タグ:EF-M 18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM ( 225 ) タグの人気記事

「全編絶景」。言葉に尽くせぬ感動の渋峠ライド 前編

筑波縦走路での超スローダンシングに手応えをつかんだ僕は、代休予定の9月15日(金)に山岳ライドを画策。






そんな僕の「お山復帰第二戦」に、自転車仲間のりょうたパパさんが乗ってくださいました。







今回、最初は「秩父でも」なんていう感じだったのですが、金曜日の天気を調べると、「あの場所」が快晴であることが判明。

せっかく二人だし、相乗りで行けば高速代を折半出来るし…ということで、








「思い切っていってみましょうか!」








前日は子供達と一緒に9時前には就寝し、睡眠もバッチリ。


4時に埼玉のりょうたパパさんをピックアップして、久しぶりの再会のご挨拶と自転車談義に花を咲かせながら外環道、関越道を飛ばし…





思えば、自転車仲間と相乗りするのは初めて。これは楽しいものですね〜(笑)。






楽しい会話に運転もあっという間で、1時間半ほどで「渋川伊香保IC」を流出。


長閑な下道を走り、途中コンビニに寄り…















b0295234_13185395.jpg
【中之条町のセブンイレブンから見た東の空。いい1日になりそうな予感】


















b0295234_13193514.jpg
【結局、ヴェル号はNEWヴェル号になりました(爆)。タイヤ外せばまだまだ載せられますよ〜】
















一般道を40分ほど。

渋川伊香保の街を過ぎれば、景色は「山」の風情。

期待に胸が高まります。








「いったいどんな感じなんでしょう。楽しみですね〜。朝はどれくらい寒いんでしょう⁉︎ ウェアはどうしましょうか…」






ますます会話も弾み、かなり山深くなったところでデポ地の道の駅「六合」に到着。


六合と書いて「くに」とか。読めないよね〜。

















b0295234_13241765.jpg















b0295234_13235902.jpg











温泉旅館も併設されていて、なかなか風情のある道の駅です。







気温は12℃。

まあ覚悟はしてきましたが、寒いこと!

なんたって前日の千葉や埼玉は真夏日ですから…。



















迷いに迷った末、ウェアは、ロングスリーブジャージにウィンブレの組み合わせ。

下はサーマルビブに、ニーではなくレッグウォーマーで。これに、冬用ソックスにシューズカバー装着。下りを考えたチョイス。


りょうたパパさんもほぼ同じいでたちで、暑すぎず寒からずで結果的には大正解でした。


















b0295234_13243312.jpg

















b0295234_13274999.jpg
【準備をしている時間もまた、楽しいものですね】




















b0295234_13285762.jpg
【噴煙が立ち上っているのは浅間山かな?】

















b0295234_13284920.jpg
【準備が整い、いざ】














7時15分、ライドスタート。



気温は12℃。



空はどんより曇り空ですが、予報では日中は快晴。












まずは第一チェックポイントの「草津」まで。

アップがてらの約10キロの道のりです。






事前に仕入れた情報では、この序盤にけっこうなヤツが出現するとかしないとか…

















b0295234_13315170.jpg
【出現】














いきなり10%坂の洗礼とか(汗)。









「いやーーーー、キッツいっすねーーーーーーー!」








…と叫びながらも、顔は笑っているりょうたパパさん(笑)。







ヒンヤリとした森の中を、ニヤけながら自転車で登っていくオッサン二人。


こりゃクマも逃げそうだ⁉︎
















b0295234_13334132.jpg















国道292号線、「日本ロマンチック街道」。

今日のライドは、この国道をひたすら登っていきます。「あの場所」まで…







それにしても、この序盤からしてすでに素晴らしい。


軽井沢碓氷峠の登りに勝るとも劣らない雰囲気です。















b0295234_13380264.jpg















ピンクのジレをなびかせて、ゆっくりと噛み締めるように高度を上げていくりょうたパパさん。


パパさん、先週、僕たちが筑波縦走路に入っていた前日の土曜日、人生初の富士山登山にチャレンジしてきたとか(次はぜひ自転車で♡)。









「みなさんのブログを見て、脚がガクガクなことですし、僕も今日は超スローで景色を楽しみますんで(キリッ)」










まずはゆっくりゆっくり、草津までの道のりを楽しみます…



















b0295234_13434539.jpg















途中、パラっと雨に降られつつ、ゆっくり走って草津の街に。


もちろん、せっかくなので寄り道していきましょう。















b0295234_13444153.jpg
















b0295234_13445384.jpg















遠い昔に一度だけ来たことがあるかなぁ〜(苦笑)。


草津温泉街の中心にある「湯畑」で写真を撮り、満足。














b0295234_13455364.jpg
















b0295234_13460571.jpg














b0295234_13471124.jpg















b0295234_13461647.jpg
【「あったかーーい!」。足湯でハシャぐりょうたパパさん(笑)】

















b0295234_13480349.jpg















b0295234_13482088.jpg














b0295234_13483461.jpg












b0295234_13484791.jpg















b0295234_13490278.jpg
【まるで京都の旅館みたいに豪華な公衆トイレに寄って…】

















b0295234_13494102.jpg















b0295234_13495354.jpg
【ほっかほか温泉まんじゅうで糖分補給して…】
















b0295234_13502268.jpg
















満足してリスタート。



再び292に復帰し、緩やかに登って草津国際スキー場付近を通過。















b0295234_13514249.jpg
【さあ、いよいよ…(ゴクリ)】

















スキー場を過ぎると、一気に周囲は森の雰囲気に。



只者ではない山岳地帯の予感が立ち込めます…


















b0295234_13521568.jpg















b0295234_13525264.jpg
















天気も回復し、太陽に照らされた白樺の木立の合間を駆け上がっていくりょうたパパさんを激写しつつ…
















b0295234_13530544.jpg













ああ、もうこの時点で十分すごいんですけど…


















b0295234_13561167.jpg















b0295234_13535953.jpg













「いやぁ、すごいですねぇ。普通のライドだったら、この時点で感動的ですもんね」










何か「見てはいけないものを、もうすぐ見てしまうことへの罪悪感」のようなものを感じつつ、すでに十分に感動的に美しい森の中のライドを堪能する二人。
















しかしもちろん、本当の感動は、まだまだこの後なのでした…
























b0295234_13541210.jpg


〈つづく〉












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-09-16 14:00 | ヒルクライム | Comments(2)

予告 〜ついに…〜

b0295234_21043417.jpg
















ついに開けてしまった「禁断の扉」。


行ってきました、あの場所へ…。










聞きしに勝る絶景の波状攻撃に、家に帰った今もやや放心状態です(苦笑)。



明日以降、頑張って更新します!







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-09-15 21:08 | ヒルクライム | Comments(0)

お山復帰戦は、ごば蔵さん、Munchさん、そしてT.Aさんと筑波縦走路 後編

つつじヶ丘から風返し峠を経由してピューっと北側へ下り、下りきったところを左折。



湯袋峠を経由して、小さな横T字路を右折すれば…


















b0295234_10395969.jpg
【T.Aさん命名、「癒しの林道」】
















先程までとは打って変わってサイクリストや車の姿は消え、4人だけでゆっくりと、林道の雰囲気を堪能します…
















b0295234_10412747.jpg















b0295234_10414319.jpg















b0295234_10420109.jpg













これこれ、この雰囲気!



ようやくお山に帰ってきたんだなぁ〜と実感し、感動(涙)。














荒れた路面と路面に散らばるキッコロ爆弾、そして猪突撃(笑)に気を付けながら、やっぱりここでもデッドスロー&ダンシングでゆっくりと。




あらためて、



ここまでゆっくり登ると、これまで感じたことのないほど森の雰囲気をじっくり堪能出来るのは、新たな発見でした。







よく考えたら「急ぐ理由」なんて、これっぽっちもないですもんね。
















「もうちょい詐欺!」とMunchさんに罵られつつ(爆)2キロほど登ってピークを越え、ダウンヒル。



下りきって幹線道路との交差点に出れば…








さあ、ここからが本番ですぞ。















b0295234_10455337.jpg















どことなく、今日はごば蔵さんの背中が逞しく感じるのは、気のせいでしょうか!?


その醸し出す雰囲気は、あの時とはまるで別人のよう!


ご本人も今日はいつになく「山」を楽しめているご様子で、その表情を見ているだけでも嬉しくなってしまいます。






最近も、minozouさん&りょうたパパさんと縦走路アタックを敢行したというごば蔵さん。









今日の登りは

「もう来るのヤダな・・・」

ではなく、

「次はいつチャレンジすっかな~」。










そのブログエントリーでも書いておられましたが、かなりの手応えを得ての今日。


完走うんぬんではなく、「楽しめている」ということが、何より最高だと思うのです。






それになんたって今日は、あのT.Aさんの先導ですからねっ♪
















前回はこの上曽峠からの登りで「がんばりすぎた」というごば蔵さん。



今日はその教訓を胸に、ゆっくりのんびり、ダンシングを織り混ぜて疲労を分散させつつの登坂。



Munchさんも、苦手なダンシングこそそこそこながらも、ゆっくりマイペースを崩さず、おしゃべりしながらの強度で登坂。










やがて序盤のキツい区間を抜け、アップダウンを堪能(?)しながら、きのこ山付近の眺望区間に到達しました。















b0295234_10563048.jpg















b0295234_10572211.jpg
【今日は語る背中もひと味違う、ごば蔵さん!?】
















b0295234_10575518.jpg














いい景色を眺めながら休憩していると、バビューンと二人のロードバイクの若者が。








思わず「いくつ〜!?」と聞いてしまうオジサン(苦笑)。











「はい! 僕は14です!」


「僕は15です!」













一同、思わず「おおおおお〜!」(笑)













「メインのパラグライダー場はまだですよね? お先に失礼しまっす!」











まるでガゼルのごとくダンシングで、あっという間に視界から飛び跳ねるように消えていく二人。



若さが眩し過ぎるぜ…。





















礼儀正しい少年達に元気をもらい、我々もゆるりとリスタート。

















b0295234_11011432.jpg














b0295234_11020969.jpg
















b0295234_11022637.jpg














ここでもMunchさんに「もうちょい詐欺ーーーーー!」と罵倒されながら…















b0295234_11023931.jpg
【ハイ、本当に到着!】















b0295234_11033011.jpg


















快晴の日曜日とあって、足尾山のパラグライダー場は、もうこれ以上置き場がないくらいの大盛況。



そういえば今日は送迎ワゴンも多かったな(苦笑)。














さてさて、ごば蔵さん&Munchさんにとっては(Munchさんはすでに未知)、いよいよここからが「未知の領域」。








「大丈夫。いけそうです!(キリッ)」










おおおお、では足尾神社の激坂も寄っときます!?









「いえ、それは遠慮します(キリキリッ)」

















ごば蔵さんにサラっと激坂突入を断られつつ(次回はぜひ♡)、今日は戻る方向ではなく、「進む方向」へ!



















b0295234_11092556.jpg















う〜む、やっぱりごば蔵さん、今日は「背中」が違いますな(爆)。














尾根沿いの爽やかな空気を堪能しつつ、ごば蔵さん、初の一本杉峠へ――――――。
















b0295234_11095032.jpg














さて、ここから先が縦走路最大の難関。


巨大な風車があるウィンドパワーポイントまで、なかなか歯ごたえのある登りが続くのです。












「ガーミンの斜度表示は見ないようにします(キリッ)」











ガーミン完全無視宣言をかましたごば蔵さん&Munchさん、T.Aさんの安定感ある先導で、怯むことなく颯爽と「先」へ…















b0295234_11133150.jpg













「不動からここまで本当にゆっくりと走ってきたおかげですかね、今日は足攣りの兆候もまったくありませんよ」、とごば蔵さん。









いえいえ、自転車乗りとしても着実に「成長」している証拠ですよ。










そして驚きは、何と言っても自転車歴2年のMunchさん。





ヒルクラの経験はまだほとんどなく(でもあの八ヶ岳麦草峠を登ったことあるとか/爆)、しかも最近は自転車自体にあまり乗れていないというのに、まったく問題なし。



T.Aさんも、「すごいですよ〜」と驚いてましたもん。








これは思わぬ「新星」の登場かぁ!?















b0295234_11182072.jpg
【T.Aさんの先導で、ごば蔵さん、Munchさんが縦走路最難関登坂区間をいく!】















b0295234_11184903.jpg
【見えた!】

















b0295234_11200739.jpg
【やったよ…(涙)】



















感動のウィンドパワー到着。



ここまで来れば、もう「走破」は成ったも同然!?























b0295234_11211884.jpg

















b0295234_11213232.jpg
【最難関区間をクリアし、「自由の櫂」を撮るごば蔵さん、の図】

















しばし心地よい達成感に浸り、いよいよ縦走路の終盤へ。



終わりそうで終わらないアップダウンにまたもやMunchさんに「もう登りは終わり詐欺ーーーーー!」と罵倒されつつ(笑)、最後の杉林のダウンヒル区間へと突入です。
















b0295234_11234454.jpg















若干、ブレーキを握る手が痛くなりつつ長い長い下りを堪能して…
















b0295234_11255432.jpg
















b0295234_11261127.jpg
【突破!】





















b0295234_11272589.jpg
【やったねっ】



















ごば蔵さん、ついに縦走路走破!



そして Munchさんも凄い!















「なんならこの先の板敷峠&道祖神峠も追加しときます!?」

















そんな僕の言葉は華麗にスルーされつつ(爆)、秋の爽やかな風に吹かれながら平地を流し、岩瀬駅方面へ快走。



今日はことさらゆっくりと登ったせいか、平地25キロの速さがすごく速く感じられる「嬉しい誤算」!?



みんなで「自転車ってこんなに速い乗り物だったんだぁ〜」なんて笑いながら…
















b0295234_11303334.jpg
















岩瀬駅近くのファミレス(ココス)で、この日初めての大休憩。


時刻は既に14時を過ぎていて、さすがにハラペコだぁ〜。
















b0295234_11311937.jpg
【T.Aさん&ごば蔵さんチョイスは、包み焼きチーズハンバーグ】
















b0295234_11315045.jpg
【Munchさん&僕は、デミグラスハンバーグ】















「ココスのハンバーグって、こんなに美味しかったっけ…!?」





…と皆で感動しつつ、あっという間に完食。


もちろん、とんでもなく美味しく感じたのは「自転車」のおかげ…かな♪

















b0295234_11331440.jpg
【僕以外の3人はデザートご注文(涙)。乗れない期間でちょいと太ってしまったのであ〜る。紅葉シーズン前に、あの軽井沢の頃のキレキレの体に戻さねばっ!(でもヤボなこと言わず潔く食べとけばよかったと、激しく後悔)】















ごば蔵さんの初・縦走路走破を祝い、



Munchさんのド根性ヒルクライムに皆で驚嘆し、



いつ終わるともしれない他愛のない自転車談義の時間を楽しみ…



















ココスを出た後、セイコーマートでT.Aさんが購入した2リットルペットボトルの水を皆で分けあい(この後のりんりんロードが暑かったので、なにげに助かりました!)、りんりんロード岩瀬駅へ。














b0295234_11363616.jpg















b0295234_11375607.jpg

















さあ、ライドの締めはりんりんロードをのんびり流して帰りましょう…




















b0295234_11390223.jpg















b0295234_11391462.jpg















稲刈り時期に突入した筑波。

黄金の稲穂が傾き始めた日差しに照らされて,なんとも綺麗です。




風も爽やかで、皆で左側に見える山々の尾根を眺めて談笑しながらのサイクリング。


このりんりんロードの時間は、何だかすごく楽しかったなぁ。

















b0295234_11412973.jpg















b0295234_11414703.jpg















b0295234_11415864.jpg
















筑波神社下まで戻ってきたところで、T.Aさんのご希望で「沼田屋」さんへ。


もちろん、みんなで便乗(笑)。















b0295234_11425084.jpg

















b0295234_11430499.jpg
【染みる〜】















b0295234_11432670.jpg









b0295234_11433933.jpg









b0295234_11435182.jpg









b0295234_11440131.jpg















かりんとう饅頭&缶コーヒーで、この日最後の休憩タイム。









そして、僭越ながらラストはわたくしめが林道白滝線やつくば道の入口なぞをご案内しながら、趣のある建物が並ぶ、りんりんロードより一本山側の道をゆっくり走って平沢遺跡まで――――――。
















「ああ、終わっちゃうな…」














b0295234_11460697.jpg














10時間も一緒にいたというのに、楽しい時間はあっという間です。

















「ゆっくり走る=楽に、楽しく走れる」















思った以上に目からウロコな「発見」もあった、そんな素晴らしいライドでした。











T.Aさん、ごば蔵さん、Munchさん、本当にありがとうございました。



おかげさまで、少しだけ腰が心地よく痛む程度で、僕の体のダメージもほぼなし。どうにかまた、お山に復帰できそうです。







そして、ぜひまた皆で「ゆっくりライド」、実現させたいですねっ。

















最後に…




















b0295234_11512646.jpg



もうね、理屈抜きで「とにかく楽しかった」、この一言!









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-09-13 17:38 | ヒルクライム | Comments(12)

お山復帰戦は、ごば蔵さん、Munchさん、そしてT.Aさんと筑波縦走路 前編

約3カ月前の追突事故後、ようやくゆるゆると乗れるようになった自転車。



CR100㎞もクリアしたことだし、そろそろお山に復帰したいなぁと思っていた折…



なにげなく自転車仲間のごば蔵さんのブログを見たら、いよいよ縦走路初走破をこの週末に計画しているらしき空気を察知(笑)。



すかさずLINE攻撃を繰り出すと…












タイミングバッチシ!











9月10日(日)、たまたま僕も家人より「1日どこか行ってきて令」が発令されていたため、まさに奇跡的にドンピシャのタイミングでご一緒出来ることになりました♪











待ち合わせは不動峠の麓に7時。







例によって楽しみすぎて早めにお目覚め。


スペイド号にpcblue号を積み込んで家を出発すると…

















家を出てすぐの交差点を右に曲がると、後ろにピタリと怪しげな車が張り付きました。















こんな早朝から煽られるん…⁉︎












いや、待てよ…



















「もしかして…」

















その青い車は流山インターまで来ても後ろにピタリ。


そのまま料金所をくぐって土浦方面へも、やっぱりピタリ。




















b0295234_17023257.jpg
【ピタリ】

























そして突然その青い車はグンとスピードを上げて、僕の車の横にピタリ。






















「ワーーーーーーーーーーーイ」



















…と聞こえてきそうなほどのとびっきりの笑顔で手を振るお方が助手席に…






















ハイ、ごば蔵さん&Munchさんでした(爆)。


















いやそれにしても、こんな偶然ってあるんですね〜(笑)。












そして…











土浦北ICを出てすぐのセブンイレブンに入ると、もうひとつビッグサプラーイズ!!!

















b0295234_17081443.jpg
【⁉︎】




















僕のスペイド号、ごば蔵さん号、そしてその隣に、見覚えのあるワゴンが…














「て、テテテテテティ…、T.Aさんだぁ〜!!!!!(嬉)」










T.Aさんと言えば、いわずとしれた僕にとっては「永遠の目標」であるサイクリスト。


過去に2回山岳ライドをご一緒させていただき、とてもとても影響されたお方なのであります。








「お久しぶりですね〜」








相変わらず力の抜けた感が素晴らしいT.Aさんに挨拶され、こちらはガチガチ(笑)。




Munchさん同様、何やらごば蔵さんが裏でコッソリ手を回していたようで…(やるなリーダー)。




2年ぶりの再会は、意外な形で実現することになったのでした。











そしてさらに驚いたことは、前日、T.Aさんはいわゆる「湾イチ」を敢行されたとか(アゼン)。






「200㎞くらいですかね〜」






あ、あのう、僕だったらそれ、一週間くらい動けないっすけど…。











ますます精悍になられている感のあるT.Aさんも交えて、今日は図らずも4人でのグループライドになりました♪






「今日は僕も疲れてますし、のんびりいきましょう〜。それに、ゆっくり走るのも大好きですから」






ううむ、相変わらずカッコよすぎるぜい!(笑)













さてさて、そんな一行は買い物を済ませた後でセブンイレブンから不動峠麓のデポ地に移動し、準備。





いつのまにか太陽も登り、今日は暑くなりそうです…。



















b0295234_09185895.jpg









b0295234_17201038.jpg










b0295234_17202364.jpg









b0295234_09191236.jpg











b0295234_09192142.jpg





















ゆっくり準備しながら自転車談義。

こんな時間もまた、楽しいものです…。




…といっても、このままず〜っとしゃべり続けているわけにもいかないので、出発!


















さて、今回ご一緒することになったMunchさん、ヒルクライムの経験は何度かおありのようですが、ごば蔵さん同様、筑波縦走チャレンジは今日が初。不動峠までは登ったことがあるようですが、そこから先のスカイライン&つつじヶ丘も未知の世界とか。








あの楽しさ(苦しみ⁉︎)をまだ体験したことがないなんて、なんだか羨ましいなぁ〜♡











「湾イチ後でお疲れ&お山をゆっくり走るのも大好き」なT.Aさん。


とにかくゆっくりでもいいから「筑波縦走路初走破」を目指すごば蔵さん&Munchさん。


そして、「事故後初のお山」で、なるべく体に負荷をかけないようにヒルクライムを楽しみたい僕。








それぞれの思惑が奇跡的に一致した四人(笑)。




よって、今日のテーマは「いかに時間をかけてゆっくり走れるか」(爆)。





さあ、いきますよ〜。













まずはごば蔵さんを先頭に、平沢遺跡まで。





けっこうなペースのごば蔵さんに、すかさず皆から「リーダー、速過ぎ。話がちがーーーーう!」と、ヤジが飛ぶ。





こんな雰囲気こそ、グループライドの醍醐味!?
















b0295234_09221607.jpg
【目指すは縦走路走破。いざ、出発!】














b0295234_09225445.jpg
【爽やか♡ Munchさんのビアンキ】


















b0295234_09231718.jpg
【風格たっぷり、T.Aさんのブラックマドン】














そして…
















b0295234_09240508.jpg
【全部載せ仕様!? 完全無敵状態の、ごば蔵さんのBORAマドン9!】

















また危うく自転車談義が始まっちゃいそうなところを(笑)、いよいよ不動峠に向けてスタート。






「がんばらない、踏まない、時速5キロ以下」をテーマに、ゆっくりと浸入…
















b0295234_09273429.jpg
【くぉおおおおおおおおっ!】














おっといかんいかん…。


あまりの嬉しさに、10キロ以上出しちゃいそう!?





今日は日曜日。


他のサイクリストのみなさんの迷惑にならないよう気を付けながら、4人で連なってゆっくりと。







先頭をいくのはもちろん、T.Aさん。



間にMunchさんとごば蔵さんを挟み、僭越ながら僕がしんがりを。






久しぶりに見る「微塵もブレない背中」に、思わずごば蔵さんに「アレですよアレ」と(笑)。
















b0295234_09315967.jpg














この時点ですでに、もうどうしようもなく楽しい(苦笑)。






ガンガン抜かれるけど、たぶん、僕達以上にじっくりと長い時間、この不動の雰囲気を楽しんでいる人達はいないはず!?

















b0295234_09343317.jpg












b0295234_09344893.jpg



















導入部では「キツい〜!」と騒いでいたMunchさんも(笑)、「このくらいの速さなら大丈夫!」と、途中から少しずつ「お山」を楽しめている感じ!?



ごば蔵さんも「このしゃべりながら登れるペースが大事なんですよね〜」と、縦走路完走への手応え十分の様子です。




T.Aさんも、このおしゃべりしながらの超スローペースを十二分に楽しんでいるようです。







僕の方も、久しぶりのお山にもう言葉もないくらい感動!


不動の坂でグっと体に負荷がかかっても、これくらいのペースなら問題無し。


それにこれ、バランス感覚も養えて、いいリハビリになりそう!?








あまりのスローペースに、4人で立ちゴケしないように気を付けながら(笑)、気が付けば最後の激坂区間(10%詐欺)を駆け上がり…


















b0295234_09412570.jpg
【とりあえず不動峠、ゲッチュ♡】















ごば蔵さんもMunchさんも、まだ全然余裕ある!


いや〜、「時速4キロ以下作戦」、バッチリはまりましたね。














さてさて、不動峠のみ経験のあるMunchさんは、ここから未体験ゾーン。



アップダウンが意外とキツいスカイラインも、「ゆるゆる大作戦」で走りきり、そのまま風返し峠もパスして…
















b0295234_09433228.jpg
【気が付けば、つつじヶ丘】












つつじヶ丘アタックもなんなくクリアしたMunchさん。


聞けば、今まで自転車で足を攣ったことがないとか…。十分、その筋の「素質」があるんでない!?




だいたい僕なんて、初めてつつじヶ丘まで来た時、最後はほぼ押して歩いてましたから(汗)。









涼しいお山の空気を堪能しながらつつじヶ丘駐車場に来たら…














b0295234_09494242.jpg

















b0295234_09495450.jpg

















b0295234_09500563.jpg
【ちゃんと焼き上がるまで絶対に売ってくれないこだわりのお団子(笑)】

















「あら〜、久しぶりじゃな〜い。どうしたの〜!?」













久しぶり、三井谷のおかあさんに事故報告。



おかあさん、また筑波に戻って来られたよ(涙)















「今日はお仲間も一緒なのね」



















b0295234_09525196.jpg
【あめちゃん4人分。おかあさん、ありがとう!】
















これでトゥリーもあったら最高だったのに…とちょっぴりセンチな気分にもなりつつ(ママさん、元気になって戻ってきましたよ!)、体を冷やさないよう、また登山客でごった返しているのでおかあさんの商売の邪魔にならないよう、早々に出発。





「気を付けてね〜」とおかあさんの元気な声に背中を押されながら、つつじヶ丘を後にしたのでした…。





〈つづく〉





















b0295234_09564804.jpg







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-09-12 09:57 | ヒルクライム | Comments(2)

予告 〜お山復帰戦〜

b0295234_20512130.jpg















今日日曜日は、待ちに待ったお山復帰戦でした。


計らずも、豪華な仲間達と一緒に楽しく走れました♪









例によって強烈おねむなため、詳細は明日以降!









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-09-10 20:52 | ヒルクライム | Comments(2)

秋の気配

今日はお休み。


でも、週末は今夜出発の関西出張(涙)。




今年は関西出張が多いなぁ。

いつか六甲山とか登ってみたいぞ(笑)。











ロングナイトドライブ前のリラックスタイム…とばかりに、午前中の2時間だけ自転車に乗ってきました。






















b0295234_15311884.jpg


















b0295234_15323660.jpg















平日の午前中、さすがにCRは静か。



追い風を受けながら左岸を北上して…


















b0295234_15332642.jpg
【坂リハビリ(笑)】


















b0295234_15335476.jpg


















玉葉橋で右岸に渡って、折り返し。



今度は当然、追い風タイム♡













b0295234_15355725.jpg
【久しぶりのアウトドアスポーツパーク】




















b0295234_15362462.jpg
【ちょっと長めの缶コーヒータイム♡】















相変わらずこのソファ、居心地よすぎて眠くなります(笑)。
















b0295234_15373441.jpg

















十二分にまったりした後は…


















b0295234_15381026.jpg
【追い風〜♪】
















自転車、やっぱり楽しいよね…。


















b0295234_15385706.jpg


















「トヘン」はまだやってないかなぁ〜と、水元公園北詰で、またマッタリ(爆)。
















b0295234_15394422.jpg





















気温24℃、自転車最適気温。






ついこないだまでの蒸し暑さはどこへやら。


爽やかな風は、どことなく秋の気配がしました。



















b0295234_15410918.jpg



















b0295234_15414773.jpg

















出張前に、十分にリラックス出来ました。



さ、ちょっと昼寝して、出発だぁ〜!
























b0295234_15423098.jpg











b0295234_15424684.jpg






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-09-01 15:43 | サイクリングロード | Comments(2)

横風を受けて、葛西へ

奇跡的に、今日日曜日も(KS的に)自転車許可!


それも、前日は2時間だったけど、今日は4時間(涙)。



4時間あれば葛西まで行って帰って来られるかなぁと、13時スタート。


















b0295234_19384500.jpg

















世は夏休み最後の日曜日。


そのせいか、江戸川河川敷はいつも以上に人、人、人!


活気があっていいですね〜。






2日連続の自転車なんて、いつ以来だろう…。






追い風とも向かい風とも分からない東風を真横から受けながら、夢中でペダルを踏んで、下流へ。




















b0295234_19394474.jpg












昨日同様、どんより曇り空。



でも湿度は明らかに低く、カラっとして気持ちがいいです。



何となく秋到来を感じながら、さらに南へ。



















b0295234_19421207.jpg
















b0295234_19422636.jpg



















b0295234_19424280.jpg















b0295234_19425768.jpg














b0295234_19431282.jpg
















旧江戸川から葛西臨海公園に入るも…











そうだ、今日は夏休み最後の日曜日だった。


ものすごい人にたじろぎ、海へは出ずに引き返し(汗)。


















b0295234_19442191.jpg
【駐車場も満車!】



















そして、行きに寄りそびれたこちら、旧江戸川常夜灯公園の「あずま家」に。

















b0295234_19455528.jpg





















そして、驚くべき光景が…





















b0295234_19463052.jpg
【もはや何でもあり!!!(ガクブル)】



















そ、そして…



























b0295234_19471152.jpg
【お買い上げ♡】

















350円の冷やしたぬきうどん。




まったくもって期待してなかったんですが、やはりそこは「あずま家」。やはり只者じゃない…。














うどんがモッチモチでんまーーーーーーい!
















あらぬものが乗っかってましたが(汗)、一気に平らげてしまいました。



それにしても、この麺のモチモチ加減はいったい…。








みなさんも、ぜひお試しあれ。






















b0295234_19493730.jpg




















モチモチうどんと赤コーラで一気に元気になり、再び江戸川へ。



この頃になると空も晴れてきて、とても気持ちがいいサイクリングに。



しかも、相変わらずの横風ですが、往路より若干の追い風基調♡














b0295234_19512353.jpg


















b0295234_19533933.jpg














b0295234_19542597.jpg




















久しぶりの青空の下のサイクリングを堪能し、のんびり走ってリミットの17時よりだいぶ前に帰宅。



張り切り過ぎたか、家に着く直前に太腿が攣りかけたのは、内緒の話(笑)。












あずま家も衝撃的だったし、とてもいい50㎞だったなぁ。























b0295234_19545326.jpg









b0295234_19551026.jpg








b0295234_19561226.jpg







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-08-27 19:57 | サイクリングロード | Comments(8)

夏の気配


たっぷり遊んだ後は、たっぷりお仕事。



スバルライン&妙義軽井沢ライドの余韻に浸りつつ、今週は真面目に出社weekです。



ジテツウは昨日と一昨日の2回。



桜が終われば季節は早送り。



もうそこかしこに「夏」の気配がする、風の強いジテツウでした。















b0295234_13495545.jpg









ジテツウはもちろん、僕の最初のロードであるマドン4.5。



購入からはや丸5年が過ぎ、この秋で6年。



最近は過酷な山岳ライドをpcblue号に譲っているので、ピッカピカの逆転現象(笑)。



1年前の年越しメンテ以降はますます快調で、乗るたびに「やっぱりマドンもいいなぁ」なんて。











そうそう、チェーンは換えたけど、そろそろpcblue号もメンテ出さなくちゃな…(汗)。










b0295234_13550191.jpg
【一昨日の帰り道は、水元公園に立ち寄り。夏らしい陰影が綺麗でした】













b0295234_13554169.jpg

















b0295234_13555477.jpg
【メタセコイアの森も、もう完全に夏化粧。真夏は涼しいんですよね〜】

















b0295234_13563161.jpg













b0295234_13564220.jpg















b0295234_13571236.jpg


















b0295234_13572367.jpg
【江戸川のポイントも、モッサモサです(笑)】















b0295234_13574794.jpg


















b0295234_13580326.jpg













b0295234_13581315.jpg


















b0295234_13582632.jpg
【風の強い日でしたが、復路は至福の追い風♡】



















b0295234_13583909.jpg
【で、昨日水曜日はあまり写欲の湧かない曇り。写真もそこそこに…】
















b0295234_13585968.jpg
【200円マック♡】
















b0295234_13593051.jpg
【帰りは、江戸川でポピーを見ながら帰宅】














朝のスタート時だけヒンヤリ感じても、会社に着く頃にはすっかり汗ばんでいる…。そんな季節になりました。



今年のジテツウもなかなか「週2周期」から抜け出せませんが、乗れるだけでもありがたいですね。












さあさあ、もうひとがんばり!








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-25 15:32 | ジテツウ | Comments(4)

リベンジ・ひとり富士ヒル その3 〜憧れのめろんぱんGet!〜

眺望が素晴らしい樹海台駐車場を飛び出して、ひとり富士ヒルを再開。



前半部ではやっぱりあんなに辛かったのに、ここまでくるともういつもの自分に戻っていました。



カーブも適当に出てきて、楽しいぞ!(笑)



















b0295234_15433776.jpg
【三合目クリアー!】




















b0295234_15441572.jpg
【距離的にも半分クリアー】















b0295234_15451616.jpg
【いちだんとヒンヤリ】













いよいよ標高も上がり、雲が近付いている感じをひしひしと。


登っていても半袖ジャージだったら寒いだろうなぁと思えるレベルです。






そしてさらに登っていくと…

















b0295234_15462253.jpg














ついに雲の中へ…















一瞬、「焚き火の煙か!?」と思えるような、下から吹き上がるようなモヤ。もちろんそんなことはなく、それはたぶん、いや間違いなく「雲」そのもの。



なんか、感動(涙)。

















b0295234_15470173.jpg
















b0295234_15475622.jpg















b0295234_15484336.jpg

















三合目を過ぎ、残り10㎞も切って、いよいよ雲の中に突入したヒルクライム。





幻想的な景色の中をゆっくりとペダルを回す、不思議な感覚。




このあたりまで登ってくるとさすがに空気も薄いのかゼェゼェしてきます。




でも、幻想的な景色がその辛さをアシストしてくれます…。


















b0295234_15491052.jpg

















b0295234_15511500.jpg
【見えた!】
















b0295234_15513211.jpg


















ひときわ大きな左カーブを駆け上がれば、思い出のあの場所…















b0295234_15520275.jpg

















b0295234_15521392.jpg
【!】
















「塩対応」&「肉巻きおにぎり」でお馴染み(ね、minozouさん!?/笑)、大沢売店!
























b0295234_15542412.jpg
【あと少しだワン!(犬じゃないって)】




















ホワイトタイガー(前回はあったっけ!?)に見送られ、そのまま勢いにのって大沢売店をスルー!(今回はまだそんなにお腹が空いてないので、肉巻きおにぎりは下りで食べよう〜)
















b0295234_15560631.jpg















大沢売店を過ぎれば、ほどなくして四合目。



さあ、あと少しだ〜。


















b0295234_15564925.jpg




















b0295234_15570730.jpg
【富士山!】
















雲を抜けた!?



最高のご褒美、富士山の姿が(感動〜)。



巨大なシャチみたい!
















b0295234_15580860.jpg


















b0295234_15582154.jpg


















ご褒美の富士山に加えて、このあたりまでくると斜度もずいぶんと緩くなっているような気が。



ガンガンいくぜ〜!















b0295234_15590525.jpg
【ガンガン抜かれます(笑)】
















b0295234_16000395.jpg
【さらに近い!】















b0295234_16001948.jpg

















いつもは通勤時に江戸川からも小さく小さく見える富士山が今、目の前に…。



このまま自転車で直線的に駆け上がっていけるのではないかと思えるほど眼前に迫っています。









なんでしょう、この感動は。


いろんな意味で、やっぱり富士山って反則だよなぁ〜。。。




















b0295234_16043793.jpg
















さらに斜度が緩んでほぼ「平地」状態となり、写真のような短いトンネルが現れれば、いよいよ最終区間。


本物の富士ヒルでは、ここでクライマックスとなる高速バトルが繰り広げられるのでしょう。












もちろん僕は、ゆっくりのんびりラスト区間を噛み締めます…。
















b0295234_16055725.jpg













ずいぶん寒いなぁと思ったら、道端には残雪が。


「標高2000m以上」を噛み締めつつ…























b0295234_16065036.jpg
【ゴールはもうすぐ!】














短いトンネルをいくつかすり抜けると、人の気配が。



観光バスの大きな駐車場が右手に。




前回来た時はもうこのあたりから渋滞してたんだっけ。












そして、ついに…























b0295234_16083051.jpg























五合目、ゴォ〜〜ル!!!!!
















b0295234_16093135.jpg
















5月の平日ということで前回ほどではないけど、それでもかなりの数の外国人観光客の方達による大自撮り大会(爆)。




そんな中、勇気を出して柵にpcblue号をロックし、急ぎ足で中へ…

















b0295234_16110380.jpg
【今回はいかせていただきやす】















ダッシュでpcblue号のもとに戻り、ちゃんとあってホっ。


人混みの中pcblue号のもとを離れたこの1分足らずは、生きた心地がしなかった〜(苦笑)。








恐怖の時間を乗り越えて、ついにゲットぉ〜!!!!!
























b0295234_16134595.jpg
【リベンジ成功♡】



















前回は気力体力も限界でスルーした「富士山めろんぱん」ですが、今回は暖かいホットコーヒーとともにしっかりとゲットいたしやした。







人混みを避けた場所に移動し、いざ…


















b0295234_16144775.jpg
【実食】























ウム、味は普通だな(爆爆)。















ジャージと同じ色のメロンパンをムシャムシャと食べる自転車オッサンを、ジロジロ眺める観光客の方達。


みなさん、楽しんで頂けたでしょうか(見せ物じゃねーぞ!)。
















b0295234_16133754.jpg














完食後はさらにひとけのない奥のお馬さんスペースに移動して…

















b0295234_16183475.jpg

















b0295234_16184795.jpg

















b0295234_16190061.jpg
【テレレレッテレー。ゲザングッズ〜】
















b0295234_16194961.jpg


















ウィンブレ、キャップ、ネックウォーマー、トゥカバー、長指グローブ、そして…








インナーグローブ〜!(by セブンイレブン)

















予想どおり、ダウンヒルは極寒。このインナーグローブが一番重宝したなぁ。。。




















b0295234_16223177.jpg
【撮影風景(笑)】


















五合目の気温は8℃(寒っ!)。



関東平地だと真冬の日中の気温ですよね。




これでダウンヒルするんですから、リュックにジャケットや真冬用のグローブを入れてくる方もいるとかいないとか。

確かに、耐えられないほどではなかったですが、ウィンブレだとけっこう寒かった。

これで天気が荒れていたらヤバかったかも!?

恐るべし、富士山…。









寒がりな方は、結果的に使わないにしても、下山用には重装備をお勧め致します。

特に足先、指先は大切。ブレーキ操作もままならなければ、命に関わります。

迷ったんですが、トゥカバーも持ってきて正解でした。カバーをしていても足先はかなり冷えて、なかったら大変でした。
















b0295234_16283173.jpg












下山グッズをフル装着し、名残惜しく五合目を後にします。




途中、寒いのと、カーボンホイールをいたわりつつ、休憩しながらゆっくりとダウンヒル。



登りはあんなに長かったのに、休憩しながらでも下りはあっという間ですね…。

















b0295234_16302474.jpg




















下に行ったら暑いかなぁと思っていたんですが、下界も気温が下がっていたようで、料金所付近でも12℃。


登る時は20℃以上あったはずですから、なるほど、山の天気は分からないものです。





結局、どれ一つ外す必要性を感じることなくフル装備のまま導入路に入り…























b0295234_16320283.jpg
【無事、帰還】















15時過ぎ、無事に北麓駐車場に戻って、いちおう「リベンジ・ひとり富士ヒル」は成功、ということで。

















b0295234_16334956.jpg
















それにしても、往復するだけで走行距離50㎞オーバー、標高差1000m以上の坂って、やっぱりスゴいよな…。




そんなことを考えながらpcblue号をクルマに積み込み、綺麗なトイレで着替えて車を出しました。

















スバルライン。今回は楽しかった!


次回はまだ走ったことのない「富士山スカイライン」にも行ってみたいな。


なんなら、「富士山スカイライン」、「富士あざみライン」、「富士スバルライン」の3本を1日でってどうよ!?


その場合、どういう順番で登るのがいいかなぁ♪(帰ってきて富士山スカイラインのことをちゃんと調べてみたら、キツ過ぎ却下/汗。でも富士山スカイライン単体ではチャレンジしてみたい!)


















そんなことを考えてニヤニヤしながら中央道を走っていると…



















「嗚呼――――――! 大切なことを忘れてたーーーーーー!!!!!」






















下りで大沢売店に寄って「肉巻きおにぎり」食べるの、すっかり忘れてた!!!(爆)



こ、これは…
























また行かねばならないか…(ゴクリ)。


いや、minozouさん、リベンジ頼んます⁉︎



〈完〉













にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-19 07:32 | ヒルクライム | Comments(9)

リベンジ・ひとり富士ヒル その2 〜雲を目指して〜

そもそもこの富士ヒルコースがなぜそんなに辛いのか。










それは間違いなく、「直線的」だから。


特に二合目までの前半は、九十九折どころかカーブ自体がほぼない(涙)。









不思議なもので、どんな激坂でもカーブだと登った後に一度一息つくことが出来て、それが「メリハリ」となって「よいしょ」と次々と登っていけるんですよね。「ハイ次〜!」みたいな(笑)。



それが直線状だと、たとえそれがたいした斜度じゃなくても、ただひたすらペダルが重いだけ…という「苦行」に早変わりしてしまうわけです。








筑波の「つくば道」なんて、激坂×直線とか、まさに鬼畜ですもんね(汗)。








富士スバルライン、富士ヒルコースの導入路&前半部は、まさに「ダラダラ直線登坂」の典型。







河川敷で向かい風をくらっているかのような猛烈な「進まない感」&「ペダル重い感」が、とにかく精神を削ってくるのであります。

















b0295234_14274746.jpg















それでも、何も知らずに「もう少ししたらカーブが現れるんだろうなぁ」と淡い期待を打ち砕かれながら登った前回に比べて、「分かってる。ただひたすらこれっしょ」と諦めの境地にある今回とでは、やっぱり心の持ちようが全然違います。





カーブ出現は諦め、ここはただひたすら地味に重いペダルを回すのみ。


そして前回にはなかった、周りの単調な景色のいいところを探して楽しむように心掛けてみました。







もちろん、そもそも「足着き」のプライドはないので、たまに止まって写真を撮りつつ♪


ま、これが僕のスタイルですから(キリッ)。







富士ヒルコースでもなんでも、自分流に楽しんじゃえばいいんじゃない!?


















b0295234_14312488.jpg














知らない自転車乗りの人が見たら、「あの人、止まって横にカメラを向けてなにやってんだろ」と思われていることは必至。








でもいいんです。気にしない気にしない。















b0295234_14324274.jpg
















前回は余裕がなくて…というか、ガラにもなく「走らなくちゃ、登らなくちゃ」という意識になってしまっていたので、周りの景色を見ることなんてしなかったですもんね。




相変わらず景色は単調なんですけど、よく見てみれば、けっこう綺麗な森が道の両側に広がっているんです。





何たってここはあの富士山なんですから、この独特な溶岩の森を楽しまなくちゃ損でしょう!?















b0295234_14354993.jpg














足は重いままだったけど、心は前回より何倍も軽い!?



それに、さすがに導入路からずっとこのダラダラ坂を登ってきているので、身体も心拍も慣れてきたのか?





















b0295234_14372304.jpg
【今回は騙されないよ〜】
















b0295234_14374315.jpg
【まだ「下」だかんネ】















b0295234_14380615.jpg















前回も感じたんですが、このコース、とにかく残り20㎞を切るまでが長い。


御丁寧にこまめに「残り◯㎞」を示す文字が視界の左下に出てくるので、よけいです(苦笑)。


















b0295234_14394551.jpg















それでも「本物」の一合目看板下を通過すると、何だか一気に足も心拍も楽になるような気がするから不思議です。


まだまだ一合目なんですけどね。

















b0295234_14404077.jpg














目の前に続く景色にも、少しずつ変化が。



「高い山に登っているんだなぁ」という雰囲気が、少しずつ出てきます。




















b0295234_14415763.jpg


















詳しいことはよく分かりませんが、道端の植生にも変化が。


















b0295234_14430658.jpg















そんな小さな変化に気付き、楽しめるようになったのが、もしかしたらささやかな「成長」なのかも…。





















b0295234_14435562.jpg
【!?】


















一合目を過ぎてほどなくして、ついについに、待望のカーブが!(嬉)






カーブということは斜度は上がっているはずなんですが、この「最初のカーブ」には、マジで生き返りましたよ…(変?)。
















b0295234_14460222.jpg
【気温もけっこう下がってきました】















このあたりまで登ってくると、ようやく長袖ジャージでちょうどいいくらい。


ハイペースで登っていくならまだ暑いんでしょうが、きわめてゆっくりな僕にはちょうどいいです。
















b0295234_14470367.jpg

















ようやく現れたカーブと道端の新緑になぐさめてもらいつつ、ちょっとだけペースを早めて登っていきます。

















b0295234_14480094.jpg



















b0295234_14481154.jpg
















季節を逆行していくヒルクライム。


可愛らしい桜の花も現れて…。














スバルライン、なかなかいいんでないの!?



















b0295234_14490712.jpg

















二合目クリア。



残り20㎞を切ってカーブが現れ始めてからの5㎞は、ほんと早く感じた〜!

















b0295234_14504040.jpg





















b0295234_14505292.jpg















この付近になると、白樺やダケカンバも現れて、さらに森に変化が現れて「高原」の様相。


そんな変化を目で楽しみつつ、写真を撮りながらの自分流ひとり富士ヒル。










なんだ、とても楽しいじゃないか!



















b0295234_14522367.jpg















b0295234_14523679.jpg
















b0295234_14533381.jpg
















空は相変わらずの曇りでガスっていて、空気も一段とヒンヤリしてきます。


曇りというより、どんどん雲そのものに近付いている不思議な感覚ですよね。









そう。雲に向かって登っているんです。


そう気付いたら、何だかテンションもますます上がってきましたよ!













b0295234_14535399.jpg










樹海台駐車場。






今や日本有数の観光道路である富士スバルラインには、要所要所に綺麗なトイレのある駐車場があります。


これは自転車乗りにとっても嬉しいことで、トイレは暖房も効いていたりして、緊急時に雨や寒さを凌ぐことも出来ますよね。






樹海台駐車場にも立派なトイレがあって、もちろん立ち寄り(笑)。


そして、ストレッチしながら眺望を楽しみます。

















b0295234_14550119.jpg
【ここにも散り際の桜】

















b0295234_14552616.jpg















b0295234_14554175.jpg














b0295234_14555647.jpg


















変化や景色を楽しみながら、写真を撮りながらのヒルクライム…。



前回、ボロボロになった時は、メジャーな雰囲気に飲まれてそのことをすっかり忘れていたんだよなぁ。










今回も(特に序盤)はやっぱり辛かったけど、でも、前回よりは全然スバルラインを楽しめてる。




こんなに素晴らしい道をただ下を見て登っていくだけだなんて、もったいないことしたなぁ。。。


それに、確かにそれじゃあただ辛いだけですよね。












顔を上げて、雲を目指して駆け上がっていくこの感覚は、スバルラインならでは。


五感を研ぎ澄ませてゆっくり登っていくと、「感動」はたくさんある。


それがヒルクライムの醍醐味なんだよなぁ、なんて…。








実はとても贅沢極まりない道を走らせてもらっているのだということに、二回目にしてようやく気付いたような気がします。









さて、スバルラインの登り、もう少しだけ楽しませてもらうとしましょう!



〈つづく〉











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-18 22:13 | ヒルクライム | Comments(2)