マドンかドマーネか、それが問題だ(1)

b0295234_18315596.jpg


トレック乗りにとっての目標であり「夢」は、やっぱりフルオーダーの「プロジェクト・ワン」でマドンかドマーネの上位機種を手に入れること。

僕もご多分に漏れず、マドン4.5を購入した直後から、将来に向けて「プロワン」ヘソクリ貯金を開始したわけですが…。

半年後にひとつ、大きな問題が勃発。



ドマーネが発売されたのです。



ドマーネは、純レース仕様のマドンに対し、同じくレースで戦える仕様でありながら、より快適性とエンデュランス性能をプラスしたバイク。
一番の特徴は「ISO SPEED」と呼ばれるシートチューブの構造で、トップチューブとの接続部にベアリングをかませることで、シートチューブがしなってお尻へのショックを大幅に軽減しているのです。これはレースに出る予定が今のところまったくない僕のようなライダーにとっても、すごく魅力的に思えました。



もしもドマーネが発売されなければ、迷わずマドン一択。
しかしドマーネが出たことで、狂おしいまでの苦悩が始まったのです。



さらにさらに、昨年はマドンがフルモデルチェンジを果たし、KVFというエアロ仕様に。
ますますカッコよくなってしまいました。

ドマーネ6が出た時も、マドン7が出た時も、ショップでちょこっと試乗させて頂きました。
その感想は、、、「どっちもいい!」(笑)。

そして今年の夏、ヘソクリ貯金もだいぶ貯まってきたところで、あらためてショップで両者を乗り比べる機会に恵まれました。



まず最初に乗ったのは、マドン7。

マドン7は、言わずと知れたトレックのフラッグシップ。
レースでプロライダーが駆るモデルですから、とんでもなく軽く、まさに空を飛ぶような浮遊感が味わえました。試乗車がアイオロス3D3+デュラエースの最軽量仕様だったこともあり、もう何て言いますか(笑)、漕げば漕ぐほどどこまでも加速していくような、心臓が爆発しそうな感覚を味わいました。エアロ形状に関しては、とてもじゃないですが僕の脚では体感しようもないですが、走っていても目に入ってくるヘッド&ダウンチューブのゴツいKVF形状などは、やっぱりカッコいい。「所有感」は、やはりマドン7に軍配、という感じでした。

そして、思ったよりも全然、乗り心地がいいことに驚きました。

マイバイクのマドン4.5はロングライド向けで、かなり軟らかめのフレームだと言われてますし、実際に自分でもそう感じていましたので、マドン7はさぞかし硬くてカンカンしてるだろうな…と予想していたんですが、意外や意外、確かに硬さは感じるんですが、思った以上にマイルドなのに驚きました。特にお尻に伝わってくる振動は想像を大きく下回るもの。これはブレーキをBB下に移動したことで、不必要な剛性を落としているからとのことでした。
この予想外の乗り心地の良さには思わず「う〜ん、ドマーネいらないかも…」と思ってしまうほどでした。正直、乗り比べるまではドマーネの方に心が傾いていたので、これには参りました。マドン7の方が高いですし…。



そして、次にドマーネ6。

こちらは、マドン7とは対照的に、「硬い」という印象でした。
えっ、と思われる方もいるかもしれませんが、想像していた以上に「硬い」のです。

しかし、ただ硬いのではなく、不思議な硬さでした。

「ISO SPEED」というシステムでシートチューブがしなるので、お尻は快適です。
ただ、ポヨンポヨンとするほどではなく、あくまでもロードバイクの範疇での快適さ。路面の情報はしっかりと伝えてきます。
驚いたのは、フレームのダウンチューブからBBにかけての剛性感が半端じゃなく、僕の感想では、マドン7よりも「硬い」と感じてしまったのです。何か、その部分だけ金属で出来ているかのような、そんな重厚感でした。発売直後にも試乗していたのですが、短時間だったので、今回じっくりと試乗してみると、お尻の快適さよりも、下回りの硬さが強く印象に残りました。

そして改めて感じたのが、その下回りの剛性感とホイールベースの長さ、フロントフォークの形状が生み出すとんでもない安定感!

まるでハンドルを固定してあるかのようにビシっとした直進性は、ものすごく魅力的に感じました。
ダンシングでバイクを振った時の剛性感もものすごく、案外、登りもいけそうだな、と。
それに、これ、きっと山の下りで安心だろうなぁ、と…。マドン7が「ヒラリヒラリ」という感じなのに対し、ドマーネ6は「どっしり」という表現。バイクを自由自在に振り回すような楽しさはないですが、安心安全にどこまでも走って行けるような、そんな頼りがいのある感触がありました。

僕は山、つまりヒルクライムも好きなのですが、タイムを競ったり、自分でTTしたり…ということはありません。あくまでも景色を楽しみながらのんびり登って、へっぴり腰で下ってくるのみ。
そう、下りが怖いのです。
普通、ヒルクライムをするなら迷わずマドンなのでしょうが、僕はそうは思えませんでした。
確かにヒルクライムは好きですが、平地も走りますし、ロングもやりたい。
基本、「ゆるゆる」ですので、「マドン7じゃなきゃダメ!」というのはまったくなかったわけです(「だったらマドン4.5で十分だろ」というのは置いといて頂いて…)。

ドマーネ6の試乗車はアルテグラコンポで、ホイールはデュラC35。確かにマドン7に比べれば重い感じはしましたが、そこは不思議とあまり気になりませんでした。


とにもかくにも、マドン7とドマーネ6の乗り比べの印象は、マドン7が「思ったより乗り心地がいい」となり、ドマーネ6が「思ったよりガッシリとした硬さがある」という、ますます悩みが深まるという、非常に困った結果になってしまったのです(苦笑)。







b0295234_1851081.jpg

【結論は再び深い霧の中へ…】






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
# by pcblue | 2013-09-26 06:09 | 自転車のこと | Comments(2)

荒川CR〜葛西臨海公園〜江戸川CR

こちらの一件以来、なんとなく敬遠していた荒川CR。

しかし、江戸川以上にメジャー感漂うCRだということは言うまでもありませんし、会社からも近いので、トラウマを払拭すべく走ってきました。

今回、明るいうち(笑)に走ってみると、なかなか広々として素晴らしいCRだと実感。
江戸川CRと違って土手の下を走るので、風にも強そう。

ただ、人の密度が半端じゃない!

江戸川CR、特に自分が住んでいる松戸より上流側は、休日でもそれなりの人口密度ですが、荒川CRの休日は、すごい人です。

CRのすぐ横でサッカーやら野球などを楽しむ人達がすごく多いし、ジョギングの方やローディの方も江戸川CRと比較にならないくらい多くて、「やっぱり東京はすげぇな〜」と(笑)。
ただ、今にもボールが飛んできそうで怖かったです。
子供達の元気な姿を見ながら、安全運転でゆっくり走りました。


今回楽しく走れたので、例のトラウマはかなり解消されたかな。









b0295234_1353985.jpg

(会社近くから、荒川CRにIN。おおお、都会だ!)









b0295234_1352548.jpg










b0295234_1353278.jpg

(ついついスカイツリーを撮ってしまう田舎者です)









b0295234_13533317.jpg

(人口密度高し!)









b0295234_13542910.jpg

(海が近くなってきました)









b0295234_13541687.jpg

(全ての物が、スケールデカし)









b0295234_13545195.jpg










b0295234_1355420.jpg










b0295234_1355158.jpg










b0295234_13563617.jpg

(もうすぐ葛西臨海公園)










b0295234_13564961.jpg

(だいぶ陽も傾いてきました)









b0295234_13563176.jpg










b0295234_13564345.jpg

(海! 右にちっちゃく見えるのがゲートブリッジ)









b0295234_13575030.jpg

(そして葛西臨海公園にIN。この石畳をドマーネで走ってみたい…)










b0295234_13574690.jpg











b0295234_13575710.jpg

(あまりにも人が多いので、すぐに出発。旧江戸川へ)









b0295234_13591488.jpg

(常夜灯公園前で。ここも好きな場所です)









b0295234_1359448.jpg










b0295234_13591546.jpg

(そして江戸川CRに。なんだかホッとします。そしてここはポニーランド。ウマに噛まれないように!!!)










b0295234_13593354.jpg

(夏が少しだけ抵抗していました)









b0295234_13594434.jpg

(自宅に近付いた頃、ちょうど陽が沈み、西の空が真っ赤に燃えていました)








b0295234_13595784.jpg

(お疲れさまでした)











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
# by pcblue | 2013-09-25 06:04 | サイクリングロード | Comments(4)

幸せな朝

三連休、土曜、月曜は仕事。

日曜朝に時間が取れたので、いつものサイクリングロードで40㎞のひとり朝練。

もちろん、明るくなり始めてからですよ(笑)。

すっかり秋めいて、ひんやりとした、とても気持ちのいい朝でした。







b0295234_20414982.jpg

江戸川CRを北上して、利根運河にIN。
小さな人工河川ですけど、自然豊かで、大好きな道です。









b0295234_20435242.jpg











b0295234_20434799.jpg










b0295234_20435012.jpg










b0295234_20442688.jpg










江戸川CR、利根運河を経て、利根川CRに出ます。









b0295234_204537100.jpg

利根運河から利根川CRに入ったところの景色。
すごく好きな景色なんです。
同じ気持ちなのか、僕の自転車の向こうで、散歩のおじさんが写真を一生懸命撮っていました。
その様子をパチリ。

向こうに見えるのは、常磐道です。









b0295234_2047957.jpg

常磐道下で、折り返し。
時間がある時はもう少し走って、手賀沼に出ます。









b0295234_20475050.jpg










b0295234_2048682.jpg

利根運河に戻って、ベンチで缶コーヒー。
ホットが美味しい季節になりました。









b0295234_2048444.jpg

江戸川CRにて。この後は家族サービスという大事なお仕事が。。。
40㎞の「幸せな時間」でした。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
# by pcblue | 2013-09-23 20:49 | サイクリングロード | Comments(0)

コンチネンタルGP4000s

b0295234_1158296.jpg


ロードバイクにおいて、一番手っ取り早く「違い」が分かるパーツ…
それが「タイヤ」かもしれませんね。

鈍感な僕でも、タイヤを換えた時って、その違いがはっきりと分かります。
同じ銘柄でも、新しくしただけで、はっきりと乗り心地が良くなりますもんね。

マドン4.5のタイヤ遍歴は…

完成車に付いてたもの(ボントレガーのなんちゃら。23C)→ボントレガーR3(23C)→ミシュランPRO4 SC(23C)…ときて、最近、ショップの店長のすすめもあって、コンチネンタルGP4000sというタイヤいチェンジしました。
幅もそれまでの23Cではなく、ジテツウも想定していたし、店長もイチオシだったので、25Cに。

このタイヤ、好みもあるでしょうが、間違いなく自分としては、今までで一番好感触です。

コンチネンタルGP4000sは、転がり抵抗が軽いと言われていますが、それは僕でも分かりました。
とにかくコロコロコロコロよく進みます。

それと、今までのタイヤよりも「ゴム感」があるというか、抵抗感とは違うゴムゴムした感触があって心地いいです(なんだそりゃ!?)。

同じく巷で評価の高いミシュランPRO4ですが、個人的にはあまりピンとこなかったんですよね。
むしろその前のボントレガーR3の方がしっくりいってたような気がしたんです。
そんなことを店長に話したら、「pcblueさんは、プニプニした軟らかいタイヤより、シャキっとして転がるタイヤの方が合ってるのかもしれませんね」と、コンチネンタルをすすめられたわけです。

それに、25Cというサイズ。

正直いって、見た目はイケてません(爆)。
ロードバイクの、あの細いタイヤに憧れていたクチなので、やっぱり23Cの方がカッコいい。
でも、裏を返せば、見た目以外は全てOKです。
上手く表現出来ませんが、とにかく安心感が段違い!

何か難しい計算式だと、23Cより25Cの方が接地面積の関係で路面抵抗が小さくなるらしいですが、実際に乗ってみて、「小さくなる」感じは分かりませんが、少なくとも23Cより抵抗が大きくなるというような感触もありませんでした。
もう山も何度か登ってみましたが、僕レベルではまったく問題ないです。
また、下りでは25Cの方が圧倒的に楽だし、安心出来ました。

理屈はよく分かりませんが、この安心感は素晴らしいです。
特にジテツウでは、けっこう段差のあるところも通りますし、25Cにして正解だったと思います。


ちなみに店長は、自身のマドン7のチューブラータイヤでも、積極的に25Cを選んでいるそうですよ。


これからロードバイクは25Cが主流になっていくのでしょうか。
でも、あの23Cの細さも捨て難いんですよねっ。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
# by pcblue | 2013-09-21 12:20 | インプレ | Comments(2)

レースXXXライト ステム

b0295234_12194075.jpg


マドン4.5をカスタマイズした中で、実は一番気に入っているのがコレ。

カーボンステムです。

ボントレガー「レースXXX(トリプルエックス)ライト」。

完成車についていたのはアルミの白いステムだったのですが、メリハリを出すために、色はあえてブラックを選んでみました。一緒にコラムスペーサーもブラックに変更。

ステムって、換えてもあんまり効果ないんじゃないか…と思えるような地味なパーツかもしれませんが、ところがどっこい、けっこう変わりますね。

まず、見た目(笑)。

ステムって、自転車に乗っていてもけっこう眼に触れるところだし、ここを持ったりもするので、意外や意外、自転車に対する印象を左右するパーツなんですね。
ちょっと太めでボリュームがあるし、カーボンの感触も、なかなかグッド。
ショップの浅野さんにも「ステムは自転車の印象がけっこう変わりますよ〜」と悪魔のささやき(笑)を聞かされていたんですけど、換えてみて納得。
確かにステムを換えるだけでも、自転車自体の車格が上がったような雰囲気になりました。
思った以上に費用対効果の高いカスタマイズです。

ただ、困ったことにステムを換えるとハンドルも換えたくなるんですよねぇ(苦笑)。

というわけで、いつのまにかハンドルもカーボンの「レースXライト」に換わってしまったとか…。

このハンドルもなかなか好感触で、特に上ハンのところが扁平になっているので、手を置いておくのが非常に楽です。
これより上位機種の「レースXXXライト」ハンドルは、同じカーボンでもより軽くて硬く、上ハン部も普通に丸いだけなので、より本格派の方におすすめですね。僕の場合は「ゆるゆる」なので、「レースXライト」にしてよかったです。

ステム&ハンドルをカーボンに換えたことで、掌に伝わってくる振動はかなり少なくなりました。

ハンドル周りは常に体に触れている部分ですし、個人的には、ホイールやシートポスト、サドル以上に変化が大きかったパーツ交換だったと思います。













b0295234_12295765.jpg

(ジテツウ復路、江戸川CRにて)









b0295234_12304288.jpg

(味気ない平日に潤いを与えてくれる自転車通勤。今日も素敵な夕焼けに出会えました)






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
# by pcblue | 2013-09-20 12:35 | インプレ | Comments(2)