タグ:EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM ( 324 ) タグの人気記事

リベンジ・妙義軽井沢山岳ライド その4 〜「奇跡のダウンヒル」〜

b0295234_21060741.jpg














「峰の茶屋」からのダウンヒル。



思わず「これを登ってきたのか〜」と口に出てしまうほど、けっこうな斜度のカーブの連続(汗)。



オーバースピードにならないよう、慎重にブレーキをかけながらゆっくりと下っていきます。









途中、ところどころで浅間山が姿を現し、見送ってくれます。


















b0295234_21080834.jpg














今も噴煙を吐き続ける「生きている」浅間山。



地元の方たちは、「大噴火したらそれまで」と、移住などせずに腹をくくっている…と聞いたことがあります。



特に北軽井沢に住む人たちからは、話をしていても、どこか腹の据わった「強さ」を感じます。



だから僕も、ここが好きなのかな…。
















とにもかくにも、自転車で北軽井沢に来るのは念願でした。


いつかまた、そして今度はもう少し時間に余裕のあるライドが出来たなら、鬼押出し園や嬬恋など、いろいろなところを回ってみたいと思います。



















b0295234_21120146.jpg














あっという間に中軽井沢まで下り、軽井沢名物(⁉︎)の巨大スーパー「TSURUYA」の脇を通って18号バイパスへ。




一瞬、塩沢湖方面に右へ…とも思っていたのですが、大切な場所に寄ることを思い出して、そのまま直進。

















b0295234_21134267.jpg














南軽井沢交差点。




四年前、脚を攣って動けなくなった焼肉屋さんの横。




胸の奥に、懐かしさとほろ苦さがドっと押し寄せてきます。













あの時は押し歩き。



今回はまったく攣っていない脚に力を込めてペダルを踏み、県道43号線を南へ。

















ありました。

















b0295234_21163597.jpg

















確かもう押し歩きも限界…というところで駆け込んだドッグカフェ、「DOG DEPT GARDEN 軽井沢店」。




あの時とまったく同じ姿で、そこにありました。

















b0295234_21191545.jpg

















b0295234_21192863.jpg

















b0295234_21193997.jpg

















あの時、もしもこのお店がなかったら、真っ暗闇の軽井沢で途方に暮れていたことでしょう。



何もかもが、あの時のまま…















ただただ無性に、嬉しかった。




















「店内は西陽で暑いですから、テラスなどいかがですか?」

















優しい店員さんに促され、広いテラスの一角へ。




自転車もテラスにどうぞということで、お言葉に甘えてすぐ脇にpcblue号を。













うん、最高じゃないか。



















b0295234_21222609.jpg
















b0295234_21223954.jpg

















軽井沢の中心地にあるカフェって、小さくて可愛らしいお店が多いじゃないですか。


でもここは同じ軽井沢でも中心から外れた南軽井沢にあるせいか、とにかく敷地が広々していて、大きなテラスや広いドッグランもあったりします。


テラスなんて何十人も乗れそうなほどの広さ。きっと犬関係のオフ会とかでも利用されるのでしょう。









そしてここ、よく考えたら自転車にも最高ですよね。


寒くて建物の中にいても、テラスの柵に停めた自転車を眺めながら食事が出来たりなんかしますから。










「自転車ですか。いいですね〜。私はアルミなんですけど、やっぱりカーボンって違います?」












嬉しいことに、店員さんが自転車乗りとか(笑)。




いえいえ、アルミだって何だって、自転車は最高ですよ。












「どちらを走ってこられたんですか?」












妙義から碓氷峠で軽井沢入りし、そして今、中軽から北軽まで上がってきたところです…なんて正直に答えたら、二人で大笑い。


ド変態ぶりを分かってくださる方でよかった〜(笑)。
















残念ながら「あの時」の焼きカレーはもうメニューになかったのですが、代わりにオムハヤシを注文。



熱々ふわとろで、最っ高に美味しかったです。


















b0295234_21294246.jpg
【野菜が甘くてシャキシャキ! なぜかトゥリーを思い出す(爆)】




















新緑の木々をタープ代わりに、



優しい西陽に見守られながら、美味しい食事。



そして傍には最愛のmy自転車…










これ以上の幸せがあるでしょうか。
















来てよかった。



そして、



ロードバイク、始めてよかったな。























「僕もTREKなんだよ〜。MTBだけどね」











食事を終えて会計を済ませてテラスに戻ってくると、今度は品のある素敵な紳士がpcblue号に興味深々。











「このホイールがいいんだよね〜」









ええ、まあ…(汗)。








とてもフレンドリーで、でもいかにも軽井沢らしい、只者ではない感を漂わせるその方と少しだけ談笑し、「下りは一番危ないから、最後、気をつけてね」と背中を押されて出発。


ありがとうございます。















b0295234_21354990.jpg














夕日に照らされた72ゴルフ場の情景を眺めつつ、県道43号線を碓氷軽井沢IC方面へ。
















b0295234_21365690.jpg



















最後はもちろん、あの時と同じ、「奇跡のダウンヒル」でーーーーーーーーー。

















b0295234_21373845.jpg

















あの時、


もうひと踏みも出来ないほど完全に攣っていた両太腿。


少しでも登りがあったらアウト。






そんな覚悟で右折し、始まった「奇跡のダウンヒル」。





暗闇の中、集中力が極限まで高まって、まるで宇宙空間を飛んでいるかのような不思議な感覚。




あの時、



下仁田のデポ地までただのいちども登り区間が現れない「奇跡のダウンヒル」は、僕の両脚を救ったのでした。







そして今回は、あの「奇跡のダウンヒル」をまだ明るいうちに走れる。











いったいどんな道だったのか。

いったいどんな景色だったのか。









実はそれを確認するのが、今回のリベンジライド最大の目的だったりしたのでした…。

















b0295234_21414650.jpg
【下り始めてすぐ、後ろを振り返る。「ありがとう軽井沢。また来るよ!」】

















まず現れたのが和美峠と、別荘地帯。















b0295234_21440835.jpg


















b0295234_21442891.jpg


















b0295234_21444805.jpg
















b0295234_21450353.jpg















「こんなところを下っていたのか…」と確認しながらさらに進むと、しだいにテクニカルなカーブが連続するように。


















b0295234_21461795.jpg


















b0295234_21464088.jpg


















b0295234_21465824.jpg














真っ暗闇の中、ここを下ったのか。



まったく記憶にない…。













少しでも気を抜けば、オーバースピードでガードレールに突っ込みそうになるようなカーブの連続。


今日はまだ明るく道が見渡せるだけに、むしろあの時より恐怖感があるのかもしれません。


この道を、よくあの暗闇の中、一度もヒヤリとすることなく下ったものです。


よっぽど集中していたんだろうなぁ…。














b0295234_21491406.jpg

















b0295234_21492812.jpg















b0295234_21494500.jpg
















b0295234_21500440.jpg















下る。下る。


慎重に…。









急斜度のカーブをひとつ越えるたびに、何か特別なものが込み上げきます。



















b0295234_21511930.jpg











どれくらい下りカーブをやり過ごしたでしょうか。



しばらくすると、ようやく急なカーブは終わり、道幅も広く、道端に人の生活の気配がするようになってきました。




















b0295234_21524500.jpg


















b0295234_21525768.jpg
















b0295234_21531574.jpg















暗闇の中に民家の灯を見つけた時の、あの安堵感。




こんな素敵な集落だったんだ…。


















b0295234_21544758.jpg












b0295234_21550027.jpg















気がつくと道の左手に綺麗な沢。



そして、あの時は気付かなかった、こんな場所も(笑)。

















b0295234_21553888.jpg














b0295234_21555089.jpg















この岩のように仲良く…ありたいものですね(苦笑)。
















なんだか現実に引き戻された感も味わいつつ(⁉︎)、いよいよ「奇跡のダウンヒル」も山岳地帯を抜けて、クライマックスへーーーーーーーーー。
























b0295234_21570136.jpg


















カーブや山肌の関係か、もう暗くなる一方だと思っていたのに、



突然、一瞬だけ神々しいまでの夕陽が下りてきた方から眩い光が降り注ぎました。












この写真が、自分的には今回のライドでのベストショット…かな。


























しかし、最後の最後にオチが…














夕陽の写真を撮った後、道は国道254号線に接続。


記憶では、そのまま下り基調の国道を流して「道の駅しもにた」に一直線…














…の、はずだったんですが⁉︎

















b0295234_21590253.jpg

















明らかに登ってるよね、これ…。












もしかしたら、少しだけ登り区間もあったのかなぁ…。


少しすればまた下り基調になるよなぁ…。








そう考えながら重いペダルを踏みますが、いつまでたっても登り基調。



















b0295234_22020808.jpg
【⁉︎】















左側に「荒船の湯」が見えたところで、反対側へ渡る…。





もう分かりましたよね。















道、間違えてるーーーーーーーー!!!





















県道から国道に接続したところは、右ではなく「左」が正解。



なぜか迷いもなく右折してしまっていたのです。











危ない危ない。あやうくこのまま佐久に突入してしまうところだった!(どんだけ登りが好きやねん⁉︎)
















きびすを返せば、やっぱり納得の下り基調(苦笑)。



けっこう登ってきてしまったようで…。










予定では明るいうちに道の駅に帰り着く感じだったのですが、やっぱり着く頃には真っ暗に。



最後はとんだオチが付いてしまいました(汗)。


































「道の駅しもにた」に帰り着いたのは、19時ジャスト。


ちょうどマジックアワーの終わりかけで、それはそれで幻想的な光景がライドのラストを飾ってくれたのでした。














b0295234_22073502.jpg

















最後の痛恨の「道間違い」で、堂々の120㎞オーバー(苦笑)。





獲得標高は分からないけれど、たぶんけっこういった⁉︎




最後の最後まで気温は高く、ラストはウィンブレを着ていたのですが、「間違え登り」で汗だくになってしまいました。


















楽しかった。


ただただ最高に、楽しかった。


心地よい疲労感と達成感が夕闇とともに迫ってきます。

















四年前、思い知らされたロードバイクの「怖さ」。


もっと楽しむために、もっと強くなりたい。


そう誓ったあの時。


それからまたいろいろなところを走り回って、失敗もたくさん積み重ねてきました。









同じpcblue号でまたここに来られたことに、深く感謝してーーーーーーーーー。



またひとつ、最高の思い出が。

















そしてきっとこれからも、いろいろな失敗を繰り返していくのだと思います。







これ以上速くなる、


強くなる、


自信はないです。











でもずっとロードバイクを好きでいる自信だけは、失くさないでいられるような気がします。








今回のライドは、


そんな確信という「宝物」を得られた、


一生忘れられないライドになったような気がします。




〈完〉









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-23 21:24 | ヒルクライム | Comments(4)

リベンジ・妙義軽井沢山岳ライド その3 〜成長の証明。さらに「北」へ!〜

四年ぶりの碓氷峠。


群馬県安中市にさよならし、いよいよ長野県軽井沢町へーーーーーーーーー。
















b0295234_13480235.jpg
【さらば群馬県!】















峠の反対側にビューンと下れば、もうそこは軽井沢。
















b0295234_13484915.jpg
【軽井沢。矢ケ崎公園だ!】

















あの時と同じ位置に自転車を立てかけ、一枚。




そしてスゥ〜っとひとつ、深呼吸。










来た。また自転車で軽井沢に来たんだ。








四年越しの感慨に浸る。

















b0295234_13503354.jpg



















b0295234_13504851.jpg
【ギリギリ、八重桜が待っていてくれました】















大賀ホールの脇を抜けて、旧軽方面へ。















b0295234_13513311.jpg




















b0295234_13514519.jpg
















歴史を感じる重厚な別荘地を抜けて…



















b0295234_13521507.jpg
【六本辻のラウンドアバウトからの…】
















b0295234_13523885.jpg
【新緑の雲場池!】




















b0295234_13531518.jpg

















b0295234_13532768.jpg














b0295234_13543833.jpg
















写真には写っていませんが、富士山五合目的な、ものすごい数の観光客(苦笑)。




撮影を済ませたらそそくさと雲場池を後にします。












実は犬体質の僕(寒いとこ大好き)。

まだ子供が生まれる前、マジで移住しようかと思ってたくらい、軽井沢、大好きなんです。






マイナス10℃以下になる冬とか、最高じゃないっすか(ドM♡)。







自転車以外では何度も来てるし、過去にはいろいろ調べたりしたので、妙に土地勘があるんですよねぇ(苦笑)。













雲場池を出た後は、少々マニアックな道を走って別荘地を走り抜け…

















b0295234_13545409.jpg

















b0295234_13592058.jpg
【浅間山!】
















国道18号(中山道)に入って西進すると、眼前には雄大な浅間山の雄姿が。




富士山も好きですけど、浅間山、大好き♡















b0295234_14010518.jpg
【⁉︎】















モダンな駅舎は、JR中軽井沢駅。



















b0295234_14014196.jpg
【ここは東京か…いや、東京以上にオサレです】


















中軽井沢駅まで来たら、後は駅の先にある踏み切りを渡って南軽井沢に抜け、帰路へ…というのが当初のプランでした。








しかし…










中軽井沢の駅で写真を撮っていたら、フツフツと湧き上がるものが。














行くか…


















まだ余力はある。



足も攣っていない。













成長の証明、もうひとつだけ欲しくなっちゃったよ…(ゴクリ)。

















気がつくと、中軽井沢からまっすぐ北へと伸びる道を走っていました。















b0295234_14021024.jpg
【ハルニレテラス】



















国道146号線、「日本ロマンチック街道」。


















約10㎞の登りの先には…














北軽井沢だ!





















b0295234_14071432.jpg


















b0295234_14073367.jpg
【頼むぜ、pcblue号】














観光客でに賑わうハルニレテラス、そして千ヶ滝別荘地を横目に、ジワジワと足にくる登り。



しだいに道は蛇行を始め、斜度は一気にアップ…。











北軽井沢も大好きな土地で(犬体質だから♡)、車では幾度となく通った道。



自転車に出会ってからは、「いつかここをロードバイクで登ってみたい」と、ずっと思っていました。












その想いが今日、ようやく叶う…。













喜びに打ち震えながら、ますますキツくなっていくワインディングを登っていきます。


ペダルに渾身の力を込めて。



















b0295234_14104954.jpg















b0295234_14110358.jpg















キツい…。






時折顔を出す浅間山の姿が唯一の応援団。








もはや時速は一桁台となり、バランスを崩せば落車しそうな速度まで。









それでも浅間山にパワーをもらい、






くじけるもんかと、前へ進む。









前へーーーーーーーーーー。
























b0295234_14131059.jpg

















このまま永遠に続くのではないかと思えた登りも、ついにゴールが。















b0295234_14132402.jpg














やった…。




登りきった!
















b0295234_14141363.jpg
【「峰の茶屋」到着】

















峰の茶屋をそのままスルーし、さらに北へ。




下り基調に苦笑い。なぜなら、これをまた登り返さねばならないから(キリッ)。










「もうやめてくれ〜」と思いながら下り、2㎞ほど先が本当のゴールとなりました。


















b0295234_14152686.jpg
【証明(証拠⁉︎)】


















b0295234_14160645.jpg
【感無量】


















b0295234_14162315.jpg
【ありがとう、浅間山】


















やった…。



ついに自転車で北軽井沢に来たんだ!










最高の達成感に浸りながら、雄大な景色を眺めながら、しばらくその場でボーっと抜け殻のように立ち尽くしてしまいました。
















「さあ、帰ろう」













もう少し先に行けば、「浅間牧場」に「鬼押出し」…。



でも体力的にも時間的にもこれ以上先に行くのはもう無理でした。



今日のところはここで引き返すとしましょう。

















b0295234_14184740.jpg
【「峰の茶屋」までの登り返しがやっぱりキツっ!(苦笑)】





















b0295234_14192191.jpg
















b0295234_14371053.jpg















b0295234_14372204.jpg
















b0295234_14373552.jpg














b0295234_14380897.jpg
【茶屋で小休憩】















茶屋は閉まっていて、自販機前で缶コーヒー。


あらためて、「ああ、今、本当に自転車で北軽井沢にいるんだよなぁ」と感慨に浸る(まだHOTがあるし!)。









さすがにかなり脚にきてる感じだけど、あとはもうほぼ下り。



気温も北軽としては驚くほど高く(たぶん)、22℃もあります。



ウィンブレを羽織る必要はなさそうです。









缶コーヒーを飲み干したら、アーム&ニーウォーマーだけ装着して、いざ…



















さあ、下ろう!



〈つづく〉



















b0295234_14422091.jpg









b0295234_14431635.jpg









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-22 19:36 | ヒルクライム | Comments(6)

リベンジ・妙義軽井沢山岳ライド その2 〜今度こそ碓氷峠旧道クライムを「楽しむ」〜

b0295234_12570034.jpg
















観光客でごった返す「おぎのや」をスルーしてしばらく進むと、写真のような分岐が。



もちろん、直進のバイパス方面ではなく、旧道方面へと進みます。




















b0295234_12581413.jpg
【左〜】














立体的な分岐を左に逸れれば、ちょいと風情のある街並みが。


でも地味に斜度は上がってきていて、直線上の道が足にきます(汗)。




















b0295234_12583882.jpg
【側溝を流れる水が清らかです】















そしていよいよやってきましたよ、四年ぶりの「入口」に…



















b0295234_13001479.jpg
【⁉︎】

















「おぎのや」の釜めしをスルーしたのは、ここに寄るためもあったんです。



四年前に来た時、「今度はここで食べよう」と思っていたお店、碓氷峠旧道ヒルクライムの入口分岐にある「玉屋ドライブイン」さんです。






なんでもこのお店、創業250年とか!



そ、想像もつかん…。












ここ玉屋ドライブインさんの名物は「力餅」というお餅で、赤福の小さいバージョン的なあんころ餅とか。


麓の「おぎのや」さんでも購入出来るらしいですが、まあそれはそれとして(苦笑)。












それと、結果的にはここでちゃんと補給できたのは正解だったかな。















b0295234_13075880.jpg
【歴史を感じる店内】

















注文したのは…



















b0295234_13083716.jpg
【ドドン】

















ラーメン&力餅セット(850円也)。











ラーメンの方は…、まあ普通(笑)。










いわゆる海の家的なラーメンで、これはこれでホっとする味ですし、何より塩分補給にはバッチリ。


ここぞとばかりにスープまで飲み干させていただきやした(←自転車時のみ許される暴挙なり)。











そして主役の「力餅」は…

















b0295234_13111124.jpg















パクッ!












やわらかいのにモチっとしたコシがあって、美味しい!



あんこも甘すぎずにサッパリしていて、何個でも食べられる味です。









そしてこれ、ラーメンに合う!(笑)








あっという間にペロっと完食。


塩分&糖分&炭水化物、バッチリです。




















b0295234_13132096.jpg
【さあ行くぞ!】


















「玉屋」さんで補給の後は、いよいよ本日最大のヤマ場、碓氷峠旧道ヒルクライムへ。






四年前、ここで茶色…いや、黄色い声援に背中を押されて調子こいて踏みすぎ、ハンガーノック&足攣りという最悪の事態に突入してしまった、思い出深い道。















さて、あの時の借りを返しにいくとしますか。





















b0295234_13160326.jpg
【さあ行こう。気温表示は見ないふりして…】



















あちぃ〜!!!

















b0295234_13180271.jpg

















碓氷峠までは10㎞以上の長丁場。


そしてこの暑さ!


今日は山の中にいるのに湿度も高く、登り始めてすぐ、やはりラーメン&力餅でしっかり補給してきたのは正解だったと確信します。











そして、登り始めてすぐ…


















b0295234_13182826.jpg
【碓氷湖で休憩♡】
















こぢんまりとした綺麗な湖である碓氷湖で息を整え、リスタート。












そしてもちろん、第一チェックポイントは…
















b0295234_13201834.jpg
【めがね橋】

















あの時は晩秋。


そして今日は、新緑の季節。










鮮やかな緑が添えられためがね橋もまた、いいもんですね〜。。。











さすがに紅葉の時期より観光客は少なめで、今回は茶色…いや、黄色い声援はなし(爆)。



冷静さを失なうことなくゆっくりと写真撮影タイム…




















b0295234_13221262.jpg














b0295234_13223542.jpg















b0295234_13225766.jpg



















じっくりと時間をかけてめがね橋を撮り、満足してリスタート。



この序盤での碓氷湖&めがね橋での撮影休憩のおかげで、元気いっぱいで走り出します。














そう、今回こそこの旧道クライムを「楽しむ」のです。


















b0295234_13243719.jpg

















あの時は辛さの方が先行して周りの景色がよく見えていなかったのか、はたまた新緑の季節の良さなのか。







「こんなに綺麗だったっけ⁉︎」…と走りながら思わず口にしてしまうほど、素晴らしい道じゃないですか…。






















b0295234_13263934.jpg

















b0295234_13265170.jpg

















b0295234_13270708.jpg

















ため息が出るような美しい新緑に囲まれ、いつ終わるとも知れないカーブを登っていく。




最高だ…。




















b0295234_13280560.jpg


















b0295234_13282206.jpg
















b0295234_13283757.jpg



















b0295234_13285144.jpg


















ロードバイクを始めたからこそ、出会えた景色。












意味もなく感動して、思わずこみ上げるものがあるほどの、忘れられないヒルクライムになりました。



















b0295234_13315357.jpg


















今回はハンガーノックも足攣りも、大丈夫。




あれから「強くなった」とは思わないけれど、失敗しながらもいろいろな経験だけは積んできたし、素晴らしい仲間にも出会えました。














ロードバイクって、ヒルクライムって、本当にいいな。
















ああヤバい、また何かこみ上げてきた(苦笑)。





















b0295234_13294928.jpg




















b0295234_13324278.jpg

















この旧道、斜度こそ5%くらい(?)とそこそこながら、延々と続く感じ。


でもそれを長いと感じさせない素晴らしくダイナミックな景観と、絶妙のカーブ…。










前回は余裕がなくて下ばっかり向いていましたが、今回は確信しました。








ここ、間違いなく、極上のヒルクライムルートだと思います。






















b0295234_13345124.jpg
【気温も最高♡】


















b0295234_13350967.jpg

















b0295234_13352208.jpg


















b0295234_13353683.jpg

















なんとなく木々の背が低くなってきたなぁと思ったら、標高が上がってきた証拠。





















b0295234_13360538.jpg




















b0295234_13362336.jpg


















b0295234_13364299.jpg























顔を上げてペダルを回していれば、



どんなに遅くても、



どんなに寄り道しても、



必ずいつかはピークに辿り着く。
















人生において一番大切なことも、きっちり教えてくれるのがヒルクライムですよね。






















b0295234_13381627.jpg



















b0295234_13385385.jpg
【あと少し!】



















b0295234_13391555.jpg
【見えた!】


















ヘロヘロになってたどり着いた前回の碓氷峠。



あの時の嬉しさとはまた違う嬉しさを噛み締めて…。



















b0295234_13401377.jpg

















b0295234_13402635.jpg
【碓氷峠、到着】

















この上ない達成感。


でもまだ大丈夫。


まだ余裕がある。















あの時より四つも歳をとったけど、たくさんのものをもらった四年間。


ロードバイク、続けてきてよかった…。



















さあ、峠を下れば軽井沢だ。





〈つづく〉


















b0295234_13422398.jpg






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-21 21:08 | ヒルクライム | Comments(4)

リベンジ・妙義軽井沢山岳ライド その1 〜四年ぶりの妙義山に感動〜

遡ること四年前の秋…。






2台目のロードとしてドマーネpcblue号が納車され、まさにロードバイク熱中時代のピーク(ま、今もあんまり変わってないですけど/汗)を迎えていた僕。




紅葉ライド第一弾として選んだ場所は、妙義山&軽井沢エリア。




それまで、自転車以外では何度か訪れたことがあった同所を、納車されたばかりのpcblue号で走る…。








それはまさに、最高に楽しい極上の紅葉山岳ライドになる「はず」でした。







確かあの時は11月とは思えないほどの暑さになり、「寒い」という先入観があった僕は冬用のジャケットにタイツという重装備で妙義山ヒルクライムに突入し、汗だくに。



今にして思えば、「完全なる熱中症」だったんですよね。



今より全然カロリー&水分補給にも無頓着だったこともあり、碓氷峠を越えて軽井沢に入ったところで足攣りを起こして歩くこともままならなくなる…という大失態。


道沿いにあったドッグカフェに転がり込み、最後は「奇跡のダウンヒル」でどうにかデポ地に「道の駅しもにた」に帰還するという苦い経験をしたのでした。









あれから四年。






毎年、心のどこかでリベンジを誓いつつ、なぜか近づけなかった懐かしくもほろ苦い、あの場所にーーーーーーーー。










「スバルライン」克服の勢いに乗って、いってみよっ!






















b0295234_09503687.jpg
【……。】



















5月19日、金曜日。


今回はバッチリ有給を取って、早朝から出発…


といきたいところでしたが、「まさか朝はいるよね」のカミの一言で、出発は8時30分。















b0295234_09543566.jpg
【「だからもっと早く出たかったのに〜!」…とは、言えない】


















b0295234_09552166.jpg
【焦らず水分補給♡】



















そして、お約束の外環事故渋滞とか。なんだか四年前とにてるなぁ(涙)。








ここはジタバタせずにグっとガマン…とばかりに、止まっては進み、また止まる…を美女木あたりまで繰り返します。


四年前と同じ轍を踏まないよう、車中でしっかり水分補給。

朝ごはんはしっかり食べてきた上で、コンビニで買ってきたオニギリ&パンも食べて、今日のライドに備えます。












美女木を過ぎるとどうにか車は流れ始め、関越道へ。



関越道は混雑はなく、スイーっと走って上信越道、そして、下仁田インターを流出。


















b0295234_09572777.jpg
【デジャヴ】
















ついに来てしまった…。



なんとも言えない懐かしさと感慨が湧き上がります。







下仁田ICを出たら国道254号線を左折し、「道の駅しもにた」へ。




何もかもがあの時のまま。


ただ違うのは、あの時より30分だけ早い10時30分に到着したこと。

















b0295234_10001739.jpg
【さあ、行こう(ゴクリ)】


















b0295234_10000967.jpg
【暑っ!】

















前日まではヒンヤリとした空気が支配していた関東地方ですが、まさにこの日からいよいよ暑さ到来。


気温は出発時のサイコン読みですでに28℃まで上がっていて、日中は30℃以上になるとか。


また今日は湿度も高めで、道中に聞いていたラジオでも「熱中症注意」をさかんに呼びかけていました。






今回は半袖夏ジャージ上下を基本に、アーム&ニーウォーマー、ジレ、長指グローブ、さらには「念のため」のインナーキャップとウィンブレを拡張したサドルバッグに詰め込んできました。


使わないにしても、持っているだけで「安心材料」になりますからね。

それに、山は何があるか分かりませんから…。








というわけで、スタート時は半袖ジャージ上下の完全夏仕様。

それでもすでに暑いくらいで、とても気持ちよし。
















b0295234_10062976.jpg















道の駅を出たら、まずは国道254号線を佐久方面へと西進。


乗用車やトラックが行き交う幹線道路ですが、あの246に比べればかわいいもの。


景色もいきなり「山岳」っぽさが!











この妙義松井田エリアの自転車ライド、妙義山の岩山の豪快さもあいまって、「山岳ライド」という言葉がとても似合うと思うのは、僕だけでしょうか。















b0295234_10081690.jpg











爽やかな川沿いの道。


緩やかな登り基調に「アップ」を意識しつつ軽めのギヤでクルクルと回していきます。



















b0295234_10100098.jpg


















b0295234_10101281.jpg



















4㎞ほど走ったところで、「中小坂」交差点が登場。


この横T字を右折すれば…

















b0295234_10114198.jpg




















b0295234_10115426.jpg

















県道51号線。


この道に入ると、風景はグっと「山」っぽくなり、そして道端には…















b0295234_10124850.jpg















b0295234_10130179.jpg














下仁田といえばネギ!



秋には太く立派な下仁田ネギになっていることでしょう。




















b0295234_10133903.jpg

















b0295234_10135129.jpg
【こんにゃくも有名ですね】


















やはり3㎞ほど県道51号線を北上すると、分岐が現れます。














b0295234_10141417.jpg
















もちろん進むは左、県道196号線。この道、「上毛三山パノラマ街道」といい、いよいよ妙義山への約6㎞の本格的な登りがスタートします。

















b0295234_10165137.jpg
















b0295234_10172189.jpg

















b0295234_10173610.jpg














気がつけば周囲に民家もなくなっていて、素晴らしい山の景色。


爽やかな導入部分からジワジワと登っていけば…
















b0295234_10185937.jpg
















b0295234_10192423.jpg
















始まる九十九折。


そして、前方には妙義の岩山が見えた!



















b0295234_10201344.jpg
【クオオオオオ♡】
















斜度的には一桁台後半くらいでしょうか?



ちょうどいい感じの斜度に、ちょうどいい感じのカーブ。


そして、汗が吹き出る暑さ…。







季節は違えど、あの時の記憶がありありと脳裏に蘇ってきます。
















b0295234_10221245.jpg














b0295234_10222779.jpg

















b0295234_10224124.jpg















b0295234_10225829.jpg
















あの時は紅葉。


そして、今日は新緑。







あらためて、素晴らしい道…
















b0295234_10234435.jpg


















スバルラインの後のせいか、ものすごく短く感じます(笑)。






















b0295234_10242503.jpg
【岩山もどんどん近づく!】





















登っていくにつれて若干気温も下がり、26℃くらいの超適温。



まだ先が長いので、踏まないように、ゆっくりと。頻繁にダンシングを交えて体勢を変えて…









快晴の下、最高のヒルクライムを存分に堪能していると…















b0295234_10245387.jpg
【キターーーーーーー!】


















ほぼノーダメージで妙義山、とったど〜!

















b0295234_10310236.jpg
【とりあえずお約束の写真を撮り…】
















b0295234_10302534.jpg


















b0295234_10315205.jpg

















b0295234_10324840.jpg
【コーラ&カロリーメイト休憩♡】

















b0295234_10332490.jpg
【眺望を楽しみながらのコーラが最高だぁ〜】


















b0295234_10324458.jpg














なんとか正午前に妙義山をクリアー。




それにして、ヒルクライム時のコーラって、飲んでるそばから身体中に染み渡って元気になっていくのが自分でも分かりますよね(笑)。




さあ、あまりのんびりしているとまたあの時のように時間が押してきてしまうので…

















b0295234_10351834.jpg





















b0295234_10353400.jpg
















名残惜しく松井田妙義側にダウンヒルです。



そしてこの岩山に見送られてのダウンヒルがまた最高…。




緑のトンネル、花、眺望、そしてさまざまな角度に現れる岩山…と、めくるめく妙義山岳ワールドを堪能出来るのです。



















b0295234_10363281.jpg

















b0295234_10370381.jpg

















b0295234_10371659.jpg



















b0295234_10383849.jpg



















b0295234_10385030.jpg

















最高のダウンヒルはあっという間に終盤へ…














b0295234_10392341.jpg














「道の駅みょうぎ」を過ぎたら…





















b0295234_10395779.jpg












写真のT字を左折して、松井田妙義IC方面へ。













b0295234_10410415.jpg
【上信越道と並走! あの時と同じだ…】

















b0295234_10413231.jpg
【上信越道の後は「五料」交差点を左折して、線路と並走する国道18号へ】

















b0295234_10423462.jpg
【あまりにもメジャー&時間短縮のため、今回は「おぎのや」の釜めしはスルー】



















「おぎのや」を過ぎ、しばしトラックと並走する我慢の車道ライド。






もちろん向かうは、懐かしい「あの峠」です…




〈つづく〉







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-20 10:46 | ヒルクライム | Comments(6)

予告 〜四年越しの想いを果たしに〜

b0295234_21574133.jpg












もしかしてまた富士山⁉︎


いや、なんだか形が違うような⁉︎














四年越しの想いを果たしに、懐かしいあの場所へ行ってきました。


とてもハードでしたが、僕の中でとても大切なライドになったかな。










そして明日はとってもとっても大切な運動会(爆)。


無事運動会も終わったら、じっくりと記事を作成していきたいと思います。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-19 22:00 | ヒルクライム | Comments(0)

Bontrager Carbon XXX サドル(買ってないけど)

b0295234_09284979.jpg













ここで小ネタをひとつ…。





先日、仕事帰りにふらりとショップに寄ったら、話題のアレが入荷してましたよ。









たまに刺激的なヤツをブッ込んでくるボントレガー。

予兆なしでいきなり登場しましたね。

















b0295234_09322900.jpg
【Bontrager Carbon XXX】















パッドなしのフルカーボンで、68gとか(爆)。


サドルマニアの店長も、思わずニヤニヤしてましたよ。















重量は軽いですが、お値段は重い59,000円。




さすがにおいそれと買える代物ではありませんが、エモンダSLRにこのサドルを付けて、他にアイオロスXXXホイールに一体型ハンドルとか付けたら、楽しいバイクになりそうだなぁ(笑)。
















b0295234_09360826.jpg
【問答無用、全部カーボン!】


















b0295234_09363050.jpg
【薄っ! 作りかけの飛行機のプラモデルみたい…⁉︎】





















持った感じは、もう「薄っ! 軽っ!」以外なにものでもなく…。



店長いわく、座面の素材や形状を徹底的に研究して、この手のサドルの中での快適性という点では、かなりがんばっているのだとか。また見た目は薄くても、そこはボントレガーらしく、普通に使える強度もちゃんと確保されているようです。


確かに座面の形状は結構好みな感じで、これに薄くていいからパッドを張ってくれたらよさそうだなぁなんて思いつつ(お値段がさらにとんでもないことになりそうですが…)、先日のパンクで失ったチューブとCO2ポンプのみ購入して帰宅。



入荷数に限りがありそうですので、欲しい方はお早めにチェックしてみてください〜。




















b0295234_09452014.jpg





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-15 09:46 | インプレ | Comments(2)

リベンジくいだおれライドonヤビツ&宮ヶ瀬湖 後編

b0295234_08334526.jpg




















「宮ヶ瀬湖、綺麗ですね…。視界に緑と青しか入りませんね」












エメラルドグリーンの水をたたえる宮ヶ瀬湖の美しさに感動しつつ、湖畔を爽快なサイクリング♪


やまびこ大橋を渡って左折(右折すると伊勢原方面。帰る方向ですね)し、短いトンネルを何個も越えていく下り基調。

相変わらずの快晴ですが、標高があるせいか気温はそれほど高くなく、26℃くらいと超快適温度です。
















b0295234_08340880.jpg



















サーっと下ってやってきたのは、「オギノパン」。


まだランチにはちと早い時刻だったので、ここで少々オヤツタイムです。


















b0295234_08345488.jpg




















b0295234_08350929.jpg



















b0295234_08353289.jpg



















b0295234_08354460.jpg
【前回、バックポケットから落ちてて食べ損ねた「丹沢あんぱん」に…】


















定番のアレを購入して…



















b0295234_08365551.jpg

















テラスでまったりオヤツタイム♪

















b0295234_08372634.jpg
【揚げパン最高!】



















b0295234_08374635.jpg
【りょうたパパさんは焼きたてで運ばれてきた三角パンを追加し、糖分バッチシ】



















b0295234_08382462.jpg
【プチリベンジ。ようやくありつけた丹沢あんぱん。小倉あんが美味しい!】

















宮ヶ瀬湖からオギノパンまで下ってくると、日なただと気温は30℃越え(汗)。

でも日陰だと山の空気が爽やかな適温で、テラスで心地よい五月の風に吹かれながらおしゃべりしていると、時間が経つのも忘れてしまいます。






この時点で完全にスイッチは「マッタリモード」に切り替わり。。。
















b0295234_08400965.jpg



















あわよくば道志みちで山中湖…の件は、消えてなくなりました(笑)。



ま、二人ともまだ風邪っぴきだし、このくらいで(裏ヤビツのダウンヒルもけっこう冷えましたしね。ジレがなかったら死んでたっ)。




















そうこうしていると、続々とお客さんがやってきて誰もいなかったテラスは満席に。


僕達もそろそろと走り出します。






特に行くあてもないまま、とりあえず目に入ったダムサイト方向の「あいかわ公園」の看板を見て、行ってみることにします。すぐの信号を右折です。




















b0295234_08444620.jpg















b0295234_08445845.jpg













「日本じゃないみたいですね〜」とりょうたパパさん。




お馬さんやポニーが草を食む牧歌的な景色の先に、可愛らしい公園がありましたよ。




看板があり、園内は自転車走行禁止のようなので、押し歩きで中へ。




















b0295234_08455686.jpg



















さらに奥へと進んでいくと、宮ヶ瀬ダム躯体の真下へと行けるようです。



「行ってみましょう!」と、妙に乗り気のりょうたパパさんに促されて…


















b0295234_08465530.jpg




















b0295234_08470731.jpg













b0295234_08471735.jpg















b0295234_12395455.jpg
【ド迫力】
















b0295234_12401685.jpg

















いやいや、ものすごい迫力です!






見上げているとクラクラして気持ち悪くなってきちゃうくらいです。















b0295234_12413271.jpg
【⁉︎】














「行ってみましょう!」











やけにノリノリのりょうたパパさんに促され、自転車をロックし、歩いてダムの上に行けるエレベーターに乗ってみることに。















b0295234_12424418.jpg
【ヒンヤリ♡】














b0295234_12425614.jpg
【カツカツ】





















b0295234_12433662.jpg
【まるで地下秘密基地⁉︎】















これはちょっとした冒険だぁ〜。
















b0295234_12441022.jpg
【ドキドキ】
















大きなエレベーターに乗って僅か1分、あっという間に到着です。




















b0295234_12450119.jpg
【ドドン】
















高所恐怖症の方、閲覧注意。


















b0295234_12452123.jpg
【「おお〜」】















b0295234_12460744.jpg
【おおお〜】
















ツーっとお尻で滑り降りたら自転車のところに戻れるな〜、なんて(笑)。
















b0295234_12470870.jpg
【おおおお〜!】

















こんな場所もあったので、もちろん突撃。
















b0295234_12474807.jpg

















b0295234_12480036.jpg

















b0295234_12482234.jpg
【「楽しーーー!」】

















展望台でオッサン二人が大ハシャギ。


エレベーター、乗ってみてよかった!














b0295234_12493381.jpg















b0295234_12495983.jpg
【下降】



















宮ヶ瀬ダム、スゴいです。

ライドのいいアクセントになりました♪

















b0295234_12505398.jpg
【あち〜】


















さてさて、そろそろいい時間になりましたので、あそこに行きましょうか。







国道412号に戻って…

















b0295234_12541213.jpg
【!】




















b0295234_12542454.jpg


















b0295234_12545365.jpg
















みなさんの予想どおり、ランチはここ、「STUMP」で肉を喰らいますよ。


実は前回、裏ヤビツが通行止めでなければ来る予定だったんですよね。




















b0295234_17271330.jpg


















b0295234_17273777.jpg
【店内はとってもオサレ】

















b0295234_17280587.jpg
【サービスの牛すじ肉入りスープ。辛ウマで食欲を刺激します。このスープだけでもライス一皿いけちゃいそうです】




















そして…


















b0295234_17292782.jpg
【キターーーーーー!】
















b0295234_17294585.jpg
【迷いに迷った挙句に僕が注文したのは、ハラミステーキ200g。とってもやわらかくてジューシーかつ、脂っこくないのでオッサンの運動時でもとても食べやすいです。そして…、一番少ない200gでこのボリュームだぁ〜】

















りょうたパパさんチョイスは…

















b0295234_17320305.jpg
【スタンプ名物、ハンバーグ。肉汁の大洪水やぁ〜】




















ハンバーグ、少し頂きましたが、肉肉しくて最高でしたよ♡
















b0295234_17330116.jpg

















空いていたのは最初だけで、みるみるうちに広い店内は満席に。


こんな山奥にあるのに、すごいもんですね〜。


















オギノパンからさほど時間は経っていないのに、二人ともペロリと完食。



うむ、満足満足。

















この時点で「道志みち経由山中湖行き」は断念していたので、食後もゆっくりおしゃべりタイム。


筋肉は完全に固まってしまいました(苦笑)。







満足して退店後、軽くストレッチしてライド再開しますが…






















b0295234_17344824.jpg
【キッツ〜♡】




















宮ヶ瀬湖に登り返すプチクライムに悶絶しつつ…



















b0295234_17370685.jpg
【ありがとう宮ヶ瀬湖。また来るよ!】



















b0295234_17372931.jpg
















名残惜しく宮ヶ瀬湖を後にしたら、県道64号を伊勢原方面にダウンヒル。




そして途中、「道の駅 清川」向かいの清川村役場に立ち寄り…



















b0295234_17401065.jpg
【⁉︎】

















はじめて来た時に感動した…




















b0295234_17404745.jpg
【テレレレッテレー。室内チチヤス〜】






















日本広しといえど、ライド中に室内チチヤスを楽しめる場所なんて、そうそうないかと。



清川村、イカすぜ…。











室内でまったりチチヤスタイムを楽しんだら、ダウンヒルの続きを。



「尾崎」交差点を右折し、デポ地までまっしぐら…

















いえいえ、もひとつ行かねばならないところがありましたよ!























b0295234_17425984.jpg
【「今日は定休日じゃない!(笑)」】



















b0295234_17433521.jpg














b0295234_17443688.jpg



















b0295234_17445595.jpg



















はい、「予告」の答えはココですよね(禁酒はまだバッチリ継続中です/笑)。







七沢の路地裏にひっそりと佇む超人気店、「ZUND-BAR」ですね。










平日の半端な時間に来たので、行列はなし。

でもオサレなBARみたいな店内は、14時30分を過ぎてもけっこう混んでましたよ。






















b0295234_17520375.jpg




















b0295234_17522274.jpg




















b0295234_17523815.jpg





















さて、二人が頼んだのは…


















b0295234_17531755.jpg
















b0295234_17535165.jpg
















まずは基本を…ということで、醤油らーめんの淡麗スープ。




















b0295234_17560642.jpg
【着丼】

















いや〜、これはオサレなラーメンだなぁ〜。













麺は九州系のストレート細麺。


スープはあっさりさっぱりしていながらも、丸いコクと旨味が。


分厚いやわらかチャーシューはバーナーで炙られていて、香ばしさもあり…









正直、オギノパン&スタンプ&チチヤスであまりお腹は空いていなかったにも関わらず、一瞬で完食!
















b0295234_17591220.jpg
【ああ、写真見てるとまた食べたくなる〜】


















カウンターも器も金属のオシャレな感じで、でも不思議とジャージ姿でも気恥ずかしい感じもなく(店内が暗いから⁉︎)、とっても居心地のよい不思議空間でいただく極ウマラーメン。



これもまた、貴重な体験です。












「これはサッパリしていて自転車時には最高ですね!」









りょうたパパさんも満足気で、ひと安心(ホッ)。



前回はリサーチ不足による定休日で失礼したので、とりあえずよかった〜。














b0295234_18022264.jpg
【会計後は外のベンチでトドメのデザート】

















もう、大満足♡♡♡















「いや〜食べましたね〜(笑)」












最後は二人で笑いながら64号線を流し、無事デポ地の伊勢原市総合運動公園に帰還。




走行距離は75㎞。


獲得標高は1000UP。


そして…





















満足度、計測不能(爆)。
























裏ヤビツダウンヒルのコンプリートに加え、宮ヶ瀬湖ダム見学、そしてコテコテグルメスポットのリベンジも果たし、終わってみれば笑顔笑顔の最高の一日。


16時には着替えて運動公園を出発し、18時前には帰宅する…という、家庭的にもセーフな楽しいライドとなりました(汗)。















そしてたぶんカロリー過多でしょうが、気にしませんよ(キリッ)。














































オマケ…





























b0295234_18104620.jpg
【⁉︎】
























今回もまた、色違いほぼほぼペアルックとか♡













レインジレだと、さすがに最高気温が30℃に達するような日は熱く感じられるようになったので導入したブルベジレ。

余裕のあるサイズ感でも不思議とバタつかず、とてもお気に入りです。



ちなみに、当方身長183㎝痩せ型でSサイズ。XSサイズでもぎりぎりタイトめに着られる感じでしたが、丈が短すぎる感じでした。プロチーム系だとMサイズを常用してます。ご参考までに。













とにもかくにも、ピンク&イエローなオッサン二人がヤビツ・宮ヶ瀬エリアをマッタリと安全運転で駆け抜けたライド。



美味しいグルメも堪能し、日頃のストレスも吹っ飛びました。



風邪もすっかり完治…したかな⁉︎




















理屈抜きで、最高に楽しかった一日。


ホント、自転車って最高ですねっ。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-13 20:00 | ヒルクライム | Comments(16)

リベンジくいだおれライドonヤビツ&宮ヶ瀬湖 前編

5月11日、木曜日のお話。。。











この日は代休取得でまたまたヒルクライムへ。


ひとりではなく、お休みが合ったりょうたパパさんとのライドでございます。







筑波以降も、この日を目標にした積極的な家庭的ロビー活動(という名のご機嫌取り)が身を結び、早朝出立許可も取得(嬉)。

さりとて、僕もりょうたパパさんもまだ少々風邪っ引き。あんまり鬼畜な山岳ライドもいかがなものか…ということで、りょうたパパさんのリクエストもあり、「くいだおれ未遂ライド」のリベンジでヤビツ方面に行くことにしました。





去年の秋に意気揚々とりょうたパパさんをお誘いして出かけた時は、見事に僕のリサーチ不足が大爆発。

くいだおれどころか、裏ヤビツがほぼ通行止めで宮ヶ瀬湖にも行けず、とどめの「ZUND BAR」定休日…と散々な結果に(それでも紅葉は綺麗だったし、たなぼたの「きまぐれ喫茶」と「ベンガル」は最高でした)。



そこで今回は裏ヤビツダウンヒル完全制覇に加え、あの時に予定していて行けなかった食事どころのコンプリートを果たし、ばっちり栄養を取って風邪もやっつけちゃおう…なーんていう算段です。


















b0295234_17290132.jpg




















待ち合わせは伊勢原総合運動公園に6時。



自宅を4時30分に出発し、まだかろうじて空いている首都高を流して東名へ。

港北PAで小休止した後、順調に厚木インターを出て5時40分に運動公園下のセブンイレブンでりょうたパパさんと合流。


少々補給食などを買い足して、6時ジャストに運動公園の駐車場に到着です。










「裏ヤビツのダウンヒルに宮ヶ瀬湖、楽しみですね〜」









個人的に、あの中津峡の秘境ダウンヒルに匹敵すると思っている裏ヤビツの景観。


深い森に囲まれた林道、沢沿いの広大なスケール感、ドラスティックに変化していく景観…。








りょうたパパさん、今日こそは絶景ダウンヒル&その先のグルメスポットに必ずお連れします(キリッ)。




















b0295234_17581481.jpg

















b0295234_17583579.jpg















6時過ぎ、ライドスタート。







今日の天気予報は快晴!


日中は30℃以上の真夏日になるとかならないとか。


やっぱり日頃の行いがいいんだなぁ〜…(⁉︎)。







朝はちょっぴり肌寒く、16℃とか。夏ジャージ上下にアーム&ニーウォーマー&ジレだと、走り始めは寒いくらいです。


それでも走り出してしばらくしたら、ちょうどよくなりました。













デポ地の伊勢原総合運動公園を出たら、冗談のような名前の「分かれ道」交差点を左折。


県道63号線を南下していったん東名をくぐり、市役所入口交差点を二段階右折して、恐怖の国道246号線へ。







関東有数の幹線道路。6時過ぎでも交通量はかなり多く、トラックもビュンビュン。


安全第一で車道の端をゆっくりと、しかし堂々と走ります。
















b0295234_18033797.jpg
















b0295234_18053098.jpg
【朝から快晴。富士山クッキリ!】


















ある意味、本日最大の難関とも言える序盤の国道246号線。




トラックにあおられながら微妙に登り基調の車道を走っているうち、軽く汗をかくほど体も暖まり、10㎞先の「名古木」交差点にたどり着く頃にはアップも完了です。














b0295234_18083438.jpg
【堂々たる佇まい。名古木(ながぬき)セブンイレブン】



















b0295234_18090177.jpg


















無事に246をクリアしてホっとひと息した後、いよいよ12㎞の表ヤビツアタック開始です。


















b0295234_18094776.jpg



















まずは導入部の市街地をゆるゆると。



いつものごとくTTには全く興味のない二人なので、のんびりゆっくりペダルを回します。







まだ市街地ですけど、先ほどの国道に比べて、なんでこんなに楽しいんでしょ⁉︎(笑)


















b0295234_18211370.jpg
















徐々に景色が山っぽくなっていくのもいい感じ。






「蓑毛」地区に入って左カーブが現れると、いよいよ…


















b0295234_18232203.jpg
【キターーーーー♡】















完全に景色が山っぽくなるとともに、斜度もグっと上昇。


快晴のヤビツ、二人で登りながら「いいですね〜」と思わずハモってしまいます。
















b0295234_18252763.jpg

















b0295234_18254020.jpg













不動もそうですが、ただひたすら駆け抜けるだけではもったいない、素晴らしい雰囲気ですよね。

















b0295234_18263352.jpg





















もうお分りのとおり、写真を撮るために足つきしまくりながらじっくりと表ヤビツを味わいます。


りょうたパパさんもゆっくりと登りながら、とっても嬉しそうです。

















b0295234_18274024.jpg

















パっと景色が開けると、素晴らしい眺望が。



表ヤビツの良さは、やっぱりこの眺望ですよね。



















b0295234_18282678.jpg



















b0295234_18283903.jpg
【菜の花台で小休止。眺望を堪能します】


















b0295234_18291268.jpg



















菜の花台をリスタートすれば、いよいよ表ヤビツも終盤。


ちょうどいい感じの斜度と森の雰囲気、そして時折現れる眺望を楽しみながら…



















b0295234_18303362.jpg




















気温もグングン上昇し、最終的には汗だくになってゴール!















b0295234_18304584.jpg
【僕は三度目、りょうたパパさんは二度目のヤビツ!】


















b0295234_18315669.jpg
















b0295234_18321041.jpg



















b0295234_18322693.jpg


















「キツい坂も、二人で登ってるとあっという間ですね」




















途中、恐ろしく速い方に抜かれましたが、そんな体験もヤビツならでは(笑)。


やっぱり、ほんまもんのヒルクライマーはスゴいです(目の保養)。


















売店横で少々長めに休憩し、さあお楽しみの裏ヤビツのダウンヒルですよ。







少し下ると、まだ時間が早くて開いていない「きまぐれ喫茶」の横をすり抜けて、さらに下へ…。



















b0295234_18351486.jpg














新緑の森と、左側にはうっとりするほど綺麗な沢。



とても贅沢なダウンヒルです。




















b0295234_18392964.jpg




















b0295234_18394836.jpg















b0295234_18401205.jpg

















b0295234_18402949.jpg



















b0295234_18405587.jpg


















b0295234_18411098.jpg

















爽快な林間ダウンヒルを堪能していると、見覚えのある橋に出ました。


そうそう、前回はここから先、裏ヤビツの「メインディッシュ区間」が通行止めだったんですよね(汗)。




















b0295234_18404116.jpg















もちろん、今回は通行止めはなし。



さあ、いきましょう!















b0295234_18424354.jpg

















b0295234_18430106.jpg



















道幅は狭く、「林道」の雰囲気が増幅してワイルドに。



さらに、森の雰囲気はよりいっそう深くなり…。















「これはほんと…、最高ですね…」














後ろを走るりょうたパパさんの声が聞こえてきました。



ほんと、ここだったんですよ、裏ヤビツダウンヒルの本番は…



















b0295234_18451665.jpg

















b0295234_18453586.jpg


















b0295234_18454922.jpg





















b0295234_18460177.jpg


















深い森の雰囲気を堪能しながら下っていくと、しだいにまた景観の表情が変化。



今度は右側を流れる沢が、どんどんスケールの大きな渓流へと変化していました。


















b0295234_18473720.jpg



















b0295234_18475103.jpg

















そうそう、このダイナミックな景観の変化が裏ヤビツの真骨頂、ですよね。



















b0295234_18482075.jpg

















b0295234_18483651.jpg



















b0295234_18485188.jpg


















「これはほんと、すごいですね…」














りょうたパパさんもいたく感動の様子で、お連れしたかいがあったというものです。



登っても素晴らしい裏ヤビツ(笑)。最高!





















b0295234_18501249.jpg













「おおおお!」














ビッグスケールな渓谷の景観が終わったかと思うと、目の前に忽然と現れるエメラルドグリーンの湖面。



そう、宮ヶ瀬湖です。


















「宮ヶ瀬湖も初めて来ましたが、すごい水の色ですね!!!」











りょうたパパさん、もう感動が止まりません(笑)。



この勢いで道志みちを爆走し、山中湖まで行っちゃいます⁉︎




















b0295234_18520876.jpg



〈つづく〉











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-12 19:07 | ヒルクライム | Comments(2)

予告 〜オサレなBARへ行ってきました〜

b0295234_20272082.jpg
















ついに禁酒を解いて夜の街へ?





でも、記事のカテゴリは「ヒルクライム」???












もうヘベレケで眠いので(⁉︎)、事の真相は明日以降!!!









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-11 20:28 | ヒルクライム | Comments(0)

久しぶりの自転車day 後編  〜パンク。そして鬼ケ作線リベンジは⁉︎〜

松屋製麺所の優しいラーメンに癒された後は、後半戦スタート。


県道42号線に戻り、再び筑波神社方面へのヒルクライム開始です。








と、その前に…


















b0295234_07052275.jpg
【⁉︎】

















コテコテですが、たまに無性に食べたくなる筑波山名物、沼田屋さんのカリントウ饅頭。



ラーメン後のデザートに一本いっときましょう。




















b0295234_07062091.jpg
【糖分補給ゴールデンコンビ】




















b0295234_07064476.jpg
【外はカリカリ、中はふっくら。安定の美味しさです】




















カリントウ饅頭を赤コーラで流し込んだ後は、県道42号線をガシガシとヒルクライム。


相変わらず車は多いですが、流れる汗が心地いいです。


ふとサイコンの気温表示に目を落とすと31℃とか(汗)。暑いわけです。











ヒィヒィ言いながら筑波神社手前まで来たところで、公共駐車場のところを左へ。




















b0295234_07083961.jpg


















b0295234_07085877.jpg




















綺麗なトイレの脇をすり抜ければ、林道酒寄線、筑波梅林ルートです。

















b0295234_07112860.jpg
【もちろん梅は終わってますが、代わりにつつじが満開です】
















b0295234_07115931.jpg
【綺麗だなぁ〜】

















きれいだ…























キレっ⁉︎


























b0295234_07123514.jpg
【⁉︎】




















はい、きれ〜〜いに前輪に降臨です(涙)。













つつじの写真を撮り終えた後、さあ走り出そうというところで前輪からブリブリと違和感。




抜けてますがな…。










どうやらリム打ちのようで、白滝線の下りでやっちゃった?


今日は空気圧低め(6.5bar)を試したのが裏目に出ました。段差ではちゃんと荷重を抜いてたつもりだったんだけどなぁ…。








今年はほんと、よくパンクします。練習せいということですな。


















b0295234_07151408.jpg

















タイヤをメリメリと剥がし、チューブ交換。


とりあえず適当にポンプでシュコシュコと空気を入れた後、CO2ポンプでバシュっと完了。


おかげさまで、パンク修理もだいぶ早くなりました(苦笑)。




















b0295234_07164096.jpg
【復活】


















気を取り直してリスタート。

梅林ルートをゆっくりと登っていきます。





この道もなかなか雰囲気のある林道で、やはり不動峠不通をきっかけにこの冬に初めてトライした道。


不動不通の間に、筑波を楽しむ「幅」もだいぶ広がったかなと思います。



















b0295234_07202794.jpg
【緑のトンネルをゆく】





















道はやがて下り基調となり、T字に突き当たります。


左に行けば真壁方面。そしてここは右に行きます。
















b0295234_07221727.jpg
【パンク注意〜】


















b0295234_07223587.jpg
【独特の景色】



















b0295234_07225543.jpg

















荒々しい景色の中を登っていくと…















b0295234_07232005.jpg













見覚えのある横T字。



直進は細いダートになり、ここは左折。




















b0295234_07241450.jpg



















b0295234_07240871.jpg

















やってきました林道鬼ケ作線。



あの時、雪で進めなかった「先」を走るのが本日後半のミッションです。


















b0295234_07255896.jpg
















爽やかなアップダウンの林道を走っていくと…



















b0295234_07261028.jpg












デジャブ…。









前回来た時は、ここから先が雪でアカンことになっていて進めなかったんでした。


もちろん今日は雪はないので、先に進みますよ。





















b0295234_07262649.jpg
【ワクワク】

















iphoneのマップを見ると、この先をどんどん進んでいけば、風返し峠から湯袋峠側へと下ってくる車道に出るはずなのですが…。

















b0295234_07310952.jpg






















b0295234_07312161.jpg















b0295234_10072890.jpg















b0295234_10074778.jpg

















写真の分岐に出たところで、とりあえず林道鬼ケ作線は終わりの様子。















b0295234_21453374.jpg
















iphoneマップと照らし合わせて「ここは右だなぁ」などと確認していると、どこからともなく現れたハイキングの老夫婦に声を掛けられました。






茨城弁全開の陽気な方々で、お決まりの自転車お値段談義に始まり、なかなか終わらないお話。

楽しいやら、そろそろ先に進みたいやらで、複雑な気分(苦笑)。








そして最後は「いい脚してるね〜」と旦那さんに太腿をモミモミされちゃいました♡







今まで自転車時にいろいろな人に出会ったけど、足をモミモミされたのは初めて。茨城人は大胆だっ!(笑)








さてさて、20分ほどで老夫婦とのお話&身体検査(!?)も終わり、無事解放。


笑顔でお別れして、分岐を右へと進みます。












登り初めてすぐ、こんな場所で立ち止まり…














b0295234_10144877.jpg

















b0295234_10150135.jpg
【なんちゅうネーミング! しかも「女の川」と合流して「男女川」になるとか…。茨城、深いぜ】

















なにげに気に入ってしまった「男の川」を過ぎると、ますますいい感じのヒルクライム状態に。



















b0295234_10162787.jpg
【舗装が(笑)】















激坂マークならぬ「激坂溝」のコンクリ舗装になると、ますます斜度が上がってかなりのキツさに。






でもさっきおじさんに太腿をマッサージしてもらったから大丈夫さ♡

















b0295234_10180570.jpg













激坂クライムを楽しんでいると、左手にこんな分岐&標識が。



またまたiphoneで確認すると、左折が正解。このまま直進するとさらに激坂を登って行き止まり…となるようです。



しかし目の錯覚か、左手に続く道の舗装が…














b0295234_10195525.jpg
【ない】















完全なダート。



こ、これは…。














雪や凍結よりは走れるとはいえ、けっこうな荒れっぷり。

はてどうしたものかとひと思案するも、このまま引き返すのもシャクなので、とりあえず進んでみることに。

まったく走れないようなダートではないですし、もしかしたら短い区間でまた舗装路に戻るかもしれませんからね。






















b0295234_10233237.jpg















ダートを恐る恐る走ると、すぐにこんな開けた伐採エリアに出ました。


縦走路を見渡せる絶景が素晴らしい。

















b0295234_10243769.jpg














さて、「舗装路はまだか〜」と先に進みます。




しかし、路面はさらに悪路になっていき…
















b0295234_10252397.jpg
【こ、これは…。アカンやつや!】















石ころの粒はどんどん大きくなり、しまいには路面もうねり始めてまともに走れない状況に。





これはダメだ〜と観念しかけたところで、休憩中の林業関係の方と思われる方達が前方に。


みなさん、「また来たよ」という表情…。











「あー、この先はもっとひどくなるから引き返した方がいいよ。ついさっきも一台、お兄さんみたいな自転車乗った人が来て忠告したんだけど、そのまま行っちゃったよ。今頃難儀しているんじゃないかなぁー」









この先にキャンプ場があるのでこのあたりの道はまだましで、キャンプ場の先はさらに悪路になるとか。









さあ、どうする…




















「ありがとうございます。引き返します(キリッ)」



















中年ライダーは諦めが肝心。


あと10歳若かったら突撃してたなぁ(苦笑)。
















自転車を担いで歩いて先ほどの分岐まで引き返し、やっぱりこのまま下るのもシャクだったので、ご褒美の…
















b0295234_10304053.jpg
【激坂♡】












分岐を左に行くと、先程の激坂の続き。


かなりワイルドなコンクリ舗装をグリグリ登っていくと、推定斜度は20%以上に(嬉)。








しかし、路面はどんどんヒドくなっていって…













b0295234_10321070.jpg














ゴール直前には完全なダート…というか「土」になり、パっと開けた広場のようなところに出て唐突に激坂は終了。














b0295234_10325693.jpg















そこは車の転回場所兼駐車場のようになっていて、登山の方がここに車を停めて筑波山山頂を目指すようです。

細い登山道だけがさらに上へと続いていました。

















b0295234_10342107.jpg



















b0295234_10350347.jpg




















まさかのダートで鬼ケ作線から湯袋峠方面へと出るミッションは果たせなかったけど(次はグラベルキングでも履いてくるか!?)、思わぬ激坂との出会いもあり、これはこれで自転車らしくていいなぁ、なんて。





そんなことを考えながら少し休み、下山。




ちょっとだけ登り足りないので真壁側の平地へは下らず、再び「モミモミポイント」から鬼ケ作線に入って、来た道を梅林方面へと登り返します。














b0295234_10372721.jpg

















b0295234_10395995.jpg

















b0295234_10401569.jpg
【筑波梅林まで戻って来たところで、行きには気付かなかった見事な眺望。田圃にも水が張られ、いよいよ夏がやってきますね】
















最後は県道42号線をビューンとつくば駅まで下って、スペイド号のもとに帰還。







パンクやダート、そして「モミモミ事件」で時間を取られたこともあり(笑)、今日の表筑波ライドはこれにて終了と相成りました。



走行距離50㎞。腹八分目(七分目?)ですが、久しぶりの自転車&ヒルクライムは、まあこのくらいで。












家に帰ってニュースを見ると、この日は今年初の真夏日、7月中旬並みの陽気だったとか。

山の中に入るとそれほど「灼熱」とは感じなかったんですが、平地ではかなり暑かったようです。








5月中旬には裏不動も開通しそうな雰囲気ですし、これからまた、ますます楽しみな筑波エリア。



もう少し走り込んだ暁には、不動峠や青木葉峠、縦走路なんかを繋いだ鬼畜な超山岳ライド…なんてとっても楽しいかも!?(もちろんトゥリー付きで♡)
















b0295234_10485831.jpg






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-09 21:56 | ヒルクライム | Comments(2)