りょうたパパさんと雨の秩父デート① 〜降り始めた雨の中、松郷峠からときがわベースへ〜

9月16日(金)。


この日は失われた夏を取り戻すべく発動中の「ぼくのなつやすみ計画」最終章。


代休を取り、ヒルクライムに行ってきました。






実はちょっと前からりょうたパパさんから「秩父、ご一緒しましょう」とありがたいお誘いを受けていて、お互いに代休取得の日をすりあわせ、ようやく実現したライド。


天気予報は「くもり」と非常にビミョーながら、どうにか雨は降らなさそう、ということで「敢行」とあいなりました。







待ち合わせは朝8時に「道の駅おがわまち」。






ここは僕がマドン4.5(今はジテツウメイン♪)の頃から利用しているデポ地で、何より高速からのアクセス(嵐山小川IC)がとてもいいのが利点。


「道の駅龍勢会館」、「道の駅ちちぶ」は花園インターから有料道路経由で時間もお金もかかるし、かといって川越あたりで降りて下道でのアクセスも少々難があるし…ということで、秩父エリアのヒルクライムを楽しむにはなかなか便利な道の駅なのであります。






さてさて、迎えた当日、やっぱりというかなんというか、ウキウキして2時には目が覚めてしまい(苦笑)、しばらくウダウダした後、「早めに着いて車で寝てよう」と、出発。


外環道、関越道を順調に飛ばして、高坂SAで休憩…

















b0295234_10364020.jpg
【一瞬だけ黒い雲間から真っ赤な朝陽が。晴れてくれ〜】















問題の天気は、真っ黒な雲が気になる典型的なくもり。


幸い雨は降っていないようですが…







東秩父エリアの天気予報では、朝だけパラっときても日中は大丈夫、という感じ。





高坂SAでのんびり休憩した後、6時頃には「道の駅おがわまち」に到着して着替え等を済ませていると、りょうたパパさんもやってきました(笑)。


考えることは同じで、早めに着いてゆっくり準備したり仮眠したり…という腹づもりだったとか。


真面目なりょうたパパさん、前回、筑波でご一緒した時も待ち合わせ時刻よりかなり早く着かれていたので、予想どおりでした(笑)。









「いや〜、今日は楽しみです!」








あの筑波での初・お山以来、すっかりヒルクライムにはまって、先日は車中泊で長野白馬方面のお山を登ってきたというりょうたパパさん。


秩父方面にも一度走りに来られたようで、鎌北湖デポでグリーンラインから堂平山を往復されたとか。








う〜ん、もうすっかりヒルクライマーですねぇ〜。引きずり込んだ方としては、とても責任を感じます(苦笑)。














「雨、降らないといいんですけどね…。ちょっと早いですけど、行きましょうか!」
















b0295234_10462706.jpg
【7時過ぎ、道の駅おがわまち出発!】














今日、ご案内するルートは、マドン時代からの僕のお気に入りのコース+α。



松郷峠から白石峠、堂平山へ。そこから定峰方面に下って、「ジェラテリアHANA」でランチ♡


その後はお楽しみの激坂「釜伏峠」をご案内し、秩父高原牧場、二本木峠経由で東秩父方面に下って道の駅に戻ってくる…というものです。










「白石峠って、あのTTで有名なルートですよね! とっても楽しみです〜」









もう僕なんかよりよっぽど登れるんじゃないかというりょうたパパさん。


雰囲気もすっかり精悍になって、全身からヒルクライマーのオーラが漂います(笑)。








「天気もだんだんよくなる予報ですから、たぶん降られないと思いますよ(キリッ)」







道の駅を出た直後にそんなことを口走ったように思うんですが、









ゴメンナサイ、嘘付いてました…


















道の駅を出てからは国道254号線(途中、県道11号線に)を西進。


しばらく走ると出てくる「松郷峠入口」のT字を左折します。




このあたりまでは雨も降っていなかったのですが、左折して県道273号線に入ってものの数百メートル走ったあたりで「ポツリ」。




まぁ小雨は朝だけなら仕方ないか…とペダルを回していたら…












「ザーーーーーーーーーー」













本降りです(涙)。











松郷峠の登りはとても緩やかで、下った先には「ときがわベース」もあるのでとりあえずそこまで…とも思ったのですが、雨は一気に強さを増して「土砂降り」と言っていいくらいに。






ここは危険回避のため、道端に売店を見つけてその軒先きに飛び込みました。

















b0295234_10584206.jpg
【いきなり足止め】
















非常に味のある売店で、ご主人が「降ってきちゃったねぇ。まあゆっくりしてってよ」と快く雨宿りを勧めてくださったので…















b0295234_10594764.jpg
【雨宿り代として、二人でカプリコ購入。久しぶりに食べたけど、懐かしくてメッチャ美味しくて、二人で感動(笑)】

















b0295234_11013023.jpg

















b0295234_11014298.jpg
【なかなか止みません】


















そしてここで、信じられない事実が発覚。














b0295234_11022802.jpg
【雨が降っているのは、このあたりから白石峠まで狭いエリアだけやんけ!!!】














普段の行いはいたってよい方だと思うんですが…
















b0295234_12300250.jpg
















b0295234_12301351.jpg
















まあでもですね、こういう時「二人」っていいですよね。



カプリコ食べながらオッサン二人で自転車談義♪



不思議なほど会話のネタは後から後から出てくるもので、「このまましゃべり倒して道の駅に引き返してもいいんじゃね⁉︎」と思えちゃうくらい(笑)。


自転車って、本当にいいですねぇ〜。









「まあまあ、本降りだわねぇ。アタシはこれから配達よ(笑)」








しばらすると奥からおかみさんが出てきて、軽バンに食料を積み込み始めました。




この先の山の奥の家に物品の配達にいくのだとか。





「なかなか不便なところだからねぇ。まあ物を買ってもらうというより、元気でいるかの確認と、おしゃべりしにいくようなものよ(笑)」





やさしく笑ってカッコよく運転席に乗り込んだおかみさんは、なんと75歳!


いやはや、若いですねぇ。





そうこうしていると、土砂降りの中、腰を丸めたおばあちゃんが歩いて売店へとやってきます。









「おやまあこの雨の中、自転車かい。ごくろうさん。あたしたちもここにくるのが日課だからねぇ」








小さなお店でも、地域にしっかり根付いていて大切な役割を果たしているんだなぁと、りょうたパパさんと二人、なんだかホッコリしてしまいました。






その後も、何分待っても雨が止む気配はなく、最近、ようやく習得した(笑)雨雲レーダーを見ても、次から次へとこのエリアだけに雨雲が発生している件(涙)。











「頑張って白石の方まで抜けちゃえば雨雲もなさそうですね。思い切っていっちゃいますか⁉︎」










1時間以上は雨宿りしたでしょうか。


そしてついに、少しだけ雨が弱まった間隙をついて、リスタート!
















b0295234_11201412.jpg
【雨の中、松郷峠をゆく】












松郷峠は、「峠」というには斜度も緩く、どこがピークかもよく分からないうちに終わってしまうのですが、雰囲気はここまでの市街地から一変、「いかにも秩父」という重厚な杉林に囲まれています。


雨の中ゆっくりと登りながら、りょうたパパさんも「雨の中っていうのもまた、雰囲気があっていいですねぇ。雨がつらいのは最初だけで、もうここまで濡れちゃえば楽しくなってきました(笑)」と笑顔。


やっぱりそれなりに場数も踏んできているせいか、雨の中でも雰囲気を楽しむ余裕があります。





それでも本格的な雨中走行は初めてとかで、とにかく慎重にゆっくり、安全第一で走ります。













「もう少し走れば小降りになってくるはず…」















ほのかな期待もむなしく、雨は強まるばかり。


分岐のあるピークらしきポイントを過ぎた後は、緩やかな下り。滑らなようにゆっくり走り、突き当り「西平」の交差点、サイクリストのオアシス「ときがわベース」に自転車ごと飛び込みました。
















b0295234_11223683.jpg
【助かった〜!】

















b0295234_11225793.jpg
【あったかくて天国♡】
















b0295234_11232313.jpg
【「ぼくのバイク部屋」。このまま住んじゃいたいくらい⁉︎】

















b0295234_12270698.jpg
【サイクリスト自販機に食い付くりょうたパパさん】
















b0295234_12270273.jpg
【ホットコーヒーに食い付く僕】
















気温は20℃で、雨に濡れているせいかかなり寒く感じました。


どちらかというと蒸し暑さを想定してきたので、コレを着ていなかったら耐えられなかったでしょう。





ちなみに、りょうたパパさんも記事を見て購入されたとかで、オソロ。


さらにビブ(プロチームライトウェイトビブ)も一緒。ジャージはともにグレーベースのプロチームジャージ(りょうたパパさんはトレーニングジャージ)で、違うのはアーム部の色(僕はブラック、りょうたパパさんはピンク)という、「ほぼペアルック」状態♡(笑)




今回改めてその良さを確認した「プロチームレインジレ」。

体幹が濡れないので冷えすぎることなく、さりとて蒸れて汗だくになることもなく、この時期にはベストなチョイスとなりました。さらにバックポケットに入れていたカメラやアイフォンも、まったく濡れることはありませんでした。これから紅葉の時期にかけて、長袖ジャージと合わせてもいいと思いますし、とってもオススメです。そして…



さっそくモデルチェンジ版が出そうですが、気にしないことにします(キリッ)。

















b0295234_12490366.jpg
【いいっすよ、コレ】























さて、地元有志のみなさんによるボランティアで運営されているという無人休憩所、ときがわベース。

昨年秋、ダウンヒルで冷え切った時も、暖かい暖房に助けられたっけ。






ある意味、夢のような施設。

本当にありがたいですよね。


















「止みそうで止まないですね〜…」











他に誰もいない屋内、シトシトと降り続ける雨を眺めつつ、しばしまた、自転車談義に耽るのでした…。



〈つづく〉










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-09-17 12:49 | ヒルクライム | Comments(2)
Commented by エメグリパーカー at 2016-09-17 18:00 x
pcblueさん、りょうたパパさん、お疲れ様でした。

金曜日、秩父ですか。秩父は私のSTEP1なんです。
その秩父に行かれたとは、羨ましいです!

多分、ウチからだと、自走で3時間位と見積もっています。
なので一緒に行きたかったぁ~~
(でも脚をひっぱるだけですね^^;)

兎に角、お疲れ様でした。
Commented by pcblue at 2016-09-17 20:35
♪エメグリパーカーさん♪
こんばんは!
秩父まで3時間ですか。ウチから筑波までが4時間ですから、なかなかいい距離感ですね〜! ぜひ秩父の峠を攻めてみてください。
秩父エリアは「山・山・山」という感じで、とっても贅沢ですよねぇ(笑)。想像するだけでヨダレが…。
いつかぜひご一緒したいですねっ。
<< りょうたパパさんと雨の秩父デー... 予告 〜水もしたたる…〜 >>