タグ:EF-M 18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM ( 219 ) タグの人気記事

ナイトライド

b0295234_194332100.jpg


…つまり、土日は夜まで仕事だったということでした(笑)。

不審人物に思われないようそそくさと撮影。









b0295234_1944597.jpg










まだ気温もそれほど低くないので、ナイトライドも気持ちがいいくらいですね。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-11-24 19:45 | ジテツウ | Comments(0)

秋よ行かないで

今月は妙に忙しく、今日も出社です(涙)。

こんな時は、ジテツウを始めて良かったなぁと心底思います。

毎朝、プチ紅葉ライドしているようなものですからね。



…というわけで、今日も代わり映えのしない、江戸川&水元公園。

でも、毎日微妙に表情が違ったりして、飽きることはありません。









b0295234_12305982.jpg

【秋爛漫の江戸川河川敷。今朝は休日ということで、グループで楽しそうに走るローディの姿がたくさん見られました。そんな中、ひとり土手下に降りて撮影。悲しい〜(笑)】









b0295234_12333933.jpg










b0295234_12334849.jpg

【休み!って感じしますよね】









b0295234_12335895.jpg

【で、お約束の水元公園。秋ももうすぐ終わりかな。まだ行かないで〜】









b0295234_123359100.jpg

【ああ、このままどこかに走りにいきたい…】






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-11-23 12:35 | ジテツウ | Comments(0)

秋が深まってまいりました

会社でうつつを抜かしている(ちゃんと仕事はしてますよ〜)間に秋もどんどん深まり、紅葉もますます進んでいます(涙)。

こうしてなかなか思うように走りに行けないからこそ、行けた時は楽しいんでしょうね。。。

趣味なんてそんなもんだよなぁと頭では分かっていながら、やっぱりもどかしいです(苦笑)。



紅葉終わっちゃうよ〜〜〜〜!!!!!!








…というわけで、今朝もジテツウを満喫しました(笑)。

ワンパターンでスミマセン。









b0295234_12385611.jpg

【こんなに毎日晴れでいいのかっていうくらい晴れてますね。で、満を持して自分が走りにいく日は曇ったり雨だったりするパターンなんだよなぁ】










b0295234_1240057.jpg










b0295234_1240148.jpg

【この一週間で、水元公園の紅葉もかなり進みました】









b0295234_1240296.jpg










b0295234_12583431.jpg











b0295234_1240407.jpg










赤や黄色ばかり撮っていたので、鮮やかな緑にハっとさせられて思わず足を止め、パシャリ。


b0295234_12405452.jpg












b0295234_1241496.jpg









明日は待ちに待った週末!

でも、通常出勤です(涙)。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-11-22 12:43 | ジテツウ | Comments(2)

富士山とマドン4.5

b0295234_14281317.jpg


ジテツウの江戸川サイクリングロード。

今朝も空気が澄んで、富士山が顔を出しました。

すかさずマドン4.5と記念撮影。

朝、富士山を見られると、今日一日いいことがありそうな気がするから不思議です。


白い雪帽子をかぶった富士山とホワイト&プラチナムのマドン4.5が妙にマッチしてるなぁ〜と感じてしまうのは、親バカでしょうか。



今週は会社へのジテツウが続いているせいか、マドン4.5の良さを改めて実感しています。

とにかく小回りが利く!

絶対的は軽さはドマーネ6に譲りますが、ジオメトリー的な軽さと言うんでしょうか、すごく小気味よい走りが堪能出来ます。

ジテツウではそれなりに人も多いし、交通事情の悪い都内も少し走るので、緊張感を保つにはいいですね。ドマーネだとあまりに快適過ぎて、まったりぼんやりしそうですもん(笑)。

仕事に向けて頭をシャキっとさせるのにもピッタリです。



最近よく思うんですが、結局、僕らのような素人レベルだと、自転車の機能的な違いなんて微々たるもの。

愛着を持って自分が選んだ自転車を大切にしてあげるのが、一番いいのかもしれませんね。。。









b0295234_14265155.jpg

【スカイツリーと富士と、マドン4.5】









b0295234_142933.jpg

【ジテツウメインになって、ますます愛着が湧いてきたマドン4.5。黒いバーテープとサドルも見慣れたせいか、なかなか似合ってきたような…】









b0295234_14295478.jpg

【河川敷のススキ原の景色を楽しめるのも、あと少しですね】









b0295234_14312296.jpg

【水元公園。紅葉した桜の葉も、かなり落ちてしまいました】










b0295234_14314370.jpg











b0295234_14315779.jpg











b0295234_1432521.jpg











b0295234_14323737.jpg

【とても長閑で素敵なシーン。思わずジーンとしてしまいました…】





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-11-21 14:35 | ジテツウ | Comments(6)

ジテツウ&お昼休みにちょこっと紅葉ライド

今日も元気に昼休み更新(笑)。

こんなに天気がいいのに、パソコンの前から動けないもどかしさったらないですね。

こんな日は、せめてジテツウで短いライドを堪能するしかありません。

…というわけで、ジテツウの江戸川CR&水元公園でひとり撮影会。
昨日とカブっててスミマセン。。。








b0295234_12272494.jpg

【江戸川CR。まだ冷え込みもさほどキツくないですね。快適です】









b0295234_12275618.jpg










b0295234_12281158.jpg










b0295234_12282571.jpg

【続いて水元公園。いつもとちょっと違う場所でパチリ。水元公園は広いので、まだまだ撮ったことのないエリアがたくさんあります】









b0295234_12292626.jpg










b0295234_12294118.jpg










b0295234_12295376.jpg










b0295234_1230453.jpg

【雰囲気抜群の並木道。超広角が欲しい〜】









b0295234_12302438.jpg










以下は、都内の会社近くの公園にて。

昼休みに抜け出して撮ってきました。撮れたてホヤホヤです(笑)。

仕事で眼が疲れたり行き詰まると、ここに来てよくボーっと景色や空を眺めています。









b0295234_12322893.jpg










b0295234_12323649.jpg










b0295234_12332473.jpg










b0295234_12333288.jpg










b0295234_12334660.jpg










b0295234_12335828.jpg










b0295234_12341124.jpg










都内の紅葉も、いよいよ佳境に入ってきそうな気配。

こんな時に仕事が忙しいなんて…(涙)。

「第三弾」は、房総くらいしかないか!?










b0295234_12342536.jpg










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-11-19 12:36 | ジテツウ | Comments(0)

水元公園の紅葉進む!

b0295234_133017.jpg


しばらく外回りが続いていたので、久しぶりのジテツウです。

ジテツウルートにある水元公園では、すっかり紅葉が進んでいました。

ここが紅葉してくると、「もうすぐ冬なんだなぁ」と、すこし寂しく感じてしまいます。。。










b0295234_1345842.jpg

【こちらは江戸川CR。ススキとヨシが競うように穂を垂れていました】










b0295234_1351697.jpg

【秋ですね〜】









b0295234_136667.jpg

【水元公園に入ると、鮮やかな色彩が迎えてくれます】









b0295234_136281.jpg











b0295234_1364127.jpg

【大きな木がたくさん!】









b0295234_137119.jpg

【木々だけでなく、草紅葉も綺麗ですね】









b0295234_1374716.jpg










b0295234_1375971.jpg

【銀杏もすっかり黄色に】









b0295234_1384911.jpg










b0295234_139167.jpg










写真を撮っていると楽しくて、ついつい時間を忘れてしまい、遅刻しそうに(苦笑)。

さあ、会社に急ぎましょう!










b0295234_139428.jpg








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-11-18 13:10 | ジテツウ | Comments(4)

あらためてドマーネ6のいいところ、悪いところ

b0295234_21293882.jpg


結局この週末は仕事で潰れました。

仕事しないと自転車に乗れないので致し方ないですけど、本当にいい天気でしたね…。

夕方、仕事帰りに車窓から江戸川の土手が見えたのですが、気持ち良さそうに走る自転車のトレインがなんとも…(苦笑)。う、うらやましーーーーーー!!!!




さてさて気を取り直して…




ライドネタを書けないので、ドマーネ6“pcblue号”納車から怒濤の一ヶ月が過ぎ、ここらへんであらためてインプレなどを書いてみたいと思います。



まず、いいところ。



○思った以上に軽い(マドン4.5比較)。

○お尻に伝わる微振動が少なく、不思議な乗り味。

○試乗の印象と同じく、鉄壁の直進安定性。

○下りでの恐るべき安定感。

○軽いので、思った以上に登りもイケる。

○想像以上にフロントフォークが秀逸。ハンドルに伝わる微振動が少ない。下りでの振動も少なく、ハンドリングに安心感がある。

○エンデュランスフィットで、姿勢が楽。体が硬く前傾姿勢が苦手な自分にはありがたい。

○ダンシングした時などは、かなり「硬い」と感じるがっしりとした剛性感。



フレーム以外では…



○選んだハンドル「レースXXXライトエアロ」が大正解。残念ながらエアロ効果を体感する事はないが、上ハンに手を乗せるのが楽。また、ケーブルの取り回しがスマートで、見た目もいい。

○アルテグラ6800(11速)の出来が素晴らしい。特にシフトレバーの形状、シフトの軽さ(特にフロント!)、そしてブレーキの剛性感が段違い(105比較)。下りは下ハンではなくブラケット持ちでのブレーキングで十分になった。

○ホイール(アイオロス3D3チューブラー)は反則的にいい。ハンドルと同じくエアロ効果を体感するのはかろうじて下りくらいだが、登りでの軽さは圧倒的。

○タイヤ(コンチネンタル スプリンター ゲータースキン)25Cは、今のところパンクもなく、乗り心地も良好。特にバイクを倒した時の安定感がいい。ただ、より軽いタイヤや細いタイヤも試したくなる。





…といったところです。

総じて大満足で、マドン7と悩んだ末にこの自転車にして大正解だったと思います。


しかしここで、心を鬼にして「悪いところ」も挙げておきます。






●マドンと比較すると、やはり出足のもっさり感は確かにあり。重量のあるマドン4.5(レースXライト)と比較しても感じるので、フレームの構造(長いホイールベースや低いBBハイトなど)が関係していると思われる。マドンはヒラリヒラリという感じで、小回りが効くイメージ(悪く言えば、落ち着きがない感じ)。登りメインで、ヒルクライムでタイムを気にするような方は、やはりマドンが正解かも。それ以外で、自分のように「山には行くし登りも好きだけど、別にタイムは気にしない」というファンライドの方には、おすすめ。

●ISO SPEED機構(お尻の痛み軽減)について、過度の期待は禁物。微振動ははっきり体感出来るほど少ないが、大きめの振動は普通に伝えるので、乗車姿勢がアップライト過ぎたり、脚力が弱かったり、サドルが合わなかったりすれば、やはりお尻は普通に痛くなると思う。やはりママチャリではなく、ロードバイクです。

●自分のように大きめのサイズ(58サイズ)だと、ヘッドチューブがかなり長くなるので、スタイル的に好みが分かれると思う(自分は納得済みで購入)。56か58で、かなり違う。これはマドンでも同じで、H2フィットだと、サイズ58以上であからさまにヘッドチューブが長くなる。これが嫌な場合はH1フィットを選ぶ事になるが、前傾姿勢がかなりキツくなるので要チェック(そういえばドマーネでもプロフィットが出ましたね)。

●構造上、ドマーネはチェーンがチェーンステーに当たりやすいらしいので(特に下りでチェーンが暴れた時にヒットしやすい)、ここの部分のガード(ステッカー等)はしっかりと。僕は以前ブログで記したようにボントレガーのチェーンガードステッカーを貼ってますが、人によっては二枚重ねて張ったり、チェーンステーをすっぽり覆うようなタイプのガードをしている方もいるとか。デフォルトでも薄いガードテープが貼ってはあるのですが、これだけでは心もとない。

●マドンもドマーネも同じTREKのバイクということもあり、基本的な乗り味はけっこう似ている。なので、購入の際は納得いくまで試乗されることをおすすめしたい。それでも迷った場合は、スタイルや好み、所有感で選ぶのもありだと思う。どちらもいいバイクですから。

●ホイール(アイオロス3D3)は、軽過ぎて平地だと慣性がまったく効かないので、ひたすら回す感じ。なのでギアをついつい重くしてしまうので、結果的に脚を使ってしまう感覚がある。あと、傷を付けやしないか、いつもヒヤヒヤしている(苦笑)。

●いつ「ドマーネ7」が出るか恐れおののく(笑)。やっぱり出るんだろうなぁ。春のクラシックあたりか!? でも、ドマーネのキャラだと、あえて「7」にする必要もないかも…。





…といった感じです。

ま、基本的には「悪いところ」なんてないんですよ。本当にいいバイクです。

完全に「私見」なので、あくまでも参考程度にお願いしますね。


このブログの検索ワードを見ても、マドンかドマーネで悩んでいる方が思った以上に多いようなので、経験者として書いてみました。何かご参考になれば幸いです。

僕は現在、ヒルクライム中心に自転車を楽しんでいますが、相変わらずタイムトライアルにはまったく興味がない「ゆるゆる」スタイルなので、マドンではなくドマーネを選んで正解だったと思っています。登りでは写真を撮るために足を着きまくりですし、下りではドマーネの良さが存分に感じられて、「怖い」から「楽しい」になりました。この先、どういったスタイルになるかは分かりませんが、今はドマーネ6で最高に楽しいライドを満喫出来ていると思います。

また、ある意味「タイムトライアル」である(笑)通勤では、雑然とした都内エリアもあることから、小回りが効くマドン4.5がすごくいい感じです。





またこれからもどんどん走り込んで、ドマーネ6のいいところ、悪いところを素直に書いていこうと思っています。ぜひ参考にして下さいね。








b0295234_22114689.jpg










b0295234_22115969.jpg










b0295234_22121272.jpg










b0295234_22113825.jpg








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-11-17 22:28 | インプレ | Comments(4)

2013紅葉ライド第二弾 昇仙峡&荒川ダム ボツカット集

ブログに載せる写真はもちろん、一生懸命厳選するのですが、後から冷静に見返したら「これもよかったかな」と思う事がたびたびあります。

今回の「昇仙峡&荒川ダム」でも、そんな写真がいくつかあったので、載せちゃいます。


けっこうな量になってしましまいましたが…(苦笑)。


でもこうして火曜日のことを思い返してみても、楽しかったなぁと。


早くまた走りに行きたくなりますね。







b0295234_21253829.jpg










b0295234_21273482.jpg










b0295234_21274655.jpg










b0295234_2127595.jpg











b0295234_21281287.jpg










b0295234_21282632.jpg










b0295234_21283845.jpg










b0295234_21285165.jpg











b0295234_2129621.jpg










b0295234_21292136.jpg










b0295234_21293341.jpg











b0295234_21294634.jpg















最後におまけ。

昇仙峡で撮ってもらった写真。

失礼!(爆)




b0295234_21302261.jpg








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-11-15 21:30 | ヒルクライム | Comments(0)

2013紅葉ライド第二弾 昇仙峡&荒川ダム 後編

昇仙峡の景色と紅葉を堪能し、次の目的地、荒川ダム(能泉湖)へ。

荒川ダムは昇仙峡に比べれば知名度は低いかもしれませんが、知る人ぞ知る紅葉の名所とか。一度行ってみたかった場所でしたので、こうして自転車で行けるなんて幸せです。









b0295234_2144591.jpg

【観光客でごったがえす昇仙峡の駐車場を横目に、荒川ダムに向けて再びヒルクライム開始】







昇仙峡から荒川ダムまでは近いですし、斜度もそれほどキツくなく、快適な坂道(?)が続きます。

もちろん、景色も最高!

紅葉は昇仙峡がピークでしたので、さらに標高が上がるとかなり散り始めていましたが、それでも、十分に綺麗でした。標高が上がるのでさらに空気も澄み、人も少なくなるので、「山っ!」という雰囲気を堪能出来ます。









b0295234_2181380.jpg










b0295234_211096.jpg










b0295234_2111296.jpg










b0295234_21132617.jpg









b0295234_21105949.jpg










b0295234_21114279.jpg










b0295234_21123099.jpg

【あと少し!】










b0295234_2114286.jpg

【ダムが見えてきました】










b0295234_21143799.jpg

【着いた!】








山肌は黄色い絨毯を敷き詰めたような感じで、湖の水もコバルトブルーで綺麗。

思ったよりはこぢんまりとした湖でしたが、それがまた温かみのある情景を作り出していました。

昇仙峡ほどではありませんが、カメラを首からぶら下げた「ツウっぽい方」がけっこう来てましたよ。

一週間前くらいはもっと綺麗だったとのこと。

来年はもう少しだけ早めに来よう(笑)。









b0295234_21174623.jpg










b0295234_21182683.jpg










b0295234_21181198.jpg










ダムサイトには美味しそうなお蕎麦やさんが。

さすがに蕎麦は食べられなさそうですが…









b0295234_21194124.jpg










b0295234_2120642.jpg










三色もちを頂きました(笑)。とても美味しかったので、一瞬でペロリ。

すごく雰囲気のいいお蕎麦やさんで、かなり繁盛していました。自転車乗りは僕ひとりでしたが、店員さんにも笑顔で歓待して頂きました。

近くに座った方は蕎麦を食べてましたが、これがまた美味しそう!

次回はここでお蕎麦を食べよう。





心もお腹も満たされ、今日はこれで引き返しますよ。

距離的には物足りないですが、今回は腹八分目(六分目?)。無理はしません(笑)。




のんびりと写真を撮りながらのダウンヒルを楽しみます。









b0295234_21235111.jpg










b0295234_2124529.jpg










b0295234_21235692.jpg










b0295234_21242144.jpg










下りながら、やっぱり自転車は最高、と再確認。

誰と競うわけでもなく、ただ登って下るだけなのに、なんでこんなに楽しいんでしょう。

登る時、トルクをかけた時のタイヤが道路を噛む、あの感覚。

下り、耳をつんざく風を切る音。

目に映る風景。

緑の匂い…。

全てが愛おしくて、もうどうにもなりません。

まったくとんでもない趣味に出会ってしまったものだと、自分でも呆れてしまうほどです。







b0295234_2128537.jpg

【仕事で出会った大切な方が近くに住んでいる千代田湖。ここも綺麗な湖で、釣り人に人気です】









b0295234_213075.jpg

【下りはあっという間。再び和田峠が近づき、甲府の街が見えてきました。絶景!】









b0295234_21305493.jpg

【和田峠。行きは見えなかった富士山が顔を出してくれました。やったー!】









b0295234_21315625.jpg










15時30分、ちょっと早めに甲府市街のデポ地に辿り着き、今回はかなり余裕を持ってライド終了です。やっぱり僕にはこれくらいがちょうどいいですね(笑)。










b0295234_21334652.jpg

【双葉SAのスマートETCより中央道に。見事な富士山がお見送りをしてくれました】









b0295234_21341690.jpg

【新宿までは順調に走れましたが、首都高は大渋滞(涙)。ビル群を見ながら、楽しかった今日のライドを振り返りつつ帰りました】









…というわけで、今年の紅葉ライド第二弾は、山梨県甲府市の昇仙峡&荒川ダムのゆるゆるヒルクライムでした。

天気にも恵まれ、景色も予想以上に綺麗で、大満足! 観光客が少なくなるこれからの季節や、新緑の頃にも来てみようかな…と思ってしまった素晴らしいルートでしたよ。




さて、まだまだ続く今年の紅葉ライド。

しばらく仕事が忙しくなるので遠出は難しいですが、月末には「第三弾」を計画しています。

その頃には、いよいよ埼玉、千葉といった関東の紅葉が本格化するはずなので、目的地には事欠かないはず。

その時まで、一生懸命仕事します。






自転車最高!


















b0295234_21361615.jpg

【物思いに耽り過ぎて事故…は大丈夫でしたが、自宅近くでガス欠寸前に気づいて大慌て!(爆)】







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-11-14 21:53 | ヒルクライム | Comments(2)

2013紅葉ライド第二弾 昇仙峡&荒川ダム 前編

今年の紅葉ライド第二弾。

はてどこに行こうかと悩んでいると…

「昇仙峡の紅葉がピークですよ」と、甲府の知り合いから情報が。

これはもう行くしかないでしょうということで、決定!


昇仙峡は仕事絡みで行った事があるんですが、自転車では初めて。

ゴツゴツした岩山が織りなす渓谷美は素晴らしく、前回行った妙義山に勝るとも劣らない絶景。観光地としても有名ですよね。

というわけで、11月12日、代休を利用してライド決行。

今回も車で甲府まで行き、そこからヒルクライムを楽しむ予定。

前回の反省をふまえて、余裕を持って家を出たつもりだったんですが…








b0295234_21151542.jpg










いきなり外環道が渋滞…。

たいした渋滞じゃないことを祈りますが、その願いもむなしく、渋滞はどんどん延長。

首都高も事故による大渋滞で、いったいいつ着く事やら…という感じです。

これは行き先変更か…と一瞬悩んでしまうほど道路は真っ赤っかなのですが、今回はどうしても昇仙峡に行きたい。

そこで強行手段。

距離も長くなり、高速料金もかさみますが、関越→鶴ヶ島JCTで圏央道→中央道のルートを選択!

結果的にはこれが正解で、関越に入ってしばらくすると車は流れ初め、圏央道はガラガラ。中央道も順調に流れました(ホッ)。

前回の反省をふまえ、藤野PAのコンビニで肉まん&あんまんを補給し、いくつか補給食になりそうなものも購入。また、ポカリスエット500mlを飲み干します(笑)。


大月を過ぎ、近づく甲府。

双葉SAのスマートETC出口を出て、甲府駅前の市街地に車をデポ。

この時点で11時過ぎ…。

またしても時間が押してしまいましたが、今回は無理のないルートにしたので、焦らず出発します。









b0295234_21232047.jpg

【デポ地近くの公園にて1枚。すごく綺麗な公園で、気に入っちゃいました】









この日はこの秋一番の冷え込みで、早朝の甲府の気温は2℃。ただ、出発時点では10℃まで上がっていて、気持ちのいいくらいのひんやり感です。

空も快晴で、最高のヒルクライム日和。今年は今のところ天候には恵まれています。

行いがいいんですね(自分で言うな)。









b0295234_21274196.jpg

【甲府の街をしばし北上すると、ほどなくしてこの看板。和田峠、千代田湖を通って昇仙峡、さらに登って荒川ダム…を目指します。約15㎞のヒルクライムスタート!】









実はこの看板の手前で、プチアクシデント。

バックポケットに入れてあったフロントライトが何かの拍子に吹っ飛び、道路に落下して壊れてしまったのです。

音で気付き、慌てて自転車を下りて破片を拾っていると、落車か事故にでも見えたのでしょうか、道行く車は速度を緩めて心配そうにこちらを見ながら通り過ぎます…(苦笑)。

結局、ライトは完全に破損。これで完全に、暗くなる前に帰って来なければならなくなりました(汗)。また、前回に続いて手持ちの二つ目のライトを壊してしまったことになり、新しいのを買わなくちゃいけなくなりました。。。。










b0295234_21313855.jpg










いきなりけっこうな斜度。

なるべく軽いギアをクルクル回しながら登ります。

息も苦しく、とっても遅いんですが、なぜか楽しい。

この頭の中が真っ白になる感覚。

やっぱりヒルクライムはいい!!!









4㎞ほど急な坂を登って和田峠に到着。

残念ながら富士山は隠れてしまっていましたが、甲府の街を見下ろす絶景。紅葉もバッチリです。空気も澄んでいて気持ちがいい。

渋滞にもめげず、思い切って甲府まで来てよかったなぁ〜と実感。









b0295234_21545886.jpg

【和田峠のみはらし広場にて。ここまでが最も急な斜度。でもこの絶景を見れば疲れも吹っ飛びます。本来なら富士山が見えるのですが、雲に隠れて残念!】









b0295234_21564216.jpg

【紅葉はまさにピーク。やはり冷涼な山岳は紅葉の色が違います】









b0295234_21574688.jpg

【もひとつ和田峠にて。う〜ん、絶景です】









b0295234_21584818.jpg

【モザイク状の紅葉が素敵】









さて、和田峠を出発して千代田湖を通過すると、とりあえず急坂区間は終了。登り基調ながら、アップダウンのある気持ちのいい道が続きます。

ちょうど、筑波山の不動峠を登り終えて、そこから風返し峠に向かう道のような感じですかね。









b0295234_2205425.jpg

【昇仙峡が近づくと、だんだん山がゴツゴツしてきましたよ。カッコいい!】









b0295234_221878.jpg

【林道…ではなく、広くて綺麗な道。車通りもそこそこありますが、とても走りやすくて気持ちのいい道です。気に入っちゃいました。冬も来ようかな…】









確か甲府にはあの今中大介さんの「インターマックス」社があるんですよね。

紅葉情報をくれた甲府の知人(自転車乗りではない)も、何度も自転車に乗った今中さんらしき人を目撃したことがあるらしいです。

コンビニで買い物してるところや、大きな犬を連れて散歩してるところも(笑)。




こんな道が家の近所にあったら、すごくいいだろうなぁ。









しばし快適なヒルクライムを堪能すると、たくさんの車が停まっている大きな駐車場が見えてきました。「昇仙峡」の駐車場です。

そこからさらに車一台分くらいが通れる細い急坂の道をグイグイ登っていくと…



「まあ自転車! スゴイわね〜♡」



またしても観光のおばさま方に大人気のpcblue。

僕、こんなにモテたっけなぁ…。

自転車は痩せる!…だけでなく、モテる!(かなり年上に)






ツールの山岳地帯よろしく、たくさんの淑女達の声援を受けながらヒルクライム!

念願の昇仙峡に到着ですよ。










b0295234_2291331.jpg

【カッコいい!】










鮮やかな紅葉に囲まれて高々とそびえ立つ岩山。

最高にカッコいい…。

やっぱり来てよかったなあと実感した瞬間でした。









b0295234_2210535.jpg










b0295234_22104847.jpg










b0295234_22112312.jpg










b0295234_2212554.jpg










b0295234_2212950.jpg










到着はちょうど正午頃。

お腹もいい感じで空いていたので、おそばやさんで山梨名物「ほうとう」を注文。

ちょっと寒いけど、野外で紅葉と岩山を眺めながらいただきました。









b0295234_2213414.jpg

【ヒルクライムの心地よい疲労感と目の前に広がる景色のせいか、とてつもなく美味しく感じました】









観光客に混じってゆっくりほうとうを食べながら景色を堪能。

自転車じゃなければここから散策路を歩いて登って滝を見たり、ロープウェーでさらに上へ…というところですが、今日は時間もないことですし、休憩もそこそこに再出発。次の目的地を目指しますよ。








b0295234_22175025.jpg










再びおばさま達の声援を受けながらいったん下り、再びヒルクライムスタート。

ごらんのような昇仙峡の絶景を眺めながら、さらに北上していきます。





わざわざ車で2時間以上も走って麓まで来て、わざわざ苦しい坂を登る…。

思えば自転車を始めた時、自分が一番理解出来なかった「ヒルクライマー」という人たち。
そんな自転車乗りに自分が見事になってしまっていることに、登りながら思わず苦笑いしてしまいました。


そして青い空を見上げ、こんなに素晴らしい趣味に出会えた幸運に感謝したのです。(後編に続く)







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-11-13 22:32 | ヒルクライム | Comments(2)