タグ:EF-M 18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM ( 225 ) タグの人気記事

くいだおれ未遂⁉︎ ヤビツ紅葉ライド その2

恐怖の国道246をどうにかこうにかクリアして、名古木交差点セブンでホっと一息。


ここからは県道70号、いわゆる「表ヤビツ」のヒルクライムがいよいよスタートです。







「初めてのヤビツ、楽しみです!」






りょうたパパさんもテンションアゲアゲ!?

でも腰のことがありますから、無理しないでくださいね〜…なんて言いながら、ゆっくりスタートです。






セブンイレブンをスタートしてしばらくが市街地。

…といっても、これがなかなかの斜度で、体もまだ暖まっていないせいか、そこそこキツい。






ちょうど登校の時間のようで、子供達が整然と並んで歩道を歩いて行きます。

父はちょっとだけ罪悪感を感じつつ(苦笑)、ゆっくりと登っていくのであります。















b0295234_12324325.jpg











スタートから3.5㎞ほどのところにある、鳥居のある分離帯のところで撮影休憩。


どうやらここまではりょうたパパさんの腰も大丈夫の様子。


息を整えてから、いよいよ…














b0295234_12340465.jpg
【キターーーーー!】














5㎞地点、春陽橋を渡ったあたりから、いよいよ本格的な山岳エリアへ。

道端の民家は消え、代わりに深い森に囲まれていきます。














b0295234_12354439.jpg
【序盤にある「やや激坂マーク」】














b0295234_12362514.jpg
【うん、いい雰囲気!】
















道幅は広く、「林道」という雰囲気ではないですが、その分走りやすく、TTにはもってこいなんでしょうね〜。


そんな道を、TTとは無縁な二人がゆっくりと景色を楽しみながら登っていきます…。








予報に反して肌寒い曇天のせいか、自転車乗りは少なめ。


1台だけ追い抜かれましたが、他に自転車乗りに出会うことはありませんでした。

前回来た時も平日でしたが、ヒルクライマーだらけだったような…。なぜ???















b0295234_12385017.jpg













b0295234_12391908.jpg















のんびり写真を撮っていたら、りょうたパパさんは遥か先へ(笑)。

りょうたパパさん、久しぶりのヒルクライムでテンション上がり過ぎて無理しないでくださいね〜。
















b0295234_12394856.jpg

















b0295234_12404536.jpg















快晴の紅葉ヒルクライムもいいですが、今日みたいに曇っていても、しっとりとした森の雰囲気があっていいですよね。



でもこういうふうに考えられるようになったのって、歳取ったせいだろうなぁ。。。














b0295234_12415609.jpg














b0295234_12432875.jpg
















b0295234_12435041.jpg










レンズをとっかえひっかえやってるので、前に進まないこと!(笑)





そして、意外と雰囲気のいい森に囲まれている「表ヤビツ」ですが、その最大の特長は、やはり時折現れる「眺望」ですよね。


















b0295234_12443268.jpg














b0295234_12444958.jpg
【幻想的!】














ヒルクライムで「海」を眺められるなんて、なんだかとっても贅沢な気分♪


曇っていたおかげで、雰囲気のある「梯子」が見られました。
















b0295234_12461854.jpg















終盤の「菜の花台」を過ぎてもりょうたパパさんに追いつくことはなく、結局そのまま…



















b0295234_12471205.jpg
















b0295234_12472231.jpg
















b0295234_12480201.jpg














b0295234_12481420.jpg













b0295234_12482568.jpg
【ゴォ〜ル!!!(お待たせしてスミマセン/汗)】















「いやぁ〜、最高でした! でも久しぶりのヒルクライムはけっこうキツくて、途中で止まると気持が切れそうだったので、そのままゴールしちゃいました」













りょうたパパさん、もう完全復調でしょ…(というか、速過ぎ!)。















幸い、11㎞のヒルクライムでもりょうたパパさんの腰は大丈夫なようで、僕もホっとひと安心。


もしもここまでで腰に痛みがあったら迷わず引き返すつもりでしたので、今日は宮ヶ瀬湖まで行けそうですね。







ヤビツ峠の駐車場は満車状態で、大きなバスからはハイキングの団体さんがゾロゾロと降りてきます。

登山も人気なんですね〜。



それにしても、二人以外、ローディーはいないけど…











トイレの後、しばし自販機前に座って休憩。そして、写真タイム。














b0295234_12531353.jpg

















b0295234_12533591.jpg


















b0295234_12534957.jpg















b0295234_12540338.jpg















うん、キリがない(爆)。











「もみじが綺麗ですね〜。これは裏ヤビツと宮ヶ瀬湖も期待できますね」










僕の写真道楽にもニコニコしながら付き合ってくれるりょうたパパさん、いい人です。。。










そんなりょうたパパさんをおもてなしすべく、いよいよ今日のライドの「本番」はここからですよ!










裏ヤビツの絶景ダウンヒルを存分に堪能した後は、宮ヶ瀬湖の爽快な景色を。



そして、「肉」&「オギノパン」でお腹を満たして頂き、最後は戻ってきてラーメンで締める…













うん、カンペキではないかっ(キリッ)。













「さて、そろそろ行きますか」



















この後、二人を「悪夢」が襲います。



各自ウィンブレ等で防寒対策をして、さあ裏ヤビツのダウンヒルへ…というところで、見てはいけないものを見てしまったのです。























b0295234_12591965.jpg
【出たよ…】


















裏ヤビツの入口、目を逸らしようがない場所に、それはドッカと置いてありました。














自転車乗りが見たくない文字、第一位。













「通行止め」















やっちゃったよ…




















「スミマセン〜! またやらかしました! リサーチ不足です!!!(冷汗)」















よりによって最高の「絶景区間」の手前でガッツリ通行止め。


抜け道もなく、どうあがいても宮ヶ瀬湖へは抜けられないようです。















「しょうがないですよ。気にしないでください! 今日は無理するなってことですよ、きっと。それに、また来る口実が出来たじゃないですか(笑)。裏ヤビツ、行けるところまで行って戻ってきましょう」












ホント、いい人でよかった…(涙)。



















まさかの最悪の展開、「通行止め」(予想通り!?)





自分への情けなさに肩を落とす僕を気遣い、つとめて笑顔のりょうたパパさんに背中を押されて、裏ヤビツのダウンヒルがスタートしたのでした…。



〈つづく〉













にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-11-21 13:08 | ヒルクライム | Comments(2)

くいだおれ未遂⁉︎ ヤビツ紅葉ライド その1

〈祝・自宅パソコン復旧!(苦笑)〉







11月16日(水)のお話…








ありがたいことに、少し前からりょうたパパさんに紅葉ライドのお誘いを受けておりました。







ただりょうたパパさん、少々腰を痛めたとのことで、その回復も待ってのライド。


いわゆる「復帰第一戦」ということで、「やや軽めに」とのオーダーです。











真っ先に浮かんだのがやはり秩父方面だったのですが、山々が連なる秩父エリア、お山で紅葉ライドを楽しもうと思うと、どうしても「重め」になってしまいます(苦笑)。







そこでポッと頭に浮かんだのが、「ヤビツ」の三文字!








言わずと知れた関東ヒルクライムTTの「聖地」でありますが、かといって「激坂」というわけでもなく、登坂距離もそこそこ。そして、春に行った時の宮ヶ瀬湖まで行ってグルっと回ってくるルートならば、走行距離的にも無理せず楽しめるかなぁ、と思ったのです。




そして、僕的にもあの時に丹沢あんぱんを食べ損ねていることと、オギノパン近くにあるSTUMPで「肉」を食べたかったのと、さらに復路にある有名なラーメン屋さん、ZUND-BARにも行ってみたく…






よおし、こうなったら今回は「くいだおれヤビツライド」だぁ〜…と、りょうたパパさんに提案すると…









「いいですね〜。ヤビツは行ってみたかったところですし、腰の状態はほぼ100%まで回復してますが少々不安もありますので、それくらいの強度だと助かります!」







というわけで…
















b0295234_20565567.jpg
【夜の東名をスペイド号で爆走!】














待ち合わせは伊勢原市総合運動公園駐車場に7時。



例によって目が覚めてしまい、早めに出発。

海老名SAに立ち寄って…

















b0295234_20584606.jpg
【まずは小手調べに(爆)】












今日は食べますよ〜!!!(笑)
















そして…
















b0295234_21005462.jpg
【6時前、とうちゃこ】
















待ち合わせ時刻の1時間以上も前に着いてしまいました…(苦笑)。






もちろん、まだりょうたパパさんの車はないので、トイレでゆっくり着替えて…














b0295234_21062018.jpg
【撮影タイム♡】














公園内の木々は紅葉真っ盛りで、いやがおうにも今日のライドへの期待が高まります。




ウォーミングアップがてら園内をウロウロと走りながら…





















b0295234_21050566.jpg














b0295234_21052722.jpg
















b0295234_21071205.jpg













b0295234_21083185.jpg














b0295234_21091511.jpg
















う〜ん、すでに結構満足(笑)。
















園内の紅葉はかなり綺麗で、早朝から思わずテンション上がっちゃいました。




そして、そうこうしていると…
















b0295234_21114574.jpg
【りょうたパパさん登場!】
















7時10分前にりょうたパパさん到着。

なんでも学生時代にラグビーの試合で来たことがあるらしく、「いや〜、ここ、懐かしいですね〜。まさか自転車でまた来ることになろうとは(笑)」。



ほんと、不思議な縁ですね〜。。。










天気予報は「晴れ」のはずでしたが、空は曇天。


しかし、気温はそれほど低くはなく、12℃くらい。日中には18℃くらいになるらしく、絶好のヒルクライム日和♪











「初めてのヤビツ峠、楽しみです。それに、pcblueさんのブログで見た裏ヤビツの絶景ダウンヒル! 宮ヶ瀬湖や食事ポイントも楽しみです〜」









「今日はガンガン食べますよ(笑)。では行きますか!」









りょうたパパさんの準備も整い、7時ジャスト、ヤビツ&宮ヶ瀬湖周回紅葉ライド、スタートです!














まずは運動公園を出てすぐの「分かれ道」交差点から県道63号線を南下。


「市役所入口」交差点を二段階右折して、国道246号線に入ります。









朝の通勤ラッシュが始まっていたのか、国道246号線は前回来た時以上の混雑。



ここは我慢。連なる乗用車やトラックの脇を慎重に走り…











何気にキツいアップダウンに悶絶しつつ、たくさんのセブンイレブンをやりすごして…


















b0295234_21212350.jpg
【出た!】















「これがあの名古木交差点ですか〜。絶対に『ながぬき』なんて読めないですよね〜(苦笑)。でもなんか感動です!」









もちろん「初・名古木」となるりょうたパパさんは、すでに大興奮(笑)。



僕は二回目ですが、このセブンイレブン、なんとなく風格があるというか、大きく見えるんですよねぇ…。
















b0295234_21235764.jpg
【迫力あります⁉︎】















ここで念のためのトイレタイムと…
















b0295234_21244304.jpg
【モグモグタイム(爆)】















ほかほかのあんまん、外せません(キリッ)。














早くも補給過剰なライドとなっておりますが、気にしない気にしない。


今日はスタート前より太って帰るのだ。













b0295234_21255905.jpg
















さてさて、ほかほかあんまんを食べ終えたら、いよいよ二回目、りょうたパパさんは初となる、ヤビツアタックスタートです!



〈つづく〉










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-11-20 21:28 | ヒルクライム | Comments(6)

予告 〜“表・裏”を堪能!?〜

b0295234_19592838.jpg


















昨日、水曜日は代休を取って、お休みが合ったりょうたパパさんと一緒に、関東ヒルクライムの“聖地”へ紅葉ライドに行って参りました。



例によって写真を撮りまくってきたのですが、自宅パソコンが少々ご機嫌ナナメ。ゆるゆる更新になるかもしれません(苦笑)。








少々ハプニングもありましたが、楽しかったライドの模様は後日!









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-11-17 20:00 | ヒルクライム | Comments(2)

秋色の縦走路

快晴の今日月曜日は、代休をとって筑波縦走路に行ってきました。



各地で紅葉真っ盛りのニュースが花盛りですが、諸事情によりなかなか丸一日のライド時間が取れず…。







今日も例によって家族を送り出した後の8時過ぎ、スペイド号で出発。


まだまだ紅葉のピークがこれからの筑波エリアに遊んでもらいましたよ。

















b0295234_20381660.jpg















今回はトゥリーが定休日ということもあり、再び表筑波へ。


久しぶりにりんりんロード筑波駅にデポ。



まだまだ不動峠が通行止めの今、筑波駅スタートと言えば…














b0295234_20405497.jpg



















b0295234_20410872.jpg















b0295234_20414304.jpg

















神社側からのヒルクライム!

















なぜか平日なのに、「ここは秩父三峰神社か」というくらい、車がビュンビュン。



筑波、そんなに人気あったっけ⁉︎






あまりの車の多さに停まって写真を撮る余裕もなく、風返峠もスルーして…

















b0295234_20424703.jpg
















b0295234_20443721.jpg
















b0295234_20445274.jpg
【到着】













そして…

















b0295234_20452367.jpg
【愛のピットイン♡】
















「おかあさん、また会いに来ちゃったよ〜」



「あれあれ♡」















b0295234_20482431.jpg
















到着はお昼前で、お団子はまだしっかりと焼けておらず。



ちゃんと焼けてないと絶対に売ってくれない、おかあさんこだわりの味噌団子です(キリッ)。










前回来た時に初めて食べましたが、これがまた激ウマ!!!



しんこ餅(いわゆる米粉で作ったお餅、ですよね)に特製の味噌ダレを塗って炭火で焼き上げたお団子は、やわらかプニプニで、甘い味噌とあいまって…(ゴクリ)。










僕が食べたそうにしていると…










「こないだ冷蔵庫壊してアイスを全部溶かしちゃったのよ! また冷やして固めたんだけど、売り物にならないのよね〜。でも捨てるのももったいないから、みんなに安く食べてもらってるの。よかったら食べる?」















b0295234_20541931.jpg
【笑】
















市販のソフトクリームなんですが、一度溶けてしまったので、フタ側のカップにガッチリへばりついてます(笑)。



これ、50円!





カップについたアイスを割り箸でほじくりながら食べたんですが、これがまたかき氷みたいでなかなかオツでした。



形はメチャクチャですが、味は美味しかったですよ。










それにしてもおかあさん、50円て、安すぎないか⁉︎
















b0295234_20565946.jpg














陽だまりの中、おかあさんと他愛のない会話を楽しんでいると、続々とお客さんが。


家族連れの姿もたくさん。


お団子を買いに来た一組に、おかあさんが「今日は学校お休みなの?」と聞くと、なんでもこの界隈の小学校は土曜日に授業参観で、その振り替えで今日がお休みなのだとか。

どうりで家族連れの観光客が多いわけです。










「授業参観の振り替え休日だなんて、時代は変わったはねぇ〜」とおかあさん(笑)。











今はお父さんもたくさん参観日に来るんですよ〜なんて話してると、また「時代は変わったはねぇ〜」(笑)。










そんなことをのんびり話してたら、お団子がいい感じで焼けましたよ!














b0295234_21003844.jpg
【「はいはい、ちゃんと焼けたから売ってあげるわよ〜」(笑)】
















b0295234_21013730.jpg
【もちろんウマし! そしてこれ、とてつもなく腹持ちがいいんですよね〜。続々と観光客の方たちが買い求めていきました】














再冷凍ソフトクリームに続いて、お目当ての味噌団子もゲット。



そしてお昼時も近づき、みるみるうちにお客さんが増えてきたので迷惑にならないうちに退散することに。




おかあさん、また来るからね!















b0295234_21040635.jpg
【「ありがとう〜」】














b0295234_21043860.jpg
【名残惜しくつつじヶ丘駐車場を後にして…】













b0295234_21051271.jpg















b0295234_21052472.jpg
















b0295234_21053614.jpg














風返峠からは、八郷側へ爽快なダウンヒル。




気温快晴なのに、12℃。


冬の足音は、確実に近づいているんですね〜。。。









まだ寒さで震えるほどではないけれど、ダウンヒルでそこそこ冷えた体を温めてくれたのは…
















b0295234_21055380.jpg
【癒しの林道!】














今日は筑波縦走路へ。






まずは湯袋峠から上曽峠に続く登り&下り、「癒しの林道」で癒されます…。
















b0295234_21085317.jpg

















b0295234_21091063.jpg
















b0295234_21092890.jpg

















b0295234_21094773.jpg















b0295234_21100207.jpg
















心にとまったところを写真におさめながらゆっくりと進んでいく、最高に贅沢な時間。



紅葉のピークにはまだ早いけど、所々、赤や黄色に染まり始めているところを探すのがまた、無性に楽しくて…














b0295234_21114801.jpg

















b0295234_21120246.jpg















b0295234_21121504.jpg















b0295234_21124573.jpg














b0295234_21125814.jpg















b0295234_21132090.jpg















b0295234_21133470.jpg

















b0295234_21135163.jpg















b0295234_21140480.jpg
















b0295234_21142221.jpg














b0295234_21145582.jpg















b0295234_21152288.jpg

















b0295234_21153782.jpg
















b0295234_21155252.jpg

















b0295234_21160815.jpg
【上曽峠分岐も越え、再び登って…】















b0295234_21165640.jpg
【あまり使ってなかったロングのホワイトボトルをツール缶代わりにしてみました】

















b0295234_21171132.jpg

















b0295234_21181176.jpg

















b0295234_21182443.jpg















b0295234_21184269.jpg
















b0295234_21185763.jpg
【パラグライダー場!】

















休日の喧騒はどこへやら。



誰もいないパラグライダー場を独占し、しばし景色を堪能。



これもまた、贅沢な時間ですよね。










人生を変えてしまった自転車との出会いに感謝しつつ、素晴らしい景色を目に焼き付けます。














b0295234_21200780.jpg
















b0295234_21203957.jpg

















しかしまあなんでこんなに自転車にハマっちゃったんでしょうねぇ(苦笑)。









実は高校の受験生時代、なんとなく「名前がカッコいいから」というとんでもない理由で、筑波大学に入りたかったんですよね〜(爆)。

でも、成績がまったく伴わずに早々に断念したんだっけ。








それが今や、なんの因果か自転車で筑波の山々を走り回っているんですから、人生って本当に面白いものです。









筑波大学には入れなかったけど、まさかこの地をこんなに好きになるなんて、ね。




















さてさて、今日は自由時間があまりないので、縦走路完走はおあずけ。

無理せず、ここでUターン。








40も過ぎると、人間ってけっこう大人になるもので…。

せっかく巡り合った長い自転車人生、焦らずいきましょうか。



















b0295234_21255853.jpg

















さっき通ったばかりの道でも、向きが変わればまた景色も違って見えるから不思議。


まったく飽きません。






























b0295234_21261713.jpg















b0295234_21270392.jpg

















b0295234_21273192.jpg
















b0295234_21275264.jpg
















b0295234_21280664.jpg
















b0295234_21282143.jpg















b0295234_21283441.jpg
【あ、そうそう。「癒しの林道」中盤の土砂崩れも、ほぼ綺麗に直っていました。ありがたいことです】


















b0295234_21295887.jpg

















b0295234_21302010.jpg















b0295234_21303558.jpg


















b0295234_21305235.jpg
【湯袋峠も過ぎ、もう一度、風返峠へ】















b0295234_21312477.jpg
【実はこの道、いつもダウンヒルばかりで、登るのは初めてだったりして。とっても新鮮で、楽しく登れましたよ!】
















b0295234_21333307.jpg
【本日二回目の風返峠】














時間があればもう一度つつじヶ丘へ…とも思ったんですが、ちょっと無理そうだったので、そのまま神社側へダウンヒル。



たくさんの車に気をつけながらデポ地の筑波駅まで下って、今日のライドはおしまいとなりました。







走行距離は約40㎞。






数字だけ見れば少し走り足りない気持ちもありましたが、快晴の下で筑波の「秋色」をそこそこ堪能出来た、なかなかいいライドになりました。









本当はね、下山後に前回食べ損ねた松屋製麺所のラーメンを食べる予定だったのですが…













おかあさんの味噌団子が効いて、まったくお腹が空かず(苦笑)。










ま、ラーメンはまたの機会に、ということで。



焦らずいきましょう!











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-11-07 21:50 | ヒルクライム | Comments(8)

二連続ジテツウ

今日明日は出張なのでジテツウ不可。

しかし、一昨日と昨日は連続でジテツウ出来た!(嬉)





昨日の朝に撮った写真、せっかくなのでアップしておこうかな、と。。。。
















b0295234_20371805.jpg















一昨日は汗だくになったので、昨日はTシャツいっちょで。


季節外れの暑さでしたが、自転車には最高ですねっ。















そして、いつものポイントで撮影タイム。















b0295234_20385180.jpg
【引き】


















b0295234_20394266.jpg
【寄り】

















b0295234_20400313.jpg
【さらに寄り】



















b0295234_20402928.jpg
【自転車の位置は変えず、立ち位置を変えて】























…と、通勤途中にこんなことをして遊んでいるわけであります(爆)。














で、会社近くのこちらで一息。

















b0295234_20415273.jpg
【100円のシアワセ♡】




















さああと一日、ジテツウパワーでお仕事頑張りましょう!!!










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-10-20 20:45 | ジテツウ | Comments(2)

筑波DEデート♡ 団子石峠、鳴滝、そして最後はもちろん…

いよいよライドもクライマックス…








滝入不動尊にたっぷりと癒された後は、いよいよこの日最後の大きな登り、「団子石峠」アタックです。









前回、団子石峠にアタックしたのは八郷側からで、去年の暮れ。




あの時は峠に着いた後そのまま引き返しましたが、今回はその反対側から登るわけです。









初めて走る「裏団子(⁉︎)」は、なかなか雰囲気のある、そしてなかなかの斜度!

















b0295234_19570525.jpg
















b0295234_19571877.jpg
【この林道でも何度か車とスライドしました。リアライトの「フレアR」も大活躍】















b0295234_19580727.jpg















b0295234_19585507.jpg
【もちろん、おNEWの「ION 100R」もバッチリ。ケーブルが邪魔でエンドテープの上から装着しているのはご愛嬌(苦笑)ですが、テープの剥がれ防止にもなり一石二鳥⁉︎】














b0295234_20114951.jpg
【路面は荒れ気味でしたが、先の縦走路ほどではなかったですね】

















距離にして3㎞くらいでしょうか。


深い森を縫うように登る、楽しい楽しいヒルクライム。







筑波、本当に奥が深い。













そして、唐突にゴールが…















b0295234_20121915.jpg
【団子石峠、獲ったり〜!(裏から) 右奥に続く細道を駆け上がっていくと団子石があるんですよね。車両通行止めなので、今回もパス】

















峠自体はな〜んにもないのですが、一応の満足感を噛み締めた後…

















b0295234_20213265.jpg
【八郷側に下りましょう】














b0295234_20215425.jpg

















b0295234_20220486.jpg
















こちらもまた素晴らしい雰囲気の「表団子」を下り、民家のあるあたりで左に折れて…














b0295234_20224972.jpg















b0295234_20241810.jpg
【もちろん寄りますとも、「鳴滝」!】
















b0295234_20250889.jpg
【最後の力を振り絞ってプチ激坂を駆け上がれば…】















b0295234_20260191.jpg
【鳴滝!】















b0295234_20264590.jpg
【秘技・マイナスイオン全身浴び♡】















厳かな滝を前に、そのミストを全身に浴びていると、何か体の芯から綺麗になっていくようです…。













b0295234_20304990.jpg














さて、もうバレバレですが、鳴滝の後は、いよいよ今回の(も⁉︎)最大目的地へ。










「瓦谷」の街から県道42号線に入り、「柿岡」を経てフルーツラインに入れば…

















b0295234_20354640.jpg
【ザン。密会現場着♡】





















ああ、またきてしまったよ…。
















b0295234_20361627.jpg
【到着時刻は14時30分。うん、ちょうどええ♡】















「あら〜、またいらしてくださったのね!」












ドアを開けると、そこには一週間ぶりのママさんの元気な笑顔と、癒しの空間が…















ママさん、会いたかったよ〜♡
















b0295234_20375932.jpg
【ん…⁉︎】














「こないだ見えられた時にね、帰りに走り出していくのが窓から見えたんですけど、自転車、爽やかな色でカッコいいわ〜って。ちょっと撮らせてね♡」























「僕」じゃなくて、「自転車」の方なのね…💔



















一生懸命スマホでpcblue号を激写するママさん。



僕そっちのけで…(涙)。



















コラぁ、pcblue号め〜!!!!(怒)




















コホン…失礼しました…。








撮った写真を見せてもらいながら、しばしイチャイチャ(笑)。























さてさて、店内に戻ってテーブルでパラパラっとメニューをめくる僕。




先週はポークソテーとカレーを迷った末にカレーにしたわけですが、今回は…









やっぱりポークソテー⁉︎



それとももうひとつのメインメニュー、カレーうどん⁉︎
























b0295234_20430455.jpg
【ドン】















ありましたよ、「盲点」が。



ポークソテー、やさとぼんちカレー、カレーうどん…の三大メニューの陰に隠れてメニューの片隅にひっそりと「ピザ」が!












分かります?


このピザの生地、大きなカレーのナンなんです!(ダジャレです)


















焼きたてのナンならではのふわふわもっちもちな食感、そして、小麦粉の優しい甘さ…









上に乗るシンプルな具の主役は、やはり地元の野菜たち。


玉ねぎ、ピーマン、パプリカ、そしてベーコン&チーズ&トマトソースがたっぷり。











ふんわり甘くて、でもどこか甘酸っぱくて…









うわぁ、これこそ「恋の味」やぁ〜⁉︎


















いやぁ、とにかく美味しい!(笑)



こんなピザ、食べたことないよママさん〜。

















…と、油断してたら、「これ少しだけど飲んでみて〜」と、サービスで梨ジュースが出てきました。


地元のとれたての梨と、バナナと、なんと酒粕を合わせたという生ジュース。


ちゃんと500円で限定メニューにあるんですが、これ、サービスっていう量じゃないでしょママさん⁉︎ や、やっぱり僕のこと…














「あの自転車、本当に綺麗だわよね〜♡」












で、ですよね💔














b0295234_20505148.jpg
【ほろ苦…】



















b0295234_20375424.jpg

















b0295234_20374108.jpg

















b0295234_20535565.jpg
【癒されまくり】


















癒されついでに…














b0295234_20562984.jpg
【シフォンケーキ、追加♡ なんとこちらも酒粕のシフォン。ふわふわで、ほのかに甘くて、本当に美味しかったですよ】



















「トゥリー」は開店から10年以上経っていて、最初は特に軌道に乗るまで大変なこともたくさんあったんだとか。


きっとママさんは、美味しいものを作って人に喜んでもらうのが大好きなんですよね。


別に僕だけに特別なわけじゃなく、来るお客さんにはすべて平等に、誠心誠意接しているママさんを見ていると、損得勘定以上のものを感じてしまうのです。






そんなふうに長い間信念を曲げずに仕事を続けていくことって、なかなか出来ることではないですよね。












初めてトゥリーのドアを開けた時。


自転車ジャージで汗まみれ、遠慮がちに入ってきた僕を、笑顔で歓待してくれたママさん。


あの時のささやかな感動は、たぶんず〜っと忘れないだろうなぁ…。

















「紅葉の時期の前には、またお仲間の方たちも一緒に来てもらわなくちゃね。あ、確か今日は車は近くなんでしょう? ならこれ持ってって」
















お会計の後、ビニ-ル袋に何かを詰めて渡してくれたママさん。







ズシリと重いそれはきっと…



















「走っていくところ、撮らせてね〜」















激写するのは慣れてますが、まさか激写されながら見送られるとは(爆)。














本当にありがとう、ママさん。

また空いてる時間を狙って来るから、デートしようね♡



















トゥリーを出たら、車のある駐車場はもうすぐ。



手首に食い込むビニール袋の重さが妙に愛しい、ライドの終わりでした…。












生まれ故郷の新潟、今住んでいる千葉、そして…













筑波エリア、そしてトゥリーのある八郷。


いつのまにか、もう第三の故郷みたいになっちゃったなぁ。











b0295234_21035802.jpg


























ビニール袋の中身?






もちろん、二人だけのヒ・ミ・ツ…ですよ♡(なんとなく透けてますが/笑)









〈完〉












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-09-09 22:46 | ヒルクライム | Comments(6)

筑波DEデート♡ 愛宕山〜滝入不動尊編

「いったいこれのどこがデートなんだ…」という至極ごもっともなみなさんのつっこみは置いといて、先に進みましょう(笑)。














さて、車列と一緒に県道64号線をば。


薄暗い林道を走ってきたので、平地の幹線道路が新鮮に感じます。


このメリハリもまた、山ありライドの楽しさだったりするわけです。















b0295234_13043877.jpg















雨雲はほとんど去って、暑い暑い。


湿度も高く、けっこうキツいです。



でも、もうあの時のような酷暑ではないですし、自転車で走っていれば、喜びの方が勝りますね。















「中志筑」から先は県道138号線となり、途中、「池の下」で左に折れて…














b0295234_13060461.jpg
【ちょいと休憩を兼ねて寄り道】
















b0295234_13081908.jpg














バイクラックもあった「常陸風土記の丘」駐車場でコーラ休憩。













b0295234_13092390.jpg
【R3、平地もいいね!】














b0295234_13093997.jpg















b0295234_13095639.jpg












風土記の丘を出たら、今度は国道355号線に入ります。
















b0295234_13124008.jpg














ズイズイと走り、「東成井」交差点で左折。
















b0295234_13125956.jpg

















b0295234_13133950.jpg















b0295234_13135228.jpg
【出た⁉︎】
















セブンイレブンのある大きな「泉」交差点で、とりあえずおにぎり休憩。
















b0295234_13145991.jpg














はい、この交差点を左折すれば、本日ふたつめの大きな登りです。












araitaさんのブログで紹介されていた愛宕山ヒルクライム、初挑戦です。




ちなみに、青木葉峠についてもaraitaさんの記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます!








以前に僕は団子石峠まで登って引き返したことがあるのですが、今はその反対側の麓にいる、という感じですかね。






とにもかくにも、初めての坂はワクワクしますっ。













b0295234_13183713.jpg
【さあ出発。いきなり目前に山だぁ!(嬉)】















b0295234_13191620.jpg
【あれを登るのかなぁ(ウットリ)】
















b0295234_13193839.jpg
【「愛宕神社」の看板があるこのY字を右折すれば、いよいよヒルクライムスタートです】















b0295234_13202435.jpg
【いきなり悶絶♡】

















林道ではなく朝日峠アタック的な車道ですが、見通しもよく、とても走りやすい道です。


ただし、斜度的にはいきなり10パー越えな感じ⁉︎







苦しいやら嬉しいやら…(苦笑)。















b0295234_13215002.jpg
【おおおおおおおおお】
















b0295234_13221070.jpg
【おおお〜!】















b0295234_13223339.jpg
【登頂!】














おそらく距離的にはたいしたことはないのですが、弓弦線に続き「激坂一歩手前」という、なんともいい感じのヒルクライム! またひとつ、筑波エリアでいい坂を見つけちゃったな〜(araitaさん、キッカケを頂きありがとうございます)。
















b0295234_13245638.jpg













ゴール地点には大きな駐車場と、神社の鳥居。

大きな滑り台などの遊具もあり、子供たちも喜びそうな公園になっていました。









今度連れてきてやるかな…(ボソッ)。

















b0295234_13260387.jpg
【これは楽しそう】














さて、オッサンは疲れたので、こちらへ。














b0295234_13263232.jpg















かわいい売店で買ったのは、もちろんこれですよね。















b0295234_13271491.jpg
【坂にカンパイ】


















テラスでボタボタと溶けるソフトクリームを無心で食べるオッサン…。

















b0295234_13282065.jpg
【垂れたクリームは全てウェアで受け止めました(キリッ))】

















トイレの水道で汚れたウェアを簡単に洗い、いざ。















b0295234_13290741.jpg















b0295234_13291865.jpg
















売店のある駐車場からさらに奥へと進むと、上の写真のところに出ました。

どうやらここが峠のようです。






「乗越峠」はY字になっていて、左に行くとダートの登山道的な道。

奥からどんどんハイカーの方がやってきます。






もちろん僕は、右へ。















b0295234_13305374.jpg
【ダウンヒル!】














b0295234_13310844.jpg
【振り返って一枚。登ったら楽しそうな道だぁ♡】















b0295234_13313310.jpg














b0295234_13314438.jpg














爽やかな林道のダウンヒルを存分に楽しんで…















b0295234_13323653.jpg














b0295234_13324618.jpg
















道沿いにポツポツと民家が現れ出すと、こんなところに出ました。





















b0295234_13325823.jpg














そこは「滝入不動尊」というところで、趣のある小さな滝と祠、そして清流が流れている素敵な場所でした…。
















b0295234_13345091.jpg

















b0295234_13352647.jpg


















b0295234_13344377.jpg
















b0295234_13350817.jpg















b0295234_13354706.jpg
















ここ、すごく気に入ったなぁ。。。















b0295234_13363851.jpg

















静かな雰囲気とマイナスイオンに十分癒されて、また自転車にまたがります。













b0295234_13371812.jpg
【不動尊からさらに下り、この小さな橋を左に渡ります】















恐るべし筑波エリア。


青木葉峠に続き、愛宕山(乗越峠)、そして滝入不動尊もまた、素晴らしいスポット!






まだまだ知らない魅力がたくさん隠れているんですねぇ。



















さて、ここからはまたもや登り。

以前、反対側から登ったことのある「団子石峠」を目指します!



〈つづく〉











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-09-08 13:49 | ヒルクライム | Comments(2)

筑波DEデート♡ 青木葉峠編

…というわけで、長〜い前置きはこれくらいにして、ようやくライド編へ!(汗)







昨日、火曜日は代休取得。

車にpcblue号を押し込んで、常磐道を飛ばして、またしても筑波方面へ。






代休といっても朝から晩まで…というわけにはいかないのが子持ち中年男の悲しいサガ。

本当は早起きしてのんびり自走で…といきたいところなのですが、なかなかそうもいきません。



秩父方面もけっこうお金も時間がかかるし、近年は8時過ぎに家を出ると高速もけっこうな渋滞になってしまうので、やはり常磐道利用の筑波方面になってしまうんですよね。




さて、先週の筑波では思わぬ不動の通行止めもあり、そしてまだ復旧していない様子なので、今回は…














b0295234_14405222.jpg
【あっ、あの時パンク修理した場所だ…】
















不動&裏不動が走れないとなると、懸念となるのが「トゥリーの帰りをどうするか」。(そこかい!)


朝日峠もいまだに通行止めだし、恐怖の朝日トンネルは走りたくないし、十三塚は…(ママさんの頼みでも、もうカンベン⁉︎)。










なので、今回は思い切って車で朝日トンネルを通過♡







土浦北インターを筑波山方面に出て、ほどなくして右折してフルーツライン。

朝日トンネルを爆走して、「辻」交差点の先にある駐車場を利用させてもらいました。




この駐車場の片隅で、あの熱中症ライドの時にパンク修理したんだよなぁ…。
















b0295234_14463456.jpg
【さあR3のデビュー戦です。パンクしないでねっ】














出発時、なんと頭上に黒い雲があって、パラっと…。


そして、スタートの9時30分時点ですでに30℃を越えていて、まるで梅雨時のような蒸し暑さです。





幸い、この後、雨に降られることはなかったのですが、気温は34℃くらいまで上がるようで、湿度も強烈。けっこうハードなライドになりそうです。












しかしまあ、せっかくあんなにツラい仕事の山を乗り越えたのに、なんでまたわざわざ本物の山でこんなにツラい想いをしてるんだろう…。








自転車乗りって、本当に◯◯ですよねぇ⁉︎(好きな言葉を入れてください)

















b0295234_14514198.jpg
【さあ行くぜ、ツラい想いをしに♡】














b0295234_14514802.jpg













駐車場から朝日トンネル方向に出てすぐ「辻」交差点。






まっすぐ行けばトンネル。

右に曲がれば裏不動。

斜め右に行けば朝日峠。





そして今日は、初めて「左」に曲がりますよ。












左に曲がって長閑な集落の中を少し走って、ここを右折。













b0295234_14541952.jpg














すると…













b0295234_14544347.jpg
【山!】














Y字の分岐を右に行くと…













b0295234_14553727.jpg
【コンクリうちっぱ&刻み、いきなりキターーーーーーーーー!(狂喜乱舞)】

















少々ウォーミングアップ的なものが足りないかとも思いましたが、いきなりの「メインディッシュ」登場に歓喜(笑)。いやこれ、なかなかの斜度でございますよ。















b0295234_14565947.jpg















「林道弓弦線」(何て読むんでしょ?)



青木葉(あきば)峠に続く林道です。








以前、コメを頂いてから、ずっと気になっていた峠&林道。

今日最大の目的(デート以外で)は、この青木葉峠なのであります。







青木葉と書いて「あきば」だなんて、なんたってその名前がいいでしょう⁉︎



カッコいいというか趣があるというか、なかかなかない素敵なネーミングだと思うんですよね。













そして想像どおり、斜度もおステキ♡













b0295234_15025999.jpg















b0295234_15030997.jpg















おそらく余裕の10パー越えと思われるつづら折れが序盤から連続し、とってもいい感じです(苦笑)。


林道の雰囲気もなかなかワイルドで、はっきり言って、とっても気に入ってしまいました♡














さて、新調したタイヤ、「ボントレガーR3」25Cの第一印象ですが…









駐車場から走り出してすぐに感じたのは、やはり「R4 320」に比べての「硬さ」と、「漕ぎ出しの軽さ」です。







乗り心地に関しては、やはり「R4 320」に軍配。



例えるなら…



難しいんですが、どこか「布」っぽい「R4 320」に比べて、「R3」は「ゴムっぽい」⁉︎







「フワッスタッ」と振動を吸い込んでしまうような感触の「R4 320」に比べて、「R3」はより普通っぽいといいますか、段差での振動を「ドシン」とダイレクトに伝えてくる感じですね。

まあでもこれは「R4 320」が「良すぎる」と思われるので、おそらく他のタイヤと乗り比べたら、「R3」もかなりいい線いってる…と思われる乗り心地ではあります。よりゴムっぽい感触というか、材質が同じなのか似ているのか、ジテツウで使用している「AW2」に似た感触ですね。









そして、坂道での「漕ぎ出し」は、狙いどおり「R3」に軍配!








「R4 320」よりカラっと軽い漕ぎ出し感があって、25Cのネガも僕レベルのヒルクライムではまったく問題無しです。ただやはり、単純なグリップ力は「R4 320」の方が上のようで、ダンシングでズルっといく率は「R3」の方が高くなりました。なるべくシッティングで後輪に荷重をかけるような登り方がいいようです。ただまだ新品そのものでタイヤのバリも取れていない状態なので、表面が一皮剥けたらまた違った感じになるのかもしれません。






軽量なタイヤということで、もう少し「頼りなさ」もありのかなぁと思ったんですが、逆。そこは25Cであることも関係しているのか、思った以上にしっかりガッシリしていて、乗っていて安心感がある感じですかね。さすがに「R4 ROAD」23Cに比べるとタイヤそのものの重さを感じてしまいますが、それがいい感じで安心感につながっている感覚です。


やはり「安全第一」、ですからね。
















b0295234_15031953.jpg
【「ION 100R」も点滅で付けっ放し。暗い林道で何度か車と遭遇しましたが、とても安心感がありました】















b0295234_15180531.jpg
【「R3」はアメサイドではなく通常のブラックサイドになるので、見た目の精悍さが増すのもポイント高し】
















b0295234_15181661.jpg













それにしてもこの「林道弓弦線」は、なかなの雰囲気。


不動とも縦走路とも違う、どこか秩父的な重厚感があって、かなり気に入りました。






そして、何と言っても斜度がステキ!














b0295234_15205348.jpg
【ぬおおおおおおおおおおおおっ(笑顔)】




























b0295234_19332796.jpg

















いいですねぇ、弓弦線。



激坂一歩手前…みたいな坂がつづら折れで続く感じで、とっても美味しいっす!(笑)
















b0295234_19344554.jpg
【時折、開けた景色が出てくるようになると…】
















b0295234_19355701.jpg
【唐突にゴール】














青木葉峠、獲ったり〜!!!














b0295234_19364056.jpg














登った距離的には3㎞くらいでしょうか。


距離といい斜度といい、「ちょっと物足りないな〜」というくらいの、ちょうどいい感じです。


ここはまさに「穴場」ですねぇ〜。














b0295234_19382067.jpg
















青木葉峠を過ぎたら、気持ちのいい林道を反対側へと下りますよ。














b0295234_19390768.jpg















b0295234_19391828.jpg
【紅葉の時期は綺麗なんだろうなぁ〜】














しばし重厚な森のダウンヒルを楽しんでいると…













b0295234_19400335.jpg
【⁉︎】













どうやら湧き水のようですが、湧いてないような…



しかし、少し下ったところに…














b0295234_19411834.jpg
【あった!】














b0295234_19413799.jpg
















「金命水」という湧き水のようで、ちゃんとした表示があるし、僕の前に軽トラで汲みに来ている方もいたので、たぶん大丈夫なんでしょう、ということで…














b0295234_19425737.jpg
【ガブ飲み】














b0295234_19431725.jpg
【ンマーーーーーーイ♡】















すっきりしていて、どことなく甘さみたいなものもあって、美味しいお水でした!



ひとしきり飲んだあと、ボトルも満タンにして、再出発。

さらに下っていきます。
















b0295234_19443214.jpg
【いい景色】















しばらく下ると、こんな十字路に出ました。














b0295234_19445636.jpg
【左に行くと三ツ石森林公園、右に行くと雪入ふれあいの里、というところに出るようです】














b0295234_19461567.jpg
【右に曲がると、こんな大きな桜が!】















b0295234_19463693.jpg
【これは春にも来なくちゃいけないですね】















b0295234_19465705.jpg
【こんなT字にぶつかるので、右にいくと…】
















b0295234_19472916.jpg
【少し登って、着きました】












どうやらここはビオトープ的な自然公園のようで、おそらく地元の小学生なんかが野外授業で来たりするんだろうな〜という雰囲気でした。


















b0295234_19494656.jpg

















b0295234_19495764.jpg
【しばしザリガニを観察して、出発】

















b0295234_19503113.jpg
















b0295234_19504292.jpg














b0295234_19505238.jpg















b0295234_19510349.jpg














「雪入ふれあいの里公園」から東側に下っていくと、長閑な田園風景から住宅地へと変わり、県道64号線に出ました。


青木葉峠、よかったなぁ〜。









左折して県道に入り、千代田石岡方面へと平地を爆走します!




〈つづく〉













にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-09-07 19:56 | ヒルクライム | Comments(10)

予告2 〜回し者ではございません⁉︎〜

昨日は遅れてきた「ぼくのなつやすみ」。


代休利用で筑波エリアの新規開拓に行ってきました。








先週、久しぶりのお山でいきなり「つくば道」&「十三塚」をかましてしまった僕…。


さいわい脚へのダメージはなかったのですが、少々刺激が強すぎた感があるので(苦笑)、今回はいつもの「のんびりまったり」で行くことに。





それにしても奥が深い筑波エリア。


不動、風返し、つつじヶ丘、湯袋…という「メインストリート」以外にも、まだまだたくさん「美味しい坂」(⁉︎)があるんですよね。




そして今回は、以前、読者の方にもコメを頂いてずーっと心に引っかかっていた「あの峠」に初挑戦することを第一目的にすることとしました。







その峠、まずは名前がいい!






なんかオシャレというか趣があって…






そんな素晴らしいネーミングのこともあって、以来、「行ってみたい!」と思っていた峠でした。


それに、どうやらなかなかの斜度みたいですし…(笑)。







さあ、まだ見ぬ筑波エリア、いったいどんな坂が待っていてくれるんでしょうか?















…と、その前に…


















b0295234_09411132.jpg
【⁉︎】





























…はい、いきなりの「物欲編」でございます(爆)。













タイヤだぁ〜!












春、秩父で軽量タイヤ「R4 ROAD」が逝ってしまった後は、去年の冬に購入した「R4 320」を再度装着していたわけですが…。







ボントレガーの「R4 320」というタイヤ、ちょいと重い(230g)のがアレですが、TPI320コットンケーシングの乗り心地はもう最高の一言で、素人の僕でもその違いがはっきりと分かるほど気に入っています。


グリップも最高で、本来はバンクを高速で駆け抜けるようなレース仕様を念頭に開発されたタイヤのようですが、僕的にはこれまで履いてきて「やや低めの空気圧でのんびりまったり平地を流すのにも最高」、という印象です。


最近は江戸川を走る時などは6.5気圧くらいの低圧を試しているのですが、低圧の方がよりコットンケーシングの柔らかさが際立つのか、荒れた路面箇所でも「コトンコトン」という感じで、もう最高の乗り心地。なんの不満もありません…というどころか、改めて最高に気に入っているわけであります。


タイヤそのものの作りもすごく丁寧で、トレッド面の造形だったり滑らかさみたいなものは、バイクに乗っていて視覚的にも「いいタイヤに乗ってるな」という満足感がすごくあります。




ただこれがヒルクライムとなると、その重量と、さらに「すごくいいタイヤを坂でグリグリとすり減らしている」という言いようもない罪悪感というか、「もったいない感」に苛まれ…





特に前回は激坂が二連発だったこともあり、「ああ、これはもったいないなぁ」と。







…と、そこで急浮上してきたのがタイヤ交換。







もちろん、外した「R4 320」は取っておいて、また冬の平地オンリーの季節になったら登場願おう、というクリンチャーならではの利用方法も出来ますしね。






そして、これから秋にかけてのヒルクラシーズンを共にするタイヤとして急浮上してきたのが、今、仲間の中でも装着者続々のド定番、「コンチネンタルGP4000sll」です。



GP4000といえばもう説明の必要がないほど定番中の定番ハイグレードタイヤで、軽さ、転がり、耐久性…とどれを取っても一級品の名作。僕もマドン4.5で25Cを履いていましたが、もう何も文句もないタイヤで、軽い漕ぎ出し感、巡航時の転がり、耐久性の高さ…と、とても好印象でした。「ll」にモデルチェンジしましたが、その性能は正常進化でますますよいタイヤになっているようです。

僕の場合、ライフの後半はジテツウのみになっていたので、それほどハードに使用していたわけではないのですが、それでも3年近く平気で持ってしまう耐久性も圧巻でした。

ジテツウなので走行距離的にはさほど伸びていなかったと思うのですが、ガツンと歩道に乗り上げたりもしていたことを考えると、ジテツウだからこそ荒っぽく使っていた場面もけっこうあったように思います。


今、マドンにはさらに耐久性重視で「ボントレガーAW2」25Cを履かせていますが、走行感の軽さだけをいえば、やはり「GP4000」の圧勝と言わざるを得ません(お値段も圧勝なので仕方ないのですが…)。

難と言えば「やや太め」ということくらいで、23Cで実質24Cくらい、25Cで27Cくらい…というところでしょうか。元来細めのタイヤが好きな僕としては、買うなら迷わず23Cかな、という感じです。

あとは、若干乗り心地が硬めということで、これは類まれな転がりの良さとトレードオフといったところでしょうか。ただ硬いといっても耐えられないような硬さではなく、あくまでも「若干」ですよね。







そんなこともあり、実は自分の中では「GP 4000sllの23Cで決まり!」と、ほぼ心は決まっていたのですが…。












某日夜、ショップ店長と密談。

「GP4000sll」23Cと「ボントレガーR3」25Cを前に、最終決断の時…。











どちらを選ぶか…という前に、まずは店長から23Cと25Cについてお話がありました。










「転がり抵抗うんぬんの話の前に、最近のワイドリムホイールでの23C使用というのは、当然クリンチャーの場合、タイヤが両ビード側に引っ張られる形になりますから、極端に言うと断面がのっぺりと潰れてしまうんですよ。そうなると、タイヤ本来が持つクッション性だったり、転がりだったり、バイクを倒した時のグリップ力だったりが、十分に発揮できなくなってしまうんです。そういった意味でも、ワイドリムホイールをお持ちのお客様には、まずは安全面を第一に考慮して25Cをお勧めしています。確かに登りのことだけを考えるならば軽量第一の23Cもアリなのですが、登れば必ず下りがあるわけじゃないですか。そうなると断然、25Cの方がタイヤのグリップ力が常に自然な感じで発生して、ひいては安全なんです。なので、pcblueさんが『今度のヒルクライムレースでどうしても勝ちたい!』とおっしゃるならば、私も23Cをおすすめするかもしれません。でもそうでないならば、やはり25Cをおすすめします」











「23C信者」の僕ですが、この店長の真摯な言葉には陥落しました。









見た目の細さや登りの軽快さよりも、まずは「安全」。



確かに、レースやTTに無縁な僕みたいな人間こそ、転がり抵抗うんぬん以前に、使っているホイールにマッチしている25Cなんですよね。。。










そして次に、「GP4000sll」か「R3」か。











最初に店長には「GP4000sllの23Cが第一候補」と伝え、次に、軽量な「R3」も気になっていて、まだ迷っている…と伝えてありました。





「ボントレガーR3」が最終候補に残っていたのは、「R4 ROAD」の印象がすごくよかったのと、やはりその軽量性。25Cでも200gジャストに抑えてあり(「GP4000sll」23Cは205g)、GP4000sllの23Cは実質25Cに近い太さとはいえ、25Cで23Cを下回っているのです。これはヒルクラ好きにはやはり魅力的です。


店長は「ビットリアやミシュランの新作もいいですよ〜」とのことだったのですが、なぜか「R3」に惹かれたんですよね。













「はっきり言って、これはもう好みですね。どちらもよいタイヤですし、どちらを選んでも後悔はないはずです。あえて言うなら、転がりの軽さ&耐久性重視なら「GP4000sll」、重量の軽さ&乗り心地重視なら「R3」…というところでしょうか。あとはお値段ですかね(笑)。2本だと、「R3」の方が5000円近く安く済みます」










うむむむむ……












けっこう悩んだ末に手にとってレジに持って行ったのが、冒頭の写真のタイヤでした。











ボントレガー「R3」25C!(D.S.Dさん、浮気しませんでしたよ〜/笑)
















ほんとはね、「チームGP4000」結成で仲間とおそろで走る…というのも妄想したのですがね(りょうたパパさん、rinyaさん、ふきみそさん、スミマセン♡)。





「R3」と言えばTREK乗りとしては定番中の定番タイヤですし、こちらも一度は乗っときたいというのもありまして(旧R3はマドンで使っていた時期がありまして、実はその時の印象もかなりよかったんですよね)。

ま、「GP4000」は「最後に戻る場所」として取っておこうかなと…










「R3って実はなかなかコスパのいいタイヤで、実はこの価格帯(5000円)で25Cで200gって、他になかなかないんですよ。23Cだと195gですしね。耐久性も、さすがにGP4000には敵いませんがちゃんとありますし、ケーシング値(120TPI)のわりには、ゴム質の影響で乗り心地もソフトですから」








そして、「GP4000sll」を買うつもりで来ていたので、浮いた予算で…





















b0295234_09413243.jpg
【!】





















はい、軽量ついでにボントレガーから新登場の小型フロントライト、「ION 100R」です。







僕が愛用しているフロントライトは、同じくボントレガーの「ION 700」なのですが、最大700ルーメンという原チャリ並みの明るさと、三段階の明るさ+点滅二種類…と使い勝手も最高です。







ただひとつ、べらぼうに重いんですよね。






測ったことはないんですが、例えるならば超合金的な重さ(爆)。





金属ボディで重厚感や高級感、そして見た目のスリム度合いもバッチリなんですが、ハンドルに取り付けるとはっきりと「重い」と感じられてしまうくらいのズッシリとした重さなのです。これはヒルクラには…






…とそこで今年のTREKワールドで発表されたのが、軽量な「ION 350R」と「ION 100R」。





「ION 350R」もプラ外装でかなり軽量で惹かれたんですが、「日中のヒルクライム使用前提」と考えると、店長いわく「ION 100Rで十分ですし、被視認用の点滅は明るさ自動認証二種類、通常ライトは最大100ルーメンと控えめですが、トンネル通過や比較的明るい街中の幹線道路などなら問題ないです。私もいま、通勤路で使ってるのですが、勝手知ったる道であれなまったく問題ないです。何より軽いですから、まさにヒルクライム用と言ってもいいくらいですよ」




以前、ボントレガーにあった小型の「グローライト」というのを僕も使っていたのですが、アレは明るさ的にもかなり頼りなく、電池もボタンで(新しい「ION 100R」はUSB充電)、すぐに接触も悪くなって…とあまりいい印象がなかったのですが、今回の「ION 100R」はかなりグレードアップしているようです。



また、最近のボントレガーは安全面を考慮した「視認性」にすごく力を入れているようで、今回の「ION 350R」や「ION 100R」の登場も、その一環とのこと。つまり、夜間走行用というよりは、日中の被視認性を重視した製品で、まさに林道のヒルクライムなどにはもってこいとのことです。


薄暗い林道を「こんなとこ、車なんて来ないよね〜」なんて思いながら走っていると、いきなりカーブの先からけっこうなスピードで車が現れ…っていう経験、ありますよね。





とてもびっくりするんですが、見るとだいたい、車の運転手はもっとびっくりしています(笑)。

まさかこんなところを自転車が走っているとは、向こうも思わないんですよね。





特に、勝手知ったる地元のドライバーならまだいいのですが、観光で来て林道に迷い込んじゃった的な車って、けっこうなスピードを出しちゃってたりするじゃないですか。そんな場面で最大限こちらの自己防衛的な意味でも、日中の前後ライト点滅は必須ですよね。























…というわけで、「GP4000sll」が「R3」+「ION 100R」に化けてしまいましたが…









わたくし、お世話になっているショップに義理は大いに感じておりますが、決してボントレガーの回し者ではございませんから!(爆)











さてさて、新しく導入した2アイテムを携えて、NEW筑波エリアに行くとしますか!(引っ張るね〜)









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-09-07 11:18 | インプレ | Comments(6)

予告 〜ぼくのなつやすみ〜

b0295234_21105899.jpg




















暑い暑い一日となった今日、「夏」を取り戻すべく、またしても彼の地で癒されてきました♡




例によって引っ張るほどのたいしたライドではないのですが、日本代表戦が始まるので、本編は明日で♡










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-09-06 21:13 | ヒルクライム | Comments(0)