新緑満喫。三度目の妙義軽井沢ライド その1 〜妙義山にミレ様降臨!?〜

1回目は2013年秋。ドマーネ6“pcblue号”が納車されたばかりで、いろいろな意味でイケイケな頃。元来の計画性の無さと予想外の暑さで見事に両脚攣りをかまし、今のところロードバイク人生の中で最もヤバかったライド(苦笑)。


2回目は昨年同時期の5月。4年越しの想いを果たす(つまり脚攣り無しで妙義&碓氷峠のヒルクラを楽しむ)と同時に、オマケで北軽まで駆け上がり、溜飲を下げる。

















そして昨日5月16日、通算三度目となる妙義軽井沢ライドを敢行。


僕にとってはいろいろな意味で思い出深く、大切なルートに、今年もまた――――――。





















b0295234_13443501.jpg
【!?】



















b0295234_13445831.jpg
【!?!?!?】



















まさかのカンパニョーロ「シャマル ミレ」導入!


























…したのは、当日同行頂いたりょうたパパさんでした(爆)。








パパさんにとっては、完成車から初めてのホイール交換で、ショップで受け取ったのが、なんと前日の夜とか。


まさに導入ホヤホヤのシェイクダウンとなりました。




















b0295234_13480073.jpg
【ウム、パパさんらしい、間違いのない選択(キリッ)】


















そんな感じで、ちょっぴりウキウキなパパさんと、デポ地の「道の駅しもにた」をスタートしたのが6時43分。


少し早めのスタートで、ゆっくりと余裕を持ってサイクリングを楽しもうという算段です。
















「新しいホイールのシェイクダウンには贅沢過ぎるライドですよね」









うむ、確かに(爆)。

























b0295234_13500710.jpg
















出発時点で気温は23℃。


予報だと、日中の軽井沢も27℃になるとか!








「いやぁ、思った以上に暑いですね〜」


















b0295234_13525253.jpg

















b0295234_13593444.jpg















朝からすでにモワっとして暑いくらいの下仁田。


まずは国道254号線をトラックと一緒に西進し、「中小坂」横T字路を右折。妙義山方面に向かいます。







1年ぶりの妙義軽井沢ライド。ワクワク。










ところでパパさん、ミレ様のファーストインプレッションはどうですか!?



















「はい、何かよく進むような気がします。プラシーボですかね!?」















ちょっぴり照れ笑いのパパさん。


いえいえ、プラシーボだけじゃないと思いますよ〜。












最初のホイール交換といえば、我々自転車乗りにとっては、何物にも代え難い「一大イベント」。

購入に至るまではかなりの期間悩み続けたというパパさん。そして、ついに手に入れた新輪。待ちに待ったシェイクダウンの嬉しさが伝わってくるようで、なんだかこちらまで嬉しくなります。
















信号待ちや撮影タイムの度に新輪の塩梅をしつこく尋ねながら(苦笑)、長閑な景色が広がる登り基調の県道51号線を進みます。















b0295234_14045219.jpg
【撮らずにはいられないお約束の看板。今年も健在!】


















そして、看板に従って途中のY字を左折、県道196号線(上毛三山パノラマ街道)に入れば、いよいよ妙義山・中乃嶽神社への登り区間へ。距離6㎞、平均斜度6%ほどのヒルクライムがスタートです。

















b0295234_14054039.jpg














「すごい景色ですね…」

















目前に現れた巨大な岩山に、思わず驚きの声をあげるパパさん。


妙義山も軽井沢も自転車では初めてというパパさん。まずは妙義山塊のゴツゴツとした岩山のロケーションを楽しんでもらいましょう。
















b0295234_14090382.jpg















つづら折れは始まれば、走り屋さんも大好きな妙義ヒルクライムルートの真骨頂。



時折グっと斜度が増しますが、かといって「激坂」まではいかないので、なかなかに快適なルートです。








何より天気がよくて、空気が美味い。そして、新緑が綺麗!



まだ9時前なので心配された暑さもそれほどでもなく、快適に登っていけます♪
























ところでパパさん、ミレ様のファーストクライムはどうよ!?(笑)
















「はい、心なしかクックッと前に押し出されるような感覚があります。気のせいですかね(苦笑)」
















いえいえ、たぶんそれ、気のせいではないと思いますよ(笑)。
















b0295234_14123555.jpg
【ミレ様効果でいつもよりグングン登っていくパパさん!?】
















僕がマドン4で初めてホイールを交換したのは、今もそのままマドンで掃き続けているボントレガーの「レースXライト」というホイールでした。


確かシェイクダウンは江戸川で、あまりの快適さのグングン進む感じに気付いたら渡良瀬まで走らされていて、グッタリしたっけ(苦笑)。








パパさんの嬉しそうな表情を見ていたら、その時のことを思い出してほっこりしてしまいました。


自転車って、我々オッサンを子供に戻しちゃいますよね〜(失礼)。
















b0295234_14161846.jpg











「おおお、凄い!」















目の前に忽然と現れた巨大な岩山に、思わず感嘆の声をあげるりょうたパパさん。


これが妙義ヒルクライムの醍醐味ですよね〜。







どこか女性的なやわらかさのある瑞牆山に比して、妙義山塊はゴツくて人を寄せ付けないような、男性的な豪快さ、無骨さがありますよね。



















b0295234_14185310.jpg















看板前でお約束の写真を撮ったら、駐車場のベンチで小休止です。



気温は25℃以上になっていて、もう汗だく。

















b0295234_14194328.jpg
【ヒルクラ→汗だく→コーラタイム→幸せ♡(堅実なパパさんはアクエリタイム)】















b0295234_14204506.jpg















b0295234_14205790.jpg



















ベンチで休みながらも、やっぱりおしゃべりの内容は「ホイール」。





そして、つい我慢出来なくなり…



















b0295234_14214059.jpg
【ほほ〜う♡】















b0295234_14220346.jpg
【ウヒョー♡】



















パパさんのドマーネにまたがり、試乗タイム(爆)。
















正直、けっこう驚き!




カンパ系のホイール(ハブ)は「回る」とは聞きますが、確かにこれはごば蔵さんのボーラウルトラ・マドン9を試乗させてもらった時と同様の衝撃。


USBハブはボーラウルトラの「カルト」より下…という位置付けですが、冗談抜きで遜色なく回る感触ですよ。言葉で表現するなら、「つるりん〜♪」と氷の上を滑るように進む感触!








掛け値無しに、ハブのどこまでも回転していくような感触は、僕のアイオロスより明らかに「上」。

いやいや、これはマイッタなぁ〜(苦笑)。












乗り味的には、カッチリとしたアルミらしい剛性感が秀逸。重めのギアでダンシングでグイグイとバイクを振ってやると、ハブの軽快さと相まって、グイグイつるりんと前に出ていく感触がとても気持ちいい。スペック上の重量はアイオロス5より重いんですが、体感的な漕ぎ出しの軽さは、こちらもミレ様の方が上のような…。

高剛性アルミスポークもその理由!?




単純に「乗り心地」という点では、さすがにカーボンよりはゴツゴツ感はありますが、独特なスポークのG3組により兄弟モデルの「レーシングゼロナイト」より「やわらかい」とよく表現されるシャマルミレ。確かに嫌なゴツゴツ感とかゴトゴト感は上手く丸められているような印象があって、不快感は皆無でしたね〜。



ブレーキ音も静かで、ほぼ「無音」。ガツンと止まる…というより、粘り気のあるコントローラブルな感触です。




足を止めた時のラチェット音も、まだ新しいせいもあるのか、ほぼ「無音」。

このあたりは好みもあって好き嫌いが分かれるのでしょうが、ジージーとセミの鳴き声のようにうるさめなDTスイスのスターラチェットの音に慣れていると、足を止めた時に無抵抗でスーっと進む感触が、なんだかとても新鮮でした。
















もしもシャマルミレを購入検討されている方がいらっしゃいましたら、思いっきりその背中を押させて頂きます。

いいホイールですよ、間違いなく。



















…と、ひとしきり誰もいない駐車場を乗り回させていただきやした。パパさん、大切なNEWホイールなのに、大変失礼致しました。









とにもかくにも最大の「新輪効果」は、自転車に乗ることがよりいっそう「楽しくなること」かと。


確かに安い買い物ではありませんが、その効果は無限大。ある意味、「コスパ最強」のカスタマイズなのであります!?














b0295234_14385385.jpg


















中乃岳駐車場での休憩&試乗タイムの後は、道のカーブに合わせて前後左右に現れる岩山の景観を楽しみながらの快適ダウンヒル(パパさんいわく、ミレ様の下りでの安定感も秀逸とか!)。















b0295234_14440290.jpg















ひとしきり下ったら、道の駅「みょうぎ」で小休止。


少し下ってきただけで、暑い!






すでに気温は27℃を越えてきていて、どうやら「季節外れの暑さになる」という予報はバッチリ当たりそう。











さあさあ、早めに涼しい軽井沢に逃げ込むとしましょうか!?
















と、その前に…
















b0295234_14463870.jpg
【!?】
















朝ご飯が早かった二人のオッサン、利害が一致(爆)。





少々早めの「セカンド朝食」としますか…と、当初はスルーする予定だった横川「おぎのや」にライドオン♡


















b0295234_14473986.jpg














b0295234_14511437.jpg















b0295234_14482889.jpg
















お食事コーナーは10時からということで危うく「あるある」になるところでしたが、釜飯販売&イートインはOKとのことで「ホッ」。


定番の釜飯を一気食い(笑)。



















正直、若い頃はあまり美味しいとは思わなかったんですけど、歳を取ったせいか、年々美味しく感じられてきたような…。

見事におぎのやの術中に嵌り始めたオッサン二人なのでした。



〈つづく〉



























b0295234_14493495.jpg

by pcblue | 2018-05-17 17:36 | ヒルクライム | Comments(4)
Commented by DAIちゃん at 2018-05-17 21:22 x
pcblueさん、こんばんは!
遂にりょうたパパさんもNEWホイール導入とおめでたい1日だったのですね♪
妙義山は興味はあったのですが、如何せんこの間行った時はV3号だったのでさすがに無理だと判断して碓氷峠だけにしましたけど(笑)
機会があればお二人とお山でもご一緒したいっす。






Commented by pcblue at 2018-05-18 06:54
♪DAIちゃん♪
おはようございます!
シャマルミレ、よいホイールでしたね〜。そして、パパさんより僕の方がハシャいでたかなぁ。反省(汗)。
あの長い坂をミニベロで登ってしまうDAIちゃんは凄いなぁ〜と二人で話しながら登ってましたよ。ぜひ機会があればお山でもご一緒しましょう〜。
Commented by ごば蔵 at 2018-05-18 10:02 x
お早う御座います!
祝!パパさんNewホイール導入!!
熟考されてましたもんね~。
これでもう「不動50分とか付き合ってらんね~よっ!」とか言われちゃうんですかね~(笑
見るからに楽しげなお二人の様子がわかって羨ましい限りです。
で、自分も山に行ったら楽しいんじゃないかと錯覚を・・・
Commented by pcblue at 2018-05-18 17:13
♪ごば蔵さん♪
こんにちは。
パパさん、悩みに悩んで最後は勢いでいってしまったようです!? ミレ様、聞きしに勝る素晴らしいホイールで、思わず欲しくなっちゃいました。当日も、明らかに僕の方がハシャいでましたねぇ〜(汗)。
ごば蔵さん、お山は楽しいですよ! 何ならプラス北軽コースでもいかがでしょう!?
<< 新緑満喫。三度目の妙義軽井沢ラ... 予告 〜力モッチモチ⁉︎〜 >>