タグ:EF-M 18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM ( 218 ) タグの人気記事

夏の気配


たっぷり遊んだ後は、たっぷりお仕事。



スバルライン&妙義軽井沢ライドの余韻に浸りつつ、今週は真面目に出社weekです。



ジテツウは昨日と一昨日の2回。



桜が終われば季節は早送り。



もうそこかしこに「夏」の気配がする、風の強いジテツウでした。















b0295234_13495545.jpg









ジテツウはもちろん、僕の最初のロードであるマドン4.5。



購入からはや丸5年が過ぎ、この秋で6年。



最近は過酷な山岳ライドをpcblue号に譲っているので、ピッカピカの逆転現象(笑)。



1年前の年越しメンテ以降はますます快調で、乗るたびに「やっぱりマドンもいいなぁ」なんて。











そうそう、チェーンは換えたけど、そろそろpcblue号もメンテ出さなくちゃな…(汗)。










b0295234_13550191.jpg
【一昨日の帰り道は、水元公園に立ち寄り。夏らしい陰影が綺麗でした】













b0295234_13554169.jpg

















b0295234_13555477.jpg
【メタセコイアの森も、もう完全に夏化粧。真夏は涼しいんですよね〜】

















b0295234_13563161.jpg













b0295234_13564220.jpg















b0295234_13571236.jpg


















b0295234_13572367.jpg
【江戸川のポイントも、モッサモサです(笑)】















b0295234_13574794.jpg


















b0295234_13580326.jpg













b0295234_13581315.jpg


















b0295234_13582632.jpg
【風の強い日でしたが、復路は至福の追い風♡】



















b0295234_13583909.jpg
【で、昨日水曜日はあまり写欲の湧かない曇り。写真もそこそこに…】
















b0295234_13585968.jpg
【200円マック♡】
















b0295234_13593051.jpg
【帰りは、江戸川でポピーを見ながら帰宅】














朝のスタート時だけヒンヤリ感じても、会社に着く頃にはすっかり汗ばんでいる…。そんな季節になりました。



今年のジテツウもなかなか「週2周期」から抜け出せませんが、乗れるだけでもありがたいですね。












さあさあ、もうひとがんばり!








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-25 15:32 | ジテツウ | Comments(4)

リベンジ・ひとり富士ヒル その3 〜憧れのめろんぱんGet!〜

眺望が素晴らしい樹海台駐車場を飛び出して、ひとり富士ヒルを再開。



前半部ではやっぱりあんなに辛かったのに、ここまでくるともういつもの自分に戻っていました。



カーブも適当に出てきて、楽しいぞ!(笑)



















b0295234_15433776.jpg
【三合目クリアー!】




















b0295234_15441572.jpg
【距離的にも半分クリアー】















b0295234_15451616.jpg
【いちだんとヒンヤリ】













いよいよ標高も上がり、雲が近付いている感じをひしひしと。


登っていても半袖ジャージだったら寒いだろうなぁと思えるレベルです。






そしてさらに登っていくと…

















b0295234_15462253.jpg














ついに雲の中へ…















一瞬、「焚き火の煙か!?」と思えるような、下から吹き上がるようなモヤ。もちろんそんなことはなく、それはたぶん、いや間違いなく「雲」そのもの。



なんか、感動(涙)。

















b0295234_15470173.jpg
















b0295234_15475622.jpg















b0295234_15484336.jpg

















三合目を過ぎ、残り10㎞も切って、いよいよ雲の中に突入したヒルクライム。





幻想的な景色の中をゆっくりとペダルを回す、不思議な感覚。




このあたりまで登ってくるとさすがに空気も薄いのかゼェゼェしてきます。




でも、幻想的な景色がその辛さをアシストしてくれます…。


















b0295234_15491052.jpg

















b0295234_15511500.jpg
【見えた!】
















b0295234_15513211.jpg


















ひときわ大きな左カーブを駆け上がれば、思い出のあの場所…















b0295234_15520275.jpg

















b0295234_15521392.jpg
【!】
















「塩対応」&「肉巻きおにぎり」でお馴染み(ね、minozouさん!?/笑)、大沢売店!
























b0295234_15542412.jpg
【あと少しだワン!(犬じゃないって)】




















ホワイトタイガー(前回はあったっけ!?)に見送られ、そのまま勢いにのって大沢売店をスルー!(今回はまだそんなにお腹が空いてないので、肉巻きおにぎりは下りで食べよう〜)
















b0295234_15560631.jpg















大沢売店を過ぎれば、ほどなくして四合目。



さあ、あと少しだ〜。


















b0295234_15564925.jpg




















b0295234_15570730.jpg
【富士山!】
















雲を抜けた!?



最高のご褒美、富士山の姿が(感動〜)。



巨大なシャチみたい!
















b0295234_15580860.jpg


















b0295234_15582154.jpg


















ご褒美の富士山に加えて、このあたりまでくると斜度もずいぶんと緩くなっているような気が。



ガンガンいくぜ〜!















b0295234_15590525.jpg
【ガンガン抜かれます(笑)】
















b0295234_16000395.jpg
【さらに近い!】















b0295234_16001948.jpg

















いつもは通勤時に江戸川からも小さく小さく見える富士山が今、目の前に…。



このまま自転車で直線的に駆け上がっていけるのではないかと思えるほど眼前に迫っています。









なんでしょう、この感動は。


いろんな意味で、やっぱり富士山って反則だよなぁ〜。。。




















b0295234_16043793.jpg
















さらに斜度が緩んでほぼ「平地」状態となり、写真のような短いトンネルが現れれば、いよいよ最終区間。


本物の富士ヒルでは、ここでクライマックスとなる高速バトルが繰り広げられるのでしょう。












もちろん僕は、ゆっくりのんびりラスト区間を噛み締めます…。
















b0295234_16055725.jpg













ずいぶん寒いなぁと思ったら、道端には残雪が。


「標高2000m以上」を噛み締めつつ…























b0295234_16065036.jpg
【ゴールはもうすぐ!】














短いトンネルをいくつかすり抜けると、人の気配が。



観光バスの大きな駐車場が右手に。




前回来た時はもうこのあたりから渋滞してたんだっけ。












そして、ついに…























b0295234_16083051.jpg























五合目、ゴォ〜〜ル!!!!!
















b0295234_16093135.jpg
















5月の平日ということで前回ほどではないけど、それでもかなりの数の外国人観光客の方達による大自撮り大会(爆)。




そんな中、勇気を出して柵にpcblue号をロックし、急ぎ足で中へ…

















b0295234_16110380.jpg
【今回はいかせていただきやす】















ダッシュでpcblue号のもとに戻り、ちゃんとあってホっ。


人混みの中pcblue号のもとを離れたこの1分足らずは、生きた心地がしなかった〜(苦笑)。








恐怖の時間を乗り越えて、ついにゲットぉ〜!!!!!
























b0295234_16134595.jpg
【リベンジ成功♡】



















前回は気力体力も限界でスルーした「富士山めろんぱん」ですが、今回は暖かいホットコーヒーとともにしっかりとゲットいたしやした。







人混みを避けた場所に移動し、いざ…


















b0295234_16144775.jpg
【実食】























ウム、味は普通だな(爆爆)。















ジャージと同じ色のメロンパンをムシャムシャと食べる自転車オッサンを、ジロジロ眺める観光客の方達。


みなさん、楽しんで頂けたでしょうか(見せ物じゃねーぞ!)。
















b0295234_16133754.jpg














完食後はさらにひとけのない奥のお馬さんスペースに移動して…

















b0295234_16183475.jpg

















b0295234_16184795.jpg

















b0295234_16190061.jpg
【テレレレッテレー。ゲザングッズ〜】
















b0295234_16194961.jpg


















ウィンブレ、キャップ、ネックウォーマー、トゥカバー、長指グローブ、そして…








インナーグローブ〜!(by セブンイレブン)

















予想どおり、ダウンヒルは極寒。このインナーグローブが一番重宝したなぁ。。。




















b0295234_16223177.jpg
【撮影風景(笑)】


















五合目の気温は8℃(寒っ!)。



関東平地だと真冬の日中の気温ですよね。




これでダウンヒルするんですから、リュックにジャケットや真冬用のグローブを入れてくる方もいるとかいないとか。

確かに、耐えられないほどではなかったですが、ウィンブレだとけっこう寒かった。

これで天気が荒れていたらヤバかったかも!?

恐るべし、富士山…。









寒がりな方は、結果的に使わないにしても、下山用には重装備をお勧め致します。

特に足先、指先は大切。ブレーキ操作もままならなければ、命に関わります。

迷ったんですが、トゥカバーも持ってきて正解でした。カバーをしていても足先はかなり冷えて、なかったら大変でした。
















b0295234_16283173.jpg












下山グッズをフル装着し、名残惜しく五合目を後にします。




途中、寒いのと、カーボンホイールをいたわりつつ、休憩しながらゆっくりとダウンヒル。



登りはあんなに長かったのに、休憩しながらでも下りはあっという間ですね…。

















b0295234_16302474.jpg




















下に行ったら暑いかなぁと思っていたんですが、下界も気温が下がっていたようで、料金所付近でも12℃。


登る時は20℃以上あったはずですから、なるほど、山の天気は分からないものです。





結局、どれ一つ外す必要性を感じることなくフル装備のまま導入路に入り…























b0295234_16320283.jpg
【無事、帰還】















15時過ぎ、無事に北麓駐車場に戻って、いちおう「リベンジ・ひとり富士ヒル」は成功、ということで。

















b0295234_16334956.jpg
















それにしても、往復するだけで走行距離50㎞オーバー、標高差1000m以上の坂って、やっぱりスゴいよな…。




そんなことを考えながらpcblue号をクルマに積み込み、綺麗なトイレで着替えて車を出しました。

















スバルライン。今回は楽しかった!


次回はまだ走ったことのない「富士山スカイライン」にも行ってみたいな。


なんなら、「富士山スカイライン」、「富士あざみライン」、「富士スバルライン」の3本を1日でってどうよ!?


その場合、どういう順番で登るのがいいかなぁ♪(帰ってきて富士山スカイラインのことをちゃんと調べてみたら、キツ過ぎ却下/汗。でも富士山スカイライン単体ではチャレンジしてみたい!)


















そんなことを考えてニヤニヤしながら中央道を走っていると…



















「嗚呼――――――! 大切なことを忘れてたーーーーーー!!!!!」






















下りで大沢売店に寄って「肉巻きおにぎり」食べるの、すっかり忘れてた!!!(爆)



こ、これは…
























また行かねばならないか…(ゴクリ)。


いや、minozouさん、リベンジ頼んます⁉︎



〈完〉













にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-19 07:32 | ヒルクライム | Comments(9)

リベンジ・ひとり富士ヒル その2 〜雲を目指して〜

そもそもこの富士ヒルコースがなぜそんなに辛いのか。










それは間違いなく、「直線的」だから。


特に二合目までの前半は、九十九折どころかカーブ自体がほぼない(涙)。









不思議なもので、どんな激坂でもカーブだと登った後に一度一息つくことが出来て、それが「メリハリ」となって「よいしょ」と次々と登っていけるんですよね。「ハイ次〜!」みたいな(笑)。



それが直線状だと、たとえそれがたいした斜度じゃなくても、ただひたすらペダルが重いだけ…という「苦行」に早変わりしてしまうわけです。








筑波の「つくば道」なんて、激坂×直線とか、まさに鬼畜ですもんね(汗)。








富士スバルライン、富士ヒルコースの導入路&前半部は、まさに「ダラダラ直線登坂」の典型。







河川敷で向かい風をくらっているかのような猛烈な「進まない感」&「ペダル重い感」が、とにかく精神を削ってくるのであります。

















b0295234_14274746.jpg















それでも、何も知らずに「もう少ししたらカーブが現れるんだろうなぁ」と淡い期待を打ち砕かれながら登った前回に比べて、「分かってる。ただひたすらこれっしょ」と諦めの境地にある今回とでは、やっぱり心の持ちようが全然違います。





カーブ出現は諦め、ここはただひたすら地味に重いペダルを回すのみ。


そして前回にはなかった、周りの単調な景色のいいところを探して楽しむように心掛けてみました。







もちろん、そもそも「足着き」のプライドはないので、たまに止まって写真を撮りつつ♪


ま、これが僕のスタイルですから(キリッ)。







富士ヒルコースでもなんでも、自分流に楽しんじゃえばいいんじゃない!?


















b0295234_14312488.jpg














知らない自転車乗りの人が見たら、「あの人、止まって横にカメラを向けてなにやってんだろ」と思われていることは必至。








でもいいんです。気にしない気にしない。















b0295234_14324274.jpg
















前回は余裕がなくて…というか、ガラにもなく「走らなくちゃ、登らなくちゃ」という意識になってしまっていたので、周りの景色を見ることなんてしなかったですもんね。




相変わらず景色は単調なんですけど、よく見てみれば、けっこう綺麗な森が道の両側に広がっているんです。





何たってここはあの富士山なんですから、この独特な溶岩の森を楽しまなくちゃ損でしょう!?















b0295234_14354993.jpg














足は重いままだったけど、心は前回より何倍も軽い!?



それに、さすがに導入路からずっとこのダラダラ坂を登ってきているので、身体も心拍も慣れてきたのか?





















b0295234_14372304.jpg
【今回は騙されないよ〜】
















b0295234_14374315.jpg
【まだ「下」だかんネ】















b0295234_14380615.jpg















前回も感じたんですが、このコース、とにかく残り20㎞を切るまでが長い。


御丁寧にこまめに「残り◯㎞」を示す文字が視界の左下に出てくるので、よけいです(苦笑)。


















b0295234_14394551.jpg















それでも「本物」の一合目看板下を通過すると、何だか一気に足も心拍も楽になるような気がするから不思議です。


まだまだ一合目なんですけどね。

















b0295234_14404077.jpg














目の前に続く景色にも、少しずつ変化が。



「高い山に登っているんだなぁ」という雰囲気が、少しずつ出てきます。




















b0295234_14415763.jpg


















詳しいことはよく分かりませんが、道端の植生にも変化が。


















b0295234_14430658.jpg















そんな小さな変化に気付き、楽しめるようになったのが、もしかしたらささやかな「成長」なのかも…。





















b0295234_14435562.jpg
【!?】


















一合目を過ぎてほどなくして、ついについに、待望のカーブが!(嬉)






カーブということは斜度は上がっているはずなんですが、この「最初のカーブ」には、マジで生き返りましたよ…(変?)。
















b0295234_14460222.jpg
【気温もけっこう下がってきました】















このあたりまで登ってくると、ようやく長袖ジャージでちょうどいいくらい。


ハイペースで登っていくならまだ暑いんでしょうが、きわめてゆっくりな僕にはちょうどいいです。
















b0295234_14470367.jpg

















ようやく現れたカーブと道端の新緑になぐさめてもらいつつ、ちょっとだけペースを早めて登っていきます。

















b0295234_14480094.jpg



















b0295234_14481154.jpg
















季節を逆行していくヒルクライム。


可愛らしい桜の花も現れて…。














スバルライン、なかなかいいんでないの!?



















b0295234_14490712.jpg

















二合目クリア。



残り20㎞を切ってカーブが現れ始めてからの5㎞は、ほんと早く感じた〜!

















b0295234_14504040.jpg





















b0295234_14505292.jpg















この付近になると、白樺やダケカンバも現れて、さらに森に変化が現れて「高原」の様相。


そんな変化を目で楽しみつつ、写真を撮りながらの自分流ひとり富士ヒル。










なんだ、とても楽しいじゃないか!



















b0295234_14522367.jpg















b0295234_14523679.jpg
















b0295234_14533381.jpg
















空は相変わらずの曇りでガスっていて、空気も一段とヒンヤリしてきます。


曇りというより、どんどん雲そのものに近付いている不思議な感覚ですよね。









そう。雲に向かって登っているんです。


そう気付いたら、何だかテンションもますます上がってきましたよ!













b0295234_14535399.jpg










樹海台駐車場。






今や日本有数の観光道路である富士スバルラインには、要所要所に綺麗なトイレのある駐車場があります。


これは自転車乗りにとっても嬉しいことで、トイレは暖房も効いていたりして、緊急時に雨や寒さを凌ぐことも出来ますよね。






樹海台駐車場にも立派なトイレがあって、もちろん立ち寄り(笑)。


そして、ストレッチしながら眺望を楽しみます。

















b0295234_14550119.jpg
【ここにも散り際の桜】

















b0295234_14552616.jpg















b0295234_14554175.jpg














b0295234_14555647.jpg


















変化や景色を楽しみながら、写真を撮りながらのヒルクライム…。



前回、ボロボロになった時は、メジャーな雰囲気に飲まれてそのことをすっかり忘れていたんだよなぁ。










今回も(特に序盤)はやっぱり辛かったけど、でも、前回よりは全然スバルラインを楽しめてる。




こんなに素晴らしい道をただ下を見て登っていくだけだなんて、もったいないことしたなぁ。。。


それに、確かにそれじゃあただ辛いだけですよね。












顔を上げて、雲を目指して駆け上がっていくこの感覚は、スバルラインならでは。


五感を研ぎ澄ませてゆっくり登っていくと、「感動」はたくさんある。


それがヒルクライムの醍醐味なんだよなぁ、なんて…。








実はとても贅沢極まりない道を走らせてもらっているのだということに、二回目にしてようやく気付いたような気がします。









さて、スバルラインの登り、もう少しだけ楽しませてもらうとしましょう!



〈つづく〉











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-18 22:13 | ヒルクライム | Comments(2)

リベンジ・ひとり富士ヒル その1 〜死の導入路!?〜

足着き「上等」…ならぬ、「普通」。





頂上まで足を着かずに登り切ることになんら価値を見出していないどころか、そもそも写真を撮るために峠を登っているようなものなので、写真の数だけ足着きがある、という僕(苦笑)。





かといって、写真は下っている時に…というのも何か違うような気がして(登っている時の感動を写真に写し留めたいんですよね)、まあ毎回、ヒルクライムの時は足着き撮影しまくりなわけです。






そんなわけですから、基本的にヒルクライムに「失敗」はない僕。



もうあの森の空気や林道の雰囲気、素晴らしいロケーションに出会えただけで「OK」なのです。











しかし、そんな僕がただ一度だけ、この上ない「敗北感」を味わった坂があります。









それこそがあの超メジャーヒルクライムコース、「富士スバルライン」なのです。


















富士スバルラインといえば、ご存知、超人気アマチュアヒルクライムレース「Mt.富士ヒルクライム」の舞台となるコース。





コースプロフィールは、走行距離約24㎞、平均勾配5.2%、最大勾配7.8%、標高差1,270m。

おとなりの「ふじあざみライン」のような20%越えの激坂区間はなく、確かに距離は長いものの、その数字だけ見れば「それほど…」と思えてしまうスペックかもしれません。







しかし…








一昨年秋、初めてこの富士スバルラインに挑戦した僕は完膚なきまでに叩きのめされ、初めて心底途中で「帰りたい」と思ってしまったルートとなったのでした。



あの時は調子こいて一日で「あざみライン」と「スバルライン」の「ダブル」を走ったわけですが、最初に登っためくるめく激坂劇場の「あざみ」は大変楽しく(笑)、その勢いに乗って「ゆるゆるなスバルなんか楽勝っしょ!?」というノリで突撃したのでした。

しかし、序盤…それも、富士ヒルの計測開始地点の料金所「前」の導入路ですでにヘロヘロとなり、そして料金所後も変わらない景色の中でダラダラと単調に続く直線的な坂にメロメロとなって、二合目を前にしてまさかの押し歩き状態に。本気で「ここで引き返したらどんなに楽だろう…」と半ベソ状態に陥ったのでした。



冗談抜きで、「お山」に来てあそこまでボロボロになったのは、ヒルクラ初挑戦の不動峠アタックや脚攣り以外ではこの時のみ。



その後はどうにか持ち直して五合目まで登りましたが、外国人観光客でごったがえす中お目当ての富士山メロンパンを買って食べる気力もなく、「もう二度とくるもんか…」と心に誓いつつスゴスゴと下山した、そんなトラウマ的なルートとなってしまったのでした。






あれから2年が経ち、相変わらずヒルクライムの楽しさにはどっぷりとハマって色々な峠を楽しんできた僕ですが、「スバル」だけにはもう近付くまい…と本気で思っていました。







しかし、今年は冬からそれなりにヒルクライムを楽しみつつ、そして楽しめば楽しむほど、心の片隅で「スバルリベンジ」のドMな想いが沸々と…。













昨日5月16日㈫。

富士五湖方面に車出張が入り、しかも用件は確実に午前中には片付きそう、とか。





これは「行ってこい」というお告げか!?








前夜、気が付いたらいそいそと車にpcblue号を積み込んでいたのでした…。









































b0295234_13414293.jpg
【何かに導かれるように、魔界の入口へ…】


















早朝には富士五湖入りした僕。順調すぎるほど順調に仕事も片付き、11時過ぎにはデポ地の県立北麓駐車場にIN。




仕事、こじれてもよかったんですけど…。




2年前に来た時にもリサーチ済みで、道にも迷わずすんなり到着。




迷ってもよかったんですけど…。


















b0295234_13442511.jpg


















b0295234_13444139.jpg
【いざ(ゴクリ)】


















出走時にこれだけ緊張するライドも久しぶり。



脳裏には辛かったあの時のことが蘇ります。




それでも、もしもあの時より少しでも成長しているのなら、もしかしたらスバルラインを楽しめるかもしれない…という淡い期待も抱きつつ…

















b0295234_13462913.jpg
【営業してなくてもよかったんですけど♡】
















天候は「曇り」。


出走時の駐車場での気温は22℃と、どこか空気もモワっとしていて暑いくらい。予報では雨の心配はなさそうです。





しかし、なんせここは富士山。

標高が上がるにつれてどんどん寒くなることを予想し、下はサーマルビブとレッグウォーマーの「冬装備」。

上は、メッシュアンダーと春秋用の長袖ジャージ。


悩んだんですが、さすがに夏用の半袖ジャージ&アームウォーマーでは寒いかと。





さらに、チャックを解放して拡大したサドルバッグには、下山グッズ一式をキツキツに詰め込み♡




出走前には車を運転しながらコンビニで買ってあったオニギリとメロンパン(笑)を食べ、ポカリ500㎜も飲み干して水分補給も万全に。午前中の仕事中も、意識的に水分を多めに摂りながら苦行…いや、ヒルクライムに備えました。












入念なストレッチの後、やや緊張の面持ちで北麓駐車場をスタートしたのが11時30分過ぎ。


走り始めはやや暑いくらいで、いきなり汗とも冷や汗ともしれぬものが体中からドっと吹き出してきます。











大丈夫。自分を信じて行くぜ…(またゴクリ)。























駐車場を出て東富士五湖道路「富士吉田IC」を横目に進み、「富士吉田IC西」交差点を左折して、いよいよ県道707号線「富士スバルライン」にIN。




















b0295234_13531690.jpg
【重々しい雰囲気。心象が写真に出ちゃってます!?】














僕にとって最初にして最大の難関は、まさにここ。富士ヒルの計測開始地点である料金所までの導入路部分です。




果てしなくまっすぐ続くこの直線状のダラダラ坂こそ、前回、いきなり心を折られた苦い思い出の箇所なのです。











今、あの時と同じ景色が、目の前に…。








この区間、なにげに斜度もそこそこありそうな感じで、いやらしく脚を削ってきます。


漕いでも漕いでも進まない、このイヤ〜な感覚は、どこかで…








アレだ…













そう、向かい風の江戸川で関宿城を目指す時のような、あの感覚!



江戸川ヒルクライムにクリソツ!?
















b0295234_13595470.jpg
【メロディラインのギザ。時速50㎞走行でメロディがなる。鳴らすのは絶対無理(爆)】


















b0295234_14004948.jpg
【や、やっぱりツれぇ…】

















なんだこの辛さは…。











問答無用の直線路。


地味にキツいジワジワ系の斜度。


ひたすら変わらない冗長な景色。












思い出してきた。


この導入部こそ、自分的ヒルクライムの「三大苦手要素」がバッチリ揃っているのでした。


しかもこれがまだ身体が暖まっていない序盤にあるのが辛い。辛過ぎる。



















b0295234_14035661.jpg














心を折られないよう楽しいことを考えつつ(苦笑)、ただひたすらこの導入路を登っていきます。


楽しそうな「富士スバルランド ドギーパーク」、そして「胎内洞窟入口」交差点を過ぎて、ようやく見えてきたのは…



















b0295234_14080754.jpg

















b0295234_14082262.jpg
【ゴォ〜〜〜ル!!!(違うから)】

















ほんと、願望的にはゴールに見えた料金所に、ようやく到着。


ま、ここがスタートなんすけどね…(涙)。












前回同様、やっぱり辛かった導入部。


それでもですね、「知っている」のと「知らない」のとではずいぶんと心持ちが違うようで、前回より少しは楽に乗り切れたかな…。
















さあ、本当の本番は、これからですよ!






















b0295234_14103649.jpg
【北麓駐車場から料金所までの距離、縁起のいい数字です(笑)。まさに死の導入路!?】


















料金所で軽車両200円をおじさんに支払い、「頑張ってね!」と声を掛けられスタート。










いったいなぜ、我はお金まで払ってわざわざこんなに苦しい思いをしにきているのか。



大いなる矛盾を感じつつ、ソロソロと走り出します。









いよいよ「リベンジ・ひとり富士ヒル」、真のスタート!



〈つづく〉









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

by pcblue | 2017-05-17 17:16 | ヒルクライム | Comments(8)

予告 〜超苦手坂⁉︎〜

b0295234_20320910.jpg















苦手意識を克服すべく、今まで登ってきた中で一番苦手な坂に、再挑戦してきました。





やっぱりキツかった…。





もう分かりましたよね。「あそこ」っす!








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-16 20:34 | ヒルクライム | Comments(0)

花より激坂⁉︎ 子ノ権現&天目指峠

いよいよ桜前線も関東の平地に降りてきて、あちこちで咲き始めましたね。







しかし、僕的には気分は「花より激坂」⁉︎







2017年は「ヒルクライムNOシーズンオフ宣言」をかましておきながら、この時以来お山から遠ざかり、なんと3月は仕事やらなんちゃらで「お山ゼロ」という失態…。



そして今日、ようやくようやくひさ〜しぶりにお山行きです。












それにしても、せっかく桜前線がやってきたのに、わざわざまだ桜が咲いていない寒いところにいくなんて…。


ま、よしとしましょう⁉︎














不動峠の工事の様子も気になっていたし、トゥリーが定休日じゃなければ筑波方面だったんですが…。


鈍った脚にカツを入れるべく、久しぶりに「あそこ」に行きますか!



















b0295234_19385318.jpg
【外環道、値上げ(涙)】


















シレっと値上げしていた外環道を走り(いきなり750円はやりすぎだよ〜/涙)、涙を拭き拭き関越道へ。

高速代節約をかねて川越インターで早めに流出したのが9時過ぎ頃。

意外に車が少なかった国道16号から飯能駅を目指し、駅近くの適当なコインパーキングにスペイド号をデポ。



そそくさと準備をして、10時ジャスト、いざ出発。











とりあえず「あそこ」に直行する前に足慣らし的に少し走りたいと思い、県道218号に入って南下。

「阿須」交差点を通過し、さらに南下します。



気温は13℃。空気はヒンヤリと冷たく、ウィンブレを羽織ったまま市街地を走ります。



桜はまだ1分咲きくらいですが、あちこちに梅の花が咲いていてなかなか綺麗♪




「南峰」T字を右折し、県道63号線へ。

街中を走る車道をさらに西進し、東青梅の駅のあたりで見覚えのある名前の道…



「成木街道入口」を右折し、県道28号線「成木街道」に入って北上します。

















b0295234_20085649.jpg




















b0295234_20085640.jpg



















ふきみそさんのブログで見た成木カフェってこのあたりじゃなかったっけ⁉︎」と思いながら走っていたんですが、「成木八丁目」を左に行ってしまったので(後で調べたら正解は右)、辿り着けず。

見事なニアミス…。相変わらずのリサーチ不足を露呈しつつ、いつのまにか山っぽくなってきた景色の中をキョロキョロしながら走ります。




















b0295234_20113443.jpg


















b0295234_20121537.jpg





















b0295234_20122703.jpg




















b0295234_20124017.jpg




















b0295234_20281807.jpg



















b0295234_20301733.jpg




















看板のところで右折し、松の木トンネル、小沢峠を越えて名栗へ。

















b0295234_20300568.jpg

















b0295234_20342200.jpg





















b0295234_20344348.jpg





















b0295234_20345861.jpg



















突き当たった道を左に行けば有間ダム、右に行けば原市場の街。



当然、右に行きますとも。















b0295234_20364191.jpg

















b0295234_20365928.jpg
【成木カフェでハンバーガーを食べ損ねたので、デカビタで気合注入。それにしても、そこかしこにあるバイクラックが嬉しいですね】


















名栗に来るのはずいぶんと久しぶり。



成木街道を走ったのは今回が初めてでしたが、実は名栗にはマドンの時に気に入って車載でちょいちょい来ていたので、土地勘はあるんですよね。

峠めぐりを楽しんだ後に有間ダム下の「さわらびの湯」でさっぱり…というのがお気に入りのパターンでした。







そして、なぜ「ちょいちょい」来ていたのかといえば…



もうお分りですよね。



最上級の「あの激坂」があるんですから!





















b0295234_20422661.jpg
【ドドン】



















覚えてるもんですね。





県道70号線を原市場まで戻ったら、原市場中学校先のある交差点でちょこっと左に入って(分かる人には分かる⁉︎)から右に行き、魔界の入口へ吸い込まれるように…

















b0295234_20444250.jpg


















b0295234_20445742.jpg





















一気に林道になるかと思いきや、また民家が出てきたり…と、なんとも言えないジラされているかのような道(ゴクリ)。





















b0295234_20463910.jpg






















b0295234_20465936.jpg





















b0295234_20474119.jpg





















b0295234_20472772.jpg
【ドドドン】




















いくつか分岐がありますが、分かりやすい看板がドドンとあるので迷うことはないでしょう。




上の写真の分岐を右に行けば、まだ斜度はゆるいものの、いよいよ民家はほぼなくなって…


















b0295234_20490560.jpg
【ゴクリ】




















b0295234_20500710.jpg
【なんだろう、この重厚な…いや、重々しい雰囲気】



















b0295234_20495385.jpg

















b0295234_20502576.jpg
【キタ】




















残り、たったの1.8㎞。



なんだ、たいしたことないじゃんか…と、最初来た時は油断したっけ。



















b0295234_20515396.jpg
【目の錯覚⁉︎】

















残り1.8㎞の看板を越えたところから、なんだか斜度がおかしなことに。


目の前にそびえる坂に、思わず目をゴシゴシ。









嗚呼この感覚、筑波の「十三塚」や「あざみライン」と一緒だ…♡


















b0295234_20540179.jpg

















何だかおかしなつづら折れをひとつ、ふたつと越えていくんですが、越えるたびにどんどん斜度が増しているような…。







そうそう、コレだよコレ!(狂喜)










たぶん斜度的には15%前後? それ以上?



直線状ではなくつづら折れなので「つくば道」のように「どうにもならない」という感じではないんですが、どう考えてもアホな斜度のつづら折れが次々と(嬉)。
























b0295234_20550873.jpg






















そしてクライマックスは、この「あと300m」の看板の後。










ダンシングしたらアカン(後輪が空転するのみ)、ウィリーレベルの激坂の最終攻撃!

















b0295234_20563771.jpg
【アカンやつや…】


























鈍った脚へ最上級の激坂ショックに、悶絶♡






そして、ラスト100mくらいの妙に緩くなる最終区間が、またなんとも(マジで平地に感じられる…)。

















b0295234_20582199.jpg
【ラストの緩斜面でホっとしながら下を見下ろす。そして反省する。こんなの自転車で登ったらアカンがな】






















b0295234_21001296.jpg
【とうちゃこ】





















単純に登り切るまでのトータルのキツさだけで言ったら、「十三塚」や「つくば道」、もしくはあざみラインの方が上かなぁ。



「激坂」という観点から見たら本当にキツいのは最後のふたつみっつくらいだけだし、ちゃんとしたつづら折れになってるし(なんたって「つくば道」なんかほぼ直線だし)、めくるめく激坂の波状攻撃という点でも、「あざみライン」の方が格上かも。











でもですよ。

この「子ノ権現」には「ドラマ」があるんです!











序盤の「ジラシ」区間に始まり、味のある看板に導かれるようにジワジワと斜度が上がっていって、ついに現れる終盤の凶暴なまでの激坂区間。

そして、まるで映画のエンドロールかのようなラストの緩斜面区間…と、僕達を魅了して止まない「変化」があるのです(スバルラインとは大違い⁉︎)。







…と、思わず熱く語りたくなってしまう魔力が、この「子ノ権現ヒルクライム」には凝縮されているのですよ(ハアハア)。












失礼。少々取り乱しました…。












「表・子ノ権現」。

久々に堪能しましたが、やっぱり最高!












そして、「ゴール地点が立派な神社」というのもまた素晴らしい。しかもここ、足腰の神様とか。



もう言うことないじゃないっすか…。




















b0295234_21073361.jpg
【おじゃまいたします】
















神社の入口にはそれは立派な仁王様像が2体。


こちらの不動明王様とはキャラがえらい違いだ…。


















b0295234_21153455.jpg
【登ってる時、たぶんこんな顔してました】


















b0295234_21163916.jpg
【境内にはバイクラックあり!】

















b0295234_21164617.jpg


















b0295234_21165816.jpg
【巨大ワラジ&ゲタ】



















ちゃんと真面目にお参りした後、こちらを購入。















b0295234_21172451.jpg
















b0295234_21173917.jpg
【迷った末、サドルの下に装着。これは毎年来ねばならんか⁉︎】



















オシャレなバイクお守りも購入してミッション完遂し、いざ下山。



登ってきた道を下るのはつまらないし、実はもうひとつ行きたい峠があるので、北側の道をダウンヒルすることにします。





こちらの「裏・子ノ権現」もまた、なかなかの斜度。





…というより、ラストの激坂っぷりこそ負けますが、トータルのキツさではこちらの方がヤバいんじゃないかと思えるくらいですよ(実はこちら側の方がたくさん登ったことあります)。





















b0295234_21215070.jpg
【気温10℃、激坂ダウンヒル。寒い…】


















b0295234_21240485.jpg
【下りきった突き当たりを左折】


















b0295234_21243415.jpg


















b0295234_21245504.jpg














小さな集落を越え、真ん中に三角屋根のトイレがあるU字をグルっと回り込めば、ヒルクライムスタート。
















b0295234_21490035.jpg



















b0295234_21491295.jpg
【地味にキツい…】

















もちろん、子ノ権現に比べたら斜度はそれほどではないと思うんですが、10%級のつづら折れが延々と続くヒルクライム。





子ノ権現アタックで破壊されたハムさんが悲鳴をあげます♡


















b0295234_21505659.jpg
【ゼェ〜ット!】















b0295234_21514035.jpg


















b0295234_21515381.jpg
【つ、着いた…】


















b0295234_22014710.jpg
















b0295234_22014357.jpg
【この碑もカッコいい】




















b0295234_22024565.jpg
【峠には四阿とバイクラックがあるのみ】



















ヒイヒイ言いながらどうにかこうにか辿り着いたのは、「天目指峠」。



ヒルクライム的にはもってこいな「あまめざずとうげ」と読むカッコイイ名前の峠ですが、残念ながら(⁉︎)このあたりに自生する単なる植物の名前とか。



アマメ=豆柿、らしいですね。




それを知って「なーんだ」とがっかりしたヒルクライム好きは、きっと多いことでしょう…。










しかしこの「天目指峠」を介する県道395号線は非常に雰囲気のある道で、実はこの道こそ以前、かなり気に入ってよく訪れていたヒルクラルート。

今回久しぶりに来て、思わず懐かしくなってしまいました。





しかし峠には相変わらず何にもないので(苦笑)、再びウィンブレを着込んで出発。


以前よく登った道を、今日はダウンヒルです。

















b0295234_22042979.jpg
【けっこうエグい(笑)】




















b0295234_22044273.jpg


















b0295234_22050950.jpg
【マイナーですが、抜群の雰囲気です】




















b0295234_22054125.jpg
















下りきれば森河原のバス停のある県道53号線。


グルっとひとまわりして有間ダムのある道に戻ってきたわけですね。







気がついたらすっかりお腹も空いていたので、突き当たりを左折して県道53号線を走り、もちろんここに寄りますよ。















b0295234_22084601.jpg
















b0295234_22113791.jpg
















名栗といえばここ。

自転車乗りのみならず、ハイカーやドライブ、オートバイの観光客にも大人気の有名店「ターニップ」です。

自転車乗りは僕だけでしたが、平日にもかかわらず大にぎわいで驚きました。








注文したのは名物の「焼きカレー」。

久しぶりに食べましたが、安定の美味しさ。たっぷりのチーズで蓋をされた香ばしいドリア風のカレーがもう、たまらん…。




ダウンヒルで冷えた体に沁み渡りました。












子ノ権現の激坂に悶絶し、天目指峠の雰囲気に感動し、ターニップの焼きカレーを味わう。


最高だ…。

















b0295234_22173098.jpg
【あっ、アレ…⁉︎】




















何か異変に気付きました⁉︎












そうです。

ターニップに到着した時には青空全開だったんですが、食後のコーヒーを飲み始めた頃にはなんだか変な雲がモクモクと…。










「なんだか急に怪しい空になってきちゃいましたね」…とターニップのママさんも心配そう。









経験上、何となく分かる。










うん、あれはアカン雲や…。













急いでコーヒーを飲み干し、ターニップを出ます。



本当は有間ダムのプチ激坂や「カフェキキ」にも寄るつもりだったんですが、全てスルーし、ひたすら県道を飯能目指して疾走(涙)。



案の定、原市場あたりで顔にポツポツと来て、どう考えても「ためてためて…ザーーーーーー!」とくるパターンと確信。さらにペースを上げます。




幸い、飯能へは下り基調の一本道。


それなりに交通量も多いので、安全には十分注意しつつガンガン踏んで…









走れば走るほど雨脚は強くなり、

そして、飯能駅近くのパーキングの車にpcblue号を積み込み、エンジンをかけて走り出したところで「ザーーーーーー!」。





間一髪セーフ!





子ノ権現よりも何よりも最後の「雨雲スプリント」が一番キツかった…というオチもバッチリと付いて、走行距離65㎞の楽しい楽しい(⁉︎)お山ライドは幕を閉じたのでした。












久しぶりの名栗、やっぱり楽しかったし、雰囲気のいいエリアだと再確認。


サイクリストともけっこうスライドしましたが(MTBも多かったですね〜)、みなさん、元気よく挨拶を返してくれるのがとても印象的でした。


やっぱり環境もいいと、自然とそうなるのかな?









次回は成木カフェ、カフェキキも行きたいぞ〜。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-04-03 22:34 | ヒルクライム | Comments(14)

至福の平日ショート朝練

b0295234_17383432.jpg
















今日はりょうたパパさんとお山の予定だったんですが、僕の都合でお流れに。。。



午前中は空いていたので、ちょいと早起きして江戸川に朝練に出ました。

















b0295234_17400336.jpg












5時に家を出て左岸を北上しますが、まあ寒いこと寒いこと!


サイコン表示の気温は4℃ですが、体感的にはまさに「真冬」。


真冬装備で出てきて正解でした(ホッ)。















b0295234_17413890.jpg
















b0295234_17415415.jpg

















b0295234_17420787.jpg


















b0295234_17423787.jpg














ちょいと雲が多めで朝焼けは今ひとつですが、朝のひんやりとした空気を楽しみながらペダルを回します。



















b0295234_17435935.jpg


















運河河口公園で…
















b0295234_17442843.jpg

















b0295234_17444281.jpg
【⁉︎】

















はい、りょうたパパさんが合流してくださいました(爆)。










挨拶とお山お流れのお詫びもそこそこに、二人でのんびり楽しく左岸を南下して…
























b0295234_17474313.jpg




















流山橋で右岸に渡り…



















b0295234_17475736.jpg















ちょいと時間調整して流山橋まで戻り、7時開店のこちらへ。















b0295234_17490206.jpg
【幸せの朝モス♡】

















「いや〜、至福の時間ですね〜」…とりょうたパパさん。




暖かい店内で、いつ尽きるともしれない自転車談義を楽しんで…

















b0295234_17501296.jpg
















モスでたっぷり1時間おしゃべりして、


風ひろばで上流方向へ帰るりょうたパパさんとお別れ。


パパさん、今日はお山に行けずスミマセン。そして、朝練にお付き合い頂き、ありがとうございました♪

















さて、りょうたパパさんと別れた後は…

















b0295234_17520889.jpg
















あまり時間もないので、とりあえず北詰へ(笑)。

















b0295234_17525634.jpg














ついに咲き始めた桜を愛でつつ…
















b0295234_17530944.jpg
















b0295234_17532075.jpg

















b0295234_17533388.jpg












b0295234_17534471.jpg
















b0295234_18221979.jpg

















b0295234_18223192.jpg


















b0295234_18224917.jpg


















b0295234_18230189.jpg














ひとしきり撮影を楽しんだ後は、もう少しだけ江戸川右岸を南下。
















b0295234_18235724.jpg
【葛飾橋のアンダーパス、確かに綺麗になりました!】



















b0295234_18242611.jpg
【寅さん公園の桜も咲き始めましたね】





















寅さん公園自販機前でしばしボーっとして、用事のある10時前に帰宅。


走行距離は40㎞ちょいでしたが、りょうたパパさんのおかげもあり、なんか意味もなく楽しい朝練でした。










自転車って、やっぱり最高です。

























b0295234_18245627.jpg






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-03-30 18:27 | サイクリングロード | Comments(8)

菜の花、関宿、ゆでたて家、そしてさくらあんまん

仕事のドタバタもようやく落ち着き、今日は自転車Day。


…といっても14時頃から用事があったので、自転車は13時くらいまでかな。



本当はお山に行きたかったんですが、ここは気持ちを切り替えて、菜の花も佳境の江戸川をのんびり流すことにしました♪



















b0295234_18314391.jpg














右岸流山橋上流の菜の花。


やっぱり去年に比べたらちょいと少なめ?(緑色の部分がある)


まあでも、綺麗だからよしとしましょう。
















b0295234_18490100.jpg
















b0295234_18491470.jpg

















b0295234_18492878.jpg















なーんにも考えないで、菜の花の中をただペダルを回す。


ただそれだけで、最高に幸せです。

















b0295234_18493913.jpg



















b0295234_18495172.jpg

















b0295234_18505607.jpg





















b0295234_18512477.jpg















b0295234_18515248.jpg
















玉葉橋も野田橋も越えて、いつのまにかこちらへ。


















b0295234_18552017.jpg
【久しぶりの松伏休憩所。自販機のゴミ箱に加え、サイクルラックまで!】


















b0295234_18561584.jpg


















b0295234_18563037.jpg
【気合注入(ゼロカロリーだけど⁉︎)】


















b0295234_18570949.jpg
【さらに遡上して、お気に入りのしだれ桜ポイント】





















b0295234_18575015.jpg
【咲き始めてましたよ。ここ、満開になると綺麗なんですよね〜】



















b0295234_18583239.jpg
















b0295234_18584845.jpg
【見えた〜】


















緩やかな向かい風でしたが、2時間ちょいで関宿城着。


意味もなく楽しかった。やっぱり自転車最高!
















b0295234_19014188.jpg
【到着のご報告】


















b0295234_19020206.jpg
【アイスとホットコーヒー。鉄板です】

















天気は晴れですが、空気はヒンヤリ。


日中で13℃くらい?


軽い向かい風でも暑くなることなく快適なサイクリングでした。


冬用のジャケットを着てきて正解だったかも。



















b0295234_19043208.jpg
【さあ、帰りましょう】
















あまり時間もないので休憩もそこそこに、復路は左岸を南下。


当然、追い風を期待するも、北西の風はさらに弱まり、ほぼ無風(涙)。しかもほぼ西風に変わってるし…。




ま、「行きも帰りも向かい風」にならなかっただけでもよしとしましょう。



















b0295234_19052246.jpg
















ヒイコラと野田橋まで戻ってきたところで猛烈な空腹感。


時刻はまだ11時30分過ぎでしたが…



















b0295234_19073115.jpg
【安定のゆでたて家さんで肉汁うどん。やっぱり美味しかった!】














食べている間に正午を過ぎ、店内はあっという間に満席に。



ちょうど入れ替わるように満足してお店を出て、再び左岸を南下。


















b0295234_19085644.jpg


















玉葉橋で右岸に渡って…






















b0295234_19094335.jpg
















時間があればトヘンでのんびり…というところですが、今日はこちらで。















b0295234_19101800.jpg
【風ひろば下のファミマ。アイスコーヒー&さくらあんまん!】



















b0295234_19105938.jpg
【中にあんことお餅が入ってます、お味の方は、いわゆる「桜餅」です(笑)】












期間限定?


さくらあんまんが意外な美味しさで大いに得した気分♪


やるな、ファミマ…。











過ぎ行く中華まんの季節を惜しみつつ、やはり満足してイートインを出ました。。。
















ファミマを出た後は制限時間も迫り、葛飾橋をグルっと回って帰宅。



走行距離86㎞。大満足の菜の花サイクリングでした。





今日はほんと、なーんにも考えずにペダルを回せた4時間ちょいだったかな〜。


大満足!





















b0295234_19125610.jpg






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-03-28 19:16 | サイクリングロード | Comments(6)

今日も元気にジテツウ。そして、スローパンク…

昨日に続き、今日もマドン4.5出動で通常出社。嬉しいジテツウ2連チャンです。






往路はいつもの江戸川で、写真を撮りながら…


















b0295234_20171345.jpg














昨日とはまた違って、ぼんやりと霞がかかったようなやわらかい空気感。


春ですね〜。




















b0295234_20181760.jpg
【毎年、河川敷の木々に埋もれて早めに咲く、この小さな桜が大好きです】



















b0295234_20191302.jpg



















b0295234_20192976.jpg


















今日もジテツウ効果でデスクワークは快調に進み…


珍しく残業なんかして、「さあ帰ろう〜」と会社のガレージに停めてあるマドンの下に行くと…



















b0295234_20205549.jpg
















後輪がペチャンコ。スローパンクです。










犯人は、コレ。

















b0295234_20213485.jpg

















鉄の削りクズみたいなのがブッ刺さってました(爆)。

これにはさすがのAW2もひとたまりもありません。




ま、それにしても今年はよくパンクするなぁ〜。。。(でも夜道で気づくよりよかった!)











サクっと修理して、気を取り直して安全運転で帰宅。

またこれでパンク修理の経験値が上がったぞ〜。









それにしても、パンクの原因が即座に分かるとヒジョ〜にスッキリするのはなぜでしょう(笑)。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-03-23 20:24 | ジテツウ | Comments(2)

クーロンヌから、またまたトヘン

b0295234_18094528.jpg






















今日は約10日ぶりの自転車。








本当はお山でも行こうかなぁと前夜にいそいそと準備はしていたものの、朝起きてみたら珍しくけっこう疲れている。


なので急遽、「平地まったり」に切り替えちゃいました。







天気は快晴。


朝こそ寒かったものの、出走した9時頃には気温も上がっていて、8℃。


春の訪れを感じさせる空気感の中、江戸川CR左岸をノープランで北上します。




















b0295234_18163557.jpg
















b0295234_18175346.jpg













河川敷の柳も、ほんのりと緑色に色づいてきました。















そして、江戸川CR春の名物といえば、やはりこれ。

















b0295234_18193835.jpg

















b0295234_18211689.jpg


















b0295234_18232963.jpg

















b0295234_18234001.jpg
















b0295234_18235331.jpg
















虫がすごいです(笑)。



満開まであとひといき、といったところでしょうか。













のんびりまったり走って、お決まりの利根運河へ。


















b0295234_18264321.jpg



















b0295234_18265228.jpg


















b0295234_18272090.jpg















お決まりのチチヤス休憩の後は…






















b0295234_18291570.jpg




















b0295234_18293522.jpg




















花粉症の薬も効いているのか、超まったりモード(爆)。



頭を空っぽにして、ただただ走る。やっぱり自転車って最高です。


















b0295234_18305007.jpg
















b0295234_18314109.jpg














利根川CRも、春の気配が充満しています。





















b0295234_18323350.jpg



















b0295234_18342921.jpg
【新大利根橋で利根川を渡ります】




















まったり走っていても、お腹は空きます(笑)。




















b0295234_18354722.jpg

















…というわけで、ちょいと早めの補給タイム。


今日は寒くない「クーロンヌとりで」さんです(笑)。




















b0295234_18371448.jpg

















黒毛和牛メンチカツサンドと、戸頭あんぱん。



思わず白いご飯が欲しくなるほど(⁉︎)メンチカツが秀逸。うむ、美味美味。






















日差しが心地いいテラスで存分にまったりした後は、江戸川学園取手高の前を走る道路を東進し、国道6号で大利根橋を渡って、利根川CR右岸にIN。























b0295234_18423261.jpg





















b0295234_18431282.jpg
【河川敷の利根川ゆうゆう公園でまた、まったり】




















いっそこのまま佐原か、はたまた銚子か⁉︎



…というほどの元気はなく、布佐で利根川CRを離脱して、手賀沼方面へ。















b0295234_18462148.jpg















手賀川を下って、手賀沼CRにIN。


猛烈な向かい風(苦笑)。

















b0295234_19055973.jpg


















b0295234_19061224.jpg


















b0295234_19062509.jpg



















生まれ育った街には、日本一の大河、信濃川が流れていました。


今思えば、自転車には最高の土地だったなぁと(苦笑)。











大学でこちらに来て、気が付いたら江戸川の近くに住んでいました。


もちろん、自転車にも最高で、大好きな街です。








信濃川と江戸川。


そして、少し走れば利根川や手賀沼も。


不思議な縁ですね。。


















b0295234_19064247.jpg
【そして、やっぱり定休日(爆)】


















パン2個だけだったから、お腹空いた〜!!!(涙)













b0295234_19141431.jpg













空腹を紛らわすかのように手賀沼CRを駆け抜け、大堀川を走りきっておおたかの森へ。

















b0295234_19150576.jpg



















b0295234_19152394.jpg




















b0295234_19153565.jpg




















おおたかの森から流山市街地を走り、流山橋を渡って江戸川CR右岸に復帰。



















b0295234_19163955.jpg















追い風を背に受けて気持ちよく南下して…




















b0295234_19183501.jpg
【CR直結の水元公園北詰に吸い込まれ…】



















b0295234_19201183.jpg
【⁉︎】
















また来てしまいました。連チャンです。




「カフェ トヘン」!

















バイクラックにpcblue号をセットしていたら、覚えていてくださったみたいで、「いらっしゃいませ!」とママさんが出てきてくださいました。


















b0295234_19224023.jpg


















b0295234_19231840.jpg



















b0295234_19242260.jpg





















とにもかくにも、お腹が空いた〜!!!




というわけで…
























b0295234_19253801.jpg




















b0295234_19264204.jpg
【ドン】















前回はチーズケーキ&コーヒーでしたが、今日はもちろんお食事を。



そしてこの「チキントマトカレー」が、予想以上の激ウマ!!!

















b0295234_19285961.jpg
【チキン&野菜がたっぷり♡】















お味はいわゆるバターチキンカレーに近い感じですが、トマトの酸味と辛さが効いて、とにかく美味しい!


チキンもゴロゴロ入っていて…。



ああ、これはまた来てしまいそうだなぁ(苦笑)。




















あまりに美味しかったので…

















b0295234_19315280.jpg














別腹、いってしまいました…(爆)。





















b0295234_19325985.jpg




















優しい味の絶品コーヒーを飲み干した後は、自転車の本を読んだり、マスター&ママさんとおしゃべりしたり。








何でも、僕のブログを見たと言って何人かサイクリストが来てくれたとか。


嬉しいやら気恥ずかしいやら…。








サイクリストの皆様、

この「カフェ トヘン」、本当に素敵なお店なので、ぜひ来てみてくださいね。













ちなみに、「トヘン」というのはギリシア語で、「〜なるもの」とか、物事の基本、根源…という哲学的な意味合いがあるのだとか。






「そんなに深く考えず、ただ音の響きが好きで気軽に付けたんですが、後でよくよく調べたらけっこう重い意味があって、ビビってます(笑)」とご主人。






いやいや、他にない名前ですし、とってもいい感じだと思いますよ♪

















b0295234_19425946.jpg























b0295234_19431108.jpg





















b0295234_19432404.jpg


















満足してトヘンを出たら、天然スタジオでお約束の一枚を撮って(苦笑)、江戸川CRをゆっくり流して帰宅。


ほんと、近くに素敵なカフェが出来て、幸せです。











走行距離は96㎞。


100㎞にもうちょいで届かなかったのが僕らしくもあり、なかなかに楽しい平地ライドとなりました。


さあ、来週こそお山に行くかな〜⁉︎






















b0295234_19433831.jpg










b0295234_19460454.jpg












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-03-10 19:46 | サイクリングロード | Comments(6)