「全編絶景」。言葉に尽くせぬ感動の渋峠ライド 後編

b0295234_19121736.jpg
















「これって夢じゃないですよね…」














真顔でそんなことを確認し合いながら、ゆっくり、ゆっくりと…















b0295234_19124262.jpg














天国、地獄(殺生河原)、天国。










まるでめくるめく人生のような(爆)展開と、前後左右「全てが絶景」という奇跡的な状況を「夢じゃないよね」と確認しつつ、先日の筑波縦走ライドで開眼した超スローダンシングで…
















b0295234_19131515.jpg















b0295234_19134324.jpg














今までにも「一部区間が絶景」という道は何度か経験がありますが、「全てが絶景で、しかも変化がある」という奇跡的なシチュエーションは間違いなく初めて。

もう二人とも「凄い!」とか「まずいですよ、これは!」を連呼するのみ(苦笑)。
















b0295234_19150893.jpg















b0295234_19170725.jpg


















そして…

















「なんかまた凄いのが見えてきたんですけど…」
















b0295234_19180420.jpg















右前方に燦然と白く輝く巨大な岩山。


どこか神聖な雰囲気すら漂わせる大きな白い山。


なんだあれは…















b0295234_19141073.jpg














b0295234_19190952.jpg



















「クジラの背中」と「白い聖山」の共演を楽しみながら、さらに登っていきます。

















b0295234_19203998.jpg

















b0295234_19223529.jpg
【少しずつ空と雲とが近づく不思議な感覚…】


















斜度はおおむね6%くらいでしょうか。



「ゆっくり」を意識しても、油断すると時速10キロくらいは出てしまいます(苦笑)。












「7キロくらいには抑えたいですねぇ。なんせ、この登りが終わってしまうのはダメでしょ⁉︎」…とりょうたパパさん。












そう。





これこそが噂に聞く、絶景の渋峠ライドの「登りが終わってしまう恐怖感」なのでしょう。。。


















b0295234_19255426.jpg















どんなにゆっくり登っても、


気がつけば「白い聖山」はグっと目の前に近づいていて…






















b0295234_19264668.jpg















パっと行く先に現れた大きな駐車場と、たくさんの人。







「白い聖山」は、かの有名な白根山でした。







たくさんの観光客のみなさんは、ここに車を停めて歩いて火口湖を見にいくようです。





我々は火口湖に続く小道を歩く人の列をのんびりと眺めながら、缶コーヒーで小休止。












幸せな時間…















b0295234_19283467.jpg
【僕はブラック(もちろんホット)。りょうたパパさんはチチヤスをイメージして(笑)】


















「思ったより寒くないですね。興奮しまくっているせいでしょうか(苦笑)」
















白根山到達時の気温は13℃。



風も強くヒンヤリとはしていますが、「寒くてどうしようもない」というほどではなく、登っている限りは汗ばむくらい。まだウィンブレも必要なさそうです。















b0295234_19310002.jpg














「さ、そろそろ行きますか…」












もうルートも終盤に差し掛かっていることは、二人とも察しが付いていました。



だから、この登りが終わってしまうのが納得いかなくて、二人とも再出発の腰が重かったのです。

















白根山を過ぎると若干の下りがあり、さらに軽井沢万座方面へと下る分岐が現れました。















b0295234_19334960.jpg
【万座方面に下る道は、見事なつづら折れ。登り返したらキツそう〜♡】




















万座方面に行けば、かの有名な(!?)「毛無峠」という場所へ行けます。






















今回はとにかく、この渋峠ライドをじっくりゆっくり味わいたい。


二人の意見は一致していました。















「毛無峠はまた、お互い体がキレッキレの時に!(笑)」
















斜度は緩めとはいえ、標高2,000mの「天空の世界」。


空気は薄く、少し踏んだだけで呼吸が苦しくなり、太腿に乳酸が溜まるのがはっきりと分かります。


毛無峠を追加したら、おそらく「無傷」ではすまないでしょう…。












今日は「苦しみ」は一切排除して、とにかくこの絶景を1秒も逃さず「楽しむ」ことにしました。


















b0295234_19393797.jpg















万座方面との分岐を過ぎてからも、その絶景っぷりは衰え知らず。


それどころか、ここまでとはまたひと味違う、めくるめく「天空世界」の大パノラマが広がっていくのです。











猛スピードで流れ、吹き上がる雲。



嗚呼、ここは本当に現実の世界なんでしょうか…。



















b0295234_19420585.jpg
















b0295234_19421994.jpg


















b0295234_19423873.jpg



















b0295234_19425167.jpg















b0295234_19430778.jpg

















b0295234_19432149.jpg















右側に現れたちょっとした駐車スペースで、自転車を並べてパチリ。




…とここで、あることに気付く。












「カメラのバッテリー、ヤバいかも。撮りすぎたーーーーー!」
















ここからは、大事に大事に…(汗)















でも、撮らずにはいられないのです。



















b0295234_20570437.jpg


















b0295234_20572743.jpg














b0295234_20581195.jpg














前方を見れば、まだまだ続く絶景ロード。



カメラのバッテリーよ、なんとかもってくれ!




















b0295234_20583103.jpg













b0295234_20592441.jpg

















強烈無比な山岳の景色に加えて、雲の様子も驚くほどの早さで刻々と変わるので、もうまったく飽きない…















b0295234_21003075.jpg














b0295234_21004982.jpg
















無機質なガードレールでさえ大切な景色の一部になっているような、そんな気がしました。















b0295234_21014763.jpg
【白根山の山肌から立ち上る煙。ワイルドだ…】


















b0295234_21022285.jpg


















b0295234_21023698.jpg
【いよいよ高度は2119m。息は苦しい。空気は半分。でも、感動と楽しさは2倍以上!】














b0295234_21035943.jpg
【天高く吹き上がっていく雲!】

















b0295234_21044906.jpg
【果てしなく続く絵画のようなロケーション…】
















b0295234_21052253.jpg
















いよいよゴールが近づく予感を感じていると、道の右側に小さな駐車スペースと、人だかりが。

























b0295234_21063291.jpg



















標高2,172m、日本国道最高地点。



色々な方々のブログで散々見た石碑は、少々呆気ない感じで突然、目の前に。



人や車、バイクが写り込まないよう、縦位置でパチリ。














撮影の順番待ちの列ができていたので、慌ただしく撮影を済ませて撤収。


平日でこれでは、週末は凄そうです…。

















b0295234_21082029.jpg
【あらためて、石碑の裏側でひといき。登ってきた絶景を噛み締める】
















「いやぁ〜、来ちゃいましたねぇ〜」














絶景&達成感を噛み締めながら再び自転車にまたがり、向かった先はもちろん…






















b0295234_21094654.jpg
【念願成就】

















b0295234_21102356.jpg
















石碑から少し下れば、夢にまでみた渋峠ホテルに到着!!!


















b0295234_21105292.jpg
【やったよ…】














道の駅「六合」からの走行距離、29.5m。


獲得標高1,492m。











思った以上に「疲れ」はなく、ただただ楽しかったという想いのみ。


本当に本当に、「全編全景」なとんでもないヒルクライムルートでした…。


















b0295234_21122884.jpg
















b0295234_21124344.jpg



















b0295234_21125574.jpg




















でも、お腹は空くよね(笑)。




















b0295234_21131821.jpg

















休憩の時にりょうたパパさんにもらった(感謝!)ゼリーやクリームパン等でちょこちょこと補給はしてきましたが、辿り着いた達成感と安心感からか、お腹はグゥ。。。

二人ともチキンカツカレーでガッツリといかせていただきやした。







このカレー、ちゃんと丁寧に作ってある感じで、すっごく美味しかったなぁ。チキンカツも揚げたてサックサクでした。


















b0295234_21133217.jpg
















外の気温は7℃でしたが、暖炉の炎でいい感じで暖かい店内。


お腹も満たされ、横になったら一瞬で眠れそうです。










恍惚とした満足感に浸りつつ、美味しいコーヒーで自転車談義。

















嗚呼、帰りたくねぇ(笑)。



















b0295234_21180059.jpg


















でも、そろそろ帰りますか。
















b0295234_21181638.jpg


















出発時の渋峠ホテル付近の気温は7℃!




自転車を見守っていてくれたワンちゃん達にお別れして、ウィンブレ&ヘッドキャップ&ネックカラー&インナーグローブ装着の完全防備で下りへ。
















b0295234_15332029.jpg















b0295234_15334108.jpg














b0295234_15335280.jpg
















下りはまさに、天空を滑る巨大なジェットコースター状態。



異空間を雲に乗って滑り降りるような、とても不思議な感覚でした。

















b0295234_15341879.jpg

















でも、やっぱりあっという間でした(笑)。

















b0295234_15361929.jpg
【ロープウェー駅まで戻って来たところで、りょうたパパさん捕まる(笑)】














「まあまあ自転車でねぇ。千葉から!?」
















麗しのマダムハイカー達とお約束の会話を楽しみつつ、さらに下へ。















b0295234_15383601.jpg
【行き過ぎて道の駅「草津運動茶屋公園」に突撃。気温20℃。暑い!(笑) たまらず冬装備を外し、トイレ休憩】


















b0295234_15400206.jpg
















草津の街を抜け、林間のダウンヒルを楽しんで道の駅「六合」に戻って来たのは、意外と早く14時頃でした。
















b0295234_15405906.jpg
【道の駅手前の橋の上から。水が綺麗でした】
















b0295234_15404863.jpg














走行距離58.8㎞。


獲得標高1629m。
















「いやぁ…、ちょっと…、言葉が出ないですねぇ…」
















天気にも恵まれ、文句なし、「全編絶景」の強烈なライドでした。


















b0295234_15450808.jpg
【!?】


















そして、最後は裸のお付き合い(至福の入浴シーンの撮影は自粛♡)。


ええ、もちろん一緒に温泉に入りましたとも!










これがまた、道の駅に併設された温泉とは思えないほど風情があり、お湯も最高でした。


ドライヴ前に温泉に入っちゃうと眠くなるのが心配でしたが、帰路の車中はもう二人で渋峠談義で大盛り上がりで心配無用(笑)。


渋滞もさほどではなく、関越〜外環道と快適に走れて、18時半頃にはりょうたパパさんを埼玉のご自宅までお届けすることが出来ました。















「楽しかった! いつかまた行きましょう!」














別れ際に出てこられた奥様の前でガッチリと握手♡













そして、無事りょうたパパさんを下ろした後は…


























b0295234_15495520.jpg
【!?】


















b0295234_15501870.jpg
【物欲炸裂!?】






















いえいえ、ウソです(爆)。



(それに、買うなら軽量アルミかなぁ!? 爆爆)




















ご無沙汰してしまっていたショップに立ち寄り、事故&渋峠ライドのご報告。







金曜日の夜。けっこう遅い時間なのにお客さんが途切れず、相変わらず凄いなぁ。


スタッフのみなさんも元気でなによりでした♪














そして…














b0295234_15523587.jpg

















pcblue号、ピットイン!




3年間ほったらかしていたワイヤー交換のため、しばしのお別れとなりました(涙)。

















そんなこんなで、ショップから自宅まではきっちり渋滞にハマって帰宅。
















「最高に楽しかったな。そして、ロードバイクを始めてほんとによかった!」















遅々として進まない車列。

江戸川を眺めながらそんなことを考えていました。













江戸川も楽しいし、渋峠も最高。





ロードバイクって、本当に本当に、凄いです。


















あっ、今日はいったい、何回「凄い」って言ったっけな(苦笑)。




〈完〉














にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-09-19 17:01 | ヒルクライム | Comments(12)
Commented by akaisuisenjar at 2017-09-19 19:04 x
遂に渋峠に行かれましたか!
あそこの絶景ぶりは凄まじいですよね。天気も良かったようで何よりです。
そして、やっぱりpcblueサンの撮った写真がそれぞれ素晴らしい~!!
私もまた渋峠に行きたくなりました~。
体調も良くなられたようで何よりです!
Commented by pcblue at 2017-09-20 09:01
♪akaisuisenjarさん♪
おはようございます。
ほんと、凄まじい絶景でした。。。
快晴予報に思い切って決めたんですが、草津に向かっている時にポツポツきたときは、さすが山だなぁとビビりました。でも、その後は晴れて、雲も適度にあって、最高のシチュエーションになりました。
紅葉の時期はさらに凄そうですね〜(車も凄そうですが…)。
Commented by fukimiso1107 at 2017-09-20 13:30
pcblueさん、こんにちは。完全復活おめでとうございます!
さすが渋峠スゴイ!写真から感動と興奮が伝わってきますよぉぉ!!
やはり渋峠クラスは他の山々とは別格の世界ですね。
天候にも恵まれて羨ましい(笑)

僕も自転車を趣味にしている者として、いつか至高のヒルクライムを経験してみたいです。
グンマーは多摩からだとアクセスしづらいのが難点なんですが・・・。
Commented by pcblue at 2017-09-21 08:32
♪ふきみそさん♪
おはようございます。
多摩方面もまだなのに、先に行ってしまいました(汗)。お許しください!
渋峠は噂に違わぬ素晴らしさで、ふきみそさんなら発狂間違いなしです。ぜひ。ただ、渋川伊香保インターから下道が長いんですよね〜。天気が悪いと悲惨なことになるらしいですし、前もって計画しづらいのも難点ですね。ただ、それら全てを払拭してあまりある絶景でした^_^
Commented by りょうたパパ at 2017-09-21 15:33 x
pcblueさん、こんにちは!
あ〜あ、完結してしまいましたね。
とっくにライドは終わっているのに、pcblueさんのブログが終わらない間はライドしてるような気分でした(笑)
それにしても渋峠恐るべしです。今まであんなに憧れてたのに、来年も行きたい、いや直ぐにでも行きたいという中毒性があります(笑)
天候にも恵まれましたね〜。
次回は是非カメラのバッテリー2台持ちで(^_^)
Commented by pcblue at 2017-09-21 18:05
♪りょうたパパさん♪
こんばんは!
おそらく僕もパパさんも、鬱蒼とした林道こそ最強…と自負(!?)してきたと思いますが、あっさりと打ち砕かれましたよね。呆気なく妄想の上をいく絶景の連続攻撃に、もはや言葉もありませんでしたね…。温泉も最高でした(笑)。
もちろん林道は林道は良さがありますし、パっと開けるパターンの絶景も最高ですが、渋峠の「全編絶景」は、ちょっと別格な感があります。おっしゃるとおり、また明日にでも行きたい衝動としばらく戦わねばならなそうです。
バッテリー、油断しました(汗)。最後までもってよかったです!
Commented by たき at 2017-09-21 22:30 x
こんばんは!
完全復活&渋峠制覇、おめでとうございます♪ 
まさに絶景ですね…見ているだけでため息が出てしまいます。なんとうらやましい。
ますます登りたくなってきてしまいました。
Commented by pcblue at 2017-09-22 08:56
♪たきさん♪
おはようございます。ツールド東北、お疲れさまでした。二日酔いは大丈夫でしたか!?(爆)
まだ本当の意味での完全復活ではないのですが(肩と腰がちと痛い…)、まあ普通に楽しむ感じで乗るなら江戸川もお山も大丈夫そうです。渋峠もスペック的にはそんなに過酷ではないですからね。
しかしまぁ、とんでもない絶景の連続で、登っていてこれほど時間が過ぎるのが速いと感じたのは初めてでした。また行きたいなぁ〜。
Commented by Tomy at 2017-09-24 20:17 x
やっぱり渋峠はいいねえ〜
いつかは行ってみたいです。もう完全に先をこされちゃって、いろんなところに行かれていて羨ましいかぎり。
来年こそは行ってみたいです、ぜひとも参考にさせていただきますね。
Commented by pcblue at 2017-09-24 20:32
♪Tomyさん♪
こんばんは!
はい、勢いで行ってしまいました。そして、行ってよかったと心から思いました。天気がよかったのもラッキーでした。斜度自体も緩めでしたので、ゆっくり景色を堪能することが出来たのもよかったです♪
Tomyさんなら自走で行けますよ⁉︎
Commented by こば at 2017-09-25 10:36 x
私も渋峠、今季初めて行った感動が忘れられず、昨日2回目行ってしまいました。
スタート地点は同じ、道の駅六合
1回目は渋峠のあと、毛無峠まで行って最後半泣きで渋峠との分岐地点までの坂をあがりました。2回目(昨日)は霧がでてきたのを言い訳に毛無峠をパスしました。
来年はGW明けに是非雪の回廊を見に行きたいと思っています。
Commented by pcblue at 2017-09-25 12:43
♪こばさん♪
こんにちは!
昨日!? 何ともまぁ、羨ましい〜(笑)。そのお気持ち、すごく分かるなぁ。
気無峠を含めると、やっぱり帰りは半泣き状態になるのですね。行かなくてよかった…。キレキレの時の楽しみにとっておきます!
雪の回廊、見たいなぁとは思うのですが、たぶん混むんでしょうねぇ。。。
<< ジテツウも復活 「全編絶景」。言葉に尽くせぬ感... >>