りょうたパパさんと雨の秩父デート② 雨の白石峠から堂平山へ、決死のヒルクライム⁉︎

どのくらい「ときがわベース」で時間を潰したでしょうか…。



ふと外を見ると、ようやく雨が小降りになってきたようでした。








「予報も上向きなはずですし、そろそろ出発しますか」







どちらからともなく腰を上げ、外に出て自転車にまたがります。


雨は先程よりだいぶ小降りにはなっていて、霧雨のような感じに。


よし、これなら走れそうです。
















ときがわベースを出て、県道172号線を西進。


微妙なアップダウンを繰り返しつつ、徐々に白石峠入口へと近づきます…。











「また降ってきちゃいましたねぇ(苦笑)」










このまま止むのかと思われた雨でしたが、また強くなってきてしまいました。う〜ん…。






雨中走行で一番怖いのは、登りよりも下りです。

ここは冷静な判断が必要ですが、この先のエリアの「降水確率ゼロ」予報を信じ、白石峠ヒルクライムを決行することにしました。














b0295234_13001682.jpg
【お馴染みの看板のところで右折。白石峠TTルート、行くぜ!】












白石峠TTルートのスペックは、距離6.3㎞、平均斜度6.8%。


どうしようもないような激坂は現れませんが、そこそこの斜度の坂が延々と続くいやらし〜い感じが特徴ですかね(苦笑)。


埼玉ヒルクライマーの聖地とも呼ばれ、多くの実力派ヒルクライマーを輩出。トレーニングコースとしてもとっても有名ですよね。


僕も何度か登ったことがありますが、どちらかというとダラダラ系で苦手な感じのルート。登っていると、激坂が恋しくなります(苦笑)。



確か最初に登った時、「いかにも」というヒルクライマーにバビューンと抜かれたんですが、あの時のこの世のものとは思えない速さといったら!

あの時の光景は、未だに脳裏にこびりついております。いつか一度でもいいから、あんなふうに登ってみたいなぁ…。











「白石峠、登ってみたかったんです!」









グリーンライン経由で白石峠自体は制覇済みのりょうたパパさん。その時はそのままグリーンラインを往復したので、TTルートは今日が初めてです。雨越しに、ワクワク感がこちらにも伝わってきます。








「いやぁ、、、なかなかキッツいっすね!(苦笑)」







雨の中、シッティングで黙々と登っていくりょうたパパさん。

キツいといいつつ、顔は笑顔です(ここ大事)。



白石は序盤がキツめで、いきなり斜度10%台のつづら折れが続くんですよね。これがなかなかのいやらしさ!(笑)









ゆっくりめのペースでジワジワと登っていくりょうたパパさん。



初めて筑波で不動を登った時のようなオーバーペースはもうそこにはなく、あえて抑え気味にペダルを回しているあたりも、やはり経験を積んできた証拠ですよね。









「序盤はこんなにゆっくりでいいんだ…というくらいのペースを守るようにしたら、足攣りもしなくなったんですよ」







登りながら嬉しそうに話すりょうたパパさん。その横顔は、もうすっかり立派なヒルクライマーですよ!














b0295234_13072392.jpg
【りょうたパパさん、初めての白石TTルートをゆく】















b0295234_13075573.jpg
【わたくしは足付きしまくりで撮影撮影!(これもライド後半に足攣りしないコツ⁉︎)】
















登り始めは「おっ、雨上がったか⁉︎」と思えるほどいったんは小降りになったんですが、序盤の何カーブかを越えたところで再び雨脚が強まり、土砂降りに。
















b0295234_16200477.jpg
















「グリーンラインも最高でしたが、今日の松郷、白石峠の雰囲気も重厚な感じでいいですねぇ」














こんな雨の中、一人だったら確実に萎えてますよね。


二人(しかもペアルック♡)ってすんぱらしい〜〜!!!















b0295234_16221358.jpg
【もちろん「ION 100R」は付けっぱなし】















b0295234_16225761.jpg
【白石のお約束ポイント】















b0295234_16231666.jpg
















雨はますます強くなり…










これって…



























b0295234_16241212.jpg
【Raphaってます(笑)】


















とんでもない雨ですが、幸いというかなんというか登りなので、怖さを感じる場面はなし。


新調したばかりの「R3」タイヤも、まったく問題なく濡れた路面をしっかりとつかんでくれます。









それにしてもすんごい土砂降り。

バイザーのつばからはボタボタとしずくがしたしたたり落ちます。








全身ズブ濡れになりながら、Rapha的ヒルクライムを堪能〜(苦笑)。


















b0295234_16263476.jpg



















b0295234_16264652.jpg






















強烈な雨の中、じっくり時間をかけて白石峠に到着。


りょうたパパさんはゆっくりペースながら、足付き無しで登頂です。










二人で走りながら相談し、止まると集中力が切れそうだったので、そのままペダルを止めずに峠をパス。


さらに2㎞ほど雨の中を登り続けて…


















b0295234_16283039.jpg
【一気に堂平山へ!】
















b0295234_16285020.jpg
【なんも見えねぇ〜】
















寒い寒い!


白石峠から一気に気温が急降下し、14℃。レインジレのおかげで体幹部はまったく濡れてないものの、それ以外の部分から水分が体温を奪って、震えるほどの寒さです。




天文台の軒先で雨と風を避けつつ、しばし休憩。


















b0295234_16303873.jpg
















b0295234_16305800.jpg















なぜかここでも自転車談義(笑)。


土砂降りの白石ヒルクライム、お互い、一生忘れられない思い出になりましたね。












ひとしきりおしゃべりしていたら、ようやくここで雨が上がってきました。


ならば体が冷え切ってしまう前に…
















b0295234_16325341.jpg
【出発!】














白石峠、そして定峰峠まで下ってくると、雨も完全に上がり、気温もずいぶん暖かく感じられるように。
















b0295234_16350004.jpg















b0295234_16351638.jpg














自転車はすっかりドロドロになってしまいましたが、貴重〜な体験を積めたかな。









そして、定峰峠の茶屋から秩父市街方面へと下り始めると、あることに気がつきました。






路面が濡れていないのです!






どうやら定峰より先は午前中も降っていなかったようで、ちょうど僕たちが走ってきたエリアだけが土砂降りだったみたい…(涙)。










「なかなか大変でしたけど、貴重な体験でした。楽しかったですよ!(笑)」








どこまでも前向きなりょうたパパさん。



そうですね。「雨の中を登った」という体験が、今後、どこかで活きてくる場面があるかもしれませんね。それくらい、忘れられない白石峠から堂平山へのヒルクライムでした…。












さあ頑張った後は、「ご褒美」ですよ!


〈つづく〉









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-09-17 20:54 | ヒルクライム | Comments(4)
Commented by りょうたパパ at 2016-09-18 04:50 x
pcblueさん、おはようございます!
秩父ライドありがとうございました!
楽しかった〜!!
内容が濃すぎてどれを思い出してもニヤニヤしてしまいます。
でも序盤の土砂降りの白石峠から堂平山は特に印象深いです。
雨のヒルクライムはもちろん初体験でしたが、雰囲気も素晴らしく正にRaphaの世界観(笑)
きっと一人では走れなかった状況だったと思いますが、何故か二人だと「楽しい」に変わっちゃうんですよね〜(^_^)どうせだったらもっと降れみたいな。ほんとアホですね(笑)
でもジレは本当に持って行って良かったです。無かったら危険でした。
pcblueさんのジレの記事、読んどいて良かった〜(^_^)
Commented by tokyo_terry at 2016-09-18 11:24
pcblueさん、こんにちは!
雨中のヒルクライムとは、なかなかハードな休日ですね。
でも仲間と一緒だとそれもまた楽しいですね。
帰ってから、汚れたバイクをフキフキしながら
この日の出来事を振り返ったりできるから
雨中ライドもたまには良いか!(笑)
Commented by pcblue at 2016-09-18 11:53
♪りょうたパパさん♪
こんにちは!
そうですね、濃すぎましたねぇ〜。特にあの雨の白石ヒルクライムは、たぶん一生忘れられないかと(苦笑)。すごい雰囲気で、とても貴重な体験でした。
そしてレインジレ、お互い大活躍でしたね! 暑いかな〜と思っていたんですが、持ってきて大正解…というか、無かったら…と思うとゾっとしますね。「迷ったら持っていく」。これも教訓になりました。
Commented by pcblue at 2016-09-18 11:55
♪terryさん♪
こんにちは!
ほんと、アホですよね〜(汗)。二人じゃなかったら、たぶん最初の売店で道の駅に引き返していたかと。安全第一で、雨中走行を楽しんで(⁉︎)きました。
そうそう、帰ってきてからのフキフキもまた、楽しいんですよね。もう病気っす(苦笑)。
<< りょうたパパさんと雨の秩父デー... りょうたパパさんと雨の秩父デー... >>