カテゴリ:ヒルクライム( 214 )

リベンジ・ひとり富士ヒル その3 〜憧れのめろんぱんGet!〜

眺望が素晴らしい樹海台駐車場を飛び出して、ひとり富士ヒルを再開。



前半部ではやっぱりあんなに辛かったのに、ここまでくるともういつもの自分に戻っていました。



カーブも適当に出てきて、楽しいぞ!(笑)



















b0295234_15433776.jpg
【三合目クリアー!】




















b0295234_15441572.jpg
【距離的にも半分クリアー】















b0295234_15451616.jpg
【いちだんとヒンヤリ】













いよいよ標高も上がり、雲が近付いている感じをひしひしと。


登っていても半袖ジャージだったら寒いだろうなぁと思えるレベルです。






そしてさらに登っていくと…

















b0295234_15462253.jpg














ついに雲の中へ…















一瞬、「焚き火の煙か!?」と思えるような、下から吹き上がるようなモヤ。もちろんそんなことはなく、それはたぶん、いや間違いなく「雲」そのもの。



なんか、感動(涙)。

















b0295234_15470173.jpg
















b0295234_15475622.jpg















b0295234_15484336.jpg

















三合目を過ぎ、残り10㎞も切って、いよいよ雲の中に突入したヒルクライム。





幻想的な景色の中をゆっくりとペダルを回す、不思議な感覚。




このあたりまで登ってくるとさすがに空気も薄いのかゼェゼェしてきます。




でも、幻想的な景色がその辛さをアシストしてくれます…。


















b0295234_15491052.jpg

















b0295234_15511500.jpg
【見えた!】
















b0295234_15513211.jpg


















ひときわ大きな左カーブを駆け上がれば、思い出のあの場所…















b0295234_15520275.jpg

















b0295234_15521392.jpg
【!】
















「塩対応」&「肉巻きおにぎり」でお馴染み(ね、minozouさん!?/笑)、大沢売店!
























b0295234_15542412.jpg
【あと少しだワン!(犬じゃないって)】




















ホワイトタイガー(前回はあったっけ!?)に見送られ、そのまま勢いにのって大沢売店をスルー!(今回はまだそんなにお腹が空いてないので、肉巻きおにぎりは下りで食べよう〜)
















b0295234_15560631.jpg















大沢売店を過ぎれば、ほどなくして四合目。



さあ、あと少しだ〜。


















b0295234_15564925.jpg




















b0295234_15570730.jpg
【富士山!】
















雲を抜けた!?



最高のご褒美、富士山の姿が(感動〜)。



巨大なシャチみたい!
















b0295234_15580860.jpg


















b0295234_15582154.jpg


















ご褒美の富士山に加えて、このあたりまでくると斜度もずいぶんと緩くなっているような気が。



ガンガンいくぜ〜!















b0295234_15590525.jpg
【ガンガン抜かれます(笑)】
















b0295234_16000395.jpg
【さらに近い!】















b0295234_16001948.jpg

















いつもは通勤時に江戸川からも小さく小さく見える富士山が今、目の前に…。



このまま自転車で直線的に駆け上がっていけるのではないかと思えるほど眼前に迫っています。









なんでしょう、この感動は。


いろんな意味で、やっぱり富士山って反則だよなぁ〜。。。




















b0295234_16043793.jpg
















さらに斜度が緩んでほぼ「平地」状態となり、写真のような短いトンネルが現れれば、いよいよ最終区間。


本物の富士ヒルでは、ここでクライマックスとなる高速バトルが繰り広げられるのでしょう。












もちろん僕は、ゆっくりのんびりラスト区間を噛み締めます…。
















b0295234_16055725.jpg













ずいぶん寒いなぁと思ったら、道端には残雪が。


「標高2000m以上」を噛み締めつつ…























b0295234_16065036.jpg
【ゴールはもうすぐ!】














短いトンネルをいくつかすり抜けると、人の気配が。



観光バスの大きな駐車場が右手に。




前回来た時はもうこのあたりから渋滞してたんだっけ。












そして、ついに…























b0295234_16083051.jpg























五合目、ゴォ〜〜ル!!!!!
















b0295234_16093135.jpg
















5月の平日ということで前回ほどではないけど、それでもかなりの数の外国人観光客の方達による大自撮り大会(爆)。




そんな中、勇気を出して柵にpcblue号をロックし、急ぎ足で中へ…

















b0295234_16110380.jpg
【今回はいかせていただきやす】















ダッシュでpcblue号のもとに戻り、ちゃんとあってホっ。


人混みの中pcblue号のもとを離れたこの1分足らずは、生きた心地がしなかった〜(苦笑)。








恐怖の時間を乗り越えて、ついにゲットぉ〜!!!!!
























b0295234_16134595.jpg
【リベンジ成功♡】



















前回は気力体力も限界でスルーした「富士山めろんぱん」ですが、今回は暖かいホットコーヒーとともにしっかりとゲットいたしやした。







人混みを避けた場所に移動し、いざ…


















b0295234_16144775.jpg
【実食】























ウム、味は普通だな(爆爆)。















ジャージと同じ色のメロンパンをムシャムシャと食べる自転車オッサンを、ジロジロ眺める観光客の方達。


みなさん、楽しんで頂けたでしょうか(見せ物じゃねーぞ!)。
















b0295234_16133754.jpg














完食後はさらにひとけのない奥のお馬さんスペースに移動して…

















b0295234_16183475.jpg

















b0295234_16184795.jpg

















b0295234_16190061.jpg
【テレレレッテレー。ゲザングッズ〜】
















b0295234_16194961.jpg


















ウィンブレ、キャップ、ネックウォーマー、トゥカバー、長指グローブ、そして…








インナーグローブ〜!(by セブンイレブン)

















予想どおり、ダウンヒルは極寒。このインナーグローブが一番重宝したなぁ。。。




















b0295234_16223177.jpg
【撮影風景(笑)】


















五合目の気温は8℃(寒っ!)。



関東平地だと真冬の日中の気温ですよね。




これでダウンヒルするんですから、リュックにジャケットや真冬用のグローブを入れてくる方もいるとかいないとか。

確かに、耐えられないほどではなかったですが、ウィンブレだとけっこう寒かった。

これで天気が荒れていたらヤバかったかも!?

恐るべし、富士山…。









寒がりな方は、結果的に使わないにしても、下山用には重装備をお勧め致します。

特に足先、指先は大切。ブレーキ操作もままならなければ、命に関わります。

迷ったんですが、トゥカバーも持ってきて正解でした。カバーをしていても足先はかなり冷えて、なかったら大変でした。
















b0295234_16283173.jpg












下山グッズをフル装着し、名残惜しく五合目を後にします。




途中、寒いのと、カーボンホイールをいたわりつつ、休憩しながらゆっくりとダウンヒル。



登りはあんなに長かったのに、休憩しながらでも下りはあっという間ですね…。

















b0295234_16302474.jpg




















下に行ったら暑いかなぁと思っていたんですが、下界も気温が下がっていたようで、料金所付近でも12℃。


登る時は20℃以上あったはずですから、なるほど、山の天気は分からないものです。





結局、どれ一つ外す必要性を感じることなくフル装備のまま導入路に入り…























b0295234_16320283.jpg
【無事、帰還】















15時過ぎ、無事に北麓駐車場に戻って、いちおう「リベンジ・ひとり富士ヒル」は成功、ということで。

















b0295234_16334956.jpg
















それにしても、往復するだけで走行距離50㎞オーバー、標高差1000m以上の坂って、やっぱりスゴいよな…。




そんなことを考えながらpcblue号をクルマに積み込み、綺麗なトイレで着替えて車を出しました。

















スバルライン。今回は楽しかった!


次回はまだ走ったことのない「富士山スカイライン」にも行ってみたいな。


なんなら、「富士山スカイライン」、「富士あざみライン」、「富士スバルライン」の3本を1日でってどうよ!?


その場合、どういう順番で登るのがいいかなぁ♪(帰ってきて富士山スカイラインのことをちゃんと調べてみたら、キツ過ぎ却下/汗。でも富士山スカイライン単体ではチャレンジしてみたい!)


















そんなことを考えてニヤニヤしながら中央道を走っていると…



















「嗚呼――――――! 大切なことを忘れてたーーーーーー!!!!!」






















下りで大沢売店に寄って「肉巻きおにぎり」食べるの、すっかり忘れてた!!!(爆)



こ、これは…
























また行かねばならないか…(ゴクリ)。


いや、minozouさん、リベンジ頼んます⁉︎



〈完〉













にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-19 07:32 | ヒルクライム | Comments(9)

リベンジ・ひとり富士ヒル その2 〜雲を目指して〜

そもそもこの富士ヒルコースがなぜそんなに辛いのか。










それは間違いなく、「直線的」だから。


特に二合目までの前半は、九十九折どころかカーブ自体がほぼない(涙)。









不思議なもので、どんな激坂でもカーブだと登った後に一度一息つくことが出来て、それが「メリハリ」となって「よいしょ」と次々と登っていけるんですよね。「ハイ次〜!」みたいな(笑)。



それが直線状だと、たとえそれがたいした斜度じゃなくても、ただひたすらペダルが重いだけ…という「苦行」に早変わりしてしまうわけです。








筑波の「つくば道」なんて、激坂×直線とか、まさに鬼畜ですもんね(汗)。








富士スバルライン、富士ヒルコースの導入路&前半部は、まさに「ダラダラ直線登坂」の典型。







河川敷で向かい風をくらっているかのような猛烈な「進まない感」&「ペダル重い感」が、とにかく精神を削ってくるのであります。

















b0295234_14274746.jpg















それでも、何も知らずに「もう少ししたらカーブが現れるんだろうなぁ」と淡い期待を打ち砕かれながら登った前回に比べて、「分かってる。ただひたすらこれっしょ」と諦めの境地にある今回とでは、やっぱり心の持ちようが全然違います。





カーブ出現は諦め、ここはただひたすら地味に重いペダルを回すのみ。


そして前回にはなかった、周りの単調な景色のいいところを探して楽しむように心掛けてみました。







もちろん、そもそも「足着き」のプライドはないので、たまに止まって写真を撮りつつ♪


ま、これが僕のスタイルですから(キリッ)。







富士ヒルコースでもなんでも、自分流に楽しんじゃえばいいんじゃない!?


















b0295234_14312488.jpg














知らない自転車乗りの人が見たら、「あの人、止まって横にカメラを向けてなにやってんだろ」と思われていることは必至。








でもいいんです。気にしない気にしない。















b0295234_14324274.jpg
















前回は余裕がなくて…というか、ガラにもなく「走らなくちゃ、登らなくちゃ」という意識になってしまっていたので、周りの景色を見ることなんてしなかったですもんね。




相変わらず景色は単調なんですけど、よく見てみれば、けっこう綺麗な森が道の両側に広がっているんです。





何たってここはあの富士山なんですから、この独特な溶岩の森を楽しまなくちゃ損でしょう!?















b0295234_14354993.jpg














足は重いままだったけど、心は前回より何倍も軽い!?



それに、さすがに導入路からずっとこのダラダラ坂を登ってきているので、身体も心拍も慣れてきたのか?





















b0295234_14372304.jpg
【今回は騙されないよ〜】
















b0295234_14374315.jpg
【まだ「下」だかんネ】















b0295234_14380615.jpg















前回も感じたんですが、このコース、とにかく残り20㎞を切るまでが長い。


御丁寧にこまめに「残り◯㎞」を示す文字が視界の左下に出てくるので、よけいです(苦笑)。


















b0295234_14394551.jpg















それでも「本物」の一合目看板下を通過すると、何だか一気に足も心拍も楽になるような気がするから不思議です。


まだまだ一合目なんですけどね。

















b0295234_14404077.jpg














目の前に続く景色にも、少しずつ変化が。



「高い山に登っているんだなぁ」という雰囲気が、少しずつ出てきます。




















b0295234_14415763.jpg


















詳しいことはよく分かりませんが、道端の植生にも変化が。


















b0295234_14430658.jpg















そんな小さな変化に気付き、楽しめるようになったのが、もしかしたらささやかな「成長」なのかも…。





















b0295234_14435562.jpg
【!?】


















一合目を過ぎてほどなくして、ついについに、待望のカーブが!(嬉)






カーブということは斜度は上がっているはずなんですが、この「最初のカーブ」には、マジで生き返りましたよ…(変?)。
















b0295234_14460222.jpg
【気温もけっこう下がってきました】















このあたりまで登ってくると、ようやく長袖ジャージでちょうどいいくらい。


ハイペースで登っていくならまだ暑いんでしょうが、きわめてゆっくりな僕にはちょうどいいです。
















b0295234_14470367.jpg

















ようやく現れたカーブと道端の新緑になぐさめてもらいつつ、ちょっとだけペースを早めて登っていきます。

















b0295234_14480094.jpg



















b0295234_14481154.jpg
















季節を逆行していくヒルクライム。


可愛らしい桜の花も現れて…。














スバルライン、なかなかいいんでないの!?



















b0295234_14490712.jpg

















二合目クリア。



残り20㎞を切ってカーブが現れ始めてからの5㎞は、ほんと早く感じた〜!

















b0295234_14504040.jpg





















b0295234_14505292.jpg















この付近になると、白樺やダケカンバも現れて、さらに森に変化が現れて「高原」の様相。


そんな変化を目で楽しみつつ、写真を撮りながらの自分流ひとり富士ヒル。










なんだ、とても楽しいじゃないか!



















b0295234_14522367.jpg















b0295234_14523679.jpg
















b0295234_14533381.jpg
















空は相変わらずの曇りでガスっていて、空気も一段とヒンヤリしてきます。


曇りというより、どんどん雲そのものに近付いている不思議な感覚ですよね。









そう。雲に向かって登っているんです。


そう気付いたら、何だかテンションもますます上がってきましたよ!













b0295234_14535399.jpg










樹海台駐車場。






今や日本有数の観光道路である富士スバルラインには、要所要所に綺麗なトイレのある駐車場があります。


これは自転車乗りにとっても嬉しいことで、トイレは暖房も効いていたりして、緊急時に雨や寒さを凌ぐことも出来ますよね。






樹海台駐車場にも立派なトイレがあって、もちろん立ち寄り(笑)。


そして、ストレッチしながら眺望を楽しみます。

















b0295234_14550119.jpg
【ここにも散り際の桜】

















b0295234_14552616.jpg















b0295234_14554175.jpg














b0295234_14555647.jpg


















変化や景色を楽しみながら、写真を撮りながらのヒルクライム…。



前回、ボロボロになった時は、メジャーな雰囲気に飲まれてそのことをすっかり忘れていたんだよなぁ。










今回も(特に序盤)はやっぱり辛かったけど、でも、前回よりは全然スバルラインを楽しめてる。




こんなに素晴らしい道をただ下を見て登っていくだけだなんて、もったいないことしたなぁ。。。


それに、確かにそれじゃあただ辛いだけですよね。












顔を上げて、雲を目指して駆け上がっていくこの感覚は、スバルラインならでは。


五感を研ぎ澄ませてゆっくり登っていくと、「感動」はたくさんある。


それがヒルクライムの醍醐味なんだよなぁ、なんて…。








実はとても贅沢極まりない道を走らせてもらっているのだということに、二回目にしてようやく気付いたような気がします。









さて、スバルラインの登り、もう少しだけ楽しませてもらうとしましょう!



〈つづく〉











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-18 22:13 | ヒルクライム | Comments(2)

リベンジ・ひとり富士ヒル その1 〜死の導入路!?〜

足着き「上等」…ならぬ、「普通」。





頂上まで足を着かずに登り切ることになんら価値を見出していないどころか、そもそも写真を撮るために峠を登っているようなものなので、写真の数だけ足着きがある、という僕(苦笑)。





かといって、写真は下っている時に…というのも何か違うような気がして(登っている時の感動を写真に写し留めたいんですよね)、まあ毎回、ヒルクライムの時は足着き撮影しまくりなわけです。






そんなわけですから、基本的にヒルクライムに「失敗」はない僕。



もうあの森の空気や林道の雰囲気、素晴らしいロケーションに出会えただけで「OK」なのです。











しかし、そんな僕がただ一度だけ、この上ない「敗北感」を味わった坂があります。









それこそがあの超メジャーヒルクライムコース、「富士スバルライン」なのです。


















富士スバルラインといえば、ご存知、超人気アマチュアヒルクライムレース「Mt.富士ヒルクライム」の舞台となるコース。





コースプロフィールは、走行距離約24㎞、平均勾配5.2%、最大勾配7.8%、標高差1,270m。

おとなりの「ふじあざみライン」のような20%越えの激坂区間はなく、確かに距離は長いものの、その数字だけ見れば「それほど…」と思えてしまうスペックかもしれません。







しかし…








一昨年秋、初めてこの富士スバルラインに挑戦した僕は完膚なきまでに叩きのめされ、初めて心底途中で「帰りたい」と思ってしまったルートとなったのでした。



あの時は調子こいて一日で「あざみライン」と「スバルライン」の「ダブル」を走ったわけですが、最初に登っためくるめく激坂劇場の「あざみ」は大変楽しく(笑)、その勢いに乗って「ゆるゆるなスバルなんか楽勝っしょ!?」というノリで突撃したのでした。

しかし、序盤…それも、富士ヒルの計測開始地点の料金所「前」の導入路ですでにヘロヘロとなり、そして料金所後も変わらない景色の中でダラダラと単調に続く直線的な坂にメロメロとなって、二合目を前にしてまさかの押し歩き状態に。本気で「ここで引き返したらどんなに楽だろう…」と半ベソ状態に陥ったのでした。



冗談抜きで、「お山」に来てあそこまでボロボロになったのは、ヒルクラ初挑戦の不動峠アタックや脚攣り以外ではこの時のみ。



その後はどうにか持ち直して五合目まで登りましたが、外国人観光客でごったがえす中お目当ての富士山メロンパンを買って食べる気力もなく、「もう二度とくるもんか…」と心に誓いつつスゴスゴと下山した、そんなトラウマ的なルートとなってしまったのでした。






あれから2年が経ち、相変わらずヒルクライムの楽しさにはどっぷりとハマって色々な峠を楽しんできた僕ですが、「スバル」だけにはもう近付くまい…と本気で思っていました。







しかし、今年は冬からそれなりにヒルクライムを楽しみつつ、そして楽しめば楽しむほど、心の片隅で「スバルリベンジ」のドMな想いが沸々と…。













昨日5月16日㈫。

富士五湖方面に車出張が入り、しかも用件は確実に午前中には片付きそう、とか。





これは「行ってこい」というお告げか!?








前夜、気が付いたらいそいそと車にpcblue号を積み込んでいたのでした…。









































b0295234_13414293.jpg
【何かに導かれるように、魔界の入口へ…】


















早朝には富士五湖入りした僕。順調すぎるほど順調に仕事も片付き、11時過ぎにはデポ地の県立北麓駐車場にIN。




仕事、こじれてもよかったんですけど…。




2年前に来た時にもリサーチ済みで、道にも迷わずすんなり到着。




迷ってもよかったんですけど…。


















b0295234_13442511.jpg


















b0295234_13444139.jpg
【いざ(ゴクリ)】


















出走時にこれだけ緊張するライドも久しぶり。



脳裏には辛かったあの時のことが蘇ります。




それでも、もしもあの時より少しでも成長しているのなら、もしかしたらスバルラインを楽しめるかもしれない…という淡い期待も抱きつつ…

















b0295234_13462913.jpg
【営業してなくてもよかったんですけど♡】
















天候は「曇り」。


出走時の駐車場での気温は22℃と、どこか空気もモワっとしていて暑いくらい。予報では雨の心配はなさそうです。





しかし、なんせここは富士山。

標高が上がるにつれてどんどん寒くなることを予想し、下はサーマルビブとレッグウォーマーの「冬装備」。

上は、メッシュアンダーと春秋用の長袖ジャージ。


悩んだんですが、さすがに夏用の半袖ジャージ&アームウォーマーでは寒いかと。





さらに、チャックを解放して拡大したサドルバッグには、下山グッズ一式をキツキツに詰め込み♡




出走前には車を運転しながらコンビニで買ってあったオニギリとメロンパン(笑)を食べ、ポカリ500㎜も飲み干して水分補給も万全に。午前中の仕事中も、意識的に水分を多めに摂りながら苦行…いや、ヒルクライムに備えました。












入念なストレッチの後、やや緊張の面持ちで北麓駐車場をスタートしたのが11時30分過ぎ。


走り始めはやや暑いくらいで、いきなり汗とも冷や汗ともしれぬものが体中からドっと吹き出してきます。











大丈夫。自分を信じて行くぜ…(またゴクリ)。























駐車場を出て東富士五湖道路「富士吉田IC」を横目に進み、「富士吉田IC西」交差点を左折して、いよいよ県道707号線「富士スバルライン」にIN。




















b0295234_13531690.jpg
【重々しい雰囲気。心象が写真に出ちゃってます!?】














僕にとって最初にして最大の難関は、まさにここ。富士ヒルの計測開始地点である料金所までの導入路部分です。




果てしなくまっすぐ続くこの直線状のダラダラ坂こそ、前回、いきなり心を折られた苦い思い出の箇所なのです。











今、あの時と同じ景色が、目の前に…。








この区間、なにげに斜度もそこそこありそうな感じで、いやらしく脚を削ってきます。


漕いでも漕いでも進まない、このイヤ〜な感覚は、どこかで…








アレだ…













そう、向かい風の江戸川で関宿城を目指す時のような、あの感覚!



江戸川ヒルクライムにクリソツ!?
















b0295234_13595470.jpg
【メロディラインのギザ。時速50㎞走行でメロディがなる。鳴らすのは絶対無理(爆)】


















b0295234_14004948.jpg
【や、やっぱりツれぇ…】

















なんだこの辛さは…。











問答無用の直線路。


地味にキツいジワジワ系の斜度。


ひたすら変わらない冗長な景色。












思い出してきた。


この導入部こそ、自分的ヒルクライムの「三大苦手要素」がバッチリ揃っているのでした。


しかもこれがまだ身体が暖まっていない序盤にあるのが辛い。辛過ぎる。



















b0295234_14035661.jpg














心を折られないよう楽しいことを考えつつ(苦笑)、ただひたすらこの導入路を登っていきます。


楽しそうな「富士スバルランド ドギーパーク」、そして「胎内洞窟入口」交差点を過ぎて、ようやく見えてきたのは…



















b0295234_14080754.jpg

















b0295234_14082262.jpg
【ゴォ〜〜〜ル!!!(違うから)】

















ほんと、願望的にはゴールに見えた料金所に、ようやく到着。


ま、ここがスタートなんすけどね…(涙)。












前回同様、やっぱり辛かった導入部。


それでもですね、「知っている」のと「知らない」のとではずいぶんと心持ちが違うようで、前回より少しは楽に乗り切れたかな…。
















さあ、本当の本番は、これからですよ!






















b0295234_14103649.jpg
【北麓駐車場から料金所までの距離、縁起のいい数字です(笑)。まさに死の導入路!?】


















料金所で軽車両200円をおじさんに支払い、「頑張ってね!」と声を掛けられスタート。










いったいなぜ、我はお金まで払ってわざわざこんなに苦しい思いをしにきているのか。



大いなる矛盾を感じつつ、ソロソロと走り出します。









いよいよ「リベンジ・ひとり富士ヒル」、真のスタート!



〈つづく〉









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

by pcblue | 2017-05-17 17:16 | ヒルクライム | Comments(8)

予告 〜超苦手坂⁉︎〜

b0295234_20320910.jpg















苦手意識を克服すべく、今まで登ってきた中で一番苦手な坂に、再挑戦してきました。





やっぱりキツかった…。





もう分かりましたよね。「あそこ」っす!








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-16 20:34 | ヒルクライム | Comments(0)

リベンジくいだおれライドonヤビツ&宮ヶ瀬湖 後編

b0295234_08334526.jpg




















「宮ヶ瀬湖、綺麗ですね…。視界に緑と青しか入りませんね」












エメラルドグリーンの水をたたえる宮ヶ瀬湖の美しさに感動しつつ、湖畔を爽快なサイクリング♪


やまびこ大橋を渡って左折(右折すると伊勢原方面。帰る方向ですね)し、短いトンネルを何個も越えていく下り基調。

相変わらずの快晴ですが、標高があるせいか気温はそれほど高くなく、26℃くらいと超快適温度です。
















b0295234_08340880.jpg



















サーっと下ってやってきたのは、「オギノパン」。


まだランチにはちと早い時刻だったので、ここで少々オヤツタイムです。


















b0295234_08345488.jpg




















b0295234_08350929.jpg



















b0295234_08353289.jpg



















b0295234_08354460.jpg
【前回、バックポケットから落ちてて食べ損ねた「丹沢あんぱん」に…】


















定番のアレを購入して…



















b0295234_08365551.jpg

















テラスでまったりオヤツタイム♪

















b0295234_08372634.jpg
【揚げパン最高!】



















b0295234_08374635.jpg
【りょうたパパさんは焼きたてで運ばれてきた三角パンを追加し、糖分バッチシ】



















b0295234_08382462.jpg
【プチリベンジ。ようやくありつけた丹沢あんぱん。小倉あんが美味しい!】

















宮ヶ瀬湖からオギノパンまで下ってくると、日なただと気温は30℃越え(汗)。

でも日陰だと山の空気が爽やかな適温で、テラスで心地よい五月の風に吹かれながらおしゃべりしていると、時間が経つのも忘れてしまいます。






この時点で完全にスイッチは「マッタリモード」に切り替わり。。。
















b0295234_08400965.jpg



















あわよくば道志みちで山中湖…の件は、消えてなくなりました(笑)。



ま、二人ともまだ風邪っぴきだし、このくらいで(裏ヤビツのダウンヒルもけっこう冷えましたしね。ジレがなかったら死んでたっ)。




















そうこうしていると、続々とお客さんがやってきて誰もいなかったテラスは満席に。


僕達もそろそろと走り出します。






特に行くあてもないまま、とりあえず目に入ったダムサイト方向の「あいかわ公園」の看板を見て、行ってみることにします。すぐの信号を右折です。




















b0295234_08444620.jpg















b0295234_08445845.jpg













「日本じゃないみたいですね〜」とりょうたパパさん。




お馬さんやポニーが草を食む牧歌的な景色の先に、可愛らしい公園がありましたよ。




看板があり、園内は自転車走行禁止のようなので、押し歩きで中へ。




















b0295234_08455686.jpg



















さらに奥へと進んでいくと、宮ヶ瀬ダム躯体の真下へと行けるようです。



「行ってみましょう!」と、妙に乗り気のりょうたパパさんに促されて…


















b0295234_08465530.jpg




















b0295234_08470731.jpg













b0295234_08471735.jpg















b0295234_12395455.jpg
【ド迫力】
















b0295234_12401685.jpg

















いやいや、ものすごい迫力です!






見上げているとクラクラして気持ち悪くなってきちゃうくらいです。















b0295234_12413271.jpg
【⁉︎】














「行ってみましょう!」











やけにノリノリのりょうたパパさんに促され、自転車をロックし、歩いてダムの上に行けるエレベーターに乗ってみることに。















b0295234_12424418.jpg
【ヒンヤリ♡】














b0295234_12425614.jpg
【カツカツ】





















b0295234_12433662.jpg
【まるで地下秘密基地⁉︎】















これはちょっとした冒険だぁ〜。
















b0295234_12441022.jpg
【ドキドキ】
















大きなエレベーターに乗って僅か1分、あっという間に到着です。




















b0295234_12450119.jpg
【ドドン】
















高所恐怖症の方、閲覧注意。


















b0295234_12452123.jpg
【「おお〜」】















b0295234_12460744.jpg
【おおお〜】
















ツーっとお尻で滑り降りたら自転車のところに戻れるな〜、なんて(笑)。
















b0295234_12470870.jpg
【おおおお〜!】

















こんな場所もあったので、もちろん突撃。
















b0295234_12474807.jpg

















b0295234_12480036.jpg

















b0295234_12482234.jpg
【「楽しーーー!」】

















展望台でオッサン二人が大ハシャギ。


エレベーター、乗ってみてよかった!














b0295234_12493381.jpg















b0295234_12495983.jpg
【下降】



















宮ヶ瀬ダム、スゴいです。

ライドのいいアクセントになりました♪

















b0295234_12505398.jpg
【あち〜】


















さてさて、そろそろいい時間になりましたので、あそこに行きましょうか。







国道412号に戻って…

















b0295234_12541213.jpg
【!】




















b0295234_12542454.jpg


















b0295234_12545365.jpg
















みなさんの予想どおり、ランチはここ、「STUMP」で肉を喰らいますよ。


実は前回、裏ヤビツが通行止めでなければ来る予定だったんですよね。




















b0295234_17271330.jpg


















b0295234_17273777.jpg
【店内はとってもオサレ】

















b0295234_17280587.jpg
【サービスの牛すじ肉入りスープ。辛ウマで食欲を刺激します。このスープだけでもライス一皿いけちゃいそうです】




















そして…


















b0295234_17292782.jpg
【キターーーーーー!】
















b0295234_17294585.jpg
【迷いに迷った挙句に僕が注文したのは、ハラミステーキ200g。とってもやわらかくてジューシーかつ、脂っこくないのでオッサンの運動時でもとても食べやすいです。そして…、一番少ない200gでこのボリュームだぁ〜】

















りょうたパパさんチョイスは…

















b0295234_17320305.jpg
【スタンプ名物、ハンバーグ。肉汁の大洪水やぁ〜】




















ハンバーグ、少し頂きましたが、肉肉しくて最高でしたよ♡
















b0295234_17330116.jpg

















空いていたのは最初だけで、みるみるうちに広い店内は満席に。


こんな山奥にあるのに、すごいもんですね〜。


















オギノパンからさほど時間は経っていないのに、二人ともペロリと完食。



うむ、満足満足。

















この時点で「道志みち経由山中湖行き」は断念していたので、食後もゆっくりおしゃべりタイム。


筋肉は完全に固まってしまいました(苦笑)。







満足して退店後、軽くストレッチしてライド再開しますが…






















b0295234_17344824.jpg
【キッツ〜♡】




















宮ヶ瀬湖に登り返すプチクライムに悶絶しつつ…



















b0295234_17370685.jpg
【ありがとう宮ヶ瀬湖。また来るよ!】



















b0295234_17372931.jpg
















名残惜しく宮ヶ瀬湖を後にしたら、県道64号を伊勢原方面にダウンヒル。




そして途中、「道の駅 清川」向かいの清川村役場に立ち寄り…



















b0295234_17401065.jpg
【⁉︎】

















はじめて来た時に感動した…




















b0295234_17404745.jpg
【テレレレッテレー。室内チチヤス〜】






















日本広しといえど、ライド中に室内チチヤスを楽しめる場所なんて、そうそうないかと。



清川村、イカすぜ…。











室内でまったりチチヤスタイムを楽しんだら、ダウンヒルの続きを。



「尾崎」交差点を右折し、デポ地までまっしぐら…

















いえいえ、もひとつ行かねばならないところがありましたよ!























b0295234_17425984.jpg
【「今日は定休日じゃない!(笑)」】



















b0295234_17433521.jpg














b0295234_17443688.jpg



















b0295234_17445595.jpg



















はい、「予告」の答えはココですよね(禁酒はまだバッチリ継続中です/笑)。







七沢の路地裏にひっそりと佇む超人気店、「ZUND-BAR」ですね。










平日の半端な時間に来たので、行列はなし。

でもオサレなBARみたいな店内は、14時30分を過ぎてもけっこう混んでましたよ。






















b0295234_17520375.jpg




















b0295234_17522274.jpg




















b0295234_17523815.jpg





















さて、二人が頼んだのは…


















b0295234_17531755.jpg
















b0295234_17535165.jpg
















まずは基本を…ということで、醤油らーめんの淡麗スープ。




















b0295234_17560642.jpg
【着丼】

















いや〜、これはオサレなラーメンだなぁ〜。













麺は九州系のストレート細麺。


スープはあっさりさっぱりしていながらも、丸いコクと旨味が。


分厚いやわらかチャーシューはバーナーで炙られていて、香ばしさもあり…









正直、オギノパン&スタンプ&チチヤスであまりお腹は空いていなかったにも関わらず、一瞬で完食!
















b0295234_17591220.jpg
【ああ、写真見てるとまた食べたくなる〜】


















カウンターも器も金属のオシャレな感じで、でも不思議とジャージ姿でも気恥ずかしい感じもなく(店内が暗いから⁉︎)、とっても居心地のよい不思議空間でいただく極ウマラーメン。



これもまた、貴重な体験です。












「これはサッパリしていて自転車時には最高ですね!」









りょうたパパさんも満足気で、ひと安心(ホッ)。



前回はリサーチ不足による定休日で失礼したので、とりあえずよかった〜。














b0295234_18022264.jpg
【会計後は外のベンチでトドメのデザート】

















もう、大満足♡♡♡















「いや〜食べましたね〜(笑)」












最後は二人で笑いながら64号線を流し、無事デポ地の伊勢原市総合運動公園に帰還。




走行距離は75㎞。


獲得標高は1000UP。


そして…





















満足度、計測不能(爆)。
























裏ヤビツダウンヒルのコンプリートに加え、宮ヶ瀬湖ダム見学、そしてコテコテグルメスポットのリベンジも果たし、終わってみれば笑顔笑顔の最高の一日。


16時には着替えて運動公園を出発し、18時前には帰宅する…という、家庭的にもセーフな楽しいライドとなりました(汗)。















そしてたぶんカロリー過多でしょうが、気にしませんよ(キリッ)。














































オマケ…





























b0295234_18104620.jpg
【⁉︎】
























今回もまた、色違いほぼほぼペアルックとか♡













レインジレだと、さすがに最高気温が30℃に達するような日は熱く感じられるようになったので導入したブルベジレ。

余裕のあるサイズ感でも不思議とバタつかず、とてもお気に入りです。



ちなみに、当方身長183㎝痩せ型でSサイズ。XSサイズでもぎりぎりタイトめに着られる感じでしたが、丈が短すぎる感じでした。プロチーム系だとMサイズを常用してます。ご参考までに。













とにもかくにも、ピンク&イエローなオッサン二人がヤビツ・宮ヶ瀬エリアをマッタリと安全運転で駆け抜けたライド。



美味しいグルメも堪能し、日頃のストレスも吹っ飛びました。



風邪もすっかり完治…したかな⁉︎




















理屈抜きで、最高に楽しかった一日。


ホント、自転車って最高ですねっ。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-13 20:00 | ヒルクライム | Comments(16)

リベンジくいだおれライドonヤビツ&宮ヶ瀬湖 前編

5月11日、木曜日のお話。。。











この日は代休取得でまたまたヒルクライムへ。


ひとりではなく、お休みが合ったりょうたパパさんとのライドでございます。







筑波以降も、この日を目標にした積極的な家庭的ロビー活動(という名のご機嫌取り)が身を結び、早朝出立許可も取得(嬉)。

さりとて、僕もりょうたパパさんもまだ少々風邪っ引き。あんまり鬼畜な山岳ライドもいかがなものか…ということで、りょうたパパさんのリクエストもあり、「くいだおれ未遂ライド」のリベンジでヤビツ方面に行くことにしました。





去年の秋に意気揚々とりょうたパパさんをお誘いして出かけた時は、見事に僕のリサーチ不足が大爆発。

くいだおれどころか、裏ヤビツがほぼ通行止めで宮ヶ瀬湖にも行けず、とどめの「ZUND BAR」定休日…と散々な結果に(それでも紅葉は綺麗だったし、たなぼたの「きまぐれ喫茶」と「ベンガル」は最高でした)。



そこで今回は裏ヤビツダウンヒル完全制覇に加え、あの時に予定していて行けなかった食事どころのコンプリートを果たし、ばっちり栄養を取って風邪もやっつけちゃおう…なーんていう算段です。


















b0295234_17290132.jpg




















待ち合わせは伊勢原総合運動公園に6時。



自宅を4時30分に出発し、まだかろうじて空いている首都高を流して東名へ。

港北PAで小休止した後、順調に厚木インターを出て5時40分に運動公園下のセブンイレブンでりょうたパパさんと合流。


少々補給食などを買い足して、6時ジャストに運動公園の駐車場に到着です。










「裏ヤビツのダウンヒルに宮ヶ瀬湖、楽しみですね〜」









個人的に、あの中津峡の秘境ダウンヒルに匹敵すると思っている裏ヤビツの景観。


深い森に囲まれた林道、沢沿いの広大なスケール感、ドラスティックに変化していく景観…。








りょうたパパさん、今日こそは絶景ダウンヒル&その先のグルメスポットに必ずお連れします(キリッ)。




















b0295234_17581481.jpg

















b0295234_17583579.jpg















6時過ぎ、ライドスタート。







今日の天気予報は快晴!


日中は30℃以上の真夏日になるとかならないとか。


やっぱり日頃の行いがいいんだなぁ〜…(⁉︎)。







朝はちょっぴり肌寒く、16℃とか。夏ジャージ上下にアーム&ニーウォーマー&ジレだと、走り始めは寒いくらいです。


それでも走り出してしばらくしたら、ちょうどよくなりました。













デポ地の伊勢原総合運動公園を出たら、冗談のような名前の「分かれ道」交差点を左折。


県道63号線を南下していったん東名をくぐり、市役所入口交差点を二段階右折して、恐怖の国道246号線へ。







関東有数の幹線道路。6時過ぎでも交通量はかなり多く、トラックもビュンビュン。


安全第一で車道の端をゆっくりと、しかし堂々と走ります。
















b0295234_18033797.jpg
















b0295234_18053098.jpg
【朝から快晴。富士山クッキリ!】


















ある意味、本日最大の難関とも言える序盤の国道246号線。




トラックにあおられながら微妙に登り基調の車道を走っているうち、軽く汗をかくほど体も暖まり、10㎞先の「名古木」交差点にたどり着く頃にはアップも完了です。














b0295234_18083438.jpg
【堂々たる佇まい。名古木(ながぬき)セブンイレブン】



















b0295234_18090177.jpg


















無事に246をクリアしてホっとひと息した後、いよいよ12㎞の表ヤビツアタック開始です。


















b0295234_18094776.jpg



















まずは導入部の市街地をゆるゆると。



いつものごとくTTには全く興味のない二人なので、のんびりゆっくりペダルを回します。







まだ市街地ですけど、先ほどの国道に比べて、なんでこんなに楽しいんでしょ⁉︎(笑)


















b0295234_18211370.jpg
















徐々に景色が山っぽくなっていくのもいい感じ。






「蓑毛」地区に入って左カーブが現れると、いよいよ…


















b0295234_18232203.jpg
【キターーーーー♡】















完全に景色が山っぽくなるとともに、斜度もグっと上昇。


快晴のヤビツ、二人で登りながら「いいですね〜」と思わずハモってしまいます。
















b0295234_18252763.jpg

















b0295234_18254020.jpg













不動もそうですが、ただひたすら駆け抜けるだけではもったいない、素晴らしい雰囲気ですよね。

















b0295234_18263352.jpg





















もうお分りのとおり、写真を撮るために足つきしまくりながらじっくりと表ヤビツを味わいます。


りょうたパパさんもゆっくりと登りながら、とっても嬉しそうです。

















b0295234_18274024.jpg

















パっと景色が開けると、素晴らしい眺望が。



表ヤビツの良さは、やっぱりこの眺望ですよね。



















b0295234_18282678.jpg



















b0295234_18283903.jpg
【菜の花台で小休止。眺望を堪能します】


















b0295234_18291268.jpg



















菜の花台をリスタートすれば、いよいよ表ヤビツも終盤。


ちょうどいい感じの斜度と森の雰囲気、そして時折現れる眺望を楽しみながら…



















b0295234_18303362.jpg




















気温もグングン上昇し、最終的には汗だくになってゴール!















b0295234_18304584.jpg
【僕は三度目、りょうたパパさんは二度目のヤビツ!】


















b0295234_18315669.jpg
















b0295234_18321041.jpg



















b0295234_18322693.jpg


















「キツい坂も、二人で登ってるとあっという間ですね」




















途中、恐ろしく速い方に抜かれましたが、そんな体験もヤビツならでは(笑)。


やっぱり、ほんまもんのヒルクライマーはスゴいです(目の保養)。


















売店横で少々長めに休憩し、さあお楽しみの裏ヤビツのダウンヒルですよ。







少し下ると、まだ時間が早くて開いていない「きまぐれ喫茶」の横をすり抜けて、さらに下へ…。



















b0295234_18351486.jpg














新緑の森と、左側にはうっとりするほど綺麗な沢。



とても贅沢なダウンヒルです。




















b0295234_18392964.jpg




















b0295234_18394836.jpg















b0295234_18401205.jpg

















b0295234_18402949.jpg



















b0295234_18405587.jpg


















b0295234_18411098.jpg

















爽快な林間ダウンヒルを堪能していると、見覚えのある橋に出ました。


そうそう、前回はここから先、裏ヤビツの「メインディッシュ区間」が通行止めだったんですよね(汗)。




















b0295234_18404116.jpg















もちろん、今回は通行止めはなし。



さあ、いきましょう!















b0295234_18424354.jpg

















b0295234_18430106.jpg



















道幅は狭く、「林道」の雰囲気が増幅してワイルドに。



さらに、森の雰囲気はよりいっそう深くなり…。















「これはほんと…、最高ですね…」














後ろを走るりょうたパパさんの声が聞こえてきました。



ほんと、ここだったんですよ、裏ヤビツダウンヒルの本番は…



















b0295234_18451665.jpg

















b0295234_18453586.jpg


















b0295234_18454922.jpg





















b0295234_18460177.jpg


















深い森の雰囲気を堪能しながら下っていくと、しだいにまた景観の表情が変化。



今度は右側を流れる沢が、どんどんスケールの大きな渓流へと変化していました。


















b0295234_18473720.jpg



















b0295234_18475103.jpg

















そうそう、このダイナミックな景観の変化が裏ヤビツの真骨頂、ですよね。



















b0295234_18482075.jpg

















b0295234_18483651.jpg



















b0295234_18485188.jpg


















「これはほんと、すごいですね…」














りょうたパパさんもいたく感動の様子で、お連れしたかいがあったというものです。



登っても素晴らしい裏ヤビツ(笑)。最高!





















b0295234_18501249.jpg













「おおおお!」














ビッグスケールな渓谷の景観が終わったかと思うと、目の前に忽然と現れるエメラルドグリーンの湖面。



そう、宮ヶ瀬湖です。


















「宮ヶ瀬湖も初めて来ましたが、すごい水の色ですね!!!」











りょうたパパさん、もう感動が止まりません(笑)。



この勢いで道志みちを爆走し、山中湖まで行っちゃいます⁉︎




















b0295234_18520876.jpg



〈つづく〉











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-12 19:07 | ヒルクライム | Comments(2)

予告 〜オサレなBARへ行ってきました〜

b0295234_20272082.jpg
















ついに禁酒を解いて夜の街へ?





でも、記事のカテゴリは「ヒルクライム」???












もうヘベレケで眠いので(⁉︎)、事の真相は明日以降!!!









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-11 20:28 | ヒルクライム | Comments(0)

久しぶりの自転車day 後編  〜パンク。そして鬼ケ作線リベンジは⁉︎〜

松屋製麺所の優しいラーメンに癒された後は、後半戦スタート。


県道42号線に戻り、再び筑波神社方面へのヒルクライム開始です。








と、その前に…


















b0295234_07052275.jpg
【⁉︎】

















コテコテですが、たまに無性に食べたくなる筑波山名物、沼田屋さんのカリントウ饅頭。



ラーメン後のデザートに一本いっときましょう。




















b0295234_07062091.jpg
【糖分補給ゴールデンコンビ】




















b0295234_07064476.jpg
【外はカリカリ、中はふっくら。安定の美味しさです】




















カリントウ饅頭を赤コーラで流し込んだ後は、県道42号線をガシガシとヒルクライム。


相変わらず車は多いですが、流れる汗が心地いいです。


ふとサイコンの気温表示に目を落とすと31℃とか(汗)。暑いわけです。











ヒィヒィ言いながら筑波神社手前まで来たところで、公共駐車場のところを左へ。




















b0295234_07083961.jpg


















b0295234_07085877.jpg




















綺麗なトイレの脇をすり抜ければ、林道酒寄線、筑波梅林ルートです。

















b0295234_07112860.jpg
【もちろん梅は終わってますが、代わりにつつじが満開です】
















b0295234_07115931.jpg
【綺麗だなぁ〜】

















きれいだ…























キレっ⁉︎


























b0295234_07123514.jpg
【⁉︎】




















はい、きれ〜〜いに前輪に降臨です(涙)。













つつじの写真を撮り終えた後、さあ走り出そうというところで前輪からブリブリと違和感。




抜けてますがな…。










どうやらリム打ちのようで、白滝線の下りでやっちゃった?


今日は空気圧低め(6.5bar)を試したのが裏目に出ました。段差ではちゃんと荷重を抜いてたつもりだったんだけどなぁ…。








今年はほんと、よくパンクします。練習せいということですな。


















b0295234_07151408.jpg

















タイヤをメリメリと剥がし、チューブ交換。


とりあえず適当にポンプでシュコシュコと空気を入れた後、CO2ポンプでバシュっと完了。


おかげさまで、パンク修理もだいぶ早くなりました(苦笑)。




















b0295234_07164096.jpg
【復活】


















気を取り直してリスタート。

梅林ルートをゆっくりと登っていきます。





この道もなかなか雰囲気のある林道で、やはり不動峠不通をきっかけにこの冬に初めてトライした道。


不動不通の間に、筑波を楽しむ「幅」もだいぶ広がったかなと思います。



















b0295234_07202794.jpg
【緑のトンネルをゆく】





















道はやがて下り基調となり、T字に突き当たります。


左に行けば真壁方面。そしてここは右に行きます。
















b0295234_07221727.jpg
【パンク注意〜】


















b0295234_07223587.jpg
【独特の景色】



















b0295234_07225543.jpg

















荒々しい景色の中を登っていくと…















b0295234_07232005.jpg













見覚えのある横T字。



直進は細いダートになり、ここは左折。




















b0295234_07241450.jpg



















b0295234_07240871.jpg

















やってきました林道鬼ケ作線。



あの時、雪で進めなかった「先」を走るのが本日後半のミッションです。


















b0295234_07255896.jpg
















爽やかなアップダウンの林道を走っていくと…



















b0295234_07261028.jpg












デジャブ…。









前回来た時は、ここから先が雪でアカンことになっていて進めなかったんでした。


もちろん今日は雪はないので、先に進みますよ。





















b0295234_07262649.jpg
【ワクワク】

















iphoneのマップを見ると、この先をどんどん進んでいけば、風返し峠から湯袋峠側へと下ってくる車道に出るはずなのですが…。

















b0295234_07310952.jpg






















b0295234_07312161.jpg















b0295234_10072890.jpg















b0295234_10074778.jpg

















写真の分岐に出たところで、とりあえず林道鬼ケ作線は終わりの様子。















b0295234_21453374.jpg
















iphoneマップと照らし合わせて「ここは右だなぁ」などと確認していると、どこからともなく現れたハイキングの老夫婦に声を掛けられました。






茨城弁全開の陽気な方々で、お決まりの自転車お値段談義に始まり、なかなか終わらないお話。

楽しいやら、そろそろ先に進みたいやらで、複雑な気分(苦笑)。








そして最後は「いい脚してるね〜」と旦那さんに太腿をモミモミされちゃいました♡







今まで自転車時にいろいろな人に出会ったけど、足をモミモミされたのは初めて。茨城人は大胆だっ!(笑)








さてさて、20分ほどで老夫婦とのお話&身体検査(!?)も終わり、無事解放。


笑顔でお別れして、分岐を右へと進みます。












登り初めてすぐ、こんな場所で立ち止まり…














b0295234_10144877.jpg

















b0295234_10150135.jpg
【なんちゅうネーミング! しかも「女の川」と合流して「男女川」になるとか…。茨城、深いぜ】

















なにげに気に入ってしまった「男の川」を過ぎると、ますますいい感じのヒルクライム状態に。



















b0295234_10162787.jpg
【舗装が(笑)】















激坂マークならぬ「激坂溝」のコンクリ舗装になると、ますます斜度が上がってかなりのキツさに。






でもさっきおじさんに太腿をマッサージしてもらったから大丈夫さ♡

















b0295234_10180570.jpg













激坂クライムを楽しんでいると、左手にこんな分岐&標識が。



またまたiphoneで確認すると、左折が正解。このまま直進するとさらに激坂を登って行き止まり…となるようです。



しかし目の錯覚か、左手に続く道の舗装が…














b0295234_10195525.jpg
【ない】















完全なダート。



こ、これは…。














雪や凍結よりは走れるとはいえ、けっこうな荒れっぷり。

はてどうしたものかとひと思案するも、このまま引き返すのもシャクなので、とりあえず進んでみることに。

まったく走れないようなダートではないですし、もしかしたら短い区間でまた舗装路に戻るかもしれませんからね。






















b0295234_10233237.jpg















ダートを恐る恐る走ると、すぐにこんな開けた伐採エリアに出ました。


縦走路を見渡せる絶景が素晴らしい。

















b0295234_10243769.jpg














さて、「舗装路はまだか〜」と先に進みます。




しかし、路面はさらに悪路になっていき…
















b0295234_10252397.jpg
【こ、これは…。アカンやつや!】















石ころの粒はどんどん大きくなり、しまいには路面もうねり始めてまともに走れない状況に。





これはダメだ〜と観念しかけたところで、休憩中の林業関係の方と思われる方達が前方に。


みなさん、「また来たよ」という表情…。











「あー、この先はもっとひどくなるから引き返した方がいいよ。ついさっきも一台、お兄さんみたいな自転車乗った人が来て忠告したんだけど、そのまま行っちゃったよ。今頃難儀しているんじゃないかなぁー」









この先にキャンプ場があるのでこのあたりの道はまだましで、キャンプ場の先はさらに悪路になるとか。









さあ、どうする…




















「ありがとうございます。引き返します(キリッ)」



















中年ライダーは諦めが肝心。


あと10歳若かったら突撃してたなぁ(苦笑)。
















自転車を担いで歩いて先ほどの分岐まで引き返し、やっぱりこのまま下るのもシャクだったので、ご褒美の…
















b0295234_10304053.jpg
【激坂♡】












分岐を左に行くと、先程の激坂の続き。


かなりワイルドなコンクリ舗装をグリグリ登っていくと、推定斜度は20%以上に(嬉)。








しかし、路面はどんどんヒドくなっていって…













b0295234_10321070.jpg














ゴール直前には完全なダート…というか「土」になり、パっと開けた広場のようなところに出て唐突に激坂は終了。














b0295234_10325693.jpg















そこは車の転回場所兼駐車場のようになっていて、登山の方がここに車を停めて筑波山山頂を目指すようです。

細い登山道だけがさらに上へと続いていました。

















b0295234_10342107.jpg



















b0295234_10350347.jpg




















まさかのダートで鬼ケ作線から湯袋峠方面へと出るミッションは果たせなかったけど(次はグラベルキングでも履いてくるか!?)、思わぬ激坂との出会いもあり、これはこれで自転車らしくていいなぁ、なんて。





そんなことを考えながら少し休み、下山。




ちょっとだけ登り足りないので真壁側の平地へは下らず、再び「モミモミポイント」から鬼ケ作線に入って、来た道を梅林方面へと登り返します。














b0295234_10372721.jpg

















b0295234_10395995.jpg

















b0295234_10401569.jpg
【筑波梅林まで戻って来たところで、行きには気付かなかった見事な眺望。田圃にも水が張られ、いよいよ夏がやってきますね】
















最後は県道42号線をビューンとつくば駅まで下って、スペイド号のもとに帰還。







パンクやダート、そして「モミモミ事件」で時間を取られたこともあり(笑)、今日の表筑波ライドはこれにて終了と相成りました。



走行距離50㎞。腹八分目(七分目?)ですが、久しぶりの自転車&ヒルクライムは、まあこのくらいで。












家に帰ってニュースを見ると、この日は今年初の真夏日、7月中旬並みの陽気だったとか。

山の中に入るとそれほど「灼熱」とは感じなかったんですが、平地ではかなり暑かったようです。








5月中旬には裏不動も開通しそうな雰囲気ですし、これからまた、ますます楽しみな筑波エリア。



もう少し走り込んだ暁には、不動峠や青木葉峠、縦走路なんかを繋いだ鬼畜な超山岳ライド…なんてとっても楽しいかも!?(もちろんトゥリー付きで♡)
















b0295234_10485831.jpg






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-09 21:56 | ヒルクライム | Comments(2)

久しぶりの自転車day 前編  〜祝・表不動開通〜

4月下旬に関西出張でもらってきた風邪。

猛烈な喉の痛みに始まって、熱、頭痛、鼻水、咳…のフルコース(涙)。





GWに入ってからは仕事も混沌として、薬でごまかしながらクリア。そして、ようやく風邪も収束の兆しを見せて迎えた5月8日(月)は、久しぶりにやってきた自転車DAY。






思えばこのGWの時期って、気候は暖かくなるっていうのに、なぜか体調を崩しがちなんですよね。

やっぱり季節の変わり目ってやつでしょうか。






頑張った僕(自分で言うな⁉︎)に天も憐れみを見せてくれたのか、今日は朝から快晴。日中は気温も30℃以上に上がって今年初の真夏日となるようです。



まだちょっとだけ体調も心配だったけど、これはもうお山にいくっきゃないでしょ⁉︎(河川敷は暑そうだし)










月曜日ということでトゥリーはお休みなんですが(そこかい)、いきなり秩父エリアはハードなので、やはり近い筑波エリアに車載で。



トゥリーはお休みなので(だからそこ?)、今日は八郷界隈ではなく、表筑波でヒルクライムを楽しむことにしました。
















久〜しぶりの自転車DAYといっても、朝から晩まで自転車遊び…とはいかないのも家庭持ち中年男子の悲しさ(涙)。


朝のお仕事をこなして車で家を出たのが8時30分。


そして、スペイド号で常磐道をカッ飛び、土浦北インターを出たのが9時30分過ぎ。







今日のデポ地はしばし国道を北上したところの、りんりんロードつくば駅に決定です。





















b0295234_21244211.jpg
【快晴!】
















支度をしてつくば駅を出発する頃には10時過ぎ。


気温はすでにかなり上がっていて26℃に。








雲ひとつない快晴で、新緑も眩しい最高の自転車日和です。

















b0295234_21260245.jpg
【空気入れは嬉しいですよね】

















b0295234_21264914.jpg
【桜も終わり、いよいよ夏も間近です】

















b0295234_21273412.jpg
【さあ行こう!】

















つくば駅を出たら、まずはりんりんロードを南下。



















b0295234_21283274.jpg
















途中で左に逸れて北条の街に入り、大池方面へ。

向かうはもちろん…





















b0295234_21290011.jpg




















もうお分りですよね。


本日最初にして最大のミッション。


ついに工事が終わって走れるようになった「表不動」ヒルクライムです。



















b0295234_21302782.jpg
【こんな自転車通行帯マークが新設。みんな大好き不動峠。マナーを守って楽しみたいですね】



















初めてヒルクライムの苦しさと、そして楽しさ、達成感を味わった大切な道…。




久しぶりの不動アタックの導入部、噛みしめるようにペダルを踏んでいきます。

















b0295234_21322625.jpg


















そうそう、この雰囲気!




僕もいろいろな林道を走りましたが、やっぱりここの雰囲気は孤高。









序盤の「緑のトンネル」。


中盤の重厚感。


そして時折景色が開けるようになれば終盤で、ラストの急傾斜と、パっとゴールの景色が目の前に開けた時のなんとも言えない達成感…










完璧でしょ⁉︎




















b0295234_21344722.jpg
【重厚】



















b0295234_21350670.jpg





















b0295234_21352009.jpg



















b0295234_21353302.jpg
【久しぶりの不動に、pcblue号もなんとなく嬉しそうです】


















b0295234_21360443.jpg


















b0295234_21361863.jpg
【いよいよ終盤】















b0295234_21363775.jpg
【finish!】


















たかが4㎞弱、されど4㎞弱。



林道ヒルクライムの素晴らしさがギュッと詰まった、素晴らしい道!(工事箇所は分からなかった/汗)















しばし久しぶりの不動峠を噛み締めた後は、こちらも久々、表筑波スカイラインの絶妙なアップダウンに悶絶しつつ風返し峠へ。



















b0295234_21385559.jpg















久しぶりの自転車のせいか、まだ風邪が完全に治っていないからか、はたまたまだ体が暑さに慣れていないのか、思った以上の疲労感。


それでも風返しまで来たら登らずにはいられないですよね。



















b0295234_21395758.jpg



















b0295234_21401083.jpg


















つつじの花に背中を押されながら、つつじヶ丘アタック。


そしていつもの場所へ…



















b0295234_21405203.jpg
【おかあさん、今日も元気です♡】
















b0295234_21420382.jpg
【愛あるアメちゃんをいただく】
















b0295234_21422753.jpg
【お団子はまだ焼けてませんよ(笑)】




















「土曜日あたりは久しぶりに大混雑だったわよ〜。今日はまあまあね」







おかあさんと他愛のない会話を楽しみつつ休憩。


今日は天気がいいせいか、GWは終わったのに車も自転車乗りもけっこう多いつつじヶ丘。


あまりおかあさんの邪魔をしないうちに下山です。


















b0295234_21444393.jpg
【どうしても撮らずにはいられない一枚。このまま飛んでいけそうです】


















b0295234_21453143.jpg
【風返し峠から県道42号線を神社方面に下り、途中から林道白滝線へ】

















不動峠が完全不通の時にお世話になった林道白滝線。今日は初めてその白滝線を下ってみます。


















b0295234_21462334.jpg



















b0295234_21500085.jpg

















うん、予想どおり下りも気持ちいい!








そしてもちろん、ここにも立ち寄り。


















b0295234_21503116.jpg



















自転車担いで少し歩けば、ものすごく雰囲気のある小さな滝。

















b0295234_21511968.jpg



















冬に来た時よりだいぶ緑が濃くなっていて、マイナスイオンもバッチリ。


しばらく滝の前でボーっとして、再び自転車担いで白滝線に復帰。


爽快な森のダウンヒルを楽しんで…















b0295234_21532195.jpg















b0295234_21534528.jpg



















現れた横T字を右折して、林道筑野線へ。


この林道筑野線がまた、素晴らしい。


















b0295234_21543587.jpg

















うっとりするような新緑の森のアップダウン。



短いですが、ここも素晴らしい道だと思います。




















b0295234_21551867.jpg
【筑波ふれあいの里も、つつじが満開】


















b0295234_21555008.jpg




















筑波温泉ホテルの手前で分岐を右に折れ、プチ激坂を登って県道42号線に復帰。


さらにビューンと下って…
















b0295234_21565376.jpg
【デポ地⁉︎】




















時刻はちょうど正午前、デポ地のりんりんロードつくば駅に戻ってきました。


これで今日のライドは終了…







…ではないですよね(苦笑)。




目的はココ。



















b0295234_21580618.jpg

















今まで混雑してたりしてなかなか食べることが出来なかった「松屋製麺所」。


今日はバッチリいただきますよ。












バイクラックにpcblue号を置き、小麦粉の袋が山積みの店内へ。



勝手が分からずオロオロしていると、厨房から元気なスタッフさんが「食事はこちらですよ〜」と声を掛けてくださいました。



このスタッフさん、以前はロードバイクに乗っていたようで、いきなり話が弾みます。

ちょうどお客さんがいなかったので、ラーメンを作りながらもしゃべりっぱなし(笑)。しばし楽しい時間を過ごすことが出来ました。

















そして出来上がってきたラーメンは…

















b0295234_22021642.jpg
【ラーメン500円也。具は麺&スープで勝負のネギだけ!】


















美味しい!











一言で言えば、「とても優しい味」。














あえて例えるなら、佐野ラーメンに近いのかな?





やや柔らかめの縮れ麺は、鈍感な僕でも素材の自然な旨味が感じられる、とても優しい味と食感でした。

スープは魚介系の出汁で、やっぱり優しい味。






好みはあるでしょうが、僕はけっこう好きかなぁ。


















元気なお兄さんに見送られて満足してお店を出て、再び県道42号線へ。



もう少しだけヒルクライムを楽しむとしましょうか。


〈続く〉


















b0295234_22053136.jpg











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-09 12:15 | ヒルクライム | Comments(6)

予告 〜久しぶりの自転車DAY〜

b0295234_20320761.jpg














4月末からGWのドタバタもようやく終わり、今日は久〜しぶりの自転車DAY。

今年初の真夏日に、森へ行ってきました。








いつものごとく眠いので(汗)、更新は明日以降で!









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-08 20:36 | ヒルクライム | Comments(2)