カテゴリ:ヒルクライム( 247 )

灼熱の青木葉ルート

b0295234_21131770.jpg















水曜日から天気が崩れるということで、暑さは気になったけど、思い切ってヒルクライムにGO。



ただ日中は気温が体温以上になるみたいで、無理せず勝手知ったる青木葉ルートを走ることにしました。



山の中に入っちゃえば大丈夫でしょ⁉︎


















b0295234_21152233.jpg
【⁉︎】


















常磐道に乗る前に、先日の「丘の上のサフラン」のプチリベンジ(爆)。


















b0295234_21162036.jpg















イートインはまた自転車で来た時に…ということで、クロックムッシュと100円アイスコーヒーを買って、運転しながらパクパク。





お味は安定のサフラン。クロックムッシュ、ボリュームもあって美味しかったですよ。

そして、一緒に買ったアイスコーヒーが意外な美味しさ!



















常磐道をビューンと走って土浦北インターを流出。


今日は朝日トンネルを越えて、辻駐車場へ。












トイレ掃除をしているおかあさんがいたので、「いつも利用させてもらってます」とご挨拶。







「いつもは午後に掃除に来るんだけど、今日は暑くなるっていうから午前中に来たのよ。まあまあ自転車⁉︎ どんどん利用してちょうだいね!」






また八郷が好きになっちゃったかも♡

















b0295234_21212237.jpg
【あつっ!】

















走り出したのは9時30分。



すでに気温は33℃とか…。




これは一刻も早く森の中に逃げ込まねば〜。





















b0295234_21221670.jpg




















林道弓弦線「裏青木葉」。







目論見どおり林道に入ると体感気温は一気に下がり、心地よいヒルクライム♪





















b0295234_21233934.jpg


















b0295234_21235403.jpg




















b0295234_21241126.jpg



















b0295234_21242674.jpg


















b0295234_21244222.jpg















キツいけど、やっぱり楽しい!(笑)






もう何回走ったか分からないお馴染みのルートなのに、なぜかホっとするんですよね〜。

















b0295234_21255825.jpg
【もちろんアウター坂に寄って…】



















b0295234_21263187.jpg
【少しでも山を下ると、「熱い」と表現したくなるほどとんでもねぇ暑さ!】




















b0295234_21272352.jpg



















b0295234_21273846.jpg
【熱々の恋瀬川から…】





















b0295234_21281110.jpg



















b0295234_21282390.jpg
【「ソシアル」。ごば蔵さん、今日は開いてましたよ!(爆)】




















b0295234_21285899.jpg



















なぜか店員さんに憶えられていて(汗)、「まあこんな日も⁉︎」と驚かれる。



居合わせたお客さんのおっちゃんにも、「今日は高温注意報出てるから、野外の運動はダメだよ〜」と呆れられる。





















すんません、ド変態で…。
























b0295234_21303746.jpg
【11時前、暑さにやられ、ちょいと早めのランチ休憩】






















b0295234_21311582.jpg
【ごば蔵さん&りょうたパパさん&m.oさん、チーズハンバーグ激ウマっすよ♡】



















美味しい食事と涼しい店内でバッチリ英気を養って、いざ外へ。





モワっと、すんげぇ暑さ〜(汗)。
























b0295234_21320834.jpg
【左折〜】
















気温、サイコン表示は36℃。


平地の幹線道路は、もう殺人的な暑さだぁ〜。















それでも、ソシアルでのちょっと早めの休憩が功を奏したのか、意外に元気♡



水分&塩分補給も大切だけど、やっぱり早め早めの休憩が一番大切ですね。


































b0295234_21362634.jpg
【いくぞ〜!!!】






















b0295234_21364667.jpg
【ぬおおおおおおお】




















愛宕山「Z」。


ごば蔵さんの力強い牽きをイメージしつつ、グイグイと。





















b0295234_21375180.jpg
【ああ、】






















b0295234_21381112.jpg
【なんでこんなに、、】
























b0295234_21382864.jpg
【楽しいんでしょ♡】























猛暑日にひとりZを駆け上がるバカひとり。





















b0295234_21391688.jpg
【灼熱の聖地】















b0295234_21403233.jpg




















いつもの売店はお休みで、「この先のスカイロッジに売店あり」の看板。




もうひと登りして行ってみることに。





















b0295234_21405300.jpg
【おおお〜】





















b0295234_21411286.jpg
【こんなところがあったんだ!】























バーベキュー場付きのログコテージ群があり、大きな受付塔のログが売店になってましたよ。






















b0295234_21425655.jpg



















ログに入ると、「まあまあ!」とスタッフの方がエアコン全開にしてくれました。



やっぱりこっちは優しい人が多いなぁ。


それとも、こんな日にヒルクラしてるヤツがおかしすぎるのか⁉︎






















b0295234_21445479.jpg



















エアコンの風とコーラで復活し、お礼を言って出発。



外に出ると…






















b0295234_21465915.jpg
【モワッ】


















強烈な熱気を受けつつ、乗越峠からダウンヒル。



それでも森のトンネルに入ると、空気は一気に爽やかになります。






















b0295234_21481522.jpg



















そしてもちろん…





















b0295234_21483194.jpg
【定番の滝入り不動尊】


















b0295234_21490684.jpg
















b0295234_21492063.jpg





















すっかり癒された後は、裏団子アタック!
























b0295234_21500371.jpg
【くおおおおおお!】




















意外に長くてキツい、裏団子石峠アタック。




写真を撮る余裕もなく、一気にクリア!





















b0295234_21510204.jpg
【なんもない団子石峠をスルーし…】



















吹き出す汗をクールダウンさせるべく、表団子の林間ダウンヒルへ。




















b0295234_21520847.jpg


















b0295234_21530807.jpg





















b0295234_21532454.jpg






















けっこう急かつ荒れた路面にエグザリッド爆音を2度ほど轟かせ(汗)、柿岡の街へ。





そして、あまりの暑さに悶絶(爆爆)。






サイコン表示は無情にも38℃を示し、今年初のサンパチライドに…。








本当はもうひと登りもふた登りもしようかなぁなんて思ってたんですけど、「鳴滝」も「裏不動」も「十三塚」(笑)もやめにして、ほうほうの体でスタート地点の辻駐車場に帰還。



駐車場手前では、一瞬、サイコン表示が39℃になりましたよ。。。


























b0295234_21561023.jpg


















b0295234_21562410.jpg



















ちょいと物足りなさもありつつ、まだ体も完全に暑さに慣れてないわけで、今日は無理せずこんなところで。






あいも変わらぬ青木葉ルートでしたけど、あいも変わらず楽しかった!













by pcblue | 2018-07-02 22:06 | ヒルクライム | Comments(4)

霧の筑波をゆく

今日はつくば駅デポで林道白滝線からつつじヶ丘、反対側に降りて、湯袋からパラグライダー場まで。


晴れ間も出て蒸し暑くなる…なんて予報だったけど、霧が濃くて終始寒かったです。


でも、しっとりと濡れた森は、すごく綺麗だったなぁ。




















b0295234_21495585.jpg
【スタートしてすぐ、飯名神社】
























b0295234_21502620.jpg
【ふれあいの里から…】























b0295234_21504003.jpg
















b0295234_21505579.jpg
【林道白滝線へ】























b0295234_21511133.jpg






















b0295234_21512515.jpg




















b0295234_21513972.jpg





















b0295234_21515558.jpg
【緑濃い白滝線】

























b0295234_21521667.jpg














b0295234_21540735.jpg





















b0295234_21542067.jpg
【県道42号に合流し…】



















b0295234_21555590.jpg
【風返峠から、霧のつつじヶ丘アタック】
















b0295234_21564092.jpg














b0295234_21565395.jpg















b0295234_21570511.jpg

















b0295234_21571839.jpg
















b0295234_21573790.jpg
【「今朝コンビニで当たったのよ〜」とおかあさん(笑)】




















b0295234_21573218.jpg
【霧のつつじヶ丘。寒い。まだホットがあってよかった!(さすがおかあさん)】






















b0295234_21584967.jpg


















b0295234_21590142.jpg
【なんも見えねぇ】




















b0295234_21592857.jpg
【つつじヶ丘から、霧のダウンヒル】






















b0295234_21595490.jpg
【寒いけど、霧に煙る森の雰囲気にうっとり】


















b0295234_22000675.jpg














b0295234_22005853.jpg
【湯袋「癒しの林道」へ】























b0295234_22013028.jpg

















b0295234_22014582.jpg


















b0295234_22015725.jpg

















b0295234_22020970.jpg
【霧のミストを全身に浴びながら、登る】















b0295234_22024421.jpg















b0295234_22025917.jpg
【妖精が出てきそうな森をゆく】



















b0295234_22032652.jpg

















b0295234_22033934.jpg

















b0295234_22035351.jpg






















b0295234_22040885.jpg














b0295234_22042065.jpg
















b0295234_22043406.jpg
【ますます霧が濃くなってきたから、無理せずパラグライダー場で折り返そう】
















b0295234_22050836.jpg




















b0295234_22052175.jpg
【上曽からいったん真壁側に下りて、つくし湖からもうひと登り】
















b0295234_22061298.jpg

















b0295234_22063057.jpg
【みかん園から林道酒寄線で梅林を目指し…】





















b0295234_22065048.jpg

















b0295234_22072854.jpg
【梅林は紫陽花が花盛り】


















予想以上に寒かったのと、視界が奪われるほど霧が濃かったので、無理せず短めの45㎞。



いつもと違う霧の筑波を堪能出来た、梅雨時ならではのヒルクライムでした。































b0295234_22095483.jpg





by pcblue | 2018-06-12 22:11 | ヒルクライム | Comments(6)

ごば蔵さん、りょうたパパさん、そしてm.oさんとアキバルート 後編 〜登らなきゃやってらんねぇ⁉︎〜

〈前編よりつづく〉







「ソシアル」で爆食いの予定が、見事なあるある…。



日曜日、やってたと思ったんだけどなぁ…(←テキトー)。
















苦渋の表情で柵にしがみつくごば蔵さんをなだめつつ…











「仕方ないんで、もう少し走りましょうか♡」















再び国道355号線を爆走。気温はかなり上がっていて、平地は灼熱地獄⁉︎ こりゃ一刻も早くランチ…じゃなく、涼しい山の中に入らねばやってらんねぇ⁉︎










吹き出す汗を拭き拭き愛宕山入口にある「さんてす」さんに、開店時刻ちょい前に到着。

こちらはやってましたよ(ホッ)。




















b0295234_12544468.jpg
【ドドン】




















b0295234_12550091.jpg
【ごば蔵さんとm.oさんが注文した肉野菜炒め。うむ、けっこうなボリューム】
















地元の方達にこよなく愛されるレストラン「さんてす」さん。



僕たちが入店した開店時刻の11:30にはまだ誰もいませんでしたが、30分もしたら広い店内は満員でカオス状態に。メニューも豊富で家族連れにも最適。そして、座敷は外に停めた自転車もすぐ窓の下に見えるので安心です。

















「食べ過ぎた。これは登れないなぁ…」












お腹をさすり、遠い目をするごば蔵さん。またまた〜♡




















b0295234_12581070.jpg
【いざ】

















「さんてす」さんを出たら、デザートは「愛宕山Z」!



距離は短いですが、15%級(たぶん)の「Z」が3つほど。



さあいきまっせ〜。

















そしてこの後、我々の目を疑う光景が…







































b0295234_12590630.jpg
【ごば蔵さん牽く!】



























b0295234_13004389.jpg
【牽く!】


























b0295234_13010328.jpg
【牽く!】



























b0295234_13012336.jpg
【牽く!】


























b0295234_13020262.jpg
【まだ牽く!】




















































b0295234_13022135.jpg
【牽き倒れ♡】


































なんとまさかまさかの、ごば蔵さんの「鬼牽き」炸裂!!!







いやぁリーダー、おみそれいたしやした(笑)。





















b0295234_13033966.jpg

















b0295234_13035084.jpg
【マドンがいつも以上にカッコよくみえるぜ〜っと⁉︎】





















「いや、調子乗りすぎました…」




















アウター坂に続き、りょうたパパさんもm.oさんもビックリの鬼牽きを見せたごば蔵さん。



ボタボタと汗をしたたらせながらも、充実感溢れる表情。いいねっ。












幾つになっても「成長」を実感出来る自転車って、やっぱりいいなぁ〜。























そんなことを話しながら、涼しい日陰のベンチでしばし休憩。



気持ちよすぎて眠っちゃいそう(笑)。



















b0295234_13073396.jpg


















休憩後は、乗越峠からのダウンヒル。




「Z」はクリアしましたが、実は今回のラスボスはこの後の団子石峠アタック、通称「裏団子」なのです。





激坂はありませんが、ダラダラとそこそこの坂が続く地味にキツいアタックになります。













爽やかな緑のトンネルをダウンヒル。


そして裏団子アタックの前に、もちろんここに立ち寄りましたよ。























b0295234_13091098.jpg
















b0295234_13093027.jpg
【お気に入りスポット、滝入り不動尊にご案内!】


















b0295234_13100084.jpg






















マイナスイオンが溢れ出るかのようなその最高の雰囲気の中、しばしまったり。



紅葉の滝入り不動尊も最高だけど、この時期もいいなぁ。



















b0295234_13101202.jpg
【さあ、いきますか!】


















滝入り不動尊で癒された後は、いよいよ本日のヤマ場。裏団子アタックだぁ〜!



















b0295234_13114729.jpg
【「登らなきゃやってらんねぇ〜!!! byごば蔵さん(←ヤケ気味)」】




















b0295234_13120192.jpg






















不動、青木葉、アウター、Z…ときて、さすがにキツそうなごば蔵さん。



涼しい木陰とはいえ暑さもかなりのもので、みんな一様に疲れていたので、ここは無理せず休憩しながらゆっくりと。






別に急ぐ必要も意味もないので、森林浴しながらじわじわと登っていきます。




















b0295234_13135276.jpg



















ゆっくり、ゆっくりと上へ…






















b0295234_13141084.jpg






















団子石峠着。



最大の難関も無事、クリア!




















「やりましたね〜。あとはもっかい不動だけっすよ!(笑)」





















団子石峠からは、少々路面が荒れ気味の「表団子」を慎重にダウンヒル。




八郷の街に下りたら、「トゥリー」の甘酸っぱい思い出を胸に暑い平地を駆け抜け…(コレがけっこうキツかった)。





途中、セイコーマートでボトルのお水を補給しつつ(ごば像さんサンクス!)…




















b0295234_13160417.jpg
【この日2回目の辻駐車場で、最後のトイレ休憩】























b0295234_13190906.jpg






















うん、間違いなく今日のマドンはいつも以上にカッコよく見えるな(キリッ)。






















b0295234_13193982.jpg
【さあ、本日最後の登り、裏不動アタック!】




















b0295234_13202580.jpg


















b0295234_13204055.jpg




















b0295234_13205286.jpg






















b0295234_13210370.jpg





















b0295234_13211563.jpg




















m.oさん&りょうたパパさんに守られ、ごば蔵さん、足つきなしで見事、最後の登坂をクリア。すごいすごい!!!





















b0295234_13215300.jpg
【やったネ】























b0295234_13221426.jpg
【やはり今日の背中はひと味違う⁉︎】























「団子石がかなりキツかったのでヤバいかなと思っていたんですが、どうにかクリア出来ました。裏不動にはいつも痛い目に遭ってきたので、今日はどうしても足つきしたくなかったんですよね。ちょっと頑張っちゃいました。もう脚はプルプルの小鹿ちゃん状態です(苦笑)」






本日全ての登りをクリアし、充実の表情を見せるごば蔵さん。


りょうたパパさん&m.oさんもいい顔!

















最後は表不動を慎重に下って、フィニッシュ…

















b0295234_13270266.jpg
【お約束の写真を撮って…】





















b0295234_13272590.jpg






















まったりと陽が西に傾き始めていた16時過ぎ、無事故無落車でデポ地に帰着(コレ一番重要)。




























b0295234_13273737.jpg
















b0295234_13281556.jpg





















ライドの充実感に浸りながらそれぞれ自転車を片付けた後、散会しました。























失礼ながら、初めてお山ライドでご一緒した時とは別人のように強くなっていたごば蔵さんにビックリ。




そして、誰のせいか(汗)すっかり強くなってさりげなくみんなをサポートしていたりょうたパパさん。




さらにさらに、余裕の登坂だけでなく、とても朗らかな性格で1日楽しく過ごさせて頂けたm.oさん。

















自転車サイコー、いい1日だった!




























散会後は塩タブレットで全身塩まみれだったので、パパさんと筑波温泉ホテルの温泉でサッパリ。




そして、帰りに寄ったのは…
























b0295234_13331352.jpg


















いつか寄ってみたかった「名無し」さん。どういうわけか今までは何度前を通ってもお休みだったんですよね〜。

















そして、これが…

























b0295234_13340936.jpg





















b0295234_13341906.jpg





















大当たり!!!(嬉)



















いやぁ、これはあまりの美味しさにパパさんと二人、顔を見合わせてビックリ。





いわゆる佐野ラーメン系のさっぱり系ラーメンなんですが、シコシコモチモチの麺はもちろん、魚介系スープも絶品で、普段はあまりスープを飲まない二人も無言で完飲。















これで醤油ラーメンは550円。


そして、これまたすんげぇ美味いギョウザは250円。










「名無し」さん、こんなに美味しかったんですね。参りました。


これはぜひ、塩や味噌も食べてみたいぞ。




















「いやぁ、最後の最後まで最高でしたね」
















助手席にパパさんを乗せて心地よい疲れと満足感に浸りつつ、常磐道を走って帰宅。



あらためて、「自転車って素晴らしいな」と感じることが出来た、最高の1日となったのでした。


















りょうたパパさん、いつもありがとうございます!


ごば蔵さん、お見事!(笑)


そしてm.oさん、これに懲りず、またご一緒しましょう!






〈完〉

































オマケ










b0295234_14024242.jpg















ライド後、m.oさんが送ってくださった写真。






いい大人3人がとっても嬉しそうで(笑)、お気に入りの写真です。

m.oさん、ありがとうございました〜。













↑今回走ったルートがこちら。走行距離72.8㎞、獲得標高1,420m。数値以上に走った感&登った感のある、バラエティに富んだなかなかのルートだと思いますよ。
でも縦走路往復って、同じような走行距離でこの倍くらい登るんだよなぁ〜(遠い目)。

by pcblue | 2018-06-08 15:21 | ヒルクライム | Comments(4)

ごば蔵さん、りょうたパパさん、そしてm.oさんとアキバルート 前編 〜のまなきゃやってらんねぇ⁉︎〜

ちょいと前から、ごば蔵さんから「そろそろ筑波行きたい」のオーダー。




では、ということでホスト役を引き受け、ご用意したのが青木葉峠から愛宕山へと巡る「アキバルート」。

ごば蔵さん、アキバ好きですからね(東京の方の)。




ルートラボを引いてみると、走行距離70㎞&獲得標高1500弱と、強度的には昨年にみんなで行っていろいろな意味でエポックメイキングな1日となった「衝撃のデットスロー縦走路ライド」と同じくらい?

うん、今のごば蔵さんなら十分完走可能でしょう⁉︎

















6月3日(日)。

朝5時に車で家を出て埼玉のりょうたパパさんをピックアップし、常磐道へ。集合は筑波総合体育館に朝7時。



当日集まったのは、ごば蔵さん、りょうたパパさん、そして、この時に運河で声をかけていただいたリドレー乗りのm.oさん!

m.oさんはまだ筑波に行ったことがないということで、機会があったらお誘いしますよ、と連絡先を交換していたのです。


















b0295234_07351752.jpg
【ご存知、ごば蔵さんのマドン9!(キシリウム125仕様)】

















b0295234_07352809.jpg
【ミレ様換装のこちらもご存知、りょうたパパさんのドマーネ!】

















b0295234_07414943.jpg
【一番手前がm.oさんのリドレーヘリウム(キシリウム プロ エグザリットSL仕様!)】




















b0295234_07424813.jpg
【そして、わたくしめのキシリ オートルートさん、お山デビュー!】


















「すっかりキシリ艦隊に包囲されてしまいましたね〜(笑)」とりょうたパパさん。確かに(爆)。



















b0295234_07435155.jpg
【出発前の楽しいひと時もまた、グループライドならではですね。しかしm.oさん、どっからどうみてもヒルクライマー体型やんけ⁉︎】




















急ぐ旅でもなし、こうしてまったりとお互いのバイクを前におしゃべりする時間もグループライドならではで、いきなり楽しくて時間を忘れます…。







しかし、そのまま夕方までおしゃべりしているわけにもいかないので、いざ出発ですよ!




















b0295234_07455513.jpg
【ミレ様vsキシリ軍団⁉︎】



















b0295234_07463764.jpg
【これぞ、これから何かに挑戦する男の背中です…】

















「ダメだったらショートカットお願いします〜」














ちょいと緊張気味のごば蔵さん。大丈夫。あのMunchさん直伝のデッドスロー走法があれば、何時間だって登り続けられますよ!!!


















b0295234_07481310.jpg
【まずは勝手知ったる不動峠アタック】



















「おお、これがよく見る不動の入口なんですね!」















筑波は初めてというm.oさん。不動の入口から感激しまくりです。


僕なんか初めて不動に来た時、10m登って「なんじゃこりゃ〜⁉︎」って後悔したっけなぁ(苦笑)。





















b0295234_07500546.jpg
















時速ふたけた厳禁。









ツールド筑波を控えて練習の方が多いのか、日曜日の不動はガチヒルクライマーだらけ!

そんな中、我々はいつもの「頑張らない走法」でガンガン抜かれつつ、林道の雰囲気をめいっぱい楽しみながらの超スロー登坂。


天気も最高で、すでに暑いくらい。しかし、森の中に入れば空気はヒンヤリと気持ちよく、もうこれだけで「来てよかったな」と感じられるから不思議です。


















4㎞弱。ラストの10%詐欺の看板(たぶんもっとある)を越えて…



















b0295234_07530517.jpg
【とりあえずは不動ゲット】
















「ああ、これがあの撮影スポットなんですね!」




またしても感動の嵐のm.oさん(笑)。





すっかり強くなった(誰のせい⁉︎)りょうたパパさんも、ごば蔵さんも、まだまだ余裕の表情。



















b0295234_07553983.jpg




















b0295234_07555622.jpg
【裏不動を下って脱出!】



















b0295234_07561879.jpg
【辻駐車場でトイレ休憩】




















平地に降りると暑い暑い!



早くお山の中に逃げ込まねば、ということで…





















b0295234_07570340.jpg



















弓弦(ゆずり)集落から、林道弓弦線へ…。




いよいよ青木葉峠アタック!(裏から)






















「トゥリー」があった頃は毎週のように来ていた青木葉峠ですが、僕もりょうたパパさんも久しぶり。




序盤がキツいんですが、メインのルートに入ると斜度は緩んで、素晴らしい林道の雰囲気が広がるお気に入りの道。


ごば蔵さんもm.oさんもご堪能されているようで、よかった⁉︎



















b0295234_07592689.jpg
【アキバならぬ、青木葉ルートを駆け上がっていくごば蔵さん!】





















b0295234_08000784.jpg
【グイグイ登る!】


















b0295234_08003789.jpg
【みんなで休憩♡】




















中間地点の木杭の前でしばし休憩&談笑。


森の中でのささやかな楽しい時間に、グループライドの醍醐味って、この休憩だよなぁと実感。














さあ、楽しい休憩の後は、いよいよ終盤の激坂エリアに突入ですよ!






















b0295234_08023364.jpg
【m.oさん速い!】





















そして…




















b0295234_08032881.jpg
【ごば蔵さん、速すぎて見えねぇ⁉︎】





















b0295234_08025597.jpg
【ミレ様を得たパパさんも余裕の登坂!】



















なになにごば蔵さん、ぜんっぜん余裕じゃないっすか⁉︎






















b0295234_08050445.jpg
【とうちゃこ♡】



















ここでもネットで見た「あきば峠」の青い看板に感動するm.oさん(笑)。




そして、以前の姿はどこへやら、余裕の涼しい表情のごば蔵さん!




















b0295234_08062494.jpg
【駆け下りてきたMTBの方達と談笑】





















b0295234_08065624.jpg
【また登っていかれました、すげぇ!】





















すんごいオフロードバイカー達にド肝を抜かれた後は、表青木葉をダウンヒル。




















b0295234_08072413.jpg
【もちろん寄るよねぇ〜】




















そして…


















b0295234_08093788.jpg
【⁉︎】




















b0295234_08100818.jpg
【のまなきゃやってらんねぇ〜!!!(with P)】



















「ああもう〜、なんでみなさんそんなに坂が好きなの〜!!!」

















「金命水」をヤケ飲みするごば蔵さん!


やっぱりけっこうキツかったみたい…。




















まあしかしごば蔵さん、今日の坂メニューはまだまだ始まったばかりっすよ⁉︎























b0295234_08120764.jpg
【でた(笑)】


















b0295234_08123170.jpg
【大人なパパさんはインナーで♡】

















そして…





















b0295234_08125934.jpg
【ふぐぅおおおおおおおお!!!】


















ごば蔵アニキ、まさかのアウター登坂!(男だ)



























b0295234_08134777.jpg



















b0295234_08141174.jpg






















b0295234_08142769.jpg
【「のまなきゃやってらんねぇ…」】



















b0295234_08145310.jpg




















b0295234_08150551.jpg
【平地が恋しい…】



























「縛られました」

















見事、「アウター縛り」で登りきったごば蔵さん! す、すごいじゃないっすか(後半大丈夫か…)。






















とりあえず三ツ石森林公園の「アウター坂」もクリアしたことですし、シャーっと下って早めのランチ&大休憩にするとしますか。




「たっ、助かります」by ごば蔵さん























b0295234_08161328.jpg




















b0295234_08174129.jpg
























b0295234_08175514.jpg








































b0295234_08180915.jpg
【「ま、マジか…」】










衝撃(笑撃?)の後編につづく!







by pcblue | 2018-06-04 08:19 | ヒルクライム | Comments(0)

予告 〜久しぶりのグループライド〜

b0295234_21504982.jpg

















真夏日となった今日は、あのお山ルートで久々のグループライドを楽しんできました。







楽しかった! でも、けっこうキツかった⁉︎


例によってスーパーおねむのため、更新は明日以降に。












さぁて、激坂を疾風のように駆け上がるこのお方はいったい誰…⁉︎

by pcblue | 2018-06-03 21:51 | ヒルクライム | Comments(0)

新緑満喫。三度目の妙義軽井沢ライド その3 〜軽井沢周遊と、DOG DEPT GARDEN〜

b0295234_21021274.jpg



〈その2よりつづく〉






















念願の「しげのや」の元祖力餅を堪能した後は、県道133号線を一気に旧軽銀座までダウンヒル。


これ、登ったら楽しそうな道だなぁ。




















b0295234_21060801.jpg


















b0295234_21063158.jpg



















b0295234_21064452.jpg



















b0295234_21065707.jpg

















新緑がこの上なく綺麗で気持ちのいい道を下っていき、こちらでSTOP。





















b0295234_21074281.jpg

















もうお分かりですよね。



避暑地としての軽井沢を切り拓いた先人、アレキサンダー・クロフト・ショー記念礼拝堂です。







1885年、たまたま訪れた軽井沢に魅了されたショー宣教師は生涯の避暑地と決め、1895年にこの礼拝堂を設立。これが避暑地・軽井沢の始まりと言われています。





軽井沢が大好きな僕ですが、このショー記念礼拝堂に来たのは、実は初めて。

どこか凛とした雰囲気を感じさせる、とても素敵な場所でした。
















b0295234_21135273.jpg


















りょうたパパさんと二人、しばしその雰囲気を噛み締めた後、旧軽井沢の街へーーーーーーーーーー。


















b0295234_21145100.jpg















二人で自転車を押し歩きしながら、旧軽銀座をブラブラ。


















b0295234_21160862.jpg




















b0295234_21162028.jpg
【ちょっと路地を逸れて、パパさんをロイヤルテニスコートにご案内♡ どことなく、水元公園北詰のフラッグ下みたいな雰囲気⁉︎(爆)】


















旧軽銀ブラ&ロイヤルテニスコートの後はもちろん…




















b0295234_21195982.jpg
【ド定番ですが、雲場池!】




















観光客の増加からか、大きな柵が出来ちゃってました(苦笑)。


遊歩道の土手も綺麗に整備されていて、個人的には自然ぽくて前の方がよかったかな。
























b0295234_21201991.jpg


















「力餅」でまだあまりお腹も空いてないのですが、とりあえずどこかでランチでも、ということで…


















b0295234_21211143.jpg















「いかにも軽井沢の別荘地」といった風情の浅間石の石垣とカラマツの別荘地帯を抜けて、リサーチしてあったお目当てのお店を目指します。




しかし、移転していたり、繁忙期でないのでランチをやってなかったり、早めのL.O直前だったり…という「観光地あるある」の連続で撃沈(orz)。












「よし、やっぱりあそこに行こう!」












軽井沢は27℃の炎天下で体感的にもかなりの暑さ。これ以上りょうたパパさんを振り回すわけにはいかないので、思い出の「あのお店」に行きましょうか。




















b0295234_21262442.jpg
















南軽井沢の焼肉屋の前で両脚が激しく攣り、自転車を押し歩きすることさえままならなくなったあの時…。


少し歩いただけでグリグリしまくる両太腿をなだめすかし、自転車によっかかるようにして一歩ずつ歩道を歩いて辿り着いたのが、このお店でした。










「DOG GARDEN RESORT 軽井沢」










このお店がなかったら、たぶん真っ暗闇の軽井沢で両脚を攣ったまま動けなくなっていたことでしょう。



去年の妙義軽井沢ライドでも立ち寄ったお店で、なぜか切っても切れない不思議な縁のあるお店なのです…。























まさか定休日じゃないよね…と恐る恐る近づいていくと、僕たちを見つけた店員さんが元気な声をかけてくださいました。















「自転車も一緒にテラスにどうぞ〜」



















b0295234_21365695.jpg
【なぜかいつ来てもやってる相性の良さ(定休日は木曜日みたい)。そして、どうですこの雰囲気!】















「ここはいいところですね〜。一発で気に入っちゃいました」














広いテラスと爽やかな雰囲気に、パパさんも何かビビっと来たみたい⁉︎


















「何より自転車のすぐ傍で、こうしてくつろげるのが最高ですよね〜」










確かに!


















b0295234_21393816.jpg















b0295234_21403299.jpg



















b0295234_21404867.jpg




















b0295234_21410133.jpg




















b0295234_21411358.jpg
【敷地内には、ワンちゃんと泊まれる素敵な宿泊棟も完成したばかり。ぜひとも自転車と泊まれるお部屋も作って〜⁉︎】


















そして、二人が注文したのは…


















b0295234_21423520.jpg



















b0295234_21424704.jpg

















b0295234_21431569.jpg
【僕は定番のマルゲリータピザ】




















b0295234_21430909.jpg
【パパさんが牛粗挽き肉の焼きオムハヤシライス】

















正直、以前は料理はそれほどでもなかったような気がしたんですが、来るたびに料理が美味しくなっているような…。



ピザもちゃんとした本格派だったし、焼きオムハヤシも少しもらいましたが、すごく美味しかった!







アイスコーヒーも美味しいかつビッグサイズで、木漏れ日の下、おしゃべりしながらすっかりくつろいでしまいました。

ほんと、ここはいいところだなぁ〜。他のお店に行こうとしちゃってゴメンナサイ!(苦笑)























「今日も下仁田からですか? 今回はお連れの方と二人なんですね〜」

















会計の時、スタッフさんにそう声をかけられてビックリ!


去年来た時にも対応してくださった店員さんだっていうのはすぐに分かっていたんですが、まさか1年も前の、それも1回来ただけのお客さんのことを覚えていてくれているとは露ほども思わず。これは嬉しかったなぁ〜。







自転車担いでこんなカッコで来る客もそうはいないでしょうから、やっぱりインパクトあったんでしょうか⁉︎
















うむ、これはまた来ねばなるまい(キリッ)。



















「ほんと、いいところでしたね。すっかり癒されました。そしてこの後は、いよいよ『奇跡のダウンヒル』ですね」



















5年前のあの時の夕方。

命からがら駆け込んだ「DOG GARDEN RESORT 軽井沢」で攣った脚は僅かに回復したものの、まだ少しでもペダルを漕ぐと「グリッ」となる状況に焦りながら、「もしもダメだったら軽井沢に引き返して泊まる場所を探そう」と覚悟を決めて始まった下仁田へのダウンヒル。




















b0295234_21553693.jpg






















この分岐までは平坦&ビミョーに登ってるところもあって、自転車を押し歩いたんだっけ。

昨年、リベンジを果たしたとはいえ、やはりこの標識を見ると、背中がシャキっとしてしまうのです。













今こうして足が攣ることなく軽井沢ライドを楽しめていることに感謝して、いざ。




















b0295234_21570796.jpg

















下りが始まってすぐは、緑のトンネルが眩しい別荘地。



そこを抜ければ、かなり険しいつづら折れの道が待っています。

















「真っ暗闇の中、よくこの道を下っていきましたね…」














去年のリベンジでも思いましたけど、確かにこの道は真っ暗闇の中で下りたくないなぁと、あらためて(苦笑)。



さぞかし必死だったんだろうなぁ…と、当時のことを思い出しながら、慎重に下っていきます。






















b0295234_21585489.jpg



















やがて周囲に民家が現れ始めた時の安心感!




そして、ただの一度の登り区間が現れることがなかった「奇跡のダウンヒル」は、デポ地の道の駅「しもにた」まで続くのでした。






















…とその前に、もちろんココをチェックです♡























b0295234_22003048.jpg
【!】


















b0295234_22010443.jpg
【仲良く寄り添う夫婦岩。去年も思いましたが、まあこうありたいもんですよね(汗汗)】























b0295234_22015629.jpg


















さらに下っていくと、分岐にセーブオン。



去年はここを間違って右折してしまい(正解は左折)、危うく佐久まで爆走してしまうところだったんだよなぁ。















そして、あまりの暑さにセーブオンに立ち寄り…



















b0295234_22033963.jpg
【ホームランバー。懐かしー!】


















b0295234_22041561.jpg
【すんげぇ美味しい!(笑)】



















やけに美味しく感じる懐かしのホームランバーに元気をもらい、もうひとふんばり。




交通量の多い下り基調の国道254号線を慎重に走り…




















b0295234_22054042.jpg
【無事、16時半にデポ地の道の駅「しもにた」に帰還】






















走行距離90.9㎞。



獲得標高1589m。



そしてその満足度、無限大!


















「いやぁ、最高に楽しかったです。妙義軽井沢、最高ですね。妙義山も、碓氷峠も、見晴台も、軽井沢も、そして最後のロングダウンヒルも…、全て最高でした!」
















新輪のシェイクダウンも兼ねたりょうたパパさんも十分に楽しんでいただけたようで、よかった!





















車で下仁田まで来て、自転車で妙義軽井沢を周る。



よく考えたら、すごく贅沢なライド。



しょっちゅうは来られないけれど、大切な大切なコース。















1年に1度は来たい…いや、出来れば季節ごとに来てもいいくらい、最高の道。




自転車を始めてよかったな…と心から思える、素敵な素敵なコースなのでした。
















よし、一生懸命働いて、またここに戻ってくるぞ!




〈完〉
















































ところでパパさん、ミレ様でのロングダウンヒルの感触はいかがでしたか⁉︎(爆)




by pcblue | 2018-05-19 20:09 | ヒルクライム | Comments(2)

新緑満喫。三度目の妙義軽井沢ライド その2 〜新緑満開の碓氷峠&見晴台「しげのや」の力餅〜

〈その1よりつづく〉










横川「おぎのや」で釜飯を平らげ、補給はバッチリ。


時刻はまだ9時半と、狙いどおり時間にも余裕あり。










「初めてのめがね橋、碓氷峠…、楽しみです」









学生時代、ラグビーの合宿で軽井沢に来たことがあるというりょうたパパさん。

体育会系のガチ合宿だったとのことで、あまりよい思い出はないとか(苦笑)。







「軽井沢…といっても、ほぼグラウンドと宿舎にいたので。練習するだけなら大学のグラウンドでいいのに、なんでわざわざ…と思ってました。練習がキツかったのと、先輩達にメシを食わされた思い出しかないですね〜。ゴハンなんてギュウギュウに押し付けられて山盛りなんですよ。それを最低3杯は完食しないと先輩に怒られる(苦笑)。そういう時代でした。あれから30年経って、まさか自転車で碓氷峠を越えて軽井沢に向かうなんて思いもしなかったですよ。ほんと、人生、どこでどうなるかなんて分かりませんよね〜」








そんな楽しい(!?)思い出話を聞きながら、宿場町的な趣の中山道を進んでいきます。













b0295234_16404287.jpg
















やがて見覚えのある分岐に到着。


前回、力餅&ラーメンを食べた「玉屋ドライブイン」はまだやっておらず、今日はスルー。というか、おぎのやの釜飯でまだお腹いっぱい。











そのまま碓氷峠ヒルクライムに突撃だぁ〜。




















b0295234_16445001.jpg
【!?】

















…と、登り始めて僅か1㎞ほどで現れる「碓氷湖」にパパさんをご案内♡















b0295234_16460304.jpg
【新緑が眩しい〜】














b0295234_16462832.jpg

















b0295234_16464335.jpg





















しばしその雰囲気を堪能した後、導入路の坂を登り返して(けっこうキツい)中山道に復帰。ヒルクライム再開です。














そしてまた、ほどなくして現れるココでSTOP!






















b0295234_16475945.jpg
【デーン】

















パパさん、初・めがね橋に感動!

















「ここがめがね橋ですか〜。黄色い声援を受けてがんばっちゃったところですね(笑)」

















パパさん、そこは一刻も早く忘れてもらってけっこうです…(汗)。

それに、「黄色」じゃなくて「茶色」でしたけど!?




















b0295234_16492873.jpg





















めがね橋で撮影タイムの後、目にも眩しい新緑のヒルクライムがスタート。




玉屋ドライブインがある分岐から碓氷峠までのこのルート、距離こそ約10㎞と長めながら斜度は適度で、美しい森の中のワインディングを存分に楽しめる最高の道なのです。



















b0295234_16523987.jpg
















前半は時折現れるアプト道のレンガ造りの建造物を見ながらの、高い木々の間を駆け上がっていく最高に気持ちいい新緑ヒルクライム。



















b0295234_16545221.jpg
















b0295234_16551380.jpg















b0295234_16553565.jpg















b0295234_16554895.jpg
【まだ藤の花がけっこう咲いてました。綺麗!】
















b0295234_16560758.jpg



















中盤を過ぎると徐々に木々の背丈が低くなってきて、空気もヒンヤリ。「高原」を感じる爽快ヒルクライム!




そして…

























b0295234_16570614.jpg
【見えた!】
















短いようで長い、いや、あまりに快適でやっぱり短く感じてしまうヒルクライムの終わりは、唐突に。















b0295234_16575856.jpg
【184つのカーブをクリアー】















b0295234_16583413.jpg
【碓氷峠、到着〜】















b0295234_16585754.jpg
【何回見ても、憎めない看板(笑)】














「ここが碓氷峠ですかぁ。とりあえず峠には何にもないんですね(笑)」










達成感に浸りつつ、峠でしばし休憩。


そしてここから直進方向にビューっと下れば、いよいよそこは憧れの軽井沢の街!












しかーし!?



今日は、いつもと一緒ではつまらないので、僕もまだ行ったことのないところに立ち寄ってみることにしますよ。
















b0295234_17004974.jpg















b0295234_17010160.jpg
















峠を直進するのではなく、右折。


「あの場所」を目指し、もうひと漕ぎ!

















b0295234_17031058.jpg
















峠を右折すると、綺麗に手入れがされていると思われる素晴らしい新緑の森が広がりました。







ここは旧軽井沢の上に広がる傾斜地の別荘地。

木々の間に可愛らしい別荘が点々と佇んでいました。










欲しい〜!(T.Aさん、このへんのひとつ、買って下さい/爆)。





















b0295234_17050566.jpg
【うっとりするような新緑の森の別荘地をゆく】





















b0295234_17055956.jpg
【ガードレールも緑】
















珍しく事前に調べておいた情報を頼りに尾根沿いの別荘地の中を進んでいくと、旧軽から続く道との分岐に出ました。

その分岐を右折し、さらに登っていくと…









ビンゴ!
















b0295234_17082704.jpg
















見晴台、到着。



そして何軒かある茶屋の中で、目指すはもちろん「元祖力餅」の「しげのや」さんです!


ここ、一度来てみたかったのよ〜。



















b0295234_17104159.jpg
【テラスがお食事スペース。そして…】
















b0295234_17102154.jpg
【!?】
















そのテラスの上の2回が展望台!



















b0295234_17113177.jpg
【暑さのせいかちょっとモヤってますが、素晴らしい展望〜】
















b0295234_17115753.jpg
【店内に県境が走っていることでも有名ですよね】















さてさて、パパさんと二人、テラスの一角に陣取って注文したのは…


















b0295234_17125828.jpg
【もちろん「力餅」!(ハイ、「予告」の写真はコレでした)】
















1列500円の力餅を2つ頼み、2人でシェア。


お味は定番のあんことクルミをチョイス。









あんこは言わずもがな。クルミが適度に塩気があって美味しかった!

あんことの愛称もバッチリで、二人で交互に食べてアッという間に完食。
















「軽井沢って、こんないいところがあったんですね〜。練習ばかりでまったく知りませんでした(笑)」

















ふんわりやわらか、口の中で溶けるような感触なのに、ちゃんとお餅らしい歯ごたえもある不思議な食感…。



これはまた食べに来たくなる味だなぁ(もちろん自転車で)。













周囲の方達が食べていたおそばやあんこソフトもとても美味しそうでした。よし、これはまた来ねばなるまい(キリッ)。
















満足して「しげのや」を出た二人。



さて、県道133号線を旧軽銀座方面にビューンと下っていくとしましょうか。



〈つづく〉





by pcblue | 2018-05-18 17:23 | ヒルクライム | Comments(2)

新緑満喫。三度目の妙義軽井沢ライド その1 〜妙義山にミレ様降臨!?〜

1回目は2013年秋。ドマーネ6“pcblue号”が納車されたばかりで、いろいろな意味でイケイケな頃。元来の計画性の無さと予想外の暑さで見事に両脚攣りをかまし、今のところロードバイク人生の中で最もヤバかったライド(苦笑)。


2回目は昨年同時期の5月。4年越しの想いを果たす(つまり脚攣り無しで妙義&碓氷峠のヒルクラを楽しむ)と同時に、オマケで北軽まで駆け上がり、溜飲を下げる。

















そして昨日5月16日、通算三度目となる妙義軽井沢ライドを敢行。


僕にとってはいろいろな意味で思い出深く、大切なルートに、今年もまた――――――。





















b0295234_13443501.jpg
【!?】



















b0295234_13445831.jpg
【!?!?!?】



















まさかのカンパニョーロ「シャマル ミレ」導入!


























…したのは、当日同行頂いたりょうたパパさんでした(爆)。








パパさんにとっては、完成車から初めてのホイール交換で、ショップで受け取ったのが、なんと前日の夜とか。


まさに導入ホヤホヤのシェイクダウンとなりました。




















b0295234_13480073.jpg
【ウム、パパさんらしい、間違いのない選択(キリッ)】


















そんな感じで、ちょっぴりウキウキなパパさんと、デポ地の「道の駅しもにた」をスタートしたのが6時43分。


少し早めのスタートで、ゆっくりと余裕を持ってサイクリングを楽しもうという算段です。
















「新しいホイールのシェイクダウンには贅沢過ぎるライドですよね」









うむ、確かに(爆)。

























b0295234_13500710.jpg
















出発時点で気温は23℃。


予報だと、日中の軽井沢も27℃になるとか!








「いやぁ、思った以上に暑いですね〜」


















b0295234_13525253.jpg

















b0295234_13593444.jpg















朝からすでにモワっとして暑いくらいの下仁田。


まずは国道254号線をトラックと一緒に西進し、「中小坂」横T字路を右折。妙義山方面に向かいます。







1年ぶりの妙義軽井沢ライド。ワクワク。










ところでパパさん、ミレ様のファーストインプレッションはどうですか!?



















「はい、何かよく進むような気がします。プラシーボですかね!?」















ちょっぴり照れ笑いのパパさん。


いえいえ、プラシーボだけじゃないと思いますよ〜。












最初のホイール交換といえば、我々自転車乗りにとっては、何物にも代え難い「一大イベント」。

購入に至るまではかなりの期間悩み続けたというパパさん。そして、ついに手に入れた新輪。待ちに待ったシェイクダウンの嬉しさが伝わってくるようで、なんだかこちらまで嬉しくなります。
















信号待ちや撮影タイムの度に新輪の塩梅をしつこく尋ねながら(苦笑)、長閑な景色が広がる登り基調の県道51号線を進みます。















b0295234_14045219.jpg
【撮らずにはいられないお約束の看板。今年も健在!】


















そして、看板に従って途中のY字を左折、県道196号線(上毛三山パノラマ街道)に入れば、いよいよ妙義山・中乃嶽神社への登り区間へ。距離6㎞、平均斜度6%ほどのヒルクライムがスタートです。

















b0295234_14054039.jpg














「すごい景色ですね…」

















目前に現れた巨大な岩山に、思わず驚きの声をあげるパパさん。


妙義山も軽井沢も自転車では初めてというパパさん。まずは妙義山塊のゴツゴツとした岩山のロケーションを楽しんでもらいましょう。
















b0295234_14090382.jpg















つづら折れは始まれば、走り屋さんも大好きな妙義ヒルクライムルートの真骨頂。



時折グっと斜度が増しますが、かといって「激坂」まではいかないので、なかなかに快適なルートです。








何より天気がよくて、空気が美味い。そして、新緑が綺麗!



まだ9時前なので心配された暑さもそれほどでもなく、快適に登っていけます♪
























ところでパパさん、ミレ様のファーストクライムはどうよ!?(笑)
















「はい、心なしかクックッと前に押し出されるような感覚があります。気のせいですかね(苦笑)」
















いえいえ、たぶんそれ、気のせいではないと思いますよ(笑)。
















b0295234_14123555.jpg
【ミレ様効果でいつもよりグングン登っていくパパさん!?】
















僕がマドン4で初めてホイールを交換したのは、今もそのままマドンで掃き続けているボントレガーの「レースXライト」というホイールでした。


確かシェイクダウンは江戸川で、あまりの快適さのグングン進む感じに気付いたら渡良瀬まで走らされていて、グッタリしたっけ(苦笑)。








パパさんの嬉しそうな表情を見ていたら、その時のことを思い出してほっこりしてしまいました。


自転車って、我々オッサンを子供に戻しちゃいますよね〜(失礼)。
















b0295234_14161846.jpg











「おおお、凄い!」















目の前に忽然と現れた巨大な岩山に、思わず感嘆の声をあげるりょうたパパさん。


これが妙義ヒルクライムの醍醐味ですよね〜。







どこか女性的なやわらかさのある瑞牆山に比して、妙義山塊はゴツくて人を寄せ付けないような、男性的な豪快さ、無骨さがありますよね。



















b0295234_14185310.jpg















看板前でお約束の写真を撮ったら、駐車場のベンチで小休止です。



気温は25℃以上になっていて、もう汗だく。

















b0295234_14194328.jpg
【ヒルクラ→汗だく→コーラタイム→幸せ♡(堅実なパパさんはアクエリタイム)】















b0295234_14204506.jpg















b0295234_14205790.jpg



















ベンチで休みながらも、やっぱりおしゃべりの内容は「ホイール」。





そして、つい我慢出来なくなり…



















b0295234_14214059.jpg
【ほほ〜う♡】















b0295234_14220346.jpg
【ウヒョー♡】



















パパさんのドマーネにまたがり、試乗タイム(爆)。
















正直、けっこう驚き!




カンパ系のホイール(ハブ)は「回る」とは聞きますが、確かにこれはごば蔵さんのボーラウルトラ・マドン9を試乗させてもらった時と同様の衝撃。


USBハブはボーラウルトラの「カルト」より下…という位置付けですが、冗談抜きで遜色なく回る感触ですよ。言葉で表現するなら、「つるりん〜♪」と氷の上を滑るように進む感触!








掛け値無しに、ハブのどこまでも回転していくような感触は、僕のアイオロスより明らかに「上」。

いやいや、これはマイッタなぁ〜(苦笑)。












乗り味的には、カッチリとしたアルミらしい剛性感が秀逸。重めのギアでダンシングでグイグイとバイクを振ってやると、ハブの軽快さと相まって、グイグイつるりんと前に出ていく感触がとても気持ちいい。スペック上の重量はアイオロス5より重いんですが、体感的な漕ぎ出しの軽さは、こちらもミレ様の方が上のような…。

高剛性アルミスポークもその理由!?




単純に「乗り心地」という点では、さすがにカーボンよりはゴツゴツ感はありますが、独特なスポークのG3組により兄弟モデルの「レーシングゼロナイト」より「やわらかい」とよく表現されるシャマルミレ。確かに嫌なゴツゴツ感とかゴトゴト感は上手く丸められているような印象があって、不快感は皆無でしたね〜。



ブレーキ音も静かで、ほぼ「無音」。ガツンと止まる…というより、粘り気のあるコントローラブルな感触です。




足を止めた時のラチェット音も、まだ新しいせいもあるのか、ほぼ「無音」。

このあたりは好みもあって好き嫌いが分かれるのでしょうが、ジージーとセミの鳴き声のようにうるさめなDTスイスのスターラチェットの音に慣れていると、足を止めた時に無抵抗でスーっと進む感触が、なんだかとても新鮮でした。
















もしもシャマルミレを購入検討されている方がいらっしゃいましたら、思いっきりその背中を押させて頂きます。

いいホイールですよ、間違いなく。



















…と、ひとしきり誰もいない駐車場を乗り回させていただきやした。パパさん、大切なNEWホイールなのに、大変失礼致しました。









とにもかくにも最大の「新輪効果」は、自転車に乗ることがよりいっそう「楽しくなること」かと。


確かに安い買い物ではありませんが、その効果は無限大。ある意味、「コスパ最強」のカスタマイズなのであります!?














b0295234_14385385.jpg


















中乃岳駐車場での休憩&試乗タイムの後は、道のカーブに合わせて前後左右に現れる岩山の景観を楽しみながらの快適ダウンヒル(パパさんいわく、ミレ様の下りでの安定感も秀逸とか!)。















b0295234_14440290.jpg















ひとしきり下ったら、道の駅「みょうぎ」で小休止。


少し下ってきただけで、暑い!






すでに気温は27℃を越えてきていて、どうやら「季節外れの暑さになる」という予報はバッチリ当たりそう。











さあさあ、早めに涼しい軽井沢に逃げ込むとしましょうか!?
















と、その前に…
















b0295234_14463870.jpg
【!?】
















朝ご飯が早かった二人のオッサン、利害が一致(爆)。





少々早めの「セカンド朝食」としますか…と、当初はスルーする予定だった横川「おぎのや」にライドオン♡


















b0295234_14473986.jpg














b0295234_14511437.jpg















b0295234_14482889.jpg
















お食事コーナーは10時からということで危うく「あるある」になるところでしたが、釜飯販売&イートインはOKとのことで「ホッ」。


定番の釜飯を一気食い(笑)。



















正直、若い頃はあまり美味しいとは思わなかったんですけど、歳を取ったせいか、年々美味しく感じられてきたような…。

見事におぎのやの術中に嵌り始めたオッサン二人なのでした。



〈つづく〉



























b0295234_14493495.jpg

by pcblue | 2018-05-17 17:36 | ヒルクライム | Comments(4)

予告 〜力モッチモチ⁉︎〜

b0295234_21581641.jpg















この写真だけで分かったあーた、けっこう凄いかも。いや、すぐ分かるって⁉︎


















自転車では通算三度目となるあの場所へ、新緑ライドに行ってまいりました。


例によって超〜オネムなので、更新は明日以降!







by pcblue | 2018-05-16 22:00 | ヒルクライム | Comments(0)

久しぶりの筑波縦走路&ビストロ オラゲ

…というわけで、GW「逆暦どおり」第二弾。

今日は久しぶりにヒルクライム!

勝手知ったる筑波エリアに行ってきましたよ。




















b0295234_20214072.jpg

















車載で常磐道をビューンとワープしてやってきたのは、りんりんロード筑波駅。



本日のお天気は曇りで、夕方には雨が降り始める予報。

スタート時の気温は19℃で、暑かった最近ではちょっとヒンヤリ。でもこのくらいの方がヒルクライムには適温ですね。



















b0295234_20234194.jpg


















久しぶりのヒルクラ、キツい!(汗)




帯状疱疹以来、河川敷カフェサイクリストと化していたので、久しぶりの登りはかなり堪えますね。




特にこの序盤の神社側のヒルクライムが今日一番キツかったかも。


















b0295234_20253278.jpg
【き、キツい…】


















b0295234_20255602.jpg



















速く登ろうなどという意識はハナからないので、立ち漕ぎでのんびりと。


久しぶりのヒルクライムを噛みしめるように、じわじわと登っていきます。



















b0295234_20272430.jpg
【風返し峠が見えた!】



















休憩すると気持ちが切れそうなので、風返し峠では信号で停まっただけで、そのままつつじヶ丘アタック。






峠を過ぎると体が慣れてきたのか、いくぶん呼吸も楽に、脚も回るようになってきたぞっ。




















b0295234_20282717.jpg
【霧のつつじヶ丘は大盛況。さすがGW!】



















ニュー三井谷のおかあさん、たくさんのお客さんに囲まれて忙しそう。


順番待って、あらためて再会のご挨拶を。

















「あら〜、久しぶりじゃない⁉︎」















おかあさんに帯状疱疹顛末のご報告(苦笑)。けっこう間が空いちゃったなぁ〜。




















b0295234_20311941.jpg




















「今日は忙しいから、また来た時にちゃんとしたお菓子あげるわね♡」




















b0295234_20321121.jpg
【十分ですよっ】
























アメちゃん3つもくれたおかあさんと少しだけお話して、お邪魔にならないうちに退散。また来るねー。



















b0295234_20331278.jpg
【バイバイ】




















つつじヶ丘を出たら、風返し峠を経て北側へダウンヒル。



そう、今日は久しぶりに(走破するのは昨年の野犬並走事件以来⁉︎)縦走路を走りましょう。




















b0295234_20350456.jpg
【湯袋峠、「癒しの林道」から…】




















b0295234_20352921.jpg


















b0295234_20354684.jpg

















b0295234_20355924.jpg




















b0295234_20361252.jpg



















b0295234_20362510.jpg
【上曽峠を過ぎて…】





















b0295234_20364192.jpg
【パラグライダー場も越えて…】



















b0295234_20374805.jpg
【東風強し。寒い!】



















b0295234_20381465.jpg




















b0295234_20383717.jpg
【一本杉峠からウインドパワーまでは、なかなかハードな登り!】






















b0295234_20385368.jpg
【グオングオン】



















b0295234_20400337.jpg


















登りの山場は越えたけど、久しぶりの縦走路はやっぱりキツい!



「縦走路往復」実現までには、まだまだかかりそうだなぁ…(遠い目)。



でもヒルクライム、やっぱり楽しいんだよなぁ(苦笑)。



しっとりとした霧の森も、なかなか素敵です。




















b0295234_20420357.jpg


















ウインドパワーを過ぎれば、道はだんだん下り基調に。






















b0295234_20424355.jpg
















気温18℃のダウンヒルは、寒い!


迷ったけど、ウィンブレ持ってきてよかった〜。




















b0295234_20432489.jpg
【野犬ポイント(笑)】


















b0295234_20435323.jpg
【無事、脱出】



















もしも余裕があったらこの先、板敷峠&道祖神峠を越えて笠間クラインガルテンのマメザラバイキングもいいなぁと思っていたんですが、キブアップ。

板敷峠の登り路には入らず、そのまま平地を走ります。



















b0295234_20453842.jpg



















いよいよ田植えも始まった田園地帯を眺めながら走って向かったのは…



















b0295234_20462601.jpg
【⁉︎】



















ハイ、前回来て痛恨(定番?)の定休日だった洋食の名店、「ビストロ オラゲ」さん。今日はやってました!
























b0295234_20474234.jpg
【駐車場には車がたくさん! そして、もちろんバイクラックも完備!】























b0295234_20482222.jpg






















店内は広い「街の洋食屋さん」といった明るい雰囲気で、期待が高まります。


注文したのはもちろん、名物のハヤシライスです。





待つことしばし、まずやってきたのは…



















b0295234_20484297.jpg
【スープ。う、美味い…】



















オーソドックスながらとても深みがある味。


このスープを飲んで確信しました。ハヤシライスは絶対に美味しいと。


















そして…




















b0295234_20520447.jpg
【キターーーーーーーーー!】



















いや驚いた。


これは本当に美味しい!!!












ステーキ状の軟らかいビーフがゴロゴロ入ったハヤシライスは、清く正しい「洋食屋さんの味」。


さっぱりとした酸味と、深いコク…。


懐かしさもあり、夢中で食べ進んであっという間に完食してしまいました。










これはまたすぐにでも食べに来たくなりそう…。

























b0295234_20543727.jpg
【気を良くしてデザートを(爆)。ロールケーキ&ホットコーヒー、最高…】























ビストロ オラゲ、やっぱり来てよかった。



縦走路の「ご褒美」には絶妙の位置だし、ひとけのない森の中を走ってきたせいか、賑やかな店内とのギャップがまたいい(笑)。



そして文句なしの「味」。


人気店なのもうなづけます。













よし、また必ず来よう!




















b0295234_20572195.jpg

















「ビストロ オラゲ」を出た後は岩瀬駅の方にまわり、定番のりんりんロードで帰路へ。


















b0295234_20584797.jpg
【このパっと開ける景色、好きだなぁ】




















生暖かい東風にあおられながらのんびり走り…
















b0295234_20594660.jpg






















b0295234_20595983.jpg




















b0295234_21002416.jpg















b0295234_21003670.jpg
【ついさっきまでヒーヒー言ってた山を横目に流すのまた、オツなものです⁉︎】






















b0295234_21012526.jpg




















そのままのんびり流して、雨が降る前にちょいと早めに筑波駅に帰還。


走行距離60㎞の「正・縦走路」。


久しぶりでしたが、どうにか走破出来ました。念願の「オラゲ」さんに行けたのも大きな収穫でした。


ヒルクライム、苦しいんですが、森の中に身を委ねる雰囲気と達成感、ダウンヒルの爽快感…と、やっぱり最高! 楽しかった〜。
























b0295234_21014491.jpg

by pcblue | 2018-05-02 21:06 | ヒルクライム | Comments(4)