1年ぶり2回め、今年も凄かった瑞牆山ライド その3 〜絶品。紅葉の本谷川渓谷〜

みずがき湖を後にしたら、県道23号を東進。塩川トンネルをくぐれば、実は昨年のライドでも最もキツかった登りが現れます。


湖を離れて本谷川沿いの増富ラジウム温泉郷に入るまでの「日向地区」集落の登りが、その名前どおり日向で暑く、しかもけっこうな斜度でキツいのです。















b0295234_12511445.jpg
【ふぬおおおおおっ】
















「こんなにキツかったでしたっけ!? 暑いし、斜度も余裕で10%以上ありますよ」















去年は朝の寒さにビビってジャケットなんぞ着て来てしまったので、この日向地区の登りで瀕死状態になったんだっけ(汗)。



今年はジャージなので去年ほどではないにしろ、それでもやっぱり南側集落での10%ヒルクライムはけっこうな暑さ。


しかし距離はそれほどでもないので、頑張ってペダルを回します。





ほどなくして斜度が緩み、集落の名前も「日向地区」から「日影地区」になる…っていうのも、なんだが面白かったりして。

















b0295234_12543498.jpg
















b0295234_12570653.jpg
















どうにか増富ラジウム温泉郷の入口に到達し、斜度も緩んで一安心。


急がば回れで、公衆トイレのある駐車場で小休止することにしました。
















b0295234_12572903.jpg
【冷たい缶コーヒーでホっと一息。こんな時間もまた、最高ですよね】















b0295234_12575663.jpg
【駐車場の脇には素敵な本谷川の流れが。自ずとテンションも上がります】














b0295234_12591786.jpg
















「去年は確か、このあたりはまだ紅葉には早かったんですよね。どうやら今年はちょうどよさそうですよ」とパパさん。



確かに、去年はこのあたりはまだまだ葉っぱも緑だった気がしますが、今年はもうけっこう色付いています。



そして、ここからさらに標高を上げていくに連れて、紅葉もMAXになっていく予感。















b0295234_13011703.jpg














b0295234_13013282.jpg
















b0295234_13014611.jpg

















小さな橋を渡れば、いよいよ本谷川沿いの絶品ルートがスタート。


目論見通り紅葉もほぼ満開に近い色付きで、思わず言葉を失う美しさ。







写真メインでどうぞ。。。

















b0295234_13062938.jpg














b0295234_13064940.jpg














b0295234_13070104.jpg














b0295234_13071337.jpg
















序盤はまず、左手の沢に転がる巨大な岩に目を奪われます。


こんなのが上から転がり落ちてきたのだろうか…と思いを巡らせるだけでも、時を忘れてしまうのです。






そして、沢が進行方向み後手に移ると、いよいよ本谷川渓谷の「本番」。


紅葉もますます色付き、森と渓谷が織りなす美しさに言葉を失うのです。


快適でちょうどいい斜度の林道を、その感動をゆっくりと噛み締めながら登っていきます…。

















b0295234_13115608.jpg














ゆっくりと登っていきます…というより、撮影タイムの連続で、まったく前に進みません。


これぞ、本谷川渓谷マジック(笑)。









「どうぞ遠慮しないで思う存分、撮ってくださいね。急いで登る必要はこれっぽっちもないんですから」








パパさんの言葉に甘え、少し走っては止まって撮り、また少し走っては止まって…を繰り返します。



















b0295234_13150454.jpg














b0295234_13151769.jpg

















b0295234_13371723.jpg















b0295234_13372927.jpg

















b0295234_13373916.jpg














b0295234_13375069.jpg















b0295234_13380302.jpg














b0295234_13381513.jpg














b0295234_13382674.jpg
















b0295234_13383602.jpg

















道の右に左に…とその位置を変えていく本谷川。


そのたびに光の当たり方も変わって、筆舌に尽くし難い美しさを醸し出します。
















b0295234_13394798.jpg
【紅葉はまさにピーク。あまりの美しさに呆然と立ち尽くすパパさんの姿が、全てを物語っていると思います】

















b0295234_13405402.jpg














b0295234_13410636.jpg














b0295234_13411702.jpg















b0295234_13413107.jpg















b0295234_13414240.jpg















b0295234_13430840.jpg
















陰陽のある日向の紅葉もいいのですが、日影の森も何とも味があっていいのです。





















b0295234_13424651.jpg



















b0295234_13433527.jpg
【そして、あっという間に本谷川渓谷添いの道も、終盤へ。涙が出そうなくらい綺麗な黄色の世界の中を進んでいきます】

















b0295234_13441747.jpg















b0295234_13442930.jpg














b0295234_13452614.jpg














b0295234_13453875.jpg


















b0295234_13455462.jpg

















上の看板が出てきたところで、まだ少し沢沿いの道は登るのですが、名残惜しくも本谷川渓谷添いのヒルクライムは一区切り。

ここをまっすぐ行けば木賊峠を経て甲府方面か、いつか行ってみたいな、などと思いつつ左折。













「本谷川渓谷、昨年以上に凄かったですね! 離れるのが本当に名残惜しいです」











パパさんとそんなことを話しながら、左へ。


素晴らしかった本谷川渓谷の景色を胸に刻み、いよいよライドの「メインディッシュ」、瑞牆山に向かいましょうか。




〈つづく〉




















b0295234_13522524.jpg




b0295234_13523685.jpg




b0295234_13524479.jpg




b0295234_13525480.jpg







by pcblue | 2018-11-13 22:53 | ヒルクライム | Comments(0)
<< 1年ぶり2回め、今年も凄かった... 1年ぶり2回め、今年も凄かった... >>