<   2017年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今年もありがとうございました

今年もまだあと少し残ってはいますが、自転車はおしまい。今年最後の更新となります。


今年は本当にいろいろあった1年でしたが、6月の追突事故からの復活後は、それなりに充実した自転車生活になったと思います。


年末のお休みは、たぶん(かなり)僕の自転車を大目に見てくれていた家族のために使いたいと思います。














あらためて今年の自転車生活を振り返ってみると、事故前では、佐野厄除ライドに始まり、例年以上に冬の筑波を堪能し、また不動峠が不通だったこともあって、青木葉ルートやいろいろな道を知ることも出来ました。





筑波詣で、ヤビツ、富士スバルライン、子の権現…と続き、そして事故前の最大のトピックとなったのが、リベンジを果たした妙義軽井沢ライド。

冬からかなり登っていたこともあり、勢い余って北軽井沢まで駆け上がって完全リベンジを果たしたんでしたっけ(苦笑)。







嬉しいことばかりじゃなく、悲しいこともありました。




6月20日の追突事故(車)に続き、とてもお世話になった八郷の「トゥリー」の閉店。。。




トゥリーの閉店は事故の直後だったこともありけっこうヘコみましたが、きっとママさんもどこかであの元気な笑顔を振りまいていることと思います。








事故の後は思った以上に回復も遅れ、また仕事の繁忙期も重なり、初めて「まったく乗れない期間」を約3カ月ほど味わいました。


その期間はもちろん辛かったんですが、今にして思えば、その3カ月間があったおかげで今、それまで以上に自転車が好きになりましたし、自転車に乗れることそのものにとても感謝するようになりました。


久しぶりにpcblue号にまたがって江戸川に繰り出した時のあの感動は、おそらく初めてロードバイクに乗った時の感動を上回るものだったと思います。


復活後はそれまでの鬱憤を晴らすかのように乗りまくりましたが、ハメを外し過ぎず、どこか冷静でいられたのは、「もう二度と自転車を失いたくない」という想いが常に頭の片隅にあったから。おかげで体の痛みがぶり返すこともなく、また落車等もなく、楽しいライドを重ねることが出来たと思います。








そして江戸川でリハビリ(?)をした後、T.Aさん、ごば蔵さん、Munchさんとご一緒した筑波縦走路でお山も復活。あの「超スロー走法」は、ある意味とても「目からウロコ」で、その後のヒルクライムでも体の負担を大きく減らすことが出来たという意味でも、今後の自転車生活を続けていく上でもとても意義のあるライドにもなりました。





さらにさらに、今年はあの渋峠に行けたことは最高の出来事になりました。噂に違わぬ絶景の連続は、もう感動し過ぎて本気で「このままずっと登っていたい…」と思わせるものでした。



また、その勢いに乗って念願だった瑞牆山ライドを実現出来たことも、今年の大きな収穫。

渋峠に勝るとも劣らない感動の連続。本谷川渓谷、そして瑞牆山の美しさは、やはり一生忘れられない「宝物」となりました。



この二つのライドに関わらず、今年はたくさんご一緒し、いつも優しくサポートしてくださったりょうたパパさんには、感謝しても感謝しきれません。




また今年はお山だけでなく、カスイチを走れたのも大きな収穫。最高の天気の下での仲間とのカスイチは、本当に楽しかったな。。。






カスイチ後は、あの風張峠、そして「年に一度は」の釜伏峠&秩父華厳の滝できっちり激坂も楽しんだし、ギリギリセーフで不動明王様にもお会いすることが出来ました。


そしてラストは、「野犬トレイン」で締める、と(笑)。

















b0295234_21300075.jpg












b0295234_21414064.jpg












b0295234_21272421.jpg











b0295234_21431388.jpg











b0295234_21273825.jpg










b0295234_21285722.jpg











b0295234_21423203.jpg














b0295234_21303142.jpg











b0295234_21305968.jpg











b0295234_21401992.jpg












b0295234_21314976.jpg









b0295234_21322925.jpg











b0295234_21434800.jpg










b0295234_21325243.jpg










b0295234_21331218.jpg











b0295234_21332626.jpg











b0295234_21333892.jpg










b0295234_22274871.jpg










b0295234_22280348.jpg











b0295234_21335788.jpg













b0295234_23032314.jpg













b0295234_21380426.jpg









b0295234_21382033.jpg











b0295234_21384177.jpg










b0295234_21385690.jpg














b0295234_21390847.jpg













b0295234_21392365.jpg












b0295234_21393456.jpg











b0295234_21394672.jpg








b0295234_22282673.jpg













b0295234_22284248.jpg












b0295234_22285339.jpg











b0295234_22333557.jpg









b0295234_22334737.jpg












b0295234_22340237.jpg











b0295234_22341720.jpg






















…とまあそれなりに充実した自転車生活ではありましたが、一番よかったなと思うのは、6年前に自転車を始めた時と同じかそれ以上のテンションで変わらず自転車を楽しみ、そしてこのブログも開設した4年前と同じ気持ちで変わらず楽しめていることだと思います。






いまだにフラっと江戸川を走るだけでも最高に楽しいんですから、まったくこの自転車ってのは困ったヤツです(苦笑)。



そしてまた来年も、この自転車の根源的な素晴らしさを少しでもみなさんと共有出来たら、最高だなぁなんて思っています。












今年1年間、こんなブログを訪問してくださり、また温かいコメントをくださり、本当にありがとうございました。



いちおう、開設当初からブログは最低10年は続けようと心に決めておりますので、とりあえず10年…いや、最低でもあと1年は頑張って、5周年は迎えたいと思ってます(笑)。また来年も気軽に遊びに来て頂けたら幸いです。















それではみなさん、よいお年を。年明けにまたお会いしましょう〜!
















b0295234_21400810.jpg







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-12-26 22:59 | 自転車のこと | Comments(20)

平和な師走の江戸川

昨日、12月22(金)。



午後から用事もあったし、さすがに疲れもあったのでこの日は休脚日にしようと思っていたのですが、ガマン出来ずに8時過ぎに江戸川にIN。




















b0295234_20554645.jpg




















久しぶりに雲が多めですが、風も弱く平和な江戸川をのんびりと下流へ。








「疲れてるはずなのにけっこう調子いいな〜」と思いながら走っていたら、やっぱり弱い追い風でした(苦笑)。



















b0295234_20570344.jpg
【同じ位置で望遠側45㎜。印象が全然違って面白い⁉︎】




















b0295234_20571630.jpg
【しゃがみ撮り(爆)】



















b0295234_20574410.jpg




















b0295234_20580128.jpg





















一気に篠崎水門まで下って、こちらへ。



















b0295234_20581983.jpg
【常夜灯公園「あずま家」】




















残念ながら売店はまだやってなかったので、自販機休憩。





















b0295234_20590875.jpg
















前日のお山が色々な意味でアツかったのとは対照的に、日差しがない河川敷は寒い!

おしるこが染み渡ります。




















ここで折り返して、緩やかな向かい風の中、江戸川CRに戻って北上。




この日の復路では何の事件もなし(笑)。


















b0295234_21020695.jpg

















水元公園北詰から、、、





















b0295234_21023021.jpg


















トヘンに寄ってまったりしていこうと思ったけど、時間切れで帰宅。




短時間&短距離でしたが、やっぱり少しでも走れると気分がスッキリしますね〜。














いよいよ暮れも押し迫ってきましたが、この後は年末まで変則的に仕事が。




あと何回乗れるか分かりませんが、平穏な年越しとなるといいな。。。



























b0295234_21022561.jpg








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-12-23 21:07 | サイクリングロード | Comments(2)

筑波縦走路往復未遂 後編

経験上、もうここから先は凍結区間はないはず。


そして、待望のダウンヒル区間(嬉)。


この調子なら、時間的にもギリギリ正午前には笠間クラインガルテンに到着出来るかも⁉︎












3箇所の凍結&猪集団との遭遇はありましたが、ここまではおおむね順調にことが進んでいました。










しかし…

















猪集団をやり過ごした後、日だまりの中で下り支度。


ウィンブレを羽織り、ネックウォーマーやキャップを被って、万全の態勢でリスタートしたのです。










いくら凍結や猪はクリアしたとはいえ、調子に乗って下りで落車したら元も子もない…と、ここで一段気を引き締めて、スピードが乗らないようにしっかりとブレーキレバーを握りしめてダウンヒル開始。








キツいカーブをひとつ、ふたつ…そして、3つくらいを越えたあたりだったでしょうか。








「事件」は起こりました。

























「ん? 何かいるな…」























前方に何か生命反応を感じた直後、「それ」はもう目の前に迫っていました。





距離にして2、3mくらい前?


カーブを越えてすぐだったのも災いし、気づいた時にはもう「それ」は目の前にいたのです。































「犬だ…」






























犬だということは、即座に分かりました。


そしてもちろん、それが普通の犬ではないことも。

















カーブの先、目の前に野犬が2匹。



けたたましく吠えながらこちらを威嚇しているようです。









どう考えてもヤバい状況!



でも、犬を飼っているせいでしょうか、自分でも不思議なくらい冷静でした。


















まずじっと2頭の犬を観察してみます。





まだ子供でしょうか。それほど体躯は大きくはなく、顔付きはどこか幼い感じすらします。



もしかして猟犬?



首輪はしてないですが、どうやらポインター系の猟犬ではなさそうですし、周囲に飼い主の気配もありません。










次に「眼」を見てみました。









野犬特有のワイルドな目つきはしていますが、「イっちゃってる感じ」はありません。






こちらに向かってけたたましく吠えてはいますが、牙をむき出してヨダレを撒き散らしているようなヤバさもありません。








「大丈夫。襲ってくることはないな」








直感的にそう思いました。
















犬というのは人の心の機微を実に敏感に、しかも瞬時に察知するものです。



「ここで怯んだらこっちの負けだ」。直感的にそう思ったのです。





















目の前にいる2頭の野犬にどうしようもない「イっちゃてる感」までは感じなかったこともあり、僕は彼らより精神的に「上」に立つことを決めました。












「おいおい、こんなところで何やってるんだよ。さ、一緒に走るぞー」











そう言いながら僕はペダルに力を込めて犬たちがいる方に向かって漕ぎ出し、そして下りを利用して一気に加速しました。







犬たちもまさか自転車ごと猛スピードでこちらに向かってくるとは思わなかったのか、一瞬怯んだのがはっきりと分かりました。








「よし、いける」。その瞬間、僕はそう確信しました。









でもこれがもしも登りだったら…。


登りとか下りとか関係なく、もう完全にイっちゃってるオオカミ的な野犬たちだったら…。











いろいろなことが頭の中を巡りましたが、ここはもうブッチぎるしかありません。









「遅い遅い!」









そんなことを叫びながら、気づけば2頭の野犬とトレインを組んでのダウンヒルです(爆)。








「犬・僕・犬」







3人のトレインが、杉林の中を駆け抜けていきます。


普段、ダウンヒルでは絶対にスピードを出さない僕ですが、この時ばかりは別。





もちろん、落車しないように、また道路の凸凹には不思議なほど冷静に気をつけながらグングン加速していきました。

犬たちに「かなわないな」と思わせるように、「強気」な雰囲気を出しながら…。













どれくらい下ったでしょうか。ずいぶん長く感じられましたが、おそらく500mくらいだったと思います。




まず、僕のすぐ後ろを走っていた犬が、いつの間にか山の中へと離脱しました。




そして、僕の少し前をけたたましく吠えながら走っていた犬も、根が尽きたのか、やがて横に逸れて山の中に消えていきました。












「ぶはーーーー! 助かった〜」










とりあえず野犬トレインから解放された僕は、ホっと胸をなで下ろしてそのまま一気にダウンヒル。

















b0295234_11115479.jpg



















b0295234_11120941.jpg



















もう犬たちが付いてきていないことを確認しながら杉林を駆け抜け…

















b0295234_11130745.jpg
【脱出】


















パっとあたりが明るくなり、車が行き交う県道64号線が目の前に。



少し一息付いてから、県道を左折。

そしてすぐ右側、板敷峠〜道祖神峠へとつながる林道に吸い込まれていきます。



















b0295234_11160710.jpg
















「さあ、どうしようか…。復路、またあの野犬たちが出てきたら…」















ずっとそんなことを考えながら、とりあえずは折り返し地点の笠間クラインガルテンまでは行ってみようか…という感じで登っていました。




先ほどまでの「恐怖」が嘘のような、うっとりするような雰囲気の穏やかな林道…。




まさか登りではなく下りで脚を削られるとは思わず(苦笑)、疲労感が増していた脚にねっとりとした重さを感じながらのヒルクライムでした。



















b0295234_11195509.jpg




















b0295234_11200979.jpg




















b0295234_11202519.jpg


















吾国山の尾根伝いをいくアップダウンにヒイヒイ言いながら、ようやく道祖神峠の無機質な交差点が。




そのまま左折してフルーツラインを一気に下れば…



















b0295234_11222503.jpg


















b0295234_11295244.jpg


















b0295234_11224549.jpg



















11時45分、折り返し地点の笠間クラインガルテン着。



まさかの超高速ダウンヒルのおかげか、想定よりやや早めに到着することが出来ました(苦笑)。













とりあえず「アレ」でお腹を満たすことに。





















b0295234_11234755.jpg
【マメザラバイキング!】




















b0295234_11240777.jpg





















もりそばにマメザラバイキングのセットで、1300円也。







素晴らしくコスパ高し。そして何より、手打ち蕎麦が激ウマ!


僕も日本全国いろいろなところで蕎麦を食べましたが、ここの蕎麦、けっこういいとこいってると思います。

















b0295234_11270760.jpg
【デザートのミニケーキ、3つもいただいちゃいました(汗)】



















b0295234_11274512.jpg

















野犬で荒んだ心もホッコリ温まり、大満足。



休憩し過ぎると体が固くなっちゃうし、時間の余裕もどんどんなくなっていくので、12時14分にはリスタートです。

















b0295234_11293284.jpg
【いくぜ…(ゴクリ)】




















b0295234_15260757.jpg

















さっき下ったばかりの道祖神峠を上り返しながらも、僕はまだ迷っていました。






縦走路往復を完遂すべきか、平地に離脱すべきか。






10%超の波状攻撃に悶絶しながら、「いくべきか、いかざるべきか」の問いが頭の中をグルグルと回ります。



















b0295234_15263293.jpg

















b0295234_15265127.jpg















b0295234_15270149.jpg















道祖神峠の交差点を右に折れて、林道へ。



やはりつい先ほどまで走っていた道を登りながら、考えます…。

















b0295234_15275944.jpg
【あの尾根伝いの道に、もう一度入るべきか否か…】















答えが出ないまま板敷峠まで戻り、そして…















b0295234_15284477.jpg
【ゴクリ】



















気がつけば「逆縦走路」への入口に立っていました。





さあ、どうする…。




















写真を撮りながらひと思案。












「よし、もしもまたあの野犬達がいたら、即座にきびすを返して諦めよう。下りならまた逃げ切れるはず」













往路であれだけの大騒ぎ(苦笑)があったから、もうあの野犬達はそこにはいないだろう…という計算もありました。そしてあの猪達も…。

だから凍結区間さえ押し歩きでクリアすれば、どうにかなると思ったのです。

脚もまだ「余裕がある」というほどではないにしろ、完走出来るだけの余白は残っている感じでした。











決意を固めて、暗い林道の入口へと入っていきます…。




しかし、この後、今回の挑戦はあっけない幕切れを迎えることとなります。



















そろそろと杉林に向かって走っていくと、やや斜度が上がり始めたあたりで前方から1台のワゴンがこちらに向かって下りてきました。





左側に寄ってやりすごそうとすると、何やら様子が変です。






よく見ると、運転手の人がこちらに向かって手でバッテンマークを作っています。






何か変だな〜と思いつつ、さらに冷静になってよく見てみると…

















「ウォンウォンウォンウォーーーーン!」











なんと、あの2頭の野犬がけたたましく吠えながら車を追いかけているではないですか!












「これはアカン(苦笑)」











おそらく運転手の方が僕のためにスピードを緩めて犬達を引きつけてくれている隙に、僕はクルリときびすを返してUターン。


出口まで猛スピードで戻り、車道を左折。




こうして縦走路往復は未遂に終わったのでした…。



















もしもあの車が来なかったら、またあの野犬たちに鉢合わせしていたということ。




不運と幸運を噛みしめつつ、凍結も猪も野犬もいない平和な平地を走っていました…。


















b0295234_13283641.jpg





















左手にうらめしく縦走路を眺めながら、また来年の再チャレンジを誓うのでした。



















b0295234_13285062.jpg

















b0295234_13294231.jpg


















りんりんロードの終点である岩瀬駅まで来たところで、小休止。



もう完全に張り詰めていた気持ちが切れて、思わずベンチにゴロリと寝転んでしまいました。
















b0295234_13304183.jpg



















見上げると、大きな桜の木の枝。



この桜が咲く頃に、また挑戦しに来るぞ。



そんなことを思いながら、しばしそのまま天上を見ていました…。























b0295234_13315193.jpg

















「まあなんだかんだいっても、今年も楽しいこともいろいろあったなぁ〜」











完全なマッタリモードに切り替わった頭で、走馬灯のように今年あった出来事を思い返しながら走っていました。


事故は大変だったけど、復帰後の自転車は充実してたなぁ〜。

渋峠も行ったし、瑞牆山も凄かったな。カスイチも行ったし。






そしてこの道を4人で走ったのも、楽しかったな…。




















b0295234_13341854.jpg






















b0295234_13343853.jpg



















b0295234_13345056.jpg


















そんなことを考えながら流していたら、あっという間にデポ地の筑波駅に戻っていました。
















今頃あの野犬たちは何をしてるんだろう…。


ちゃんと山に戻ったかな…。








この時期の山はもう、ようやく人の気配が薄らいで、動物たちが主役。


むやみに立ち入って、驚かしてはいけませんね。


















予定よりもちょいと早くライドが終了したので(苦笑)、帰りは筑波温泉ホテルの日帰り入浴で疲れを取り、今年初の「こちら」に立ち寄り。



















b0295234_13371467.jpg
【エンジェル♡】


















b0295234_13400958.jpg




















1年間待った「エンジェルストロベリー」!



マスターも何となく僕の顔を覚えていてくれたようで、喜んでくれました。



今年は冷え込むのが早かったぶん、とっても出来がいいらしいですよ〜。




















b0295234_13402728.jpg




















僕のお腹には1コしか入りませんでしたが(涙)、激ウマ!



砂糖を仕込んであるかのように甘かったですよ〜。


















…というわけで、今年の「締め」にと目論んだ筑波縦走路往復ですが、あえなく「未遂」に終わりました。







でも、無事に笑顔で帰ってくるのが一番!







そんなことを再確認したライドでもありました。



また来年、暖かくなった頃に再挑戦します(キリッ)。































↓ちなみに、この日走ったルートはこんな感じ。
















走行距離85.8㎞。


獲得標高は思ったより伸びていて1,989mと、2,000まであとわずか。最後、神社くらいまで登って2,000にしとけばよかったかな〜(笑)。







そしてよくよく考えてみると、「往復」ってやっぱりキツいんだなぁ〜と(汗)。






タイムテーブル的にも、やっぱりもう少し余裕があった方がいいですよね。


最低でも7時には筑波駅を出て、もう少しゆっくり走って笠間クラインガルテンに11時ジャストくらいには入りたい感じ。


あと、やはり冬よりも陽が長い時期の方がキツい復路も余裕を持って走れそうです。








来年のお楽しみに取っておきましょう〜!(野犬トレインはもうコリゴリですが/汗)








by pcblue | 2017-12-23 13:44 | ヒルクライム | Comments(8)

筑波縦走路往復未遂 前編

ホントはね、こうなる予定でした。





























恐怖の筑波縦走路、往復!


いろいろあった今年の締めに、「自分への挑戦」としてマジに完走するつもりでした。


しかし、タイトルにもあるとおり、結果は「未遂」。












さて、何があったんでしょう。結果はのちほど…。


















12月21日(木)。



実は前日の江戸川は、この日のための足慣らしだったり…。









疲れを残さない程度に平地を流した翌日、万全の体制で筑波へ!
















b0295234_22362957.jpg






















筑波へ!














b0295234_22365495.jpg
【⁉︎】



















寒いよ…。




















やってきたりんりんロード筑波駅、8時の気温はなんと、マイナス2℃!



天気は快晴。日中は8℃くらいまで上がるようですが、まあとにかく寒い。



しかし、登り始めるとすぐ暑くなるんだよなぁ…と、暑くなることを信じてジャケットは止め(何度も失敗してる/汗)、インナー二枚重ね(メッシュ+メリノ)にした上で、長袖ジャージを選択。これに中綿ジレとウィンブレで、調節出来るように。

足元はオーバーヒートしづらいので、がっちりシューズカバー&ホッカイロで下り対策。

グローブは迷った末、かさばる真冬用は車に置いて、薄手長指+インナーグローブで。




ちなみに、走り出し(登り)は長袖ジャージにジレ(前開き)。




寒かったのは最初だけで、やはり1㎞も登ったら逆に暑いくらい。

ウェア装備的には、結果的には正解でした。



















b0295234_22432947.jpg
【いざ(ゴクリ)】


















りんりん筑波駅を出て松屋製麺所の横を通り、コンクリ鳥居をくぐって右へ。県道42号線、いわゆる「神社側」のヒルクライムになります。



いきなりの登り。しかも、朝なのに交通量は多め。



前述のとおり走り出しこそ寒くてブルブル震えていたものの、すぐに暑くなり始めます。ジャケットだったら大変だった。やっぱり真冬でもお山は通気性のあるジャージ+αが正解なのかも。


















b0295234_22454317.jpg


















息は真っ白。



ウォーウアップなしのいきなり登りは、いつ体験してもキツい!


しかし今日は先が長いので、とにかく脚を使わないよう、有無を言わさず28Tを解放し、クルクルと負荷をかけないようにして回します。



















b0295234_22470760.jpg





















赤い鳥居をパスする頃には、もう「寒い」という感覚はなく、「暑い」。


しかし、気温は低いのでドバドバと汗をかくようなことはなく、また通気性のあるジャージなのでさほど熱がこもることはなく、ある意味「快適」なヒルクライムです。







よし、序盤はいい感じだ!








もちろん朝はちょっとしっかりめにゴハンを食べてきたし、補給食も各種用意。


車の中ではポカリを1本飲み干したし、スタート後もこまめにボトルの水分補給。





追突事故から復帰後は、自分なりに乗り込んできた自転車。

集大成的な意味も込めて、今日はなんとしても縦走路往復を完遂したい…と思っていました。





















b0295234_22501251.jpg




















b0295234_22502500.jpg
















それほど早朝、というわけではないけれど、この時期にここまで朝早くから筑波で登り始めるのは滅多にないこと。


眩しい朝陽に照らされた森の雰囲気や神々しい遠景に慰められながら、ゆっくりと登っていきます。







最低でも正午前には折り返し地点の「笠間クラインガルテン」に着きたい。

出来ればもう少し早く着いて、ゆっくり昼食休憩したい…。



だからあまりにゆっくり過ぎるのも厳しいので、最低でも時速10㎞は切らないように気をつけながら、さりとて脚を使わないように注意もしながら一定ペースで登っていきます。




















b0295234_22540639.jpg






















b0295234_22542986.jpg


















風返し峠もそのままパスし、つつじヶ丘アタック。
















b0295234_23110697.jpg


















b0295234_23112168.jpg






















b0295234_23113578.jpg
















先が長いせいか、今日はつつじヶ丘がとても近く感じる!


















b0295234_23120782.jpg


















9時過ぎ、つつじヶ丘着。



まだ時間が早いせいか人影はまばらで、もちろん三井谷のおかあさんの姿はなし。

トイレだけ済ませ、下りの身支度をしたら…

















b0295234_23132074.jpg
【急がば回れ】

















とりあえずまだお腹は空いてないので、暖かい「缶スープ」を補給。



あったまる〜。

















b0295234_23143728.jpg
【おかあさん、また後で来るよ(キリッ)】















ウィンブレを羽織り、ダウンヒルスタート。


登りは暑かったけど、さすがに下りは寒い。

でも、気が張っているせいか、薄手の軽いウィンブレでも耐えられないほどではない感じ。

















b0295234_23161005.jpg

















b0295234_23164047.jpg
















風返しからはもちろん、湯袋方面へとさらにダウンヒル。


顔に当たる冷気が冷たいけど、凛とした冬の空気が気持ちいい。

















突き当たりを左折し、湯袋峠を経て分岐T字を右折。



いよいよ筑波稜線林道へ…。















b0295234_23183986.jpg
















ウィンブレを仕舞い、ヒルクライムスタート。


冬の「癒しの林道」はまた空気が澄んでいていい感じです。


まだ凍結はなく、2㎞ほどの登りをクリア。


下って、上曽の分岐をもちろん…





















b0295234_23212905.jpg
【直進!】



















再び登りが始まると、暑い暑い(汗)。



ジャケットじゃなくてよかったと再確認し、ジャージのジッパーを開けて冷たい空気を取り込みます。
















b0295234_23240435.jpg


















冬枯れの森の雰囲気を味わいつつ、今日は撮影ストップ少なめで前へ。

















b0295234_23245417.jpg




















b0295234_23251275.jpg
【きのこ山から…】


















b0295234_23253669.jpg
【パラグライダー場!】






















誰もいないパラグライダー場に到着したのが、10時ちょい過ぎ。


決して速くはないのですが、自分としてはいいペースです。


脚もまだまだたっぷり残ってる!


















b0295234_23264683.jpg















ここで素晴らしい景色を眺めながら10分だけ休憩。


ストレッチしながら持ってきたカロリーメイトを2本、ボトルの水で流し込みます(苦笑)。











さあ、どんどん先へといきますよ。




















b0295234_23281214.jpg


















…と、パラグライダー場を出発してすぐの日陰でアイスバーン出現。



幸い規模はそれほどでもなく、ツルツルではなくザクザクしている箇所も多いので、歩いてクリア。





う〜ん、やっぱり縦走路のこのエリアは凍結してるかぁ〜。。。

















あまりにもヒドい凍結箇所が続くようなら「撤退」も覚悟しつつ、いつでも止まれるようにゆっくりとアップダウンをこなしていくと…





















b0295234_23310054.jpg
























b0295234_23312491.jpg














再び凍結箇所が出てくることはなく、一本杉峠に着。


そして前回きた時はここから先が崩落通行止めだったのですが、どうやら工事は終わったようで、今日は大丈夫。いける!(ホッ)







…というか、ここでまた通行止めだったらどうするつもりだったの⁉︎(汗)




















登り始めてすぐ、道路が綺麗になっている箇所が。


それはものの5mほどで、どうやら大規模な工事ではなかったようです。





さあ、ここからウィンドパワーまでは10%超の坂が続く難所。


気合入れていきますよ!















b0295234_23333998.jpg





















b0295234_07473904.jpg

















やっぱりこの区間はキツイ(汗)。



どうにか巨大な風車の横を通過すると、ようやく道は下り基調になってホッ。








しかし、安心したのもつかの間…

















b0295234_07490994.jpg






















本日二度目の凍結区間、登場。


5mくらいで凍結具合もそこそこ。歩いて脇を歩ける程度ですが、やはり縦走路のこの付近はもうしみ出しが凍ってるんですね〜。



自転車を降りて慎重にクリアし、また下っていくと…




















b0295234_07513213.jpg
【ボスキャラ登場】



















ここはけっこうヒドい!



落ち葉がたまっている脇は歩けますが、道路部分はツルツルテカテカ。



シューズカバーをドロドロにして脇を歩いて何とかクリア。シーズンの終わりを実感します。。。
















幸い凍結していたのはここまでで、再び快適な下り基調のアップダウン。



しかしこの後、ある「事件」が。




















ヒンヤリとした空気の中をツーっと下っていると、前方になにか生き物の気配。








なんと、5頭くらいの大きな猪がたむろしてる…!









「ドドドドドド…!」








あと10mくらいまで近づいたところで向こうもこちらの気配に気づき、一斉に山の方へ駆け上がっていきました。




冬になって人の気配がなくなった林道で、何か食べ物でも漁っていたのでしょうか。

以前にもりょうたパパさんと癒しの林道を下っている時に猪に遭遇したことがありますが(小さな猪が突然、目の前を横切った!)、今度のはヤバかった…。








ドキドキしながらさらに先に進んで日陰区間を過ぎ、ようやく太陽の光が当たり始めたところでちょいと休憩。
























b0295234_07582256.jpg




















ここから本格的な下りが始まるのでウィンブレを羽織り、リスタート。








猪の集団をやり過ごしてホっとしたのもつかの間、



この後、この日最大の「事件」が起こったのでした。




〈つづく〉











by pcblue | 2017-12-22 08:01 | ヒルクライム | Comments(6)

予告 〜勇気ある撤退〜

b0295234_21533996.jpg















今日はあの計画を実行に移すべく、昨日の江戸川からも見えていた、あの場所へ…。










しかし、とんでもない結末に⁉︎(とりあえず元気です)


















「衝撃の結末」は、明日以降!(大げさ)








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-12-21 21:55 | ヒルクライム | Comments(0)

江戸川でまったり&がっつり⁉︎

b0295234_15114611.jpg


















今日はまったりサイクリングin江戸川。








インスタ映えしそうな空の下(笑)、9時頃出走。


のんびり左岸を北上いたします。



















b0295234_15125415.jpg
【ブログ映えな空?】






















最近では雲が多めの空ですけど、相変わらずの快晴無風。


予報では弱いながらだんだん北寄りの風になるみたいなので、復路の追い風を期待して、さらに北上。



















…と、その前に。


















b0295234_15141968.jpg
【⁉︎】

















はい、いきなり休憩in朝モス(爆)。




暖かい店内は居心地よく、思わず寝てしまいそうです。。。
















この流山橋右岸下のモスバーガー、なんだかんだでけっこうお気に入り。



この冬も朝練でちょくちょくお世話になります(たぶん)。















b0295234_15162289.jpg
【マッタリ♡】
















10時近くまでまったりして、退店。



暖かい店内から外に出ると、寒〜!



思わずジャケットの上からウィンブレを羽織ります(汗)。





















b0295234_15173829.jpg



















流山橋たもとから江戸川CRに復帰して、そのまま右岸を北上。


















b0295234_15181387.jpg















はるか北に見える山々を眺めながら、まったりとペダルを回します。


嗚呼、幸せだ…。



















b0295234_15190818.jpg


















b0295234_15192610.jpg















b0295234_15194046.jpg














b0295234_15195695.jpg
【I love 筑波山♡】





















b0295234_15203183.jpg


















筑波山のシルエットも嬉しい長閑な景色が広がる江戸川の風景を眺めながら、こちらへ。


















b0295234_15212135.jpg
【関宿城対岸の休憩所にIN】




















b0295234_15214816.jpg
【マッタリ♡】





















背景の白飛びしてる中には…


















b0295234_15221920.jpg
【筑波山♡(しつこい!)】



















嗚呼、筑波行きてぇ〜!!!!!(爆)















…失礼。少々取り乱してしまいました(コホン)。



















もう少しまったりしようと思うも、休憩所内は陽が当たらずで極寒(苦笑)。



温かい缶コーヒーを飲み干して、対岸へと渡りましょう。



















b0295234_15240729.jpg



















b0295234_15242174.jpg





















b0295234_15243587.jpg

















b0295234_15244926.jpg



















b0295234_15250441.jpg


















中の島公園を抜けて左岸に渡れば、そこは江戸川北のランドマーク関宿城。





















お城の写真も撮らずに向かったのは、こちらですよ。
















b0295234_15261072.jpg
【何はなくともご挨拶】
























b0295234_15264317.jpg
【不機嫌⁉︎】



















ゴリさんもご機嫌ナナメのご様子なので、早々に退却。



お腹空いたな〜。お昼は野田橋下のあそこかな〜…などと考えながら、なぜか緩やかな向かい風の中をヒイコラ。



予報は外れ、微妙に向かい風チックな東風(涙)。往路も微妙に向かい風だったのに、なんでやね〜ん!(江戸川あるある)





















b0295234_15292347.jpg


















巨大な雲に励まされながらペダルを回しますが、どうにも進まない…(汗)。









ダメダメな感じで漕いでいると、無性に「肉」が食べたくなり、野田橋はスルー。


もう少し頑張って走って、「あそこ」に決定!





















b0295234_15300161.jpg
【玉葉橋を渡って右岸へ】
















b0295234_15311281.jpg
【!】



















b0295234_15313281.jpg



















ハイ、江戸川上流で「肉」といったらココですね。



「アウトドアスポーツパーク」!















到着は13時過ぎ。

ゴルフのお客さんでけっこう賑わってます。







そしてもちろん、迷わず注文したのは…























b0295234_15325034.jpg
【ガッツリ♡】


















ステーキ!













たぶんオージーですが、ペロっと美味しく頂きました♡(カロリーオーバー)
















食事の後は…



















b0295234_15340457.jpg
【超マッタリ♡♡♡】

















ガラス張りのテラスのような暖かい店内。絶妙な感じの柔らかいソファ。



思わずそのまま寝てしまいそうでしたよ。。。




















ラウンドを終えてドっと入ってきたゴルフのお客さんたちの声にハっと我に帰り、そそくさと退店。


ほんと、危うく本当に「落ちる」ところでした(汗)。

















…と、この日はなんの変哲もない江戸川サイクリング77.6㎞。



刺激はないけど、たまにはこういうまったりサイクリングもいいなぁ…と思うのでありました。



























b0295234_15380163.jpg



















b0295234_15381456.jpg










さあいよいよ年末。あと何回乗れるかな?








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-12-20 19:02 | サイクリングロード | Comments(0)

2017ジテツウ納め

まだ仕事自体は続きますが、とりあえず今日で「ジテツウ納め」となりました。



今年もまた無事にジテツウを終えられたこと、まあよかったかな〜と思います。



1年間ありがとう、マドン。




















b0295234_20390991.jpg
【これは昨日の朝。何かの撮影やってました】


















b0295234_20395787.jpg
【日曜日に磨いたマドン。6年経って、まだまだピカピカ⁉︎】






















いよいよ強烈な寒さも、走り出してしまえば不思議と大丈夫。



自転車に乗れる喜びの方が遥かに勝りますね。


















b0295234_20404987.jpg























b0295234_20410636.jpg

















b0295234_20411980.jpg
















b0295234_20422894.jpg















ひとつひとつのシーンを噛みしめるようにジテツウを楽しんで…














そして今朝も!




















b0295234_20431378.jpg
【寒い〜(笑)】


















b0295234_20433334.jpg
【ぼんやりと富士山。完全に澄んだ空気と本格的な寒さはまだまだこれからですね】


















b0295234_20442074.jpg


















b0295234_20443412.jpg
【ポイント納め(爆)】


















b0295234_20450178.jpg


















b0295234_20451432.jpg
【今はジテツウで頑張ってくれている初ロードのマドン4.5。事故の件もあって今年はあんまり乗ってあげられなかったけど、来年がガンガン乗るよ!】



















そして仕事のお山を越えてちょっとだけ早く退社出来た帰りは、もちろん…

















b0295234_20460664.jpg


















b0295234_20465413.jpg
【メタセコイアの森納め】



















紅葉した葉っぱはほとんど散っていたけど、黄昏時の森は本当に綺麗でした。



次の見どころは、やっぱり新緑の頃かな?


















b0295234_20475891.jpg
















水元公園を後にして江戸川に入れば、スカイツリーと富士山がお見送りしてくれました。







幸せなジテツウ、また来年も…




























b0295234_20484708.jpg
















b0295234_20490071.jpg








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-12-19 20:49 | ジテツウ | Comments(0)

年に一度は彼の地へ 後編  〜癒しの秩父華厳の滝&天空の楽校〜

思い出の釜伏峠を、今日は初めて下ってみます。。。
















b0295234_21052777.jpg

















b0295234_21053162.jpg
















激坂で知られる釜伏峠(ところで読み方って「かまふせ」? それとも「かまふし」?)。




やっぱり下りもエグいです(苦笑)。

















b0295234_21055814.jpg
【えぐっ】


















例によって「よくこんなの自転車で登るよなぁ〜」なんて呆れながら20%UP坂を慎重に下り…


















b0295234_21060283.jpg
【思い出のトイレ(笑)】



















林道を下りきって県道82号線に出て、思い出の観光トイレが角にあるT字を右折。



いよいよ皆野に入っていきます。


















b0295234_21060686.jpg
【県道を快走。風が強いけど気持ちいい!】



















皆野寄居有料道路の高架をくぐり、道の駅「みなの」を左手に見て大きな交差点を直進。

突き当たりを左折して県道37号線に出て、あとは「満願の湯」の看板どおりに進んで荒川に架かる栗谷瀬橋を渡り、国神交差点を右折。

突き当たりのT字路を左折すれば…




















b0295234_21061018.jpg




















「全国第10位」を目指し、ヒルクライムスタート!


















b0295234_21061473.jpg





















日陰の県道284号線、路肩にはところどころにうっすらと凍結が。


もうヒルクライムシーズンも終わりなんだなぁと一抹の寂しさも感じつつ、ゆっくりと登っていくと…


















斜度もそれほどでもなく、距離も2㎞くらい?



沢沿いの景色を楽しんでいると、出てきましたよ。





















b0295234_21061855.jpg
【ドン】






















b0295234_21062288.jpg
【ツッコミ無用】





















入口に自転車をロックして、いざ。



















b0295234_21062665.jpg





















b0295234_21063084.jpg



















b0295234_21063448.jpg


















秩父華厳の滝、遅くなりましたが今年も無事、見ることができました。











さてお次は遊歩道をヨチヨチ歩いていったん自転車のところに戻り、滝の上に回り込みましょう。


















b0295234_21063890.jpg
【!】


















いらっしゃいました(笑)。





今年初対面の…





























b0295234_21064661.jpg
【ドォ〜ン】




















はい、もう説明無用ですね。



すべての悩みが吹き飛ぶお顔を持つ、秩父華厳の滝の不動明王様です!!!





















b0295234_21064238.jpg
【「オソカッタジャナイカ〜」】




















お参りを済ませ、何かとてもスッキリとした気分で下へ。これで厄も落ちるかなぁ〜。。。












さて、「あの場所」を目指し、県道284号線をもう少し登るとしますか。





















b0295234_21065024.jpg














華厳の滝から先の林道がまた、絶品なんですよね。


何度来ても、「ここはいいなぁ〜」と思います。



















b0295234_21065531.jpg

















そのまま素直に行けばいいものを、途中でショートカットを目論んで左折し、また小さな集落に迷い込む。



学習能力ないなぁ。。。
















b0295234_21065982.jpg















この小さな山間の集落、以前も同じように迷い込んだことがあるんですが、なんとも言えないいい雰囲気。

民家なので写真はバシバシ撮れないんですが、日本昔話に出てきそうな集落で、こんなところにもちゃんと人々の生活があるんだなぁ〜なんて来るたびに感心させられます。



















…といっても、珍妙な格好で迷い込んでいきた侵入者には違いないんで、早々に退散(汗)。




来た道を戻り、県道まで戻ろうかなぁと思っていると、左手にさらなるショートカットルートっぽい道を発見。


コンクリ舗装でヤバそうな道に、思わず吸い込まれると…

















b0295234_21070347.jpg
【ヤバ♡】





















iphoneマップでチェックしたところ、確かに「あの場所」のすぐ先の県道に出るはずなんですが、ショートカットということは、斜度的には「そういうこと」なんですよね(苦笑)。









「ヒェ〜、なかなか着かないぞ〜」と悶絶しつつ次々と襲い来る15%級の坂をクリアしていくと…


















b0295234_21070795.jpg
【⁉︎】


















確かに県道には出たんですが(写真の奥の道から出てきた)、いきなりの登り(笑)。







「なかなか着かねぇ〜」とヒイヒイ言いながら登ると、幸いにもすぐにありました!



















b0295234_21071637.jpg
【やっと着いた〜】


















b0295234_21071991.jpg
【やってるー(涙)】



















b0295234_21072381.jpg



















b0295234_21072803.jpg




















b0295234_21073256.jpg



















b0295234_21073847.jpg



















b0295234_21074268.jpg



















秩父華厳の滝といえば、ここ。





もうお分りですよね。


思い出がたくさん詰まった「天空の楽校」です。










ここ、毎年12月から3月までの間は冬季休業になるんですよね。


そして今日、12月12日は今年の最終営業日。何とかギリギリ間に合いました。
















さっそく自転車を停めて食堂の扉を開けると…









「あ、アレ…? 開かない⁉︎」
















カギかかってる…。
















ガーーーーーーン…












しばし呆然としつつ、冷静に店内を見ると、ママさんが慌てて出てきてくれました!(よかった〜)












「ゴメンなさ〜い! 風が強いんで、ちょっと今だけ閉めてたんですよ〜」















確かに、森の中にいたせいか気づかなかったけど、すごい風!













「こんな日に自転車で⁉︎ すごい! みかんあげます!(笑)」












はい、ド変態なんで…。






















b0295234_21074633.jpg
【頂いたみかんがとても美味しくて、染みたなぁ〜】



















b0295234_21075123.jpg






















さて、暖かい店内でみかんの後に頂いたのは、もちろんこちら。



















b0295234_21075626.jpg
【ホカホカ、「天空のちまき」!】





















b0295234_21080829.jpg
【しいたけ、タケノコがゴロゴロ】

















b0295234_21081258.jpg
【角煮も激ウマ!】


















b0295234_21081932.jpg
【ひんやりフルーツケーキも最高…】



















写真撮り忘れましたが(汗)、名水で淹れたコーヒーがまた最高の味でした。



















それにしても、ちまきは相変わらずの美味しさ!

醤油仕立ての甘辛い味付けで、「これキライな日本人いないでしょ⁉︎」という懐かしくも優しい味。

腹持ちも抜群にいいですし、ヒルクライムの「ニンジン」にはこれ以上ないと思いますよ。



















「今年は台風で楽園祭も中止になってしまって残念でしたが、自転車の方もけっこう来てくれたんですよ。よかったらまた来年もいらしてくださいね」














明るいママさんとしばし談笑。本当はもっとゆっくりしていきたかったんですが、山の中で日が暮れてしまってもヤバいので、ほどほどで退店。







ママさん、また来年春にド変態な仲間達と来ます!(たぶん)


















b0295234_21082336.jpg



















b0295234_21082817.jpg






















登ってきた県道284号線を下り、華厳の滝も過ぎ、凍結区間も慎重に下って…






県道82号線の釜伏峠出口の観光トイレ前でひと思案。











「さっき下った釜伏峠に登り返すか(激坂♡)、もう少し県道を直進して左折し、高原牧場を越えて帰るか…(毎年6月頃の「天空のポピー」で有名な場所に出る。こっちもけっこうな坂♡)」
















ま、当然「こっち」でしょ。

























b0295234_21083268.jpg
【突撃】



















もちろん前者♡

















b0295234_21084135.jpg
【ふぬぉおおおおおおお〜】

















b0295234_21084558.jpg
















b0295234_21085008.jpg



















b0295234_21085420.jpg

















b0295234_21085852.jpg

















b0295234_21090328.jpg
【き、キツいよ…(でも楽しい)】















民宿「きりしま」付近で斜度が揺るんで一瞬だけ下り基調になるも、その先のログハウスエリアから終盤にかけてがまた、エグい。




最後の力を振り絞って…


















b0295234_21090892.jpg
【ぐぉおおおおおおおお〜(ログハウスに寄って休んでいきたい/涙)】




















b0295234_21091282.jpg
【もうちょい!】
















b0295234_21091968.jpg

















眺望のある最終コーナーをヨイショと体と自転車を持ち上げれば…




















b0295234_21092344.jpg
【着いた〜! 本日二度目の釜伏峠(笑)】
















しばし息を整えて、夕暮れの中、深呼吸をひとつ。




やっぱりお山はいいなぁ〜と噛み締めてから、復習の意味を込めて来た道を大宝林道方面に戻ることに。



















b0295234_21092710.jpg


















b0295234_21093290.jpg
















ヤバっ。けっこう暗くなってきたぁ〜(汗)。
















b0295234_21093776.jpg
【ここを右折(直進すれば中間平だったのに、帰りも時間がなくて焦っていて気付けず)】

















b0295234_21094172.jpg



















b0295234_21094739.jpg



















間違えることなく県道294号線に期間。




あとはそのまま下れば道の駅――――――。

























b0295234_21095175.jpg

















b0295234_21095787.jpg


















どうにか真っ暗になる前に道の駅「和紙の里ひがしちちぶ」に戻ってくることが出来ました。

















ちなみに今回走ったルートは、こんな感じ。
























眺望スポットの「中間平」は綺麗にすっ飛ばしちゃったけど、「道の駅ひがしちちぶ&大宝林道」は新たな発見でした。



道の駅は綺麗だし、大宝林道は静かで雰囲気抜群。そしてりょうたパパさんと寄った入浴施設「花和楽の湯」もインターまでの帰り道沿いにある(笑)。



釜伏峠を越えて天空の楽校方面に行くにはちょうどいいルートかもしれません。


















ちなみに、この日の走行距離は66.6㎞で、獲得標高は1,653m。


道を間違えてウロウロしたり、最後は時間に追われたり…と数値以上に疲れたけど、とても楽しいライドになりました。








そして、さすがに秩父方面は今年は最後かな。


今年はあんまり来られなかったけど、それなりに楽しませてもらいました。





来年は春も来たいし、実はまだ天空のポピーも見たことないし、紅葉の中津峡もまた行きたいし…。今年よりたくさん来れたらいいな、と思っています。みそ豚丼もわらじかつ丼もまだだし〜(笑)。





また来る時までに、筑波のお山と江戸川の向かい風でもうひと鍛えしときますか!?













とにもかくにも、この日はギリギリセーフで華厳の滝&天空の学校も来られたので、「終わりよければすべてよし」、ということで!








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-12-14 19:13 | ヒルクライム | Comments(4)

年に一度は彼の地へ 前編  〜絶品の林道大宝線を駆け上がれ!〜

楽しかったカスイチの余韻に浸りながら、何気なくこちらを覗いたら…。










「なぬーーーー! 明日で終わりーーーーーーーー⁉︎」









毎年必ず一度は行っていた「天空の楽校」&…。


今年は6月の事故のせいもあり、実はまだ行ってなかったのです。










これは何を差し置いても行かねばならぬ…ということで、昨日12月12日、急遽…





















b0295234_19300320.jpg














高速道路を爆走。















外環、関越と乗り継いで、向かうは「嵐山小川IC」。




















b0295234_19311423.jpg
















デポ地はおなじみの道の駅「おがわまち」…ではなく、国道254号線&県道11号線をもう少し走って、道の駅「和紙の里ひがしちちぶ」を利用してみることに。





今日の目的地は今年最終営業日の「天空の楽校」と、その手前の滝の上に鎮座される「あのお方」に会いに行くこと…。


少々時間が押していたので松郷〜白石峠ルートは断念し、初めて「和紙の里ひがしちちぶ」にデポして、「一気に釜伏峠を越えて皆野に入ってしまう大作戦」です。

















b0295234_19370972.jpg

















b0295234_19381334.jpg



















10時に到着すると、立派な道の駅でビックリ。

そして、車で走っている時にナビの松郷峠のところに通行止め表示が出ていたので、ここまで来てよかったのかも。







さっそく準備して、出発です!



















b0295234_19384796.jpg
【しばらくはこんな緩やかな登り基調の道路を北上】










例によっていきあたりばったり。


頭の片隅にあったのは、過去のぴぃすけさんのブログエントリーで、確かこのあたりに釜伏峠に通じるいい感じの林道があって、その途中には「中間平」という展望スポットがあったよなぁ…という、ぼんやりとした記憶のみ(ちゃんと出発時に読み返せばよかった…)。



そんな感じでいつものごとくけっこういい加減なプランなもんだから、「落合橋」T字路でなんとなく左折してしばらく走ってしまう…。



途中で「このままじゃ定峰か、秩父高原牧場の方に登るしかない⁉︎」と気づいて引き返し、また「落合橋」T字へ。左折して、県道294号をさらに北上(汗)。























b0295234_20161865.jpg



















時折停まってiphoneのマップを見ながらそれっぽい林道が出てくるところをいちいちチェックしながら進んでいくと…




















b0295234_20164255.jpg
【ここか…?(左奥に見えるのが走ってきた県道294号)】



















b0295234_20172834.jpg
【「大宝林道」。間違いない…(ゴクリ)】
















鋭角に左折するところに、「大宝林道」の石碑。


「おおたから」と読むのか「たいほう」なのかは分からないけど、ここに間違いない、と確信し、左折。















b0295234_20193465.jpg



















みかん畑の中を上に向かって伸びていくつづら折れ。



すごくいい道!

















b0295234_20192077.jpg
【ニャーゴ】


















道幅も林道らしく狭くていい感じ(⁉︎)だし、斜度もいきなりなかなか。



そして…

















「やっぱりヒルクライム楽しーーーーーーーー!」




















b0295234_20205403.jpg



















b0295234_20213699.jpg



















b0295234_20215061.jpg


















b0295234_20220699.jpg





















b0295234_20222622.jpg















斜度はおおむね10%くらい?



東秩父にもまだまだ素敵な林道があるんですね〜。









風は強いですが、太陽燦々ポカポカ陽気で登っていると暑いくらい。

今日はジャケットではなく長袖ジャージにジレとウィンブレ携行にしましたが、正解でした。


















b0295234_20233305.jpg
【熱いぜ】


















b0295234_20252150.jpg

















b0295234_20253608.jpg






















思わずニヤけてしまうつづら折れを登っていくと、ポツポツとあった民家も消え、道はどんどん林道チックに。いい感じです。



















b0295234_20254965.jpg

















b0295234_20263260.jpg

















強風で落ちた杉っ葉で道はフカフカですが、それがまた心地よかったりして…





















b0295234_20264647.jpg





















b0295234_20273433.jpg



















iphoneで道をチェックすることも忘れてズイズイと登っていくと…






















b0295234_20283015.jpg





















b0295234_20285187.jpg
【いい感じでしょう⁉︎】


















b0295234_20291627.jpg





















b0295234_20293094.jpg





















b0295234_20294510.jpg
【⁉︎】





















しゅ、終点⁉︎

















終点ということは、ここが峠?



疑心暗鬼に駆られながら進んでいくと、道は確かに下り坂に。






















b0295234_20344342.jpg
【うん、下ってるね(それもかなり急)】


















ここでようやく冷静になってiphoneマップで現在地をチェックしてみると、このまま下っていくと、また途中から登り返して、高原牧場に続く尾根沿いの途中に出そうな雰囲気。「正解」は、ここまで登ってくる途中に右に折れる場所があって、そこを右折しないと釜伏峠に通じる林道には出られないようです。


一瞬このまま下って…も悪くないなかなと思ったんですが、時間的にどんどん到着が遅くなりそうな気がして、ここは冷静になってUターンすることに(涙)。








「林道大宝線終点」の看板まで登り返して、そこからせっかく登ってきた道を下り…





















b0295234_20352998.jpg
【ここだ!】



















ちょっとした別荘地帯のようなところにある、登ってる時に見た覚えのある場所まで下ってきてマップチェックすると、どうやらここが曲がらなければならなかった場所のようです。


曲がった先はさらに細い道なので、スルーしてしまっていたのでした。
















b0295234_20370442.jpg
【行くぜ!】


















半信半疑で入っていくと、そこがまた素晴らしい雰囲気の林道!


















b0295234_20383059.jpg




















b0295234_20390710.jpg



















b0295234_20392481.jpg



















b0295234_20393851.jpg


















b0295234_20402769.jpg















どうです? すごい雰囲気でしょう⁉︎



正直僕、この道かなり気に入ってしまいました(笑)。








そしてこの素晴らしい雰囲気の林道を駆け上がっていくと、こんなT字に突き当たりました。



















b0295234_20404750.jpg



















b0295234_20442927.jpg























b0295234_20422248.jpg
【合ってる。左だ!】


























釜伏峠へのルート的にはこれで正解だったんですが、実はこのT字をいったん右折したところに例の眺望スポットである「中間平」があったんですよね。


ちゃんとぴぃすけさんのブログに書いてあったはずなのに、完全にスルーしてしまいました(汗)。




















b0295234_20450358.jpg



















まあでも、林道の雰囲気が最高なので、よしとしましょう(爆)。


















b0295234_20452552.jpg
















…とここでいきなり、「ミシュランパワーコンペティション」林道インプレッション!(苦笑)









そのスーパーな転がりで、本来カスイチのような平地が得意分野であろうパワーコンペですが、以前乗っていた時も感じていたとおり、やはり登り坂の転がり感もウルトラスムーズ!






矛盾した表現ですが、まるで「滑るように登っていく」感覚。


ペダルがストンストンと勝手に落ちていくような感覚は、やはり唯一無二(決してミシュラン社の回し者ではございません)。


5%くらいの坂なら、まるで平地のようにグイグイ進んでいきます⁉︎(ホントかよ)








耐久性に目をつむって余りある魅力が、やっぱりあるんだよなぁ。






うん、やっぱりこのタイヤ、好きです♡















閑話休題。

























「中間平」をすっ飛ばし、最高な雰囲気の林道を滑るように駆け上がっていくと…



















b0295234_20513185.jpg












b0295234_20511878.jpg

















キターーーー! 釜伏峠!














初めてヒルクライムの「楽しさ」を教えてもらった、思い出の釜伏峠。


激坂で有名な皆野側から登ったことは何度もありますが、こちら側から登ってきたのは初めて。


林道大宝線も味わえたし(中間平はすっ飛ばしましたが)、なんか感動です。












さて、今日は激坂をグリグリと下って、「あのお方」が待つ皆野に向かいますよ〜。



〈つづく〉











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-12-13 20:57 | ヒルクライム | Comments(4)

予告 〜ギリギリセーフ⁉︎〜

b0295234_20362056.jpg




















あそことあそこ…、年内ギリギリ間に合いましたよ!(バレバレ⁉︎)










これで後厄も吹き飛んだ⁉︎


更新は明日以降!









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-12-12 20:37 | ヒルクライム | Comments(0)