初・ヒルクラのりょうたパパさんと新緑の筑波へ 後編

初ヒルクライムとは思えないほど、僕の想像以上に「登れる」りょうたパパさん。

僕の中での当初のプランでは、つつじヶ丘まで来られればもうOKでしょう…という感じだったのですが、りょうたパパさんはまだまだ登り足りない雰囲気すら醸し出していたので、思い切って「あそこ」にご案内することに。





つつじヶ丘から風返し峠まで下り、帰る方向の筑波神社側ではなく、湯袋峠側へとダウンヒル!

長い下りを慎重に楽しんだ後は、下りきったところのT字を左折。

登り基調の道路を少し走り、峠っぽくない湯袋峠の分岐点。




そうです。。。













b0295234_10310897.jpg
【T.Aさん命名「癒しの林道」へ、ようこそ!】











狭い林道、緑のトンネル、そして並走する可愛らしい沢…。

自分の中で、いまだ最強の「癒しスポット」。

筑波連山中走路の入口、湯袋峠から上曽峠へと至る登り&下りの林道は、俗世間の波に揉まれるオッサン二人(失礼!)を優しく癒してくれたのでした…。










b0295234_10340167.jpg
【速っ!】












ここでもなかなかのペースでグングン登っていくりょうたパパさん。


実は正直、ちょっと心配になるくらいのペースだったりしたのですが、この後、そんな僕の心配が的中してしまうことに…。









「いやぁ、最高ですね! もう『最高』という言葉しか出てきません!」






初めてのヒルクライム、最高の天気、そして、最高の林道…と、テンションが振り切れる要素がテンコ盛り。

後で思えば、りょうたパパさん、やっぱり序盤から少々オーバーペースだったんですよね〜。そこで気付いてあげられなかったのは、僕の落ち度です…。





それでもとても喜んでくれているりょうたパパさんを見ているだけで、こちらまでやけに嬉しくなったりもして、冷静な判断を曇らせてしまっていたのでした…。










b0295234_10383504.jpg










b0295234_10384732.jpg









b0295234_10390646.jpg









「癒しの林道」、至福の登り&下りを堪能して、いったんは幹線道路との交差点に出ます。

県道7号線。

左に行けば真壁方面、りんりんロードへ。

右に行けば八郷方面で「トゥリー」あり!






「りょうたパパさん、もうひと登り出来ればきのこ山&パラグライダー場に出ますけど、どうします?」






この時、有無を言わさず県道のどちらかにご案内していればよかったんですよね。








「きのこ山、パラグライダー場といえばブログに出てくるあそこですよね。脚はまだ大丈夫。行ってみたいです!」










元気なりょうたパパさんの言葉に背中を押され、「それでは」と、さらに縦走路を進むことに…。









b0295234_10435823.jpg









目にも眩しい新緑のトンネルをくぐりながら、再び登り。


見た感じ、りょうたパパさんはまだまだ元気で脚も回っていたのですが、「アレ」は突然来るんですよね…。











b0295234_10450549.jpg









b0295234_10451813.jpg
【きのこ山。最高の眺めに二人で「ヴォーーー」っと感動!】











上の写真を撮った時点でキツい登りはほぼ終わり。ここから少々のアップダウンを越えて…









b0295234_10463820.jpg
【野生の藤を見ながら…】










b0295234_10472435.jpg
【パラグライダー場、とったど〜!!!】










いやぁ、つつじヶ丘まででも十分と思っていたのに、りょうたパパさん、初ヒルクライムでパラグライダー場まで来ちゃいました。







「すごいところですね〜。もう最高っす♡」






ヒルクライムの達成感に浸りながら、飛び立っていくパラグライダーを眺めてしばし休憩します。









「今までブログで見ていたところに実際に自分が立っているなんて、信じられない気持ちです。もう最高ですよ。今日はもう何度も言っちゃいます。最高です!」










清々しい表情のりょうたパパさんを見て、僕もなんだかほっこり。

やっぱり連れて来てよかったなぁ〜なんて思っていたのでした。







しかし、この後…









b0295234_10475206.jpg









b0295234_10510151.jpg











パラグライダー場でしばし休憩した後、再スタート。



さすがにこの先のウィンドパワー方面は無理と判断して、来た道を上曽峠まで戻ることにします。そして目指すはもちろん「トゥリー」!









そして…








きのこ山の撮影ポイントまで戻る途中のアップダウンで、「アレ」は突然やってきたのです。








再スタートした後のりょうたパパさんも、初めは快調に脚を回してアップダウンを楽しむかのように走っていました。


これは大丈夫だな。


僕の心配も杞憂に終わって、何なら「トゥリー」の後は裏不動のヒルクライムで締められるかな…なーんて思っていたのですが…












b0295234_10550346.jpg
【イテテテテテッ!】














「アレレ!? なんか急に脚が! pcblueさん、ダメかもしれません!」







後ろを走っていたりょうたパパさんから、突然の声かけ。

もしや…






すぐに停車して自転車を脇のワイヤー柵に立てかけ、りょうたパパさんの状態を確認。


どうやら左足太腿の痙攣のようです。







「いやぁ、突然なんですよ…。申し訳ありません!」






左脚をさすりながら申し訳なさそうに言うりょうたパパさん。





こちらこそゴメンナサイ。無理させちゃいましたね…。








経験上、脚攣りだけは伸ばしてもさすってもすぐには回復しません。とりあえず動かさないでじっとしているしかないのです…。






「急ぐ旅でもないので、とにかくここでしばらく休憩しましょう。スミマセン。りょうたパパさんがあまりに快調に見えたので、無理させてしまって…」






初めてのヒルクライム。

つつじヶ丘までほぼ足付き無しで登り切るだけだってすごいことなのに、調子に乗って「その先」まで連れて来てしまった僕の落ち度です。


反省。






「いえいえ、いいんですよ! 自分でもまだまだ大丈夫だと思っていたのですが、突然来るものなんですねぇ」










休憩中、僕はこの時のことを思い出していました。


初めての妙義山&碓井碓氷峠ヒルクライムでテンションが上がり、ウェアのチョイスを間違えて汗だくになって登った挙げ句、ろくに水分補給もせずに軽井沢の街で突然の脚攣りに襲われて歩くことさえ出来なくなった、あの時のことを…。



そして、この時のことも。



複数ライドの時って、相手の方に悪いと思って、ついつい無理しちゃうんですよね。

自分で苦い経験があるのに、なんでそれを汲んであげられなかったんだろう…。








「こういう時は、とにかく休むしかない!」







幸いにして、りょうたパパさんはここまでしっかり水分補給もされてきているし、こまめに持参したジェルで補給もしておられるので、必ず回復する…と信じて、のんびりストレッチ&自転車の話をしながらさらに休憩。


15分ほど休んでいると「少し回復したみたいです」とりょうたパパさん。登りもあともう少しだけということもあり、ゆっくりと再スタートすることにしました。


そして、軽めのギヤで負荷をかけないようにしながら残り僅かの登り区間をどうにかやり過ごし、あとは下りで県道7号、上曽峠へ。



ここでまたひと思案。


右に行けばりんりんロードで帰る方向ですが、左に行けばほぼ下り基調で「トゥリー」まで辿り着けます。

真壁からは平地走行がけっこうありますし、とにかく下り基調で「トゥリー」にさえ辿り着けばガッチリ休憩出来ますし、最悪はそこで休んでいてもらって、僕だけ藤沢駅まで走って車で戻ってくればいいと閃いたのです。







「よし、とにかくトゥリーまでいきましょう。あとはほぼ下りなので、なるべく脚を使わないように惰性で進みましょう!」






この判断が果たして最良だったのかどうかは分かりませんが、くだんの軽井沢の一件で、動けなくなったカフェでの休憩からデポ地までのロングダウンヒルに助けられたことを思い出していたのです。





脚攣りは、平地でもキツい。

とにかく下りで脚を動かさずに休憩地まで。





そんな気持ちでした…。











上曽峠からはしばらく杉林の中のダウンヒルが続く…というインプットもあったし、その先もほぼ下り基調…というイメージがあったので、ここは意を決して「トゥリー」を目指すことにしました。









ひんやりとした林間のダウンヒルを終えて麓に降りると、まるで真夏のような暑さ。


完全に平地になったところで、りょうたパパさんがなるべく脚を使わないよう何度か休憩を織り交ぜつつ、どうにか大事に至ることなくこちらへ…








b0295234_11161071.jpg
【トゥリー! とにかくよかった〜(ホッ)】











「いやぁ〜、すみません…(汗)」




恐縮しきりのりょうたパパさん。

いえいえ、こちらこそスミマセンでした!










「いらっしゃいませ! 今日は暑かったでしょう!?」









扉を開けると、あの元気なママさんの声が響き渡ります。


ちょうどランチタイムも終わってお客さんもはけたところだったのか、店内は誰もいません。







「ここがトゥリーですか! いい雰囲気のお店ですね〜」







りょうたパパさん、もう大丈夫。あとは「初・トゥリー」を堪能して下さい!










b0295234_11203350.jpg
【最高♡】










キュウリ抜き問答ですったもんだしたあと(爆)、「少しだけでいいから食べてみて〜」というママさんの猛烈プッシュに屈して口の中へ…。





おおお、青臭くない! 食べられる!(嬉)








「ねっ、食べられたでしょ!?」







子供みたいなオッサンを見ながら笑顔のママさん。






「ご褒美、入れといたから♡」







トゥリーのサラダは、新鮮なレタスやキュウリ、水菜の方にポテトサラダが隠れていて、これがまた美味しいのですが、今日はなにやら別の物体が…!?









「うわぁ、これ、ふわっふわで美味しいですよ!」







りょうたパパさんもビックリのそれとは…
















b0295234_11240128.jpg
【!】










ふわふわの卵のオムレツみたいなものを春巻きの皮で包んである…








「キュウリ食べてくれたから、特別ね♡」







ママさん、惚れちゃいますよ…(涙)。

















さて、前菜の愛情サラダの後は、いよいよメインですよ。


二人して悩んだ末に選んだメニューは…













b0295234_11275289.jpg
【玉手箱!?(笑)】












はい、りょうたパパさんが湯気モクモク、トゥリー定番の熱々「やさとぼんちカレーうどん」。


僕は最後の最後まで「ポークソテー」と悩んだ末に、「限定」の言葉に屈して「限定キーマカレーうどん」をチョイス。













「これはもう、まろやかな和風担々麺やぁ〜」(byごば蔵さん/笑)














b0295234_11302351.jpg
【うまうま♡】











b0295234_11304849.jpg
【おまけのサービス。ママさん、惚れてまうがな…】














温かい雰囲気のお店、愛情のこもった美味しい料理、そして、他愛もない、しかし底抜けに楽しい会話…



やっぱり好きだなぁ、「トゥリー」…。







「アタシ一人で作ってるから、メニュー増やせないのよね…」







いいんですよ、今のままで。

メニューを増やすより、今のまま、気持ちのこもった料理を作り続けて下さい。

なんたって、最高に美味しいんですから!




















さて…

美味しいトゥリーの料理と休憩でかなり回復したとはいえ、これ以上、爆弾を抱えたりょうたパパさんを走らせるのはNGと判断。

ここから藤沢駅まで戻るには、裏不動のヒルクライムか、恐怖の朝日トンネル爆走越え(しかも前半はなにげに登り基調♡)しかありませんからね。これ以上、りょうたパパさんに無理させるわけにいきません。







そんなやりとりを聞いていたトゥリーのママさん、「よかったらアタシの車貸してあげましょうか!?」なんて…。



惚れてまうがな〜!!!(爆)










「いえママさん、まだ僕は少々走り足りないんで(キリッ)。りょうたパパさん、ゆっくりデザートでも食べて待ってて下さい!(カックイーー!)」













一瞬、裏不動ルートでもうひと登り…とも思いましたが、さすがにこれは時間がかかり、りょうたパパさんをお待たせし過ぎるのもいかがなものかと思い、pcblue号にまたがって朝日トンネルルートへ。


幸い、この日は爆走ダンプやトラックもほとんどなく、後ろに渋滞を引き連れることなく朝日トンネルバビューンと爆走!



勢い余って行き過ぎてりんりんロードの常磐道寄りの方に出てしまい(汗)、少々戻って藤沢駅へ…(汗)。









b0295234_11412399.jpg
【藤沢駅】










さあ、車でりょうたパパさんの待つトゥリーに戻りますよ。









b0295234_11421386.jpg
【まさかの展開。ヴェル号、トゥリーに見参(笑)】










恐縮しきりのりょうたパパさんとドマーネをピックアップして、「今度はウチの駐車場に停めてってもいいわよ〜。あっ、でもそうすると自転車で走る距離が短くなっちゃうのね(笑)。梅雨に入るまでに、また来てね〜」という優しいママさんに見送られて出発。

ほんと、ありがとうございました、ママさん。その笑顔に救われました。毎週でも来たいです、はい。















「いやぁ、最後はアレでしたけど(苦笑)、結果的にトゥリーにも行けたし、本当に楽しかったです。夢のような一日でした。また言っちゃいますが、『最高』でした!(笑)」



「ですね〜。無理させてしまったこと、本当にすみませんでした(汗)。ただ、どちらかが走行不能になった時でも、二人だとこうして車でピックアップしたり出来るので、いいですよね」










助手席に乗るりょうたパパさんとおしゃべりしながら、ついさっき自転車で爆走したばかりの朝日トンネルをご案内しつつ、ヴェル号で藤沢駅へ。











アクシデントもあったけど…









最高の空。

最高の新緑。

最高の坂。

そして、温かい人情と…








こうしてこの日のライドは無事、平穏な終わりを迎えたのでした。

























痛恨の脚攣りはありましたが、りょうたパパさんがヒルクライムを嫌いにならず、また筑波に一人で来るくらいになったらいいな。


1年後には、本当の意味で僕なんか完全に置いていかれるくらいになってたりして…(その素質、大いにアリアリなのが怖いです。その際はT.Aさん、よろしくお願い致します!?)。





りょうたパパさんと別れたあと、そんなことを考えながらハンドルを握っていました。








僕達の最大のミッションは、速く高く登ることでもなんでもなく、「無事に家に帰って家族と食卓を囲み、翌日には元気に仕事に向かうこと」。


お互いこれからも無理なくヒルクライムを、そして自転車を楽しんでいきたいですね♪









りょうたパパさん、頼りないガイドでしたけど、思い出に残る一日を、本当にありがとうございました。

これに懲りず、またご一緒しましょう!









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2016-05-13 12:27 | ヒルクライム | Comments(18)
Commented by Pucpuc at 2016-05-13 18:28 x
初めまして。いつも楽しく拝見させていただいています。足の痙攣大変でしたね。ところで、痙攣に効く薬で「芍薬甘草湯」があるのをご存知ですか?
私も過去に、足が攣って大変な思いをした事がありますが、この薬を知ってから一度だけ試しましたが、割と即効性があったように記憶しています。
一度試してみては如何でしょうか?
これからも楽しみにしていますので、宜しくお願いします。
Commented at 2016-05-13 18:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by T.A at 2016-05-13 18:49 x
だから、いつも言うけど、めちゃ遅なんだから、お願いされても困りますって。笑
今時点で競争したら、りょうたパパさんのが速いですよ、きっと(^_^;
それにしてもトゥリーうまそうですね~。行ってみたいです!
Commented by ごば蔵 at 2016-05-13 21:11 x
こんばんは!
つつじヶ丘からその先の縦走路まで行けるとは凄いです。
りょうたパパさん、太腿に来ちゃいましたか!
でもその後のフォローも素晴らしいです。
キーマカレーうどん、やっぱり坦々風味を感じました?
あのデザートは焼きプリンだったんですね。
今日のトゥリーさんのFBに載ってました。
次はスィーツ狙いで行ってみます(笑
りょうたパパさん、これに懲りずに山登りも楽しんで下さいね~♪

Commented by pcblue at 2016-05-13 21:12
♪Pucpucさん♪
こんばんは。ご愛読ありがとうございます!!
そういった即効性のある薬(?)があるんですね。知りませんでした。教えて頂きありがとうございます!
足攣りは自転車乗りの天敵、ですね。僕もライド前日と朝に薬局で売っているマグネシウムのサプリみたいなものを飲んでますが、果たして効果のほどは??? あとはこまめな水分補給と休憩、でしょうか。

まだまだ知らないことばかりです。今後とも宜しくお願い致します!
Commented by pcblue at 2016-05-13 21:14
♪鍵コメさん♪
OK、OKです! お仕事お疲れ様です!!!
そして…
筑波山も楽しいですけど、やっぱり江戸川も最高ですよねっ!
Commented by pcblue at 2016-05-13 21:18
♪T.Aさん♪
こんばんは!
やはり経験豊富なT.Aさんにも来てもらうべきでした!
ほんと、最初にご一緒した秩父ライドを思い出しました。あの時はアドレナリン出まくりで、序盤、自分でも不思議なくらい脚が回り、確か「けっこう速いですね〜」なんて言われたんですよね〜(苦笑)。反省です。
でもきっとりょうたパパさんはお山が大好きだと思いますので、またチャンスがあったらみんなでニヤニヤしながら登りましょう!(笑)
Commented by エメグリパーカー at 2016-05-13 21:20 x
pcblueさん、こんばんは!
そしてりょうたパパさん、お疲れ様でした!
私ははまだローディになっていないのでローディでの足攣りは経験ないのでわからないのですが、きっと、私は軟弱者なので泣きが入ると思います(涙)
それなのに頑張って走ったりょうたパパさんに拍手です。
あぁ~早く夏ボー入らないかなぁ~
自分の限界に挑戦したいぃぃ
Commented by pcblue at 2016-05-13 21:22
♪ごば蔵さん♪
こんばんは!
りょうたパパさん、脚攣りはありましたが、かなり素質ありかと。初めてであそこまで登れたら、本当、すごいと思います。
キーマカレーうどん、美味しかったですよ〜(笑)。見た目より全然まろやかで、ほんと、クリーミーな担々麺みたいでした。
LINEの焼きプリンには、実は後日談がありまして…(いずれ近いうちに明かします!)。お楽しみに〜。

トゥリーさん、実はスィーツも美味しいんですよね〜。次回はつつじヶ丘のおかあさんのところで食事して、トゥリーでデザート…なんてのもいいかな、と。ただ、トゥリーのポークソテー、食べたいんですよね〜(苦笑)。
Commented by pcblue at 2016-05-13 21:24
♪エメグリパーカーさん♪
おおお、以心伝心、またシンクロしましたね!(笑)
りょうたパパさん、脚攣りの後のトゥリーまでの頑張りは拍手ですよね。もしも自分だったら、もう動けなかったかもしれません。軽井沢の時みたいに…。でもほんと、僕の判断ミスでしたぁ〜。

エメグリさん、ロード購入されたら、お山グリグリ練、連れて行きましょうか⁉︎(笑)
Commented by りょうたパパ at 2016-05-13 23:12 x
pcblueさん、こんばんは!
昨日は本当にお世話になりました。ありがとうございました。
昨夜は速攻で寝てしまったので御礼が遅くなりスミマセン>_<
昨日の初筑波、初ヒルクライムは自分にとって「最高」の思い出になりました!
最高の天気に最高のロケーション、そして何よりpcblueさんとご一緒出来た事が最高でした(最高の大安売りですが、本当に最高だったので仕方ありません)
でも最初の不動はキツかったっす。
初心者の自分には「ゆっくり登る」という事が頭では分かっているつもりでも、テンションも上がりついつい頑張っちゃいました。「峠は頑張らない事が肝心です。(ごば蔵さん&minozouさん)」のアドバイスも頭に常にあったのですが。
でも仕方ないです。楽しかったんですから(笑)
不動峠、風返し峠、つつじヶ丘、癒しの林道、きのこ山、パラグライダー場とpcblueさんのブログで拝見していた場所が次々と!しかも御本人と!
もうテンションMAXでした。でも身体は正直でした>_<pcblueさんにはご迷惑をおかけすることになってすみませんでした。反省しています。
自分のせいで当初の最終目的地であるトゥリーを回避する選択もあったのですね>_<
でもpcblueさんの励ましと優しさのおかげでなんとかトゥリーに行けて良かったです。(朝日トンネルの件は本当にすみませんでした>_<ヴェル号で通っても恐ろしかったです)
でもトゥリーに行けたおかげで、自分もpcblueさんも大事な忘れ物をしてしまいましたね。
それを取りに是非またご一緒させてください!(笑)
最後に昨日99回言いましたがもう一度だけ言わせてください。

「最高でした!」
Commented by Tomy at 2016-05-14 00:15 x
こんばんは〜
新緑がきれいな時期になりましたね。
筑波山を走るにはいい季節なんでしょう。それにしても
まあみなさん山道が好きなこと。。。わたしゃついて
行けそうにないなあ。

今度早朝に手賀沼を走られるときは白鳥の親子を探して
みてください。先日見つけましたが、今年は6羽の子供
たちが元気にしてますヨ〜
Commented by araita at 2016-05-14 06:42 x
筑波山ヒルクライムお疲れ様でした。
脚攣り及び対策については、コメントされている
皆さんの仰るとおりですが、私も赤城や筑波で
経験しています。赤城なんか大雨のダウンヒル中
でしたよ(^^;;
それも両脚、動けませんでした。僕の対策としては
普段からの脚のストレッチを心掛けています。勿論、普段のトレーニングが基本ですが、それ以降は
快適に走れてますよ。
りょうたパパさんも良い経験をされましたね。今まで以上に自転車ライフが楽しくなると思います。
またすぐにでも山に行きたい筈ですよ^_^
では!
Commented by pcblue at 2016-05-14 09:13
♪りょうたパパさん♪
おはようございます!
りょうたパパさん、頼りないライドでほんと、スミマセンでした。でも一緒に筑波を走れて、本当に楽しかったです。あまりに楽しすぎて、判断を見誤りました。お許しください。
初めてなので、ペース、分からないですよね。序盤は特に、もう止まりそうなくらいの速度でいいんですよ(笑)。もっと僕がペースを抑えるべきでした。

トゥリー、最高でしたね。そして、お互いまた行かねばならない理由が出来ましたね(笑)。ぜひまた!
Commented by pcblue at 2016-05-14 09:14
♪Tomyさん♪
おはようございます!
みなさんほんと、お山が好きですよね〜⁉︎(笑)
はい、すんごい好きです。苦しいんですけどね〜。。。
坂が好きというより、景色の変化が楽しいんですよね。
とってものんびり登りますので、Tomyさんでも絶対大丈夫ですよ。ねっ、T.Aさん⁉︎

手賀沼の白鳥の親子、近いうちに確認しにいきます〜。
Commented by pcblue at 2016-05-14 09:17
♪araitaさん♪
おはようございます! コメントありがとうございます〜。
araitaさんは雨のダウンヒルで脚攣りですか! それは想像するだけでキツいですねぇ。。。 動けないんですよね、攣っちゃうと…。
普段からのストレッチ、やっぱり大切なんですね。僕も心がけるようにします。

でもりょうたパパさん、これに懲りずにまたきっとお山に来ちゃうと思いますよ(笑)。
Commented by Munch at 2016-05-15 01:14 x
pcblueさんこんばんは!(あと3時間くらいしたら出撃時間かしら・・・)
pcblueさんの写真は青がすごく綺麗と思っていましたけど、緑もものすごっく綺麗なのですね!
わたしはまだパラグライダー場行ったことがないのです・・・(というか不動のみ・・・)。いつか必ず行ってみたい!
そしてご一緒したいです!!!

トゥリーといい、まだまだ走りたい、行きたい、わたしの相棒と一緒にみたい景色がいっぱいでウズウズします!
自分は「脚つり」初めてのヒルクライム「都民の森」ですこーしなりかけた時にちょっとビックリしましたが、みなさんの症状をお聞きしているとかなり怖そう(汗)

「無事に家に帰って家族と食卓を囲み、翌日には元気に仕事に向かうこと」
すっごくいい言葉だなぁ・・・と思いました。おやすみなさい!
Commented by pcblue at 2016-05-15 05:00
♪Munchさん♪
おはようございます〜。残念ながら、これから仕事に出撃です(笑)。代休貯めますよ〜^_^
脚攣り、嫌ですよね〜。でもaraitaさんがおっしゃるように、日々の鍛錬やストレッチ、食生活なんかも重要なのでしょうね。自分自身も勉強になりました。

では、仕事に向かいますっ!
<< まったりと、葛西へ 初・ヒルクラのりょうたパパさん... >>