カテゴリ:インプレ( 32 )

Bontrager Carbon XXX サドル(買ってないけど)

b0295234_09284979.jpg













ここで小ネタをひとつ…。





先日、仕事帰りにふらりとショップに寄ったら、話題のアレが入荷してましたよ。









たまに刺激的なヤツをブッ込んでくるボントレガー。

予兆なしでいきなり登場しましたね。

















b0295234_09322900.jpg
【Bontrager Carbon XXX】















パッドなしのフルカーボンで、68gとか(爆)。


サドルマニアの店長も、思わずニヤニヤしてましたよ。















重量は軽いですが、お値段は重い59,000円。




さすがにおいそれと買える代物ではありませんが、エモンダSLRにこのサドルを付けて、他にアイオロスXXXホイールに一体型ハンドルとか付けたら、楽しいバイクになりそうだなぁ(笑)。
















b0295234_09360826.jpg
【問答無用、全部カーボン!】


















b0295234_09363050.jpg
【薄っ! 作りかけの飛行機のプラモデルみたい…⁉︎】





















持った感じは、もう「薄っ! 軽っ!」以外なにものでもなく…。



店長いわく、座面の素材や形状を徹底的に研究して、この手のサドルの中での快適性という点では、かなりがんばっているのだとか。また見た目は薄くても、そこはボントレガーらしく、普通に使える強度もちゃんと確保されているようです。


確かに座面の形状は結構好みな感じで、これに薄くていいからパッドを張ってくれたらよさそうだなぁなんて思いつつ(お値段がさらにとんでもないことになりそうですが…)、先日のパンクで失ったチューブとCO2ポンプのみ購入して帰宅。



入荷数に限りがありそうですので、欲しい方はお早めにチェックしてみてください〜。




















b0295234_09452014.jpg





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-15 09:46 | インプレ | Comments(2)

BONTRAGER AW2 HARD-CASE LITE ROAD TIRE 25C

b0295234_19314725.jpg














2回連続でエントリー冒頭の写真にショップが登場です(爆)。









先日、時間つぶしの試乗のみで訪れたショップ…。


今日は宣言どおり、仕事終わりで立ち寄ってちゃんとお買い物してきましたよ。







さて、買ったものとは…

















b0295234_19324740.jpg
【ドン】

















はい、ジテツウで頑張ってくれているマドン4.5のNEWタイヤです。





今までマドン4.5が履いていたタイヤは、「コンチネンタルGP4000s」25C。

ジテツウは毎日ではないですし、片道15㎞弱と距離も短めですが、約2年半使用してそれなりにすり減ってきていたのと、先日、サイドに破れを発見したので、このあたりでお役御免とあいなりました。


それにしても「GP4000s」というタイヤ、気になる点といえば実測幅が太い(25Cで27Cくらいな感じ?)ということくらいで、転がり最高、耐久性も抜群で、本当に素晴らしいタイヤだったと思います。

そういう点ではNEWタイヤは「GP4000sII」でもいいかな…とも一瞬思ったのですが、そこは男の子。違うタイヤも試してみたいじゃないですか(爆)。



pcblue号で使用している「R4 320」25C、そして「R4 ROAD」23C…でボントレガーのタイヤの印象がすごくよかったので、マドン4.5の方もボントレガーを選んでみることにしましたよ。







で、店長と相談の結果選んだNEWタイヤは…








「BONTRAGER AW2 HARD-CASE LITE ROAD TIRE」25C。









優先したのは耐久性…というよりも、「安心感」。


マドンで100㎞以上のロングライドやお山を走ることはまずないので、ハイエンド系のタイヤはもったいないかな、と。あと、「耐久性」というよりは「頑丈さ」というか、やっぱり「安心感」のあるタイヤがいいな、と思いました。

ジテツウでは特に「荒っぽく使う」ということではないのですが、特に会社近くは朝の都内ということで、けっこうなカオス状態。どうしても歩道を走らねばならない部分があったり、結果として段差を乗り越えたりもするので、そういう意味でも「軽快さ」や「転がり」よりも「頑丈さ」、「安心感」を優先させたい…



そんなことを店長に伝え、選んでくれたのが、この「AW2」でした。

太さも、やはりここは好きな23Cではなく、素直にエアボリュームのある25Cに(苦笑)。



「AW」はオールウェザーの略で、雨の日でも安心の水はけとグリップ性能…が売りらしいです。

残念ながら雨の日は乗らない軟弱ツーキニストな僕なので、通常のロード系タイヤである「R2 ROAD」でもいいかなぁと思ったのですが、なんだかこちらの方が頑丈そうだし、面白そうだなぁと(笑)。

それに、「雨の日うんぬん」以外でも、耐パンク性能やクッション性も優れているということで。






そして、よりグレードの高い「AW3」じゃないところもミソ⁉︎







重量は285gとそれまで使用していた「GP4000s」25Cの230gに比べてもけっこう重くなりますが、軽い「AW3」に比べると「AW2」の方がゴム厚もアップし、より「頑丈さ」が増しているとのことで、僕のジテツウ経路での乗り方、走り方を鑑みて、店長があえて下位グレードの「2」の方をすすめてくださいました。


値段もこちらの方が安いですしね(笑)。


何でもかんでも高い方がいい…というわけではなく、使い方によっては下のグレードの方がいい…ということもある…。うん、深いぞ自転車。








さてさて、買ってきたら、男の子はさっそく交換ですよ!















b0295234_20284334.jpg
【2年半使用したチューブと、一度も換えてなかったリムテープも一緒に交換しました】
















b0295234_20295405.jpg
【お気に入りのRXLホイール。うん、なんか内側もやけにカッコいいぞ】
















b0295234_20311090.jpg
【「タイヤ交換あるある」。回転方向間違えて、一度やり直しました(汗)】
















タイヤ自体は、やはり「R4」系に比べると硬め。ハメるのには少々力が必要で、その点は「GP4000s」と似てる感じでしたね。















b0295234_20324260.jpg
【左がGP4000s。サイドにスリットが入っているので、なんか見た目の雰囲気も似てる⁉︎】

















見た目の太さは25Cの適正サイズといったところでしょうか。太めの「GP4000s」に比べると、はっきりと細く感じます。















b0295234_20335422.jpg
【もちろんコレも流用(笑)】

















b0295234_20340662.jpg
【AW2くん、これからよろしくねっ】















さて、新しいタイヤに交換すると、すぐに試してみたくなるのが人情というもの…。















b0295234_20354020.jpg












…というわけで、少〜しだけ江戸川を走ってきました(苦笑)。














第一印象は…









「重っ!」










前後で100g増えているわけですから、バイクを持ち上げた時点ですでに重いです。


そして当然、漕ぎ出しも「GP4000s」に比べればやはり重いですね。


でもですね、いったん速度が乗ってしまえばまったく気にならないレベルではあります。






そして狙いどおり、「安心感」はこちらが上かも⁉︎





まあタイヤそのものが新品であるという点も大きいとは思いますが、カラっとした感触の「GP4000s」に比べると、ややしっとりとしたソフトな印象です。何より走っていてゴムの厚さを感じ取れるので、とても安心感がありますね。




今日はほんの数キロのちょい乗りでしたので、まだはっきりとしたインプレはジテツウ時のお楽しみ…というところでしょうか。




でも、ちょっと意識的に歩道との段差に乗り上げてみたりもしましたが、クッション性もバッチリで、ああ、これにしてよかったなぁと感じることができました。なにげにロングライドにも良さそうかも⁉︎











こんな時に限ってしばらく車出張が続いてしまいますが、「安心感」を手に入れたマドン4.5でのジテツウ、とても楽しみです。


















b0295234_21072645.jpg






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-06-06 21:17 | インプレ | Comments(16)

BONTRAGER R4 ROAD 23C

b0295234_15141522.jpg












今、pcblue号が履いているタイヤは、年末に「アイオロス5D3 TLR」ホイールを導入した時に同時購入した「ボントレガーR4 320」です。


ラインナップは25Cのみで、重量は230g。


25Cの安心感と、320TPIケーシングからくる(らしい)抜群の乗り心地で、非常に満足度の高いタイヤだと思います。「絹のような乗り心地」…とはよく言ったもので、まさにそのとおりの極上の乗り心地を味わえます。路面にカーペットを敷いた上を走っている…と言ったら大げさかもしれませんが、それくらい、乗り心地はいいです。独特のアメサイド(…といっても、黄色すぎないところもGOOD)なデザインも、見慣れるとなかなか愛着が湧きます。



ロードバイクのパーツの中で、最もその違いが体感できるのが「タイヤ」ではないでしょうか。



直接地面と当たる唯一の部分ですし、他の部分に比べると比較的安価(完全に麻痺ってますが…)に違いを実感出来る部分として、消耗品としてだけではなく、カスタマイズという点から見ても、大きな楽しみのひとつになりうると思います。




車で、冬にスタッドレスに履き替え、春になったらまたノ−マルタイヤに戻す…ではないですが、冬の間、平地を楽しみながら考えていたのが、やっぱり「夏のヒルクライム」のことでした。




当初はもちろん、「アイオロス3D3(チューブラー)」に戻して…と考えていたのですが、予想以上に「5D3 TLR」のクリンチャーの安心感と利便性、そしてディープリムホイール独特の走行感にハマってしまい…


あと、すでに二度ほど筑波でヒルクライムも楽しみましたが、確かに3D3チューブラーに比べてしまえば登りでの軽快感は劣りますが、僕レベルでは何の問題もなく、それ以上に下りや平地が「楽しい」ということで、「これはお山でも十分アリなのでは⁉︎」と思った次第なのです。

ヒルクライムに行く…といっても、下りや平地は必ずあります…というか、ライドの半分以上は占めるわけで、その時間が「楽しい」ということで、ますます5D3に惚れ込んでしまいました。また、登りでダンシングした時などは、図体がデカイせいもあるのかもしれませんが、5D3の「ガッシリ感」が妙に心地よかったりもして…。




そこで、ホイールは「アイオロス5D3 TLR」のまま、タイヤだけ「夏仕様」にチェンジすることを思い付きました。




クリンチャータイヤなら、外した「R4 320」も使い捨てになることなく、スタッドレスタイヤに履き替えるように、また冬の平地の季節になったら交換して…というのもまた「楽しみ」のひとつになります。




というわけで、一昨日、電話でショップに某タイヤを注文したのですが、アマゾン並みの超速攻で昨日、入荷の電話。昨日の昼間、KSの隙間を縫って取りに行ってきました。

本当は「4月中くらいに来ればいいかな〜」なんて考えていたので、もうしばらく「320」の乗り心地を楽しもうかな〜とも思ったんですが、ブツが来てしまったからには取り付けないわけにはいきませんよね。男の子ですから(苦笑)。






はい、その「ブツ」は、こちらです。











b0295234_15321496.jpg











「ボントレガーR4 ROAD」。

太さは見事に時代に逆行する23Cです(爆)。










別に僕自身、パーツは全てボントレガー一択…というわけではないのですが、ホイールの時といい、なぜかじっくり悩んで決めるとボントレガーに落ち着く傾向があるようです(苦笑)。
お世話になっているショップとのお付き合い…という気持ちがないといったら嘘になりますが、ショップの店長なぞは良いものは良いものとして他社のパーツもよく勧めてくれますし、結局のところ、自分の使用環境や感性にボントレガー製品が合っているのかもしれません。





さて、どうせヒルクライムを見据えた「夏仕様」のタイヤに交換するなら、やっぱり「軽さ」をキーワードに自分なりに検討してみました。


すると、僕みたいなゆるゆるヒルクライマーにとって「ちょうどいいタイヤ」というのが、ドンピシャでこの「R4 ROAD」23Cだったんですよね。



軽量タイヤが欲しい…といっても、レースやTTで使用するわけではありませんから、取り扱いが難しかったり、すぐパンクしてしまうような「決戦用」はNGかな、と(そんな意味で、超軽量チューブやラテックスチューブも見送り)。かといって普通のタイヤよりは軽くて、しかも、耐久性もそこそこ…なーんていう何とも都合のいい条件に合致したのが、たまたまボントレガーの「R4 ROAD」だった…というわけです。

まずはその重量が絶妙で、使用中の「R4 320(25Cのみラインナップ)」の230gに対して、「R4 ROAD」23Cが175g。ちなみに、ヒルクラ決戦用として有名なクリンチャータイヤ「コンチネンタル スーパーソニック」23Cが150g(20Cが140g!)ですから、25gのビハインド…ということにはなりますが、代わりに他のボントレガータイヤ同様、耐パンクベルト「ハードケースライト」が組み込まれていますし、数少ないネットで拾った情報やショップ店長に聞いても、「耐パンク性能も十分イケてる」という感触でした。

ガチでヒルクライムに取り組んでいる方にしてみれば「なんとも中途半端なタイヤ」なのかもしれないですが、まさに僕なんかのような「なんちゃって」には「ちょうどいい」ところを突いているんですよね。ええ、「プラシーボ」でいいんです。趣味ですから…(R3でも十分だろ!…というツッコミはなしで♡)。



太さに関しては、現在はもう言うまでもなく25Cが主流ですし、「R4 ROAD」にも25Cのラインナップはあります。それに今「R4 320」を履いていても、確かに25Cの安心感ってあります(例の転がり云々…については、正直、あまりよく分からないのですが…)。



しかし、そこは「プラシーボ」。



体感できるか出来ないかは別として、「細くて軽いの履いてるんだ!」という感触が欲しくて、ここは10gにこだわって23Cにしました(爆)。



「R4 320」25Cと「R4 ROAD」23Cの1本の重量差が55gですから、前後で110gの減量。

足回り、しかもリム外周の100g減はかなり効くのでは…???











b0295234_15534570.jpg
【23Cで175g。扱いづらい超軽量タイヤ…一歩手前、絶妙なところを突いてます⁉︎ ケーシングも220TPIということで、十分でしょう(その仕組みはよく分からないですけど…)】












b0295234_15552901.jpg
【もうタイヤ自体を持った感じが軽いです。ゴム厚もけっこうペラペラですが、接地面裏側にちゃんと耐パンクベルトらしきものが。頼むよ! ただ、サイドカットには弱そうですね】













もちろんパンク修理の練習を兼ねて、自分で交換します。

昨日の夜、子供達が寝静まった後、自分の部屋にこもってごそごそとタイヤ交換です。











b0295234_15571020.jpg
【交換前(前輪)】










b0295234_15573125.jpg
【交換後。見た目の印象は、かなり変わりますね】











カーボンホイールなので、タイヤレバーなしでグイっと交換。

両タイヤともしなやかな部類であるせいか、思ったよりは楽に交換出来ましたよ。




ちなみにチューブはそのまま再利用ですが、同じくボントレガーの「Lightweight(RACE X LITE)」(バルブ長80㎜)を使用しています。

このチューブがまた絶妙で、ブチルチューブで65gと、見事に他社の「隙間」を突いてます(笑)。

扱いも通常のブチルチューブとまったく同様でOKですし(僕みたいな不器用が乱暴に引っこ抜いたり押し込んだりしても大丈夫でしたので、たぶん誰でも大丈夫かと)、ブチルなので空気抜けも少ないですし。


タイヤ同様、「決戦用の超軽量」というわけではありませんが、持てば明らかに軽いのを実感出来ますし、しなやかで乗り心地もいいみたいですし、何より、丸めた時もコンパクトなので、ツール缶に他の工具類と一緒に2本、予備チューブが収まってしまうところもいいと思います(コレ重要)。




ボントレガー、なかなかやるじゃん!…と思ってしまうのは、僕だけでしょうか⁉︎




いつかは「R-AIR」のような超軽量チューブやラテックスも…とは思うのですが、扱いに少々コツがいるようですし、ラテックスなどはタイヤの空気がどんどん抜けちゃう…というのも、正直、ちょいと敷居が高いかな。。。











b0295234_16311632.jpg
【左が「R4 ROAD」23Cで、右が「R4 320」25C。見た目の太さはけっこう違いますが、クリンチャーなのでリム幅いっぱいのところまでビードが広がるので、ホイールのカーボンリムが露出することはないです。その点、チューブラーは細いタイヤだとモロにリムが露出して段差通過時等に神経を使うので、クリンチャーのよいところかもしれません】











b0295234_16352546.jpg
【同じく左「R4 ROAD」23C、右「R4 320」25C。タイヤは細くなりましたが、リムの露出量はほぼ変わらず「ツライチ」であることが分かると思います】









b0295234_16373184.jpg










思っていたよりは苦労しなかったとはいえ、「パンク経験ほぼない」状態の僕ですから、全て完了した頃にはけっこうな時刻に。

ヤバいと思い、急いで寝ましたが…








目覚ましを華麗にスルーし、起きたのは5時40分…。


実は今朝はいつもの「門限8時」ではなく、「9時までいいよ」と(それでもキビシー)1時間延長許可を頂いていたので、3時に目覚ましをセットして、めいっぱいNEWタイヤのシェイクダウンを楽しむつもりだったんですが…(涙)。



結局、支度をして家を出たのが6時ジャスト。

制限時間、やっぱり3時間(トホホ)。




しかも…










b0295234_16414957.jpg
【ド・ウェット(涙涙)】










天気予報的には昨日とまったく同じ感じだったのですが、出走時には霧雨のようなものが降っていて、江戸川CRの路面もビショビショ。

昨日、タイヤ交換と一緒にバイクの掃除、そしてチェーンやスプロケもピカピカにしたのにぃ〜!!!(怒)









b0295234_16435528.jpg
【見た目は…なかなか精悍でいいんじゃない⁉︎】










さてさて、肝心のNEWタイヤの偽らざる第一印象は…









「軽!」









まずは出足、明らかに「軽い」です。

やっぱり足回り、しかも外周の100g減は、鈍感な僕にもはっきりと分かります。嬉しい!

路面がウェットなのであまり速度は上げませんでしたが、巡航速度に入ってからも、ペダルが軽やかに回る感じがしました。






ただやっぱり、乗り心地は「R4 320」に軍配ですね。






23Cと25Cの違いを差し引いても、凸凹を通過する時の「R4 320」の「コトン、コトン」という感触は、やはり秀逸。平地ロングなら、間違いなくこのタイヤかと。あと、下りの安心感も、絶対的にこちらでしょう。「R4 ROAD」も決して乗り心地が「悪い」ということではないと思うのですが、比べる相手が悪いかな、という感じです。



しかし、こと「軽快感」ということだけに関して言えば、明らかに「R4 ROAD」に軍配。



今日がお山ではなくいつものCRなので登りの「軽さ」は試しようがなかったんですが、僅かな区間のアンダーパスやスロープの登りでも、確かに「軽さ」を感じることが出来ました。早くお山に持ち込みたいぞ!







NEWタイヤで気持ちよく江戸川CRを流していたら、ますます強くなる雨。なんで〜⁉︎



たまらず流山橋を渡って風ひろばからCRを離脱し、Wao City裏の自販機で雨宿り。












b0295234_16545706.jpg
【昨日同様、どうせすぐに止むだろう…とタカをくくって、缶コーヒーで暖をとりながら待つも…】










b0295234_16525507.jpg
【ぜんっぜん止まないんですけど!!!】










b0295234_16573833.jpg
【仕方がないので寒さに震えながらひとり撮影会(爆)】












b0295234_16580654.jpg










b0295234_16581757.jpg










アカン、完全に体が冷え切ってしまった…










結局、7時まで自販機前で粘るも、雨が止む気配はないし、寒さも限界に達してきたので…










b0295234_16591854.jpg
【朝モス二連続♡ 今日はクラムチャウダーとライ麦パンで。スープもパンもホカホカで最高! やっぱり6時半開店にしてくれ〜〜】









b0295234_17004657.jpg
【デジャヴ】









予報的には曇りマークなので、そのうち止むだろうと思っていたんですが、全然止まない…

確か去年のこの時期も、けっこう降られたんだったっけ。









待っても待っても止まないので、えいやっとお店を飛び出します。

40越えたオッサンが、雨の中、(タイヤ替えたからって)朝から自転車。バカですよねぇ。ええ、自分でも思います。










b0295234_17024595.jpg
【雨】









b0295234_17035328.jpg
【雨】









b0295234_17040928.jpg
【雨】











CRに復帰した後も、昨日と違って一向に止む気配のない雨。


もはやヤケクソ気味にCRを疾走し、「こうなったらあそこでひとり雨のグルグル練か⁉︎」…などと楽しくなってきたところ、携帯が…
















『こんな雨の中なにやってんの! 危ないから早く帰ってきなさい!!!(怒)』















ま、そりゃ怒られますはな…












b0295234_17065222.jpg
【心の中も、雨(ションボリ)】









b0295234_17081191.jpg
【涙】









b0295234_17083096.jpg









b0295234_17093107.jpg









b0295234_17091609.jpg











自宅までの短い距離、NEWタイヤの感触を確かめつつ、ダッシュで(しかしコケないように)雨の中を帰宅。









『たぶんコレ、帰り着く頃にやむパターンだよな…』








b0295234_17110666.jpg
【自転車あるある】




















予想通り、帰着と同時に雨は上がり、空は明るく。


く、悔しいぜぃ…。











よりによって雨という最悪なシェイクダウンとなってしまいましたが(パンクしなくてよかった〜!)、NEWタイヤ「R4 ROAD」23Cのファーストインプレッションは「まずまず」、といったところ。

とにもかくにも早くヒルクライムで試したい…と思いつつ、シェイクダウンを終えました(ちなみに風ひろばのスロープでは、雨で誰もいないのをいいことに、2往復しました/笑)。



ショップ店長からも「決戦用というほど神経質なタイヤではありませんが、かといって、消耗しきるまで使い切れるような性格のタイヤではありませんし、比べてしまえばやはり耐パンク性も劣ると思います。そこのところだけは十分に注意して下さいね」と言われて渡されたこのタイヤ。



今年の夏は、いったいコイツとどんな思い出を刻んでいけるのか…。



軽やかな登りを堪能出来るのか⁉︎ はたまた、ついにパンクの神がガンガン降臨してしまうのか…



今からとても楽しみです!











b0295234_17185022.jpg
(ボントレガーのタイヤのインプレ等は他のメジャーどころと比べて少ないので、僕も情報収集にはけっこう苦労しました。でも、素人目線ですが、お世辞抜きで高品質だと思いますし、ラインナップも充実してるんですよね。もしも購入検討で悩んでいる方がいれば、少しでもお役に立てればとクドクドと長くなってしまいました。どうかご容赦を。そして今後も気づいたことがあったらドンドン書いていきますね)










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-04-03 17:25 | インプレ | Comments(12)

今年買ってよかった自転車アイテム その5 【ダントツ1位でボントレガーXXXロードシューズ!】

b0295234_11245237.jpg









これなくしては今年の僕の自転車生活は語れない…というより、今までの自転車生活の中で一番の買い物だったと言ってしまいたい!

それくらい気に入っているのが、この「ボントレガーXXX(トリプルエックス)ロードシューズ」です。

《購入時の顛末はこちらをどうぞ》





購入したのは8月でしたが、以来、足元の不安や違和感が完全にゼロになり、ライドそのものが本当に楽しくなりました。

「サドルが消える」とはよく言われますが、これは走っているとまさにシューズの存在が「消えます」。









b0295234_11350865.jpg









また、同時に購入したインソール、「スーパーフィートカーボン」も素晴らしく、100㎞越えの山岳ライドなどでも足の疲れは皆無。
今までだったら絶対に足のどこかが痛くなったりしていたんですが、そんなことも完全になくなりました。



単にこのシューズと自分の足が相性がいいだけなのかは分かりませんが、各所でのインプレや評判を見ても、シューズ自体のクオリティが高いのは間違いないと思います。



購入から半年ほど経ってシューズはますますしっくりきている感じで、冬用の厚手のウールソックス&足先ホッカイロ装着時も無問題です。









ただひとつだけ心配なのは…







あまりにもコレがしっくり気すぎていて、将来、必ずあるであろうモデルチェンジでどうなるか…という心配をもう今からしてしまうほどです(苦笑)。

叶うならば永遠にこのまま作り続けて欲しいなぁとさえ思ってしまう最高のシューズに出会えたのが、今年一番の「よかったこと」かもしれません。




購入時に骨を折ってくれたショップのみなさん、本当にありがとうございました!(大西店…じゃなかった、大宮店の大西さん、サンキューです/笑)










そして師走にやってきたこの方…










b0295234_11550166.jpg







来年は、少しでもコイツに見合う自転車乗りになりたいものです(爆)。












さてさて、これにて「今年買ってよかった…」のシリーズは終了としますが、振り替えってみると、自転車関連で購入したもので「これは失敗した!」というものって、実際はほぼなかったような気がします。


我が家は自転車関連の「ポチ」は特別に許可をもらった時以外は基本的に禁止なのもありますし、もちろん購入時は慎重に選んでいますが、やっぱり購入時にショップの方にじっくりお話を聞いてから買ったものは特に、結果的に「安い買い物」になっているような気がします。



時代とは逆行するかもしれませんが、やっぱり僕はこういうスタイルが好きだなぁと感じます。

ラファのウェアも、すべてウェブではなく、北参道の実店舗でスタッフの方にお話を聞きながら、そしてじっくり試着しながら購入しました。

行けばそれなりに足代もかかりますし、時間もかかりますが、やっぱり相応の価値はあると思うんですよね。何より、楽しいですし(バイクプラスの接客もヤバいですが、ラファ東京の接客も相当ヤバいです/爆)。









とにもかくにも、来年もまた素敵な自転車アイテムに出会えるといいな、と思っています。










さて、明日は「走り納め」に行けるかな???










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-12-29 19:25 | インプレ | Comments(6)

今年買ってよかった自転車アイテム その4 【ワコーズ フォーミングマルチクリーナー】

b0295234_20415812.jpg









我々自転車乗りにとって「日常のメンテ」といえば、やっぱりチェーン掃除&注油ですよね。

不器用を自認する僕ですが、さすがにこれだけは自分で楽しみながらこまめにやっています。




去年まではいろいろなものを試していたんですが、今年、落ち着いたケミカル類が上の3点。

定番といえば定番ですが、ワコーズのケミカル「三種の神器」、「ワコーズ チェーンクリーナー」、「ワコーズ フォーミングマルチクリーナー」、「ワコーズ チェーンルブ」です。



なかでもお気に入りなのが、これ。











b0295234_20461561.jpg
【フォーミングマルチクリーナー】










基本的なチェーン掃除の手順は…



①ペダルを回しながら「チェーンクリーナー」を一周吹きかける。

②「チェーンクリーナー」に付属するブラシで、歯ブラシの要領でチェーンをひとコマずつブラッシングする。

③「フォーミングマルチクリーナー」をチェーン全体にスプレーして泡まみれにする。

④白い泡が消え、ボタボタと黒い汁が垂れてくるまで待つ。

⑤キッチンペーパーか布で拭き取る。

⑥「チェーンルブ」をチェーンにスプレーして、10分ほど放置したあと、適度に拭き取る。






…という感じです。

なかでも面白いのが③〜④の流れで、泡がどんどん汚れを浮き上がらせてくる様子は最高です(笑)。





例えば…











b0295234_20531228.jpg
【適度に汚れたチェーン。汚いですね】










b0295234_20533850.jpg
【そこに「フォーミングマルチクリーナー」を少し吹きかけてみます。すると、みるみる泡が消えていく代わりに汚れが浮き上がってきます】







そして、白い泡が全部なくなったところで、キッチンペーパーでサっと拭き取ってみると…










b0295234_20552891.jpg
【適当にやっただけでこのとおり!】











「フォーミングマルチクリーナー」でサっとやっただけでもこれだけ綺麗になっちゃいますんで、その前段階に「チェーンクリーナーでのブラッシング」を加えると、もうほとんど新品同様になってすごく気持ちいいんですよね。



あとこのクリーナー、攻撃性も低いので、プーリーやスプロケ、ブレーキなどの金属系にはもちろん、いろいろなところにプシュっとやって拭き取れば、ピカピカになっちゃう優れもの。バーテープなんかにも使えちゃいます。




そして仕上げはもちろん「チェーンルブ」で注油するわけですが、このワコーズの「チェーンルブ」がまた優れもので、水置換性なので、クリーナー類が乾くのを待つ必要なくすぐ使えちゃいますし、ハーフウェットタイプで汚れも呼びにくく、回転もヌルヌル滑らか! 余分な油分をきちんと拭き取れば汚れも普通のチェーンルブのドライタイプ並みに付きにくく、長い期間、スムーズな回転を楽しめます。










b0295234_21014732.jpg
【「チェーンルブ」も優れもの。長細いノズル付きでスプレーしやすいのもgood】










この3点セットを使うようになってから、チェーン掃除&注油がとても楽になりましたし、何よりはっきりと綺麗になるので、すごく楽しくなりました。

まだ使ったことがない方は、ぜひ一度試してみては?








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-12-28 21:09 | インプレ | Comments(2)

今年買ってよかった自転車アイテム その3 【Rapha Pro Team Rain Gilet】

b0295234_18501542.jpg











出ました、またRaphaです(爆)。



そして、意外なアイテム⁉︎



「その1」で紹介した「Pro Team Jersey」と併せて今年一番稼働率が高かったのがこれ。

「Pro Team Rain Gilet(プロチーム レイン ジレ)」です。







ジレというのはいわゆる「ベスト」で、袖無しのウェアですね。

欧米などではごく一般的なサイクルウェアらしいのですが、なぜか日本ではあまり馴染みがなく、かくいう僕も、今年ラファにハマるまではまったく意識の中になかったアイテムでした。



実はお世話になっているショップの最上店長も長年にわたるベストの愛用者で、「一度使うと手放せなくなりますよ〜」とは聞いていたのですが、ウィンブレに比べるといまひとつ使用するシチュエーションがピンとこなかったんですよね。


で、「Pro Team Jersey」でラファにハマったわけですが、ラファといえばやっぱりジレ! ジレだけで何種類もラインナップがあるほどですから。

そんな折、最上店長の言葉を思い出しつつ、原宿のRapha Cycle Club Tokyoで実際に手にとって選んだのが、コレでした。











b0295234_19013123.jpg
【「Pro Team Rain Gilet」(下は「Pro Team Jersey」のグレーです)。保管状況のせいでちょっとシワになってますが(汗)、着ればピシっとします!】












このジレは今年になってラインナップされたモデルで、「Rain」の名のとおり、雨天時の使用を想定して、他のジレより厚みのある生地で出来たジレです。

プロチームラインには「プロチームレースケープ」というレインジャケットがあるのですが、これの袖なし版…といった感じでしょうか。

他のジレに比べて生地がしっかりしていて、逆を言えばちょっとゴワっとする感じすらあります。例えるなら、ゴアテックスのレインウェアの感触に近いでしょうか。





元来の寒がりである僕がジレを使用するシチュエーションを想像すると、やっぱり「寒い時」です。

具体的には、お山に行った時のダウンヒルや、早朝…といったところ。

それなら、やはり着用した時の「暖かさ」をしっかりと感じられる方がいいなぁと思い、コレにしました。





実際にダウンヒルなどで使用してみると、目からウロコ!

体幹を冷やさないということが、これほど快適なものなのか…と、一発で気に入ってしまいました。





フィッティングはプロチームラインらしくタイトで、しかも生地自体が硬めのためか、特に胸や腕周りが「パツン」とします。

しかし、そこはラファ。

全ては自転車に乗った時の前傾姿勢が想定されているので、実際に走っている時は「キツい」という感触をまったくなく絶妙なフィット感。もちろん風によるバタつきは一切なし…と、素晴らしい着用感を提供してくれます。









b0295234_19193753.jpg
【サイズはプロチームジャージと同じく「M」。胸、腕周りのフィッティングはかなりタイト。風によるバタつきは皆無です。しかし走っている時の前傾姿勢ではタイトさも緩んで絶妙なフィット感に】










このジレにアームウォーマーを組み合わせると非常に使い勝手がいい快適な着回しが可能で、かなり寒いシチュエーションでは両方を着用し、暑くなったら両方脱げば夏仕様…と、すごく幅広く対応出来ます。山頂や下りは寒くても、下に降りてくると真夏…ということって、ヒルクライムをしているとけっこうありますよね。そんな時、ジレってちょうどいいんです。

袖ありのウィンブレでもいいんですが、「ほんのり寒い」ような時だと、半袖ジャージにジレの組み合わせが「ちょうどいい」のです。あと、チャックの開け閉めで温度調節も出来るので、ちょいと肌寒い時の上りでも重宝しました。


夏でも山の下りは思った以上に寒かったりしますが、たいていの場合はジレとアームウォーマーがあればこと足りましたし、何より、大好きな「プロチームジャージ」を着用出来る期間がグンと広がりました。T.Aさんとの奥秩父ライドの時も、このジレを持って行きましたが、薄手の長袖ジャージとの組み合わせでバッチリでした。



暑がりな方、寒さに強い方ならもっと通気性のあるライトなタイプのジレの方がいいかと思いますが、寒がりな僕にとって、この「Pro Team Rain Gilet」はまさにドンピシャ。手放せないアイテムとなりました。












b0295234_19205899.jpg
【デザイン的にはけっこう素っ気ない感じで、「真っ黒」。背面もご覧のとおり真っ黒ですが、いろいろなカラーのジャージに合わせやすいので、個人的にはけっこう気に入ってます】










b0295234_19350158.jpg
【長指グローブをしていてもつかみやすい、大きめの白いファスナーフック。デザイン的にもいいアクセントになっているように思います】










b0295234_19534656.jpg
【チャックの前面の胸のあたりには、マジックテープで脱着するガード的なものが。雨水の侵入を防ぐ意味かと思うのですが、これがチャックの開閉で温度調節をする時は、ちょっと邪魔だったり(苦笑)】











この「Pro Team Rain Gilet」に限らず、ジレは春から秋だけでなく、例えば真冬のものすごく寒い時に冬用のジャケットの上に羽織っても、ジャケットのウィンドブレーク機能を即席で強化出来るのもいいですよね。なので、真夏の平地以外は、お守り的な意味でも常に持ち歩いてしまいます。袖ありのウィンブレよりもコンパクトで持ち運びやすいですし。


もちろん、ラファの名作「CLASSIC WIND JACKET」も素晴らしいですが…(そっちも買うたんかい!)








そう考えると、ジレってほんと、使用期間の長いアイテムだと気付かされます。






ファッション的にもいいアクセントになりますし、ブラックだけじゃなく、派手めのものも欲しくなっちゃいますよね。

そして、まんまとラファの術中にハマり込んでいくわけです…(爆)。








そんなわけで、みなさんもぜひ手持ちのウェアアレンジの中にジレを加えてみては?

ライドの「楽しさ」がグンと広がりますよ。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-12-27 20:15 | インプレ | Comments(4)

今年買ってよかった自転車アイテム その2 【BONTRAGER FLARE R TAIL LIGHT】

b0295234_20081259.jpg











はい、いわゆる「テールライト」です。

意外⁉︎

いえいえ、これがかなりの優れものといいますか、いろいろな意味で「買ってよかった」と思えるアイテムでした。





購入したのは夏頃でしょうか。

それまで使っていた自転車を購入した時に買ったテールライトが、接触不良で点いたり消えたりを繰り返していてストレスを感じていたので、「ちょっとオーバースペックかなぁ」と感じつつも、ショップで購入しました。


このボントレガーのフレアRというテールライト、「安全のために日中でも積極的に点けよう」というコンセプトで、かなりの光量。

頭のボタンを押すたびに、点灯(明)、点灯(暗)、点滅(明)、点滅(暗)と四段階に切り替わるのですが、(明)は「日中用」、(暗)は夜用…というコンセプトなんですよね。





実際に自分で使ってみると、「しっかりしたテールライト」がもたらしてくれる安心感は想像以上のもので、ライド自体がとても楽しく、安心出来るものになりました。大袈裟かもしれませんが、正直、自分でもここまで「買ってよかった!」と感じるとは、思いませんでした。










b0295234_20093927.jpg
【こんな感じで付属のフック式のゴムマウントでシートステーにワンタッチで取り付けられます。けっこうガッチリと固定されるので、これだけでもかなりの安心感。さらに、この光量! 日中でもバッチリ目立ちます】










b0295234_20131793.jpg
【USBでの充電式を採用。充電の時はゴムマウント自体をいちいち外さなくても、このレバーを押しながら横にスライドすれば簡単に外れます】








b0295234_20144027.jpg
【本体だけを外した状態】









b0295234_20150234.jpg
【下側にあるカバーをひょいとめくると、USBジャックが出現。付属のコードでパソコンなどにつないで充電します。点灯時間は、点灯(明)だと4.25時間と少々短めですが、点滅(明)だと21時間とグッと長く。点灯(暗)で5.75時間、点滅(暗)だと23時間持つので、十分ではないでしょうか】









b0295234_20203658.jpg
【このテールライトの「頼もしさ」を特に感じるのが、やはりこんなシチュエーション。晴れた日の日中でも林道などは思った以上に暗く、細い道でいきなり車が現れたりするとヒヤっとするものです。なので、昼間でも積極的にこのテールライトを点けるようになりましたし、あわせてフロントライトも点けるようになりました。山に出かけると、車側から見たら「まさかこんなところを自転車で上って(下って)こないだろう」っていうような林道ってけっこうありますよね。1秒でも早く相手に自分の存在を分かってもらう…というのは最大の自己防衛につながるような気がします】












b0295234_20262072.jpg
【このライトのいいところは、真後ろ方向だけでなく、写真のようにサイドの下も光るところ。横方向への視認性ももちろん、自転車に乗りながらライトがちゃんと付いているか、点灯か点滅か…などを確認しやすいのです】









ヒルクライムが好きだと、僕みたいな「ゆるゆる」でも、やっぱり自転車にはできるだけよけいな装備は付けたくないもの。

そういった意味でも、ちょっと大袈裟かなぁ…と感じながら買った「フレアR」でしたが、購入後の満足度は大でした。

また僕の場合はヒルクライム以上に、週末早朝の「ひとり朝練」が自転車ライフのベースになっているのですが、明るく信頼感抜群のテールライトがこれほど安心感を与えてくれるとは、意外な驚きでした。


というわけで、今ではもうこれなしではライドに出られない…というほど、なくてはならないアイテムとなっております。






やっぱり「安全」は自転車を楽しむ上で最も大切な「基本」ですね。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-12-25 20:32 | インプレ | Comments(6)

今年買ってよかった自転車アイテム その1 【Rapha Pro Team Jersey】

b0295234_10202714.jpg











2015年もいよいよ終わりに近づき、今日はクリスマス。

このへんで、今年もなんだかんだでいろいろと買ってしまった自転車アイテムについて、記してみようかなと。

購入検討されている方に少しでも参考になれば幸いです。





…で、第一弾はこちら。

これから冬真っ只中…という時に、夏用ウェアです(苦笑)。







もう一部では(?)バレバレですが、今年、ウェア関連に関しましては、完全にRaphaの術中にハマりました(汗)。

以前にもこんなエントリーを書きましたが、今年の春、思い切って再度挑戦。やっぱりいいものはいい…ということで、見事にハマりました。



いくつか買ったアイテムの中でも、結局のところ一番稼働率が高かったのがこちら。「Pro Team Jersey(プロチームジャージ)」です。












b0295234_10211361.jpg
【今年一番着た、プロチームジャージのブルー。ちなみに、ごば蔵さんに捕捉された時もこれを着てました(爆)】










「プロチーム」というとタイトフィットでレ−シーなイメージで、ちょっととっつきにくいイメージ。実は僕も最初はいわゆるラファの定番であるメリノウール素材を使用したリラックスフィットの「クラシックジャージ」を着ていました。





で、夏を前に思い切って「プロチームジャージ」に手を出してみたのですが…

これが予想外の着心地!





確かに着た時のシルエットはタイトなんですが、とにかく素材が柔らかくて、動きやすさという点では「クラシックジャージ」より上(あくまで個人的な感想です。体格や好みによって異なるでしょう)。特に腕周りの感触は秀逸で、言葉で表現するなら「ふわふわ」。まるで裸で走っているかのような…、いや、おそらく裸で走るより快適だと想像出来るくらい、やみつきになる着心地でした。

「クラシックジャージ」は普通の姿勢でいる時は楽なんですけど、自転車に乗って前傾をとった時に、少しだけ脇の下あたりが突っ張る感じがあるんですよね。僕の場合、バックポケットに重たいカメラをねじ込むので背中の生地が引っ張られるので、結果的に肩や脇のあたりが突っ張って、よけいにそう感じるのかもしれません。

対して「プロチームジャージ」だと、生地が柔らかいのでビヨーンと背中が引っ張られるのは同じかそれ以上なのですが、不思議と脇周りまで影響しないといいますか、腕周りが突っ張る感じにはならないんですよね。なので肩凝りもなく、快適にサイクリング出来るんです。

袖がかなり長めなので日焼けの後がばっちり付いちゃうのが唯一の難点ですが(苦笑)、それ以外はもう最高に気に入っている夏の定番ジャージとなりました。

また、同じプロチームラインでさらに軽さと涼しさを追求した「プロチームクライマーズジャージ」というのがありますが、こちらはさらに「ピチピチスケスケウスウス」で、真夏は最高に気持ちがいいですよ(そっちも買ったんかい!)。全ては自転車に乗った時のポジションに合わせて作られている…という感じ、丈もけっこう短めで、特にお腹側は短く、自転車で前傾姿勢を取った時に初めてちょうどよくなる感じですかね。「クライマーズ…」だと、さらにそれが顕著です。




ちなみに、サイズは183㎝、60㎏台後半をウロウロ…という体格で「M」でジャストでした。「クライマーズ…」も同じです。







b0295234_10370781.jpg
【脇の下からサイドはメッシュ系の柔らかい素材。とにかく腕周りの柔らかさは秀逸で、「タイト」なのは見た目だけ。一度着てしまえばもう「ふわっふわ」ですよ】










さらにプロチームラインのいいところが、バックポケット。

プロチームラインのバックポケット、真ん中が大きい(間口が広い)んですよね。で、そこに「EOS M2」がバッチリ入っちゃうという(笑)。

これがクラシックラインだと、なぜか真ん中のポケットが細いんです。なので必然的にサイドのとちらかに「EOS M2」を入れることになるんですが、重量物なので、バランスを取るのが難しくなっちゃうんですよね。プロチームラインなら重いカメラを真ん中に入れられるので、あとは両サイドに財布とiPhoneを振り分ければいい、という理屈。これでばっちりバランスが取れちゃうんです。










b0295234_10423064.jpg
【上から財布(エッセンシャルケース)、EOS M2、iPhone。僕の場合、最低限の軽装ライドでも、この3つは必ず持っていくわけですが…】









b0295234_10440112.jpg
【プロチームジャージのバックポケットだと、こんな感じで真ん中に一番の重量物であるカメラが入ってしまうので、バランス的にバッチリなのです】









b0295234_10445910.jpg
【こんな感じです】










b0295234_10452246.jpg
【カメラはけっこう重いので背中の生地をそれなりに引っ張ってしまうのですが、それが腕周りまで影響しない不思議】










ちなみに、この他にウィンブレやウォーマー系を持っていく時は、片側に財布とiPhoneをまとめ、空いたもう片方のサイドに無理やり突っ込みます。それでもとりあえず一番重いカメラがドーンと真ん中に陣取っているので、けっこうバランスが取れちゃいます。






そんなわけで、走り的には一番縁がないと思っていたプロチームジャージでしたが、思わぬところで僕にとっては欠かせないウェアとなったわけです。



そして…












b0295234_10494608.jpg
【あまりに気に入りすぎて色違いも買ってしまうという…。まさに「Rapha沼」!!! 来年、NEWカラーが追加されたらまた買ってしまいそうで怖いです…】











あとで買ったグレーもなにげにシブい発色で気に入っていて、夏はこのふたつをとっかえひっかえ着ていました。

あと、タイトなプロチームジャージを着ていると「これ以上太れない」という強迫観念が常に働いて、日々の節制にもかなり役立ちましたよ(笑)。











こうして写真を撮っていても、その「ふわふわ」の感触にうっとりするほど。


ああ、早く夏が来ないかな〜。











b0295234_10531938.jpg









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-12-25 11:04 | インプレ | Comments(6)

aeolus 5D3 TLR

b0295234_17190302.jpg









はい、今年最後にして過去最大級の清水ダイブです(爆)。












pcblue号のホイールは、購入時にプロジェクトワンでかなり思い切ってチョイスした「アイオロス3D3チューブラー」。

もちろん、不満どころか僕なんかには身に余るホイールで、その軽さと浮遊感溢れる乗り心地は、2年が過ぎた今でも乗るたびに感動するほどです。

ヒルクライムが大好きなので、迷わず35㎜ハイトの「3」にしたんですよね。しかも軽さ命のチューブラー!




幸い、自転車ライフが始まってからまだ路上でのパンクは1回(マドン4.5で、筑波の下りでダウンヒル中にリム打ち)のみという僕。

pcblue号のチューブラーでもまだノーパンクですが、タイヤ交換を何度か経験したので、今ではクリンチャーよりもチューブラータイヤの交換の方が自信があるかも…といった具合。でも、心のどこかにいつも小さな不安を抱えながら走っていたことは事実でした。






そして今年の秋、2回目のT.Aさんとのライド。

いろいろと自転車談義をする中で「クリンチャーホイール」談義もあり…。

「やっぱりクリンチャー、必要かなぁ…」と、自分の中ではしばらく沈静化していたクリンチャーに対する想いが再燃!






しかし、この時点では「アイオロス」のクリンチャーなどはまったく頭の片隅にもなかったのですよ。

諸々の利便性を考えると狙いはアルミクリンチャー一本、という感じでした。





T.Aさんとのライドが終わった後、暇を見てはお世話になっているショップに行って、最上店長にクリンチャーホイールのご相談。

ボントレガーのアイオロス(クリンチャー)やレ−スXライト(アルミクリンチャー)は検討対象にすらなっていなかったにもかかわらず、店長は一生懸命いろいろなメーカーのアルミクリンチャーホイールの特徴について説明して下さり、そして一緒になって自分に合いそうなクリンチャーホイールについて悩んで下さいました。ボントレガー以外で…。


実はその時すでに、僕の心の中にはとある「本命」ホイールがあったのですが(ボントレガー以外の某メジャーブランドです。ごば蔵さん、アレですよ/爆)、店長があまりに懇切丁寧にそのホイールについていろいろ案内してくれるのを聞いていたら何だか切なくなって、「ああ、やっぱりボントレガーにしようかなぁ」と(苦笑)。



この歳になると、「人とのつながり」が何かに勝ることって、あるんですねぇ。



…と、ちょうどそんなタイミングで飛び込んできた、このエントリー




これは青天の霹靂でした。

やっぱりトレックのバイクにはボントレガーのホイール…ですよね。それも、後悔しないように一番いいやつ!

いきなり浮上してきたカーボンクリンチャー、しかもアイオロス!

しかも、今使用している「3」を手放すわけではないので、ここは思い切って苦手な平地も楽しめそうなディープリムの「5」なんてどうだろう…(ゴクリ)。







「アイオロス5D3 TLR」!







「平地は文句無し。またこの重量(1440g)ですから、レースで上位を狙うのでもない限り、ヒルクライムも問題なしです。下りは…あまりスピードを出さないように気を付けて下さい(笑)。気をつけるべきは雨の日のブレーキだけですかね。まあでも、特に攻める走りをしない限りは大丈夫ですよ。クリンチャーはタイヤもチューブも種類が豊富なので、いろいろと楽しいですし。あとはもちろん…アフターフォローや修理等は当店で完璧にやらせてもらいますよ(笑)」



最上店長も、もちろん太鼓判。

そうと決めたら何か憑き物が落ちたかのように不思議なほどスッキリして、気が付いたら注文してました。

まあでも最初に「5D3のクリンチャー」と言った時は、さすがに店長も喜びながらも驚いてましたが…(苦笑)。





当初は早くても1月半ば過ぎくらいの入荷予定だったのですが、驚きの速さでアメリカからバイクプラス三郷店に到着。



タイヤは、店長も若いスタッフの井上君も激推しだった「ボントレガーR4 320」25Cに決定。

本当はホイール含めてオールブラックで「R3」にしようかと考えてたんですが、ここは「全てのローディーに一度は履いてほしいタイヤです!」という、若い井上君の情熱に負けました。

「ボントレガーR4 320」は320tpiケーシングを採用した非常にしなやかなタイヤとかで、軽さよりも乗り心地が重視されているとのこと。

デザイン的にも特徴的な「アメサイド」で、この点だけ実はけっこう不安もあったんですが、各所でのインプレでも評判のいいタイヤですし、何より井上君が激推しなので、ここは彼の熱意に乗ってみることにしました。






さてさて、今朝は頑張って早起きして、早速シェイクダウン。

市街地→手賀沼→利根川→利根運河→江戸川…とつないだ約60㎞を走ってきました。

完全な無風だったのが逆に残念ではありましたが、期待と不安のファーストインプレッションは…⁉︎












b0295234_20010354.jpg








こうして写真で見ても、まずは見た目が全然違う(笑)。まるで違うバイクになったみたい⁉︎


ちなみに今回、バーテープも思い切ってブラックにしてみました(ボトルも/爆)。

またホワイトに戻すかもしれませんが、これもルブランクさんのマドン7の影響だったりして。









b0295234_20494076.jpg
【4時半に家を出て快調に飛ばし、手賀沼に着く頃にはまだ夜明け前。手賀大橋上で日の出前のマジックアワーを堪能】









b0295234_20503794.jpg










b0295234_20511184.jpg
【北部手賀沼から…】









b0295234_20513130.jpg
【布施弁天経由で利根川CRへ】











さて、肝心の走りの方ですが…





正直、チューブラーとクリンチャーの違いはあれど、同じアイオロスの「3」と「5」。ハイト1.5㎝の違いって、僕ごときが体感できるものなのかなぁってかなり半信半疑だったのですが…。








ズバリ、全然違う!!!







バイクを持ち上げた時の感触は明らかに「3」より重くなっていたので(3D3チューブラーは1100g台。対する5D3 TLRは1400g台ですから当然ですよね)正直、漕ぎ出す前は「思った以上にもっさりしちゃったらどうしよう」と不安の方が大きかったんですが…




3漕ぎでそれは吹き飛びました。




確かに最初の1漕ぎは「3」に比べれば「重い」んですが、2漕ぎ、3漕ぎ…というところで印象は一変。



何ていうんですかね、氷の上をツルーンと滑るようにバイクが前に前に出て行くんです。

そんなバカな…と思うかもしれませんが、自分でも驚くほどで、思わず「コレはヤベぇ…」と暗闇の中で漕ぎながらつぶやいてしまいました。



ディープリムは時速40㎞巡行以上、最低でも30㎞巡行以上くらいじゃないとその効果は分からない…というインプレもけっこう見たような気がするんですが、なんのなんの、20㎞、30㎞…と加速していく中でも、いや、20㎞後半くらいの普通の速度での巡行でも、明らかに脚の「回り」が違うのにはとても驚きました。




家を出て100mくらい走ったところで、「コレにしてよかった!」と心底思いましたよ。




さらに驚いたのは、タイヤ。


このR4、「乗り心地がよくて、とにかくなめらか」というのは聞いていましたが、まさにそのとおりで、細かい振動を全てカットしてくれているような感触に、思わず唸ってしまいました。まるでドマーネのISO SPEEDそのものみたいなタイヤ…といったら言い過ぎでしょうか。

大きな凸凹を越えた時、ホイール自体は「3」よりもゴトンときて硬さを感じるんですが、タイヤがそれを補ってくれている感触。かといって、空気圧が低いような底付き感のある柔らかさとはまた違うんんですよね(ちなみにエアは7気圧で乗りました)。うん、このタイヤは確かにすごいよ井上君!(笑)


個人的には細めのタイヤが好きで、25Cにすら抵抗がなかったわけではないのですが、転がりもよくて、これなら大満足! 自分の中での25Cに対する認識が変わりそうです。










b0295234_21082685.jpg
【利根川CRに入ったところで日の出】









b0295234_21085358.jpg








b0295234_21090406.jpg
【この写真を撮る直前にはマイナス3℃を表示してました。走ってると鼻が取れそうなほど冷たい!(笑)】










あと明らかに「3」と違ったのは、「音」。


よりホイールがお皿っぽく(?)なったせいか、はたまたタイヤのせいもあるのか。走り出してすぐ、特にフロントの方から「コーーーーー」というほど上品ではないけど、「ギョルーーーーー」というほど野蛮でもないような(?)、何とも言葉では表現しきれない独特な「その気にさせる」音を奏でるのです。

同じアイオロスなので、あからさまな走行感の違いってあんまりないのかなぁなんて予想してたので、走行音そのものが「全然違う」ことに嬉しい驚きでした。




「3」の場合は「無音」といいますか、その圧倒的な軽さと相まって、いい意味でホイールの存在が消えるんですよね。なんか脚だけがひたすら回っているような、そんな感覚。

でも「5」となると、またいい意味でホイールの存在感がグっと増して、それが高い巡行速度じゃなくても漕ぎ出しから感じられたのは、とても感動しました。もうとにかく「俺今、ディープリムに乗ってるなぁ…」って感じなのです。正直、ホビーサイクリストの典型たる僕なぞは、見た目とこれだけでもう満足です。











b0295234_21170144.jpg
【予備タイヤを携行する必要がなくなったのと、パンク修理キット一式はツール缶に全て納まったので、大きめのサドルバックにミニ三脚やカギ、そして念願の交換レンズを携帯! 背中のカチカチ山状態から解放されるとともに、これからは複数レンズを携行出来て、ますます撮影も楽しめそうです】










b0295234_21185603.jpg
【かなり男っぽくなったpcblue号。自分でもこの見た目はまだ全然慣れません(苦笑)】










b0295234_21195088.jpg
【ホイール同様…いや、それ以上に感動した「R4 320」25Cタイヤのなめらかな乗り心地。これはクセになりそうです。アイオロスのクリンチャー(TLR)モデルはマイナーチェンジでワイドリムになっているので、25Cタイヤとの相性も抜群。タイヤとリムも、まさにツライチといった感じです】













アイオロス3D3チューブラー、そしてアイオロス5D3 TLR…。


バチが当たりそうなほど贅沢な「2輪持ち」となってしまいました。


今朝のインプレも多分に「プラシーボ」が入っておりますこと、どうかご了承ください…。






しかしまあ、これでもう、自転車沼からは一生逃れられそうもありません。。。









新しく我がチームに加わった「アイオロス5D3 TLR」とも、素敵な思い出を刻んでいけたらいいな、と思っています。










b0295234_21223623.jpg









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-12-20 22:09 | インプレ | Comments(6)

マドン9、見てきました

昨日の夜、会社帰りにふらりとショップへ。

目的はコレではなかったのですが…











b0295234_17283765.jpg









ちょうど組み上がってきた新型マドン9の試乗車!




閉店後まで居座って最上店長としゃべってたので、もちろん他にお客さんは無し。

それをいいことに、写真撮りまくってきました(笑)。













b0295234_17324903.jpg
【う〜ん、カッコいい!】












b0295234_17331443.jpg
【なんかもう、別の乗り物ですな、これは】










b0295234_17341373.jpg
【なんともフラペが似合いません(爆)】









お気軽試乗用にフラットペダルが付いておりますが…








「もしよかったらちょこっと乗ってみます?」by店長









もちろんもちろん!(嬉)






真っ暗だったのでお店の前の駐車場をグルグルだけでしたが…



何て言うんですかね…







不思議な乗り味です。







重量はけっこうあるので漕ぎ出しはそこそこなんですが、「ヌルーーーー」っと風をかき分けて進む感覚がちゃんと分かるんです!

空気が後ろに抜けていくのがちょい乗りでも感じられるので、びっくりしました。




いやぁ、これはこの手のヤツが好きな人にはたまらないバイクなんじゃないでしょうか。







そしてもちろん…



















b0295234_17380455.jpg
【安心してください。しなります】



















失礼しました…。








ドマーネ乗りとしては一番気になる「ISO SPEED」!



ドマーネほどではないですが、ちゃんとしなるのでビックリ。

試乗でもおしりにゴツゴツが明らかに軽減されていて、これまた不思議な乗り味を演出してました。


個人的には新しいバイクは考えられないですし、平地カットビは一番縁遠いスタイルなのでアレですが、すごいバイクであることは確かです。

ヒルクライムがオフシーズンになる真冬の江戸川をこれで疾走したら、さぞかし気持ちいいだろうなぁ。。。



でもこのバイクだと、ゆっくりのんびり走れないかも(⁉︎)









試乗車はサイズ54のH1フィット(かな?)、700ではなく600カーボンの方でしたが、気になる方はバイクプラス三郷店に行ってみてくださいね。










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-10-24 17:44 | インプレ | Comments(2)