リベンジ・妙義軽井沢山岳ライド その4 〜「奇跡のダウンヒル」〜

b0295234_21060741.jpg














「峰の茶屋」からのダウンヒル。



思わず「これを登ってきたのか〜」と口に出てしまうほど、けっこうな斜度のカーブの連続(汗)。



オーバースピードにならないよう、慎重にブレーキをかけながらゆっくりと下っていきます。









途中、ところどころで浅間山が姿を現し、見送ってくれます。


















b0295234_21080834.jpg














今も噴煙を吐き続ける「生きている」浅間山。



地元の方たちは、「大噴火したらそれまで」と、移住などせずに腹をくくっている…と聞いたことがあります。



特に北軽井沢に住む人たちからは、話をしていても、どこか腹の据わった「強さ」を感じます。



だから僕も、ここが好きなのかな…。
















とにもかくにも、自転車で北軽井沢に来るのは念願でした。


いつかまた、そして今度はもう少し時間に余裕のあるライドが出来たなら、鬼押出し園や嬬恋など、いろいろなところを回ってみたいと思います。



















b0295234_21120146.jpg














あっという間に中軽井沢まで下り、軽井沢名物(⁉︎)の巨大スーパー「TSURUYA」の脇を通って18号バイパスへ。




一瞬、塩沢湖方面に右へ…とも思っていたのですが、大切な場所に寄ることを思い出して、そのまま直進。

















b0295234_21134267.jpg














南軽井沢交差点。




四年前、脚を攣って動けなくなった焼肉屋さんの横。




胸の奥に、懐かしさとほろ苦さがドっと押し寄せてきます。













あの時は押し歩き。



今回はまったく攣っていない脚に力を込めてペダルを踏み、県道43号線を南へ。

















ありました。

















b0295234_21163597.jpg

















確かもう押し歩きも限界…というところで駆け込んだドッグカフェ、「DOG DEPT GARDEN 軽井沢店」。




あの時とまったく同じ姿で、そこにありました。

















b0295234_21191545.jpg

















b0295234_21192863.jpg

















b0295234_21193997.jpg

















あの時、もしもこのお店がなかったら、真っ暗闇の軽井沢で途方に暮れていたことでしょう。



何もかもが、あの時のまま…















ただただ無性に、嬉しかった。




















「店内は西陽で暑いですから、テラスなどいかがですか?」

















優しい店員さんに促され、広いテラスの一角へ。




自転車もテラスにどうぞということで、お言葉に甘えてすぐ脇にpcblue号を。













うん、最高じゃないか。



















b0295234_21222609.jpg
















b0295234_21223954.jpg

















軽井沢の中心地にあるカフェって、小さくて可愛らしいお店が多いじゃないですか。


でもここは同じ軽井沢でも中心から外れた南軽井沢にあるせいか、とにかく敷地が広々していて、大きなテラスや広いドッグランもあったりします。


テラスなんて何十人も乗れそうなほどの広さ。きっと犬関係のオフ会とかでも利用されるのでしょう。









そしてここ、よく考えたら自転車にも最高ですよね。


寒くて建物の中にいても、テラスの柵に停めた自転車を眺めながら食事が出来たりなんかしますから。










「自転車ですか。いいですね〜。私はアルミなんですけど、やっぱりカーボンって違います?」












嬉しいことに、店員さんが自転車乗りとか(笑)。




いえいえ、アルミだって何だって、自転車は最高ですよ。












「どちらを走ってこられたんですか?」












妙義から碓氷峠で軽井沢入りし、そして今、中軽から北軽まで上がってきたところです…なんて正直に答えたら、二人で大笑い。


ド変態ぶりを分かってくださる方でよかった〜(笑)。
















残念ながら「あの時」の焼きカレーはもうメニューになかったのですが、代わりにオムハヤシを注文。



熱々ふわとろで、最っ高に美味しかったです。


















b0295234_21294246.jpg
【野菜が甘くてシャキシャキ! なぜかトゥリーを思い出す(爆)】




















新緑の木々をタープ代わりに、



優しい西陽に見守られながら、美味しい食事。



そして傍には最愛のmy自転車…










これ以上の幸せがあるでしょうか。
















来てよかった。



そして、



ロードバイク、始めてよかったな。























「僕もTREKなんだよ〜。MTBだけどね」











食事を終えて会計を済ませてテラスに戻ってくると、今度は品のある素敵な紳士がpcblue号に興味深々。











「このホイールがいいんだよね〜」









ええ、まあ…(汗)。








とてもフレンドリーで、でもいかにも軽井沢らしい、只者ではない感を漂わせるその方と少しだけ談笑し、「下りは一番危ないから、最後、気をつけてね」と背中を押されて出発。


ありがとうございます。















b0295234_21354990.jpg














夕日に照らされた72ゴルフ場の情景を眺めつつ、県道43号線を碓氷軽井沢IC方面へ。
















b0295234_21365690.jpg



















最後はもちろん、あの時と同じ、「奇跡のダウンヒル」でーーーーーーーーー。

















b0295234_21373845.jpg

















あの時、


もうひと踏みも出来ないほど完全に攣っていた両太腿。


少しでも登りがあったらアウト。






そんな覚悟で右折し、始まった「奇跡のダウンヒル」。





暗闇の中、集中力が極限まで高まって、まるで宇宙空間を飛んでいるかのような不思議な感覚。




あの時、



下仁田のデポ地までただのいちども登り区間が現れない「奇跡のダウンヒル」は、僕の両脚を救ったのでした。







そして今回は、あの「奇跡のダウンヒル」をまだ明るいうちに走れる。











いったいどんな道だったのか。

いったいどんな景色だったのか。









実はそれを確認するのが、今回のリベンジライド最大の目的だったりしたのでした…。

















b0295234_21414650.jpg
【下り始めてすぐ、後ろを振り返る。「ありがとう軽井沢。また来るよ!」】

















まず現れたのが和美峠と、別荘地帯。















b0295234_21440835.jpg


















b0295234_21442891.jpg


















b0295234_21444805.jpg
















b0295234_21450353.jpg















「こんなところを下っていたのか…」と確認しながらさらに進むと、しだいにテクニカルなカーブが連続するように。


















b0295234_21461795.jpg


















b0295234_21464088.jpg


















b0295234_21465824.jpg














真っ暗闇の中、ここを下ったのか。



まったく記憶にない…。













少しでも気を抜けば、オーバースピードでガードレールに突っ込みそうになるようなカーブの連続。


今日はまだ明るく道が見渡せるだけに、むしろあの時より恐怖感があるのかもしれません。


この道を、よくあの暗闇の中、一度もヒヤリとすることなく下ったものです。


よっぽど集中していたんだろうなぁ…。














b0295234_21491406.jpg

















b0295234_21492812.jpg















b0295234_21494500.jpg
















b0295234_21500440.jpg















下る。下る。


慎重に…。









急斜度のカーブをひとつ越えるたびに、何か特別なものが込み上げきます。



















b0295234_21511930.jpg











どれくらい下りカーブをやり過ごしたでしょうか。



しばらくすると、ようやく急なカーブは終わり、道幅も広く、道端に人の生活の気配がするようになってきました。




















b0295234_21524500.jpg


















b0295234_21525768.jpg
















b0295234_21531574.jpg















暗闇の中に民家の灯を見つけた時の、あの安堵感。




こんな素敵な集落だったんだ…。


















b0295234_21544758.jpg












b0295234_21550027.jpg















気がつくと道の左手に綺麗な沢。



そして、あの時は気付かなかった、こんな場所も(笑)。

















b0295234_21553888.jpg














b0295234_21555089.jpg















この岩のように仲良く…ありたいものですね(苦笑)。
















なんだか現実に引き戻された感も味わいつつ(⁉︎)、いよいよ「奇跡のダウンヒル」も山岳地帯を抜けて、クライマックスへーーーーーーーーー。
























b0295234_21570136.jpg


















カーブや山肌の関係か、もう暗くなる一方だと思っていたのに、



突然、一瞬だけ神々しいまでの夕陽が下りてきた方から眩い光が降り注ぎました。












この写真が、自分的には今回のライドでのベストショット…かな。


























しかし、最後の最後にオチが…














夕陽の写真を撮った後、道は国道254号線に接続。


記憶では、そのまま下り基調の国道を流して「道の駅しもにた」に一直線…














…の、はずだったんですが⁉︎

















b0295234_21590253.jpg

















明らかに登ってるよね、これ…。












もしかしたら、少しだけ登り区間もあったのかなぁ…。


少しすればまた下り基調になるよなぁ…。








そう考えながら重いペダルを踏みますが、いつまでたっても登り基調。



















b0295234_22020808.jpg
【⁉︎】















左側に「荒船の湯」が見えたところで、反対側へ渡る…。





もう分かりましたよね。















道、間違えてるーーーーーーーー!!!





















県道から国道に接続したところは、右ではなく「左」が正解。



なぜか迷いもなく右折してしまっていたのです。











危ない危ない。あやうくこのまま佐久に突入してしまうところだった!(どんだけ登りが好きやねん⁉︎)
















きびすを返せば、やっぱり納得の下り基調(苦笑)。



けっこう登ってきてしまったようで…。










予定では明るいうちに道の駅に帰り着く感じだったのですが、やっぱり着く頃には真っ暗に。



最後はとんだオチが付いてしまいました(汗)。


































「道の駅しもにた」に帰り着いたのは、19時ジャスト。


ちょうどマジックアワーの終わりかけで、それはそれで幻想的な光景がライドのラストを飾ってくれたのでした。














b0295234_22073502.jpg

















最後の痛恨の「道間違い」で、堂々の120㎞オーバー(苦笑)。





獲得標高は分からないけれど、たぶんけっこういった⁉︎




最後の最後まで気温は高く、ラストはウィンブレを着ていたのですが、「間違え登り」で汗だくになってしまいました。


















楽しかった。


ただただ最高に、楽しかった。


心地よい疲労感と達成感が夕闇とともに迫ってきます。

















四年前、思い知らされたロードバイクの「怖さ」。


もっと楽しむために、もっと強くなりたい。


そう誓ったあの時。


それからまたいろいろなところを走り回って、失敗もたくさん積み重ねてきました。









同じpcblue号でまたここに来られたことに、深く感謝してーーーーーーーーー。



またひとつ、最高の思い出が。

















そしてきっとこれからも、いろいろな失敗を繰り返していくのだと思います。







これ以上速くなる、


強くなる、


自信はないです。











でもずっとロードバイクを好きでいる自信だけは、失くさないでいられるような気がします。








今回のライドは、


そんな確信という「宝物」を得られた、


一生忘れられないライドになったような気がします。




〈完〉









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2017-05-23 21:24 | ヒルクライム | Comments(8)
Commented by ユサはち at 2017-05-24 20:03 x
こんばんは☆4年前のブログも含め、楽しく読ませていただきました♩勤め先の保養所が北軽井沢にあって、何回か行ったことがあるのもあり、読むだけで情景がはっきりと目に浮かんできました。自分もいつかチャレンジしたいと思います!その時は、pcblueさんの"敗因"も参考にさせていただきますね笑
Commented by りょうたパパ at 2017-05-24 23:32 x
pcblueさん、こんばんは!
あ〜、読み応え抜群の大作が終わってしまった〜!
走りましたね〜、登りましたね〜(^_^)
120キロオーバー!それだけ楽しかったってことですね〜!
前回行かれた時のブログを読んだ時は、自転車の怖さみたいなものを感じました。
今回は経験を積まれたpcblueさんのただただ楽しく、こちらもニヤニヤしちゃうブログになりましたね!
ホント読んでて楽しかったです。
ありがとうございました(^_^)
Commented by pcblue at 2017-05-25 12:47
♪ユサはちさん♪
こんにちは!
保養所が北軽にあるなんて、羨ましい〜。夏はカラっと涼しいし、なんたって冬はマイナス15℃! 最高だなぁ…。別荘なんかがあって、そこを拠点に軽井沢や、はたまた渋峠…なんて、いつも妄想してます(苦笑)。
4年前は、まあとにかく無謀でしたよねぇ(苦笑)。でもあの時はあの時で必死で、自分なりに補給もしているつもりだったんですけどね。あまりに舞い上がり過ぎて、足りてなかった…という「あるある」でした。でもあの頃の純粋な気持ちだけは、忘れないようにしたいと思います。
Commented by pcblue at 2017-05-25 12:49
♪りょうたパパさん♪
こんにちは!
仕事がなければもっとサクっと書いちゃいたいところだったんですが(キリッ)。
最後の道間違えが、けっこう効きました。あのまま佐久に行ってしまわなくてよかったです。。。 やっぱり何かありますねぇ、妙義&軽井沢は(笑)。
今回は前回とは比べ物にならない程、ライド自体を楽しめました。それが一番、ですよね。
Commented by rinya at 2017-05-31 08:14 x
pcblueさん、おはようございます。
このエリアは子どもの頃からよく知っているので、しみじみ拝読しました。私にとってのTDTもそうですが、思い入れのある土地を自転車で走れるのは最高の体験ですね。眼鏡橋や碓氷峠、北軽井沢の写真などにいろいろ思い出しました…(^-^) あ、今の時期育ててるのは普通の長ネギです。下仁田ネギは秋から栽培始めるので(=毎年縁故ネギを食べてます^^;) おぎのや釜飯の茄子の漬物が大好きです〜ww
Commented by pcblue at 2017-05-31 10:23
♪rinyaさん♪
おはようございます!
軽井沢、好きなんですよね〜。真冬の朝なんて最高ですよね(笑)。子供の頃から知ってるなんて、やはり只者ではないとお見受け致しますます⁈
あ、あれは下仁田ネギではないんですね。どうりで細いわけだ…。ホント、rinyaさんは物知りですよね。やはり只者ではない!!!
Commented by いつもおっさん at 2017-05-31 12:59 x
pcさん こんにちは
4年前に比べて、めっちゃ成長してますね!
知らない道を初めて走る時の不安感はチャリ特有の
ものかもしれません。

次回はまた4年後ですか?(笑)
Commented by pcblue at 2017-05-31 17:22
♪いつもおっさんさん♪
こんにちは!
今振り返れば笑い話ですが、あの時はほんと、必死でしたねぇ〜。このまま動けなくなったらどうしよう…と本気で思いましたもん。あのダウンヒルも、今回あらためて明るい時に走ってみて、よくこの道を真っ暗闇の中駆け降りたな〜と思いました。それだけ必死だったんでしょう。

4年後は…、今度は「逆回り」とかやってみたいです⁉︎
<< 夏の気配 リベンジ・妙義軽井沢山岳ライド... >>