg
【ワイルド!(でも石や岩じゃないので、意外と普通に走れました)】















かなりワイルドなアップダウンをこなし、上曽峠の分岐へ。



もちろん直進し、縦走路をそのまま走りますよ。















b0295234_21480108.jpg
【爆走ワゴンのおかげか(⁉︎)、「癒しの林道」よりは小枝も少なく、走りやすかったです】
















パラグライダー送迎のワゴンが猛スビードでやってくる中、えっちらおっちらとアップダウンを楽しみます。



たぶん平地はかなりの暑さだと思うんですが、山の中はひんやり涼しく、そのせいか「つくば道」のダメージもほとんどなく、脚はよく回ってくれます。




















b0295234_21481321.jpg


















b0295234_21522851.jpg
【きのこ山から…】
















b0295234_21530764.jpg
【パラグライダー場!】















学生さんの合宿かな?



ものすごい数のパラグライダーと、若者たち。




ピリっとした雰囲気でミーティングも行われていて、とてもその横で景色を楽しむ空気ではなかったので、そのまま通過。














b0295234_21543584.jpg
【慎重に真ん中を通って…(笑)】




















パラグライダー場を通過したのが正午過ぎ。まだまだ時間は十分。

はい、今日は「その先」を目指しますよ!


〈つづく〉











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-09-01 22:02 | ヒルクライム | Comments(4)