今年買ってよかった自転車アイテム その3 【Rapha Pro Team Rain Gilet】

b0295234_18501542.jpg











出ました、またRaphaです(爆)。



そして、意外なアイテム⁉︎



「その1」で紹介した「Pro Team Jersey」と併せて今年一番稼働率が高かったのがこれ。

「Pro Team Rain Gilet(プロチーム レイン ジレ)」です。







ジレというのはいわゆる「ベスト」で、袖無しのウェアですね。

欧米などではごく一般的なサイクルウェアらしいのですが、なぜか日本ではあまり馴染みがなく、かくいう僕も、今年ラファにハマるまではまったく意識の中になかったアイテムでした。



実はお世話になっているショップの最上店長も長年にわたるベストの愛用者で、「一度使うと手放せなくなりますよ〜」とは聞いていたのですが、ウィンブレに比べるといまひとつ使用するシチュエーションがピンとこなかったんですよね。


で、「Pro Team Jersey」でラファにハマったわけですが、ラファといえばやっぱりジレ! ジレだけで何種類もラインナップがあるほどですから。

そんな折、最上店長の言葉を思い出しつつ、原宿のRapha Cycle Club Tokyoで実際に手にとって選んだのが、コレでした。











b0295234_19013123.jpg
【「Pro Team Rain Gilet」(下は「Pro Team Jersey」のグレーです)。保管状況のせいでちょっとシワになってますが(汗)、着ればピシっとします!】












このジレは今年になってラインナップされたモデルで、「Rain」の名のとおり、雨天時の使用を想定して、他のジレより厚みのある生地で出来たジレです。

プロチームラインには「プロチームレースケープ」というレインジャケットがあるのですが、これの袖なし版…といった感じでしょうか。

他のジレに比べて生地がしっかりしていて、逆を言えばちょっとゴワっとする感じすらあります。例えるなら、ゴアテックスのレインウェアの感触に近いでしょうか。





元来の寒がりである僕がジレを使用するシチュエーションを想像すると、やっぱり「寒い時」です。

具体的には、お山に行った時のダウンヒルや、早朝…といったところ。

それなら、やはり着用した時の「暖かさ」をしっかりと感じられる方がいいなぁと思い、コレにしました。





実際にダウンヒルなどで使用してみると、目からウロコ!

体幹を冷やさないということが、これほど快適なものなのか…と、一発で気に入ってしまいました。





フィッティングはプロチームラインらしくタイトで、しかも生地自体が硬めのためか、特に胸や腕周りが「パツン」とします。

しかし、そこはラファ。

全ては自転車に乗った時の前傾姿勢が想定されているので、実際に走っている時は「キツい」という感触をまったくなく絶妙なフィット感。もちろん風によるバタつきは一切なし…と、素晴らしい着用感を提供してくれます。









b0295234_19193753.jpg
【サイズはプロチームジャージと同じく「M」。胸、腕周りのフィッティングはかなりタイト。風によるバタつきは皆無です。しかし走っている時の前傾姿勢ではタイトさも緩んで絶妙なフィット感に】










このジレにアームウォーマーを組み合わせると非常に使い勝手がいい快適な着回しが可能で、かなり寒いシチュエーションでは両方を着用し、暑くなったら両方脱げば夏仕様…と、すごく幅広く対応出来ます。山頂や下りは寒くても、下に降りてくると真夏…ということって、ヒルクライムをしているとけっこうありますよね。そんな時、ジレってちょうどいいんです。

袖ありのウィンブレでもいいんですが、「ほんのり寒い」ような時だと、半袖ジャージにジレの組み合わせが「ちょうどいい」のです。あと、チャックの開け閉めで温度調節も出来るので、ちょいと肌寒い時の上りでも重宝しました。


夏でも山の下りは思った以上に寒かったりしますが、たいていの場合はジレとアームウォーマーがあればこと足りましたし、何より、大好きな「プロチームジャージ」を着用出来る期間がグンと広がりました。T.Aさんとの奥秩父ライドの時も、このジレを持って行きましたが、薄手の長袖ジャージとの組み合わせでバッチリでした。



暑がりな方、寒さに強い方ならもっと通気性のあるライトなタイプのジレの方がいいかと思いますが、寒がりな僕にとって、この「Pro Team Rain Gilet」はまさにドンピシャ。手放せないアイテムとなりました。












b0295234_19205899.jpg
【デザイン的にはけっこう素っ気ない感じで、「真っ黒」。背面もご覧のとおり真っ黒ですが、いろいろなカラーのジャージに合わせやすいので、個人的にはけっこう気に入ってます】










b0295234_19350158.jpg
【長指グローブをしていてもつかみやすい、大きめの白いファスナーフック。デザイン的にもいいアクセントになっているように思います】










b0295234_19534656.jpg
【チャックの前面の胸のあたりには、マジックテープで脱着するガード的なものが。雨水の侵入を防ぐ意味かと思うのですが、これがチャックの開閉で温度調節をする時は、ちょっと邪魔だったり(苦笑)】











この「Pro Team Rain Gilet」に限らず、ジレは春から秋だけでなく、例えば真冬のものすごく寒い時に冬用のジャケットの上に羽織っても、ジャケットのウィンドブレーク機能を即席で強化出来るのもいいですよね。なので、真夏の平地以外は、お守り的な意味でも常に持ち歩いてしまいます。袖ありのウィンブレよりもコンパクトで持ち運びやすいですし。


もちろん、ラファの名作「CLASSIC WIND JACKET」も素晴らしいですが…(そっちも買うたんかい!)








そう考えると、ジレってほんと、使用期間の長いアイテムだと気付かされます。






ファッション的にもいいアクセントになりますし、ブラックだけじゃなく、派手めのものも欲しくなっちゃいますよね。

そして、まんまとラファの術中にハマり込んでいくわけです…(爆)。








そんなわけで、みなさんもぜひ手持ちのウェアアレンジの中にジレを加えてみては?

ライドの「楽しさ」がグンと広がりますよ。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-12-27 20:15 | インプレ | Comments(4)
Commented by tokyo_terry at 2015-12-27 21:38
pcblueさん、こんばんは。
夏の間は、フライフィッシング用のベストを着てるterryです(笑)
なるほど〜とうなづきながら拝読させてもらいました。
確かに、袖のない分ウインブレよりもコンパクトにまとまるし、アレンジも効いて良いですね。
とっても参考になりました。
それにラファは、なんといってもデザインが良くとってもお洒落なのが良いですね。
Commented by エメグリパーカー at 2015-12-28 11:40 x
pcblueさん、こんにちは!
最近、寒くなって大急ぎで冬服を出しているエメグリです。
Raphaって何気にオシャレな色使いですね。
色もいい色だから、何にでも合わせられそう。
バイク用のウェアでもオシャレな服多いですよね。
(私はオシャレではありませんが(涙))
でも案外高かったりして・・・
でも形から入るのもアリですよね。私は形から入る派です(笑)
Commented by pcblue at 2015-12-28 21:13
♪terryさん♪
こんばんは! 確かにフライフィッシングもベストのイメージがありますね〜。
ジレ、使うまでは半信半疑だったのですが、使い出したらもう手放せません。寒い時期やかなり標高の高いところ(富士山とか)は素直に袖ありのウィンドブレーカーの方がいいんですが、それ以外だとアームウォーマーとの組み合わせが本当に重宝します。歳をとったぶん、我慢が効かなくなっているせいもあるのでしょうが…(苦笑)。
Commented by pcblue at 2015-12-28 21:16
♪エメグリパーカーさん♪
こんばんは!
ラファ、シンプルこの上ないデザインですが、不思議とハマってしまいます…。ヤバいですね(汗)。
僕にとって、たとえ短時間でもお気に入りのウェアを着て楽しむ自転車の時間は、何よりもかけがえのないものとなっています。
<< 今年買ってよかった自転車アイテ... 暖かい朝 >>