<   2015年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

自然体

b0295234_21532832.jpg












銀のベンザで喉もだいぶ復調してきたことだし、明日日曜日は雨予報なので、今朝は久しぶりに早起きしてひとり朝練に繰り出しました。





5時、まだ暗い中家を出ると、即座に引き返そうかと思うほどの北風。

これは江戸川CRは厳しいだろうなと思い、迷わず土手とは正反対の市街地に入りました。





明日から3月とはいえ、まだまだ寒い。夜明け前の気温は4℃で、まだまだ下がりそうな雰囲気です。



それでも市街地を走れば北風の猛威も半減。久しぶりにpcblue号に乗れた嬉しさの方が勝り、少々ハイペースで暗がりの街を飛ばしていたら冷えのせいか左膝に鈍痛が走ったので、あえなくスピードダウン(苦笑)。


恐怖の国道6号線はほんの僅かだけ走り、県道51号で逆井から国道16号線を横切って沼南方面に出るルート。これ、銚子ライドのラストで走ったルートを逆走する形で、あの時の記憶が鮮明に蘇ってきて目頭が熱くなりました(笑)。










b0295234_21593785.jpg

【逆井の自販機で一休み。銚子ライド、辛かったなぁ〜】








8時までには戻る約束をしてきたショートライドなので、目的地はもちろん定番の手賀沼。
何だか今日はものすごく近く感じます。










b0295234_2214472.jpg

【国道16号を横切って藤ヶ谷カントリーを過ぎると景色が一変。この農道、すごく好きだなぁ。いつ走っても気持ちいいです】









すっかり日も長くなって、6時を過ぎるとどんどん明るくなってきました。そして、農道を走っているところで東の空に太陽が顔を出しました。変な表現ですが、今日の朝陽は、まるで夕陽のような朝陽(?)だったなぁ。









b0295234_2261374.jpg










b0295234_2262534.jpg










b0295234_2263947.jpg










寒いのは寒いんですが、なんていうか、真冬のあの突き刺すような寒さではなく、奥の方でぼんやりとした温かさが感じられる日の出でした。

季節は確実に進んでいるのですね。









田圃が広がる長閑な農道を走っていると、向こうから歩いて来た犬の散歩のおじさんが「おはよう!」と元気な声をかけてくれました。そんな些細なことが嬉しくて、ただそれだけで俗世間にまみれた心が浄化していくような気さえします。








どうしてこんなに自転車って楽しいんだろう!







人間、生活していればいろいろなことがありますよね。

自分をごまかして、妥協して、他人を妬んで、腹が立って…

40年そこそこも生きてくると、実社会では自分を守るためにバリアを張って、知らず知らずのうちに上手に傷つかないように逃げることばかりを覚えていくような気がします。




そんな自分自身の真っ黒い「汚さ」みたいなものが、無邪気に自転車と戯れている時だけは、ほんの一瞬だけでもパっと綺麗になるような、そんな気がするんですよね。


だからこんなに早く起き出して、また何の得にもならない自転車に乗る(笑)。いや、この「得にならない」ってことこそが、大の大人がこんなに夢中になってしまう理由なのかもしれませんね。


だいたい、自転車そのものを買う時は言うに及ばず、ウェア1枚買う時さえドキドキワクワクして嬉しくて眠れないんですから、自転車の魔力ってヤツはとんでもないです。

そんな自転車も「逃避」だけじゃなく、また実生活に立ち向かう「力」にもなる。すごい趣味ですよね。




今朝は農道を走りながら、なぜかそんなことを考えていました。










b0295234_22254364.jpg

【手賀川の浅間橋にて。思わず言葉を失う朝陽の景色にしばし感動】









b0295234_22261253.jpg










b0295234_22264292.jpg

【手賀沼CRでは強烈な向かい風にやられて自分がいやになるくらい超遅(苦笑)】









自転車って本当に正直。

たかが1回200㎞走ったくらいでいきなり強くなるはずもなく、逆に最近の乗り込み不足がてきめんで、アレ〜とがっかりするほど元通り(苦笑)。


3歩進んで3歩下がる。


継続は力なり、ですな…。









b0295234_22305063.jpg










手賀沼からの帰り道は、いつもの大堀川から初石方面に出て、流山経由で帰宅。まるで計ったかのように8時ジャストに家のドアを開けてセーフでした。走行距離は50㎞ちょい。満足。









手賀沼からの帰り道では、今度はブログというものについてつらつらと考えながら走っていました。


もともと写真が好きで、ライド中に撮っていた写真をささやかながら公にしてみようかな…というのがきっかけ。それで始めたものが1(ライド)+1(写真)が2以上の楽しさになって今に至るわけですが、冷静に考えればこれって基本は自己満足の世界ですよね。





実は僕はT.Aさんのブログのタイトル「自分のためだけの自転車の記録」が大好きで、これってものすごく正直な気持ちをストレートに言い表したものだと思うんですよね。僕も含めてみんな、思っていてもなかなか口に出せないというか、やっぱり自己満と言ってはみても、よりたくさんの人に見て欲しいと感じたり、コメントが欲しかったり、ブログ村のランキングが上がったらいいな…というような「欲」って絶対にあると思うんです。だから一見すると読者を突き放すようなドキっとするようなT.Aさんのブログタイトルを初めて見た時、僕もけっこうドキっとしたんですよね(笑)。

このタイトルって、実は「究極」であり、でも、ブログそのものの根本的なあり方をズバリ指し示していて、何か言いようのない迫力を感じるのですよ。





で、実際にお会いしたご本人は、これがまたものすごく自然体。





お会いした時、ブログタイトルとご本人がシンクロして、ものすごく納得したというか、「そうか〜!」みたいな。胸がスっとしたんですよね。勝手な想像で、もしかしたら意外と怖いお方が目の前に現れるんじゃないか、みたいな不安もあったんですよ、実は。「俺は自分のためだけに走るから黙ってついてこい!」みたいな(爆)。でもまったく逆でしたね。






僕も「自然体」を売りにしてるつもりではあるのですが(苦笑)、やっぱりどこかでカッコ付けたり、あわよくば何か脚色しかけたり…って、実はけっこうあったりするんですよ。

でもそんな時、僕はふとT.Aさんのブログタイトルを頭に思い浮かべるんです。それで、自然体でいいんだ、いや、自然であるべきなんだ…と書き直したりして。自然体でいることって、実はものすごく難しかったりするんですよね。



ま、T.Aさんにしたら「そんなに深い意味ないですよ〜」とそりゃまた自然体でおっしゃられるような気もしますが(勝手に書いてしまってスミマセン!)。












自転車乗ってる時って、鼻水が吹きこぼれたり、疲れて半ベソだったり、逆に楽し過ぎて半笑いだったり…、そりゃあまあヒドいもんじゃないですか(笑)。まさに究極の自然体! でも、俗世にまみれたオッサンがサドルの上でそこまで自然体になれるっていうのが自転車そのものなんじゃないかと、僕は乗るほどにそう確信するのです。









だからブログも「自然体」が基本。

のんびりゆっくり、時には立ち止まりつつ、そして出来るだけ長く続けてみようかなあとは思っております。


そしていつの日か、自信を持って「自分のためだけの自転車日記♪」と改名出来る時が来るよう、成長していきたいものです。












…とまあその前に、記事ランキング1位の「レヴォーグ」を早くなんとかしたいpcblueです(笑)。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-02-28 23:22 | 平地ライド | Comments(2)

ベンザブロックは銀

告白するとわたくし、非常〜に喉が弱いです。

なのでもちろん、「銀のベンザ」(爆)。

風邪はいつも喉から、というわけです。





喉が弱いって、自転車乗りにとってはけっこう厄介。

根っからの偏頭痛持ちであることに加えて、いつも喉に爆弾を抱えている…






ああ、厄介なローディーです(涙)。







いったいいつからこんなに喉が弱くなったんだろう…と考えると、思い当たることってあまりないんですよねぇ。扁桃腺持ちでもないし…。自転車を始める少し前に止めたタバコが原因か?

でも、ちょっと油断すると喉が痛み出す→発熱…となってしまうので、実は自転車に乗る時もいつもハラハラしていたりします。

激しく呼吸し、かつ大量の冷たい風を喉に受けながら走る自転車ですから、油断するとけっこうヤバいです。



最近も、「いつかちゃんと医者に診てもらって根本的な治療でもしなくちゃいけないのかなぁ…」と思いつつ、しばらく大人しかった喉ですが、例の銚子こいたロングライドで一気に大爆発(笑)。

翌日、すぐに近所の耳鼻科に行って抗生剤をもらって飲んだんですが、もらった分を飲み尽くして症状も軽くなって治ったなぁ〜なんて思ってたら、薬を飲み終えて少したったらまた痛くなってきました。う〜ん…。



元々の偏頭痛といい、年末の歯のトラブル(実はまだ治療中)といい、銚子ライドで大爆発した喉といい、自転車に支障のあるものばかり。やっぱり前厄なのかなぁ(苦笑)。



まあでも自転車があるからこそ「健康でいたい」と思うわけで、いろいろ気を付けたりもしますからね。そもそも自転車に出会っていなければ今頃とんでもないことになっていた可能性大な体だったわけで、そういう意味では自転車に感謝はすごく感謝しています。







で、今日は代休で、何事も無ければ自転車の日…だったのですが、喉がまた痛み出していたのと、次女の喘息も少々出ていたので保育園を休ませ、二人で一日中家にこもっていました。


次女は適当に遊んでてくれたので、僕はテレビの前でボーっとツールの録画なんかを見てたんですが…




おっそろしくヒマ!




毎月第三〜四週くらいにやってくる「猛烈仕事忙しい週間」中は、「家でゆっくり一日ツールでも見てたい〜」と心底思うんですが、いざ実行してみると、もうウズウズしてダメですね(苦笑)。

おかげで喉の調子はだいぶよくなったのですが、暇で暇で気が狂いそうでした。
一日家にいて何もすることがない…というのは拷問に近いな…と改めて思いました。


途中、何度も次女を連れてショップにでも遊びに行こうかと思ったんですが、「今日は絶対外出禁止」と家人にキツく言い渡されていたので、グっと我慢。子供は必ずバラしちゃいますからね〜。













…というわけで、「ベンザブロックは必ず銀」というお話でした。





誰か喉を強くするいい方法があったらぜひ教えて下さい〜。










b0295234_21534427.jpg








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-02-24 21:57 | 自転車のこと | Comments(2)

ままならない春

春は三寒四温。

寒い温かいを繰り返して、少しずつ季節が進んでいきます。




この時期、我が家最大の懸案事項が、子供の喘息。

次女が喘息持ちなのですが、季節の変わり目になると見事に症状が表れます。

意外と真夏や真冬は大丈夫。真冬なんてよっぽどひどくなりそうなもんなんですが、不思議ですね。少しでも暖かい日が来たりなんかすると、とたんにゲホゲホと始まります。


ゲホゲホしている子供は見ているだけでもかわいそうで、代われるものなら代わってあげたいのですが、そうもいかず、こまめな吸入と、ただただ仕事をやりくりして一緒にいてやる時間を増やしてあげることくらいしか出来ません。家人はシフト制の仕事なので、おいそれとは休めないので、ヒマな僕が代休を駆使して乗り切ります(笑)。



これから桜が咲く時期までが、喘息のピーク。なので子供が出来てからが桜が嫌いになりつつあります(苦笑)。

で、梅雨時期も油断ならず、真夏の太陽が照りつけるようになると、なぜかスッと収まります。

人間の体が自然界から受ける影響って、すごく不思議だなぁと思います。










b0295234_1238081.jpg

【先週金曜日のジテツウより。子供達が大きくなったら自転車をやらせて、喘息なんて撃退してやる予定です(笑)】









よく考えたら、自由気ままにいつでもライドに出掛けられる…なんて人、ほとんどいないですよね。

誰もが何かしらの制限の中で、貴重な時間をやりくりして自転車を楽しんでいるのでしょう。

だからこそ、自転車に股がって家を飛び出した時の嬉しさって、何物にも代え難いものがあるんだと思います。





週末朝は雨で乗れず、早くもまたロングライドに出掛けたくてウズウズしてきているのですが、

ま、無理せずぼちぼちいきますか。













b0295234_12431019.jpg







全然関係ないですが、ジテツウ途中、ついつい寄ってしまうマック。

コーヒー+ホットアップルパイで200円。

停めた自転車を眺めながらホっと一息出来るのって、自分の場合はこの会社手前のマックくらいしかないんですよね。なので、いろいろあったマックですが(苦笑)、ついつい立ち寄ってしまいます。

以前はファミレスなんかにも寄ったりしたこともあったんですが、やはり自転車が見えないのと、予算的なもので、マックに落ち付いてしまいました。朝の都内のコンビニは、人の出入りが激しくて落ち着かないですし。それに、なんか気軽なんですよね。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-02-23 12:50 | ジテツウ | Comments(2)

帰り道

b0295234_99893.jpg






b0295234_991974.jpg






b0295234_992979.jpg











昨日のジテツウの帰り道。

すっかり日が長くなって、夕焼けを楽しめるようになってきました。







でも、こんなに綺麗な夕焼けだったのに、今朝は雪が降っております…。









b0295234_910319.jpg










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-02-17 09:12 | ジテツウ | Comments(0)

灯台下暗し

b0295234_12372863.jpg










週末はみっちり家族サービス敢行により、自転車は無し。

まだ喉の腫れも引いていなかったのでちょうどよかったんですが…。

銚子ロング以降、体の痛みも引き、もう子供のように「自転車乗りたい」状態。今朝ほどジテツウがありがたいと思ったことはありませんでした。



明日、明後日と天気が崩れそうなので、今日は石にかじり付いてでもジテツウ!

最高の天気で、少しだけ早く出て寄り道。









b0295234_124063.jpg

【やっぱり江戸川CRはホっとしますね(苦笑)】









b0295234_12403587.jpg

【ちょいとこちらに寄り道】











そこは河川敷内の、江戸川本流と平行する小さな川の部分。

大きな柳の木があったりして、なかなか雰囲気が良くて、たまに意味もなく立ち寄ってしまいます。

そして、いつもは見過ごしていた橋のところの看板を発見。










b0295234_12423551.jpg











僕の住んでいる松戸市といえば「矢切の渡し」があまりにも有名ですが、もう少し下流なので、ジテツウルートからは外れています。

でも、矢切の渡し以外にも、いくつか「渡し」があったんですね。

地元のことって、実は意外と知らなかったりするものですね。

灯台下暗し。ロングもいいけど、近場をじっくり走ってみるのも面白いかもしれませんね。








b0295234_12435556.jpg











b0295234_1244795.jpg











b0295234_12442469.jpg










思わず会社に行くのを忘れてしまいそうなほどいい天気でしたが(苦笑)、ほんの少しずつ、春が近付いてきているような感じもしました。

こうしてちょっとした寄り道が出来るのも、自転車の良さですね〜。










b0295234_12461559.jpg

【冬枯れの中に、ほんの僅か黄緑色を感じた朝でした】







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-02-16 12:47 | ジテツウ | Comments(0)

銚子ライドの余韻

…に浸りながら、

痛む身体と喉をなだめながら、

仕事してます(苦笑)。




辛かったし苦しかったしヤバかったけど、やっぱり楽しかったな。

自転車って、本当に素晴らしいですね。




今日は仕事から帰って来た後、ライド後そのままにしてあったpcblue号を愛情込めてお掃除してあげました。








それにしても、今あらためて銚子ライドの写真を見返していたら、撮った枚数が少ないこと!

特に、復路はほとんど撮ってない(笑)。いつもは必要以上に撮りまくって削除するのも大変なくらいなのに…。それだけ精神的に追いつめられていたんだなぁ。




でも、折れかけた心を支えてくれたのは、写真を撮ること=このブログの存在だったことは確か。

ブログをやっていなかったら、たぶん銚子に辿り着くずっと前にさっさと諦めて引き返していたと思います(それはそれで大人の判断だったかもしれませんが/苦笑)。



T.Aさんを始めいろいろな意味で「きっかけ」を与えて下さる先輩ブロガーのみなさんや、こんなブログを見にきてくださっているみなさんに、心から感謝したいと思います。本当にありがとうございます!



いつか、「あの時はたかが200㎞くらいで大騒ぎしてたよなぁ」…なんて笑って語れるような、みなさんのような強い自転車乗りになっていたいものです。







あ〜、早くまたロングライドに行きたくなってきたぞ〜!



















b0295234_22192888.jpg





b0295234_22194110.jpg





b0295234_22195452.jpg





b0295234_2220631.jpg











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-02-13 22:29 | 平地ライド | Comments(0)

銚子こいて初の200㎞越え!? 後編

b0295234_12472360.jpg











最大の難関と考えていた利根川CR左岸を走りきり、もう気分アゲアゲの僕。

合流点の常陸川大橋を茨城県側に渡り、常陸利根川の看板の下で写真を撮ると、一般道に出て意気揚々とライド再開です。




さて、銚子の海はもうすぐそこかな?




橋を渡った後、国道124号線を右折。



ずっと荒涼感溢れるCRを走ってきたので、視界の左右を流れる市街地の景色が新鮮です。


時刻は13時過ぎ。

…と、ここでお腹がグゥ(笑)。道端のラーメン屋に飛び込みました。









b0295234_12521750.jpg










b0295234_12532280.jpg

【ラーメン&ギョウザ&ライスにハズレなし】









鰹の香りが効いたラーメン、美味しゅうございました。

お腹も膨れ、「さあ銚子だ!」とライド再開。

T.Aさんの記事だと、ここからほどなくして銚子大橋を渡って犬吠崎って感じだよなぁ…なんて軽く考えていたんですが、これがアマかった。

国道124号に入ってから銚子まで、けっこうあるんですよね…。

いや、利根川CRで調子こいて知らず知らずのうちにオーバーペースで足が削られていたので、124号に入ってから足が重いこと重いこと…。




ここでこの日初めて僕は、「ヤベぇ…」と焦燥感を感じたのでした…。




もしかして調子こいてとんでもないとこまで来ちゃった!?











b0295234_12581424.jpg

【えっちらおっちら、どうにか銚子大橋。124号に入ってからここまでが何気に長かった…】









b0295234_12584546.jpg

【橋からの景色。海はもうすぐそこ、と強引に気分を奮い立たせる】









銚子大橋からの絶景に癒されるも、ノリノリで利根川CRを走っていた時の余裕はどこへやら。
どうやらとんでもないところまで来てしまった…しかし、今さら引き返せない…という何とも言えないヤバ〜い雰囲気に、足はさらに重く…。



銚子大橋を渡り、県道37号を左折。いよいよ銚子市街へ。

銚子駅前を過ぎたあたりで一人のローディが後ろにピタリ。カッコだけだと速そうに見えたのでしょうか、ずっと後ろに着いてこられます(ひぇ〜)。

最初だけはカッコ付けて踏んではみたものの、微妙なアップダウンが始まるとついに左足太腿がピクピク。
これはカッコ付けてる場合じゃないと思い、海が見えたところで写真を撮るふりして停車し、先に行って頂きました。









b0295234_1342416.jpg

【海だぁ〜(感動)】










ついに海まで辿り着いたことの感動に浸るも、犬吠崎はまだもうちょい先。

最後の力を振り絞って絶景の海沿いロードをヨタヨタと走って…










b0295234_1365937.jpg

【君ケ浜。ついに犬吠埼の灯台が見えた!】









b0295234_1381093.jpg

【やった〜(涙)】









やれば出来るじゃん…。

犬吠埼の真っ白い灯台の下で写真を撮りつつ、とてつもない達成感に浸る僕。

やったよ…。








b0295234_1384131.jpg

【海!】









b0295234_1393100.jpg

【海! 海!】








40到達のオッサンがハシャギながらひととおり写真撮影を終え、我に返ると全身に激痛が…。




「い、いてぇ…」




両足の太腿、膝、腰、背中、首、頭痛、そして尋常でない肩凝り…

犬吠埼に着いて安心したのか、そんな痛みが一気に吹き出てきたのです。








いやいやいや、ここから帰らなアカンのよ…









b0295234_13121997.jpg

【サイコンを見てさらに焦燥感がフツフツと。114.7㎞。これ、まだ半分♡ ヤベぇよ…】









体力的にも精神的にも燃え尽きてしまっているのに、まだまだ折り返し地点という残酷な現実。さらに時刻は既に14時32分過ぎ。

犬吠埼の自販機前でレッドブルをグイとやりながら、冷や汗がこめかみを流れる。

これ、本当に帰れんのか…!?

てか、体中痛いし…






この時、僕は犬吠埼にあるホテルに泊まって明日帰ることも真剣に考えました。

でも、お金もカードも持ってないし、ツノの生えた家人の顔は浮かぶし…で、それは断念。





「よし、もう何時間かかっても帰るしかねぇ!」





観光客で賑わう犬吠崎を後に、腹をくくったオッサンが悲壮な覚悟で再び自転車に股がります。







利根川CRを走っている時はあんなに楽にペダルを回せていたのに、なんでこんなに体中が痛いんだろう…。

鉛のように重い体を乗せて引きずるように進むpcblue号。100㎞もおぼつかない自分が、いきなり無計画にこんなところまで来てしまったのが運の尽き。佐原あたりで引き返していれば…



犬吠埼を出ると、微妙なアップダウンがまた容赦なく弱り切った体に効きます。

それでも前方にアレが見えてくると、少しだけ足に力が…









b0295234_13202865.jpg

【微妙なアップダウンの先には、屏風ヶ浦!】









自転車で来てみたかった屏風ヶ浦。それがもう目の前に。

もうどう頑張ったって帰りは遅くなるし、家人に怒られるのは決定なので、寄らないわけにはいかんでしょう。









b0295234_13215597.jpg

【ザンっ。「東洋のドーバー」屏風ヶ浦とpcblue号のツーショット!】









やった…。やったよ…。




犬吠埼、そして屏風ヶ浦という二つの「目的地」を制覇し、銚子ドーバーラインをフラフラと走り始める僕。




ここでまた我に返る。本当に帰れんのかよこれ…。









b0295234_13235187.jpg

【せめてここが葛西の海だったら♡】










ここで一瞬「来た道を戻った方が早いのかな?」という考えが頭をよぎるも、次の瞬間には消滅。あの利根川CRをもう一回走る気にはなれず、T.Aさんのブログにあったとおり、銚子センチュリーライドのルートを選択です。

銚子ドーバーラインから国道126号に入り、ひたすら西進します。

さすがに力石像のある飯岡灯台に寄る元気はなく、スルー。




ごめんよ力石…。僕はもう真っ白に燃え尽きているんだよ…。




旭、干潟、八日市場…と126号をひた走る。

これがなかなかに長く、もうヘロヘロ状態。

コンビニを見つけるたびに飛び込み、休憩…。









b0295234_1329357.jpg

【もう少しちゃんとした食事を…とも思うが、疲れ過ぎて食欲が湧かず。みたらし団子をポカリで強引に流し込みます】









b0295234_13304952.jpg

【「本当に帰れんのか、これ…」という言葉だけが頭の中をグルグル回ります】









八日市場の先で国道296号に入ったあたりでは、もう本当にヤバい状態。

感じたことのない全身の痛み、両足太腿の攣りに加え、喉まで痛くなってきた。

そういえば、気温もずいぶん下がってきたような…。



多古町の手前で家人に電話。子供達の保育園のお迎えはおろか、帰宅がかなり遅くなることを告げる。


「で、今どこにいるの!?」


怒りで微かに震える声に、とてもじゃないが「まだ多古町手前」とは言えず…、「う〜ん、印旛沼くらいかな〜。でも、暗くなってきて危ないから休み休みゆっくり帰るよ〜」なんて…。




悪い子です、僕は。









b0295234_13331327.jpg

【多古町手前で暗くなり始める…】









多古町ってものすごくお米が美味しいところで、以前、家族で車で来た時に道の駅で買ったお米が美味しかったな…なんて思いながら左手に目をやると、そこには見事な水田地帯。

新潟に生まれ育った僕にとって、夕暮れ迫る冬の田んぼは「故郷の原風景」。靴を真っ黒にしながら日が暮れるまで友達と走り回り、迎えにきた親に怒られたっけ。









b0295234_13384567.jpg

【犬吠埼でも屏風ヶ浦でもなく、この一枚が今回のライドで一番心に残った景色だったりして】









成田を飛び立つ飛行機が横切る多古の水田地帯をしばしボーっと眺めた後、ムクリと自転車を起こして再び走り始めます。

走行距離は未経験の160㎞を越え、体力的にはもうほとんど限界。道端のコンビニで水とアンパンを購入し、やはり強引に流し込んで寒い駐車場でストレッチ。その間に辺りは真っ暗になっていました。

暗くなると、早朝とはまた異質の寒さが襲ってきます。

朝の場合は僅かずつでも温かくなっていきますが、今度は逆。冬場の夕方のライドはほとんど経験がないので、体の芯を直撃するような寒さは本当にこたえました。


通勤ラッシュなのか交通量も多く、車やトラックの脇を集中力を切らさないようにゆっくりと走り、ヤバいと思ったら恥も外聞もなく一時歩道に退避して車列をやり過ごします。



しかし、富里を越えたあたりからでしょうか。



この極限状態に体が慣れたのでしょうか。不思議なことになぜか体が軽くなり、再び足が回るようになっていったのです。

攣りかけていた両足も、なぜか回復。

決して速く走れているわけではなく亀のように遅いのですが、足が回るようになると気分的にも持ち直し、「とにかく前に進んでいればいつかは家に辿り着くさ」という思考に切り替わっていったのです。




そして気付きました。似たような感覚、どこかで味わったことがあるような…





そう、ヒルクライム!





ヒルクライムでは、どんなにキツい坂でも、たとえ足を着いて自転車を押して歩いて上っていようとも、とにかく前に進んでさえいれば、必ず頂上に辿り着くのです。そしてそれがヒルクライムの醍醐味…。




実はロングライドも同じだったんだ!





どんなに遠くても、前に進んでいれば必ず目的地に辿り着く。どんなに時間はかかっても、前に進んでいる限りは必ず到着するのです。




そう思えると、さっきまでの焦燥感はどこへやら。真っ暗闇の中をヨタヨタと走っている自分が滑稽に思えるほど、思わずペダルを回しながら笑ってしまいました。



「何やってんだろう俺。でもこれ、楽しいじゃん(笑)」




そしてこの時ほど、「ドマーネにしてよかった!」と思ったことはありませんでした。

もしもドマーネじゃなかったら…。
たぶんきっと、もっと体にダメージがきていたと思うのです。

不思議なもので、乗り手である自分自身が弱れば弱るほど、その身を預けている自転車が愛おしく、頼もしく思えてくるものです。そしてこの時ほど愛車を愛おしく、そして頼もしく思えたことはありませんでした。


『これこれ、こういうライドがボクの真骨頂なんだよ!』


かわいそうにヒルクライムばかりに連れ出してきたドマーネ。初めてのロングライドらしいロングライドに、何だか視線を向けたpcblue号が僕にそう言っているような気がして、これまでに感じたことのない頼もしさと、そこはかとない愛着のようなものが感じられたのです。







東関東自動車道を越え、標識に見慣れた地名が踊るようになってくるとまた、どんどん気持が楽になってきました。国道296号から51号、そして464号に入り、印旛沼甚兵衛大橋を渡る頃には何だか無性に可笑しくて、橋の上で笑いながらペダルを回していました(怪しい〜/笑)。



さて、ここでひと思案。

ここから先、手賀沼方向に行くか、国道464号で千葉ニュータウンを突っ切って一気に国道16号に出るか。



「よし、こっちに行こう!」



少ない経験値の中で選んだのは国道464号ルート。交通量の多い大きな国道だけど、その分、路肩が広くて思った以上に走りやすかった覚えがあったのです。

そして、この判断はどうやら正解だった様子。

記憶のとおり路肩は1mくらいあって非常に走りやすく、また、交通量が多かったり巨大なお店が多くて明るかったり…と視界も良く、実に快適なナイトライドとなったのです。









b0295234_1358441.jpg

【一応、証拠写真(写真撮影時だけ歩道に退避してます)】









国道464号を走っている間に200㎞を越えていたようでしたが、さすがにサイコンを見る余裕はなく、喜びの瞬間を味わうことなく国道16号にIN。


国道16号は路肩が狭くて怖い!


どうにか藤ヶ谷まで走って、珍来のある交差点を左折して国道16号を早々に離脱。逆井方面に入り、そこからは地元ということで裏道をウネウネと走って国道6号線を走ることなく馬橋へ。

最後の最後に現れた馬橋陸橋の上りで両足が完全に攣るも、自宅はもう目の前。最後もなぜか可笑しくて、家が近付くと思わず笑ってしまいました。

本当に銚子から自転車で帰ってきちゃったよ(笑)。







「ただいまーーーーー! いやぁゴメンゴメン。こんなに遅くなる予定じゃなかったんだけど!」





つとめて明るく家人にそう言うと、冷たい目線で次の一言。







「まったく…。で、いったい全体どこまで行ってきたの?」







一瞬たじろぐも、つとめて明るくこう返しました。



















「調子こいて銚子まで♡ アハハハハハ…」




















軽井沢足攣り事件」以来の朝帰りならぬ「夜帰り」。



帰りが遅くなったせいか、はたまた渾身のダジャレが癇に障ったのか、それから容赦ない「沈黙の恐怖」が始まったのでした…(怖っ!!!)











b0295234_146765.jpg

【一応、証拠写真。走行距離225.5㎞! そして、帰宅時刻21時14分! そりゃ怒るわな…】










帰宅後、自転車を担いで階段を上るのがつらかったこと!

お風呂がやたらと気持ちよかったこと!(今までの人生で最高に気持のいいお風呂でした/笑)






「辛かった〜。体痛ぇ〜。でも楽しかった〜」



湯船に浸かりながら思わず呟く僕。

初めて感じた、あの150㎞を越えた辺りからの「超越感」。
あれって、T.Aさんと獲得標高2000m越えの秩父ライドの時に、最後の城峯山を上っている時と同じ感覚だったかもしれないな…。

何か一つ壁を越えたような、少なくともロングライドに対するとてつもない苦手意識だけは少しだけ和らいだような、そんな気がしたのです。



でも、いろいろ反省点があったのも事実。



補給や休憩こそこまめにとったものの、冬だからとボトルを持って行かなかったのは大きな反省点。そこかしこに自販機がたくさんあったからよかったようなものの、もう少し暑かったら最初の利根川CRでヤラれてたでしょう。反省反省。

あとは、とにもかくにも計画性。

走りながら気ままに目的地を決められるのも自転車の良さに違いないですけど、やはり200㎞超となればある程度はきちんと距離や時間を考慮しておかなければ、最悪、事故にもつながりかねませんね。少なくとも行き先やおおよその帰宅時刻は家人に知らせておくべきでした。

また、今回の夜間走行では幸い何もありませんでしたが、ヒヤっとする場面は日中のライドの比ではありませんでした。視界が狭くなるせいか疲れ方も日中の比ではなく、冷え方も予想以上で、今回は完全に喉をやられてしまいました。反省です。やはり夜間走行は極力避けるべきですね。

あと、今回は上りらしい上りがほとんどなかったので助かりましたが、あと少しでもアップダウンがあったらおそらく足が持たなかったと思います。最悪の事態も考えて、緊急的に泊まるところのチェックや輪行の準備も必要なんだなぁと感じました。






お風呂から上がった後も、疲れ切っているはずなのに、テンションが上がってしまっているのと体中の痛みでなかなか眠ることが出来なくて、いつまでも居間で録画してあった「Ride ON!」やツールなんかを見ていました。

さらに翌朝は喉が真っ赤に腫れ上がって発熱。「前編」をアップした後はさらに悪化して寝込んでしまい、祝日で家族サービスを期待していた家人の怒りを増幅させるはめに…(ゴメン)。熱による節々の痛みなのか単なる筋肉痛なのか訳の分からない全身の痛みと発熱にのたうちまわりながら、丸一日をベッドの上で過ごしたのでした。

もちろん、怒りに震える家人の「沈黙の恐怖」はいまだ続いております。












みなさん、ロングライドはくれぐれも計画的に♡

【完】









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-02-12 15:01 | 平地ライド | Comments(14)

銚子こいて初の200㎞越え!? 前編

2月10日、今日は待ちに待った代休!

大阪出張でしばらく自転車と離ればなれでいるだけで、なぜか無性に乗りたくなるんですよね。。。

それも今回は、なぜかロングライドに行きたくて仕方がない!

う〜ん、これはどうしたことでしょう。

少しでも長く自転車に乗っていたい、自転車と一緒にいたい…。




実は前夜、ずっと考えていたポジション変更を実施。

サドルを5㎜低く、5㎜前に。

チームイシューサドルは座る部分のクッションが分厚いので、それまでの平らなアフィニティーよりもサドルが高くなったような気がしていました。あと、膝裏の突っ張るような痛みもショップの店長に相談したところ、「サドルが高すぎて膝が伸びきっているのかもしれませんね」とアドバイスを頂いていました。

ヒルクライムをしてると、ダンシングの後にスっと座りやすいので、ついついどんどんサドルを高くしてしまうんですよね。

サドルを前にずらしたのは、「もう少しだけ前にあった方がお尻の座りが良さそうだなぁ」と常々感じていたため。

そんなわけで、ポジションの小変更もしたことで、ますます「ロングライドで確かめたい!」という気持ちが高まっていたのです。



迎えた当日。朝、子供達を保育園に送った後、さっそく出発!

…と思いきや、サイコンが電池切れ(汗)。

近所のコンビニにボタン電池を買いに走り、交換。

さあ行くぞ〜というところで、電池を交換したことで初期設定の必要性が。これに大いに手こずり、説明書と格闘すること30分。いきなり出鼻を挫かれてしまいました。

相変わらずのメカ音痴。これじゃぁガーミンなんて無理だよなぁ。







b0295234_950554.jpg

【とにもかくにも江戸川CR左岸にINし、北上。さて、どこ行きましょ?】









サイコン電池交換騒動で時間をロスしたため、何だかんだで出発は9時。

冷た〜い空気の中、あてもなくCRを北上します。



「どこ行こうかなぁ〜…」



快晴無風のロングライド日和。

ここで再び「遠くに行きたい!」という気持ちが燃え上がります。




「そうだ! あそこを目指してみよう!」




少し前にT.Aさんのブログエントリーにあった、銚子ライド。

確か朝6時に出て16時帰宅で200㎞オーバー!

出発も遅くなってしまったし、銚子に辿り着けなくても適当なところで引き返してくればいいや…と思い、流山橋で江戸川CRを離脱。県道278号で豊四季に出て、そこから大堀川で手賀沼方面へ。


さあ、どこまでいけるか!?










b0295234_957283.jpg

【大堀川】










今朝の気温は氷点下。

とにかく指先が痺れて、信号待ちのたびにグーパーグーパーして、どうにか動くようになってきました。









b0295234_9592368.jpg

【北部手賀沼を眺めながら快走。今日は先が長いぞ〜】









北岸の一般道を車と一緒に走り、布佐へ。

ここで最初の休憩です。










b0295234_1014018.jpg

【布佐のミニストップで最初の休憩】









b0295234_102982.jpg

【先が長いので、しっかりめに補給。それにしても、自転車が見えるコンビニのイートインコーナーってありがたいですよね】









さあいよいよここからが本番。

最大の難関、延々と続く利根川CRが待ってますよ…。

ちなみに利根川CR左岸のここからの区間を走るのは初めて。いったいどんな景色が待ち構えているのでしょうか。










b0295234_1035710.jpg

【布佐駅方面から栄橋を渡って利根川CR左岸へ。予想通りの荒涼感。いよいよ最大の難関が始まるぞ〜(ガクブル)】










b0295234_1061224.jpg

【海から76.5㎞…ということは、この景色の中を70㎞以上走り続けるの!?】











ほぼ無風なのがせめてもの救いですが、予想通りの荒涼感。右側(河川敷)だけでなく、左側も田んぼだらけで何もなし。

ひぃ〜…

(以下、荒涼とした写真が続きますので体が弱い方は要注意!?)









b0295234_1081052.jpg

【極上の荒涼感♡】









b0295234_1095866.jpg

【ちょっとした色調の変化も愛おしい…】










b0295234_10105871.jpg

【左側がまた何にもない!】









b0295234_10103133.jpg

【pcblue号と飛行機。少しずつ成田が近づいてきた!】









b0295234_10115947.jpg











さてさて、ここまで走ってきて、ポジション変更は大正解!

今までが何だったのっていうくらい、全てがしっくり。

たった5㎜、されど5㎜。自転車って奥が深いですね〜。




利根川CRの荒涼感にめげながらも、ポジション変更の成功で足が予想外に回る回る。

適当なところで引き返す…どころか、このあたりではもう「絶対に銚子まで行ってやる!」と思ってしまっていたのです。









b0295234_1015378.jpg

【牛さんたちがひなたぼっこ】










b0295234_10153463.jpg

【ほのぼの♡】









快晴無風。足も気持ちよく回り、まさかの30㎞巡航。

これならお昼までに銚子に着いちゃうんじゃないの!?(んなわけない)











b0295234_1017686.jpg

【自販機のあるつつみ会館というところで休憩。この時点ではもうノリノリ】









b0295234_10195861.jpg

【再び土手に上がって30㎞巡航。信じられないくらい風がなく、気温も上がって暑いくらい】









b0295234_10205475.jpg

【大利根東公園というところでトイレ休憩】












b0295234_10232260.jpg

【快調快調。佐原の水郷大橋も越えた!】







ここまでは思った以上に順調で、「なんだ、けっこう楽勝じゃん!?」なんて、完全に調子こいてる状態。

大きな勘違いとして、「利根川CRを走りきれば、そこはもう銚子」。

そんなにあまかぁないんですよね、銚子…。









b0295234_10263382.jpg

【横利根川の閘門とポプラ並木】










b0295234_10273240.jpg

【成田線の鉄橋。どんどん海に近づく!】










このあたりまで来ると、ただでさえ広い利根川の川幅はさらに広がり、もう水が遥か先に見えないほどの広大なヨシ原に圧倒されます。

横利根川で写真を撮ってた時点でちょうど正午頃。

この調子なら13時頃には銚子に着いて、そこから引き返せば18時くらいには家に帰れるかなぁ…なんて根拠のない皮算用。



完全に銚子こいてましたな…。











b0295234_10311183.jpg

【広大なヨシ原!】









どこまでも無機質なCRの景色。

しかし、ここから先に感動的な景色が待っていたのです。




しだいに左から常陸利根川が近づいてきます。

常陸利根川も利根川に負けないくらい大きな川で、大河と大河の真ん中を走るロケーションは圧巻の一言。

ペダルを回しながら思わず「うわぁ〜」と声を出してしまいました。










b0295234_1037293.jpg

【左から巨大な常陸利根川が近づいてくる。圧巻!】










近づいてきた常陸利根川がいったん離れ、また近づいてきたところでCRが途切れます。

ここで常陸利根川方面への橋を渡って、一般道へ。









b0295234_1040146.jpg

【利根川と常陸利根川の合流地点でCRは終了。CRを走りきった…。なんか感動的!】









やった、利根川CRを走りきった!

もう銚子は目の前か!?










b0295234_10411365.jpg










時計を見ると13時前。

「さて、サクっと犬吠埼を見て引き返すぞ〜」

完全に調子こいて余裕の僕。この後、本当の試練が待ち構えているとも知らずに…

(続く)











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-02-11 10:43 | 平地ライド | Comments(6)

予告 〜自分なりのロング2015冬〜

b0295234_22585632.jpg










あのお方のルートを参考に、自分なりのロングライドに行って参りました。

余裕で200㎞♪…と思いきや、とんでもないことに!?

一応帰って来られましたが、完全にグロッキー。

明日、病院行きになってなければ更新します!?






さて、いったいどこ行って来たの〜!?(大袈裟!)









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-02-10 22:58 | 平地ライド | Comments(0)

大阪出張ちょい撮り

b0295234_851302.jpg










昨日の夜中に無事千葉に帰ってまいりましたが、さすがに疲れて今朝の自転車はお休み(というか起きられなかった/汗)。


大阪出張はひたすら仕事だったのですが、二日目の夕方にほんの少しだけ時間が出来たので、カメラ片手にホテル周辺の街をブラブラしてきました。










b0295234_854108.jpg

【僕の中で大阪というと「都会!」というイメージ】










b0295234_855261.jpg










b0295234_8552213.jpg

【こんな自転車パーキングがたくさんありました。これは東京では見ないですね〜】














ホテルは阿波座というところにあったんですが、本当に偶然に、歩いて行ける距離にこちらがありました。












b0295234_8573455.jpg












b0295234_8575258.jpg













b0295234_857826.jpg

【先日、カメラのストラップを購入したAcruさんのリアルショップです】











まさかホテルの近くにあるとは思わず、嬉しい誤算。

terryさん、行ってきましたよ〜(笑)。









b0295234_902047.jpg










b0295234_903228.jpg











b0295234_904460.jpg













b0295234_91848.jpg












b0295234_912564.jpg

【ドキュン♡/笑】










b0295234_9273.jpg

【これはterryさんが購入したのと同じ種類のハンドストラップかな?】











b0295234_93195.jpg











b0295234_931530.jpg












地下には小さなギャラリーがあって、かわいい写真展が開かれてました。









b0295234_9456.jpg










b0295234_941627.jpg










b0295234_944244.jpg












何も買いませんでしたが、店員さんとおしゃべりして、しっかり目の保養をしてお店を出ました。

やっぱりネットショップより本物のお店はいいですね〜。


バタバタした出張の中で、ちょっとホっとする時間でした。




















b0295234_955191.jpg










b0295234_96760.jpg








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-02-08 09:07 | 自転車以外 | Comments(2)