T.Aさんと奥秩父絶景紅葉ライド その2 【夜明けの秩父〜志賀坂峠】

ゆっくり走行を余儀なくされた国道299号をどうにか抜けたのは、朝の4時40分。

どうにか遅刻は免れそうですが、ギリギリ。これはマズい…。



国道299号を抜けると、すぐに国道140号との交差点に。そこを右折すれば、すぐに「道の駅ちちぶ」。







楽しかったあの日。

車を停めたマスまで頭に入っている…。仕事のことはすぐに忘れてしまうのに、自転車ってやっぱりすごい!






奥のトイレ前あたりへと入っていくと、いらっしゃいましたよ、T.Aさん!


ちょうど去年、車を停められた位置の前に、T.Aさんの車を発見。

自走じゃないのね(ホッ)。




ひとマス開けてT.Aさんの車の隣に駐車すると、すぐに気づかれたのか、車の中から合図。








「スミマセン! すぐ着替えてきます!!!」






車から降りてきたT.Aさんに挨拶もそこそこに、ジャージ一式が入った袋を持ってトイレに駆け込む僕。

年長者より遅れてくるとは、ふてぇやろうです(反省)。












b0295234_19445784.jpg
【アセアセ】











1年ぶりの「道の駅ちちぶ」。そして、T.Aさんとのライド…。




「早いですね〜。もう1年ですか」とT.Aさん。




去年と同じ場所に再び集ったオッサ…いや、ロードバイク大好きなナイスミドル二人⁉︎




「改めまして、今日は宜しくお願いします!」





5時ジャスト、まさに「ギリギリ間に合った状態」で、全ての準備が完了。

やっぱりあの焼肉定食が余計だったな…。




「それじゃ、いきますか。意外と寒くないですね〜」




去年と同じ、まったくもって自然体なT.Aさん。

「これだよこれ〜!」などと心の中で感動しつつ、T.Aさんの後ろについて、まだ真っ暗の中を走り始めました。




朝の気温は10℃くらいかな。


もっと寒いことを覚悟してきたので、思ったより大丈夫な感じ。

去年は11月で出発は7時でしたけど、もっと息が真っ白だったような気が…。






そして前回は生意気にも前半は僕が前を走ってルート案内し、テンパり過ぎてオーバーペースになったんだっけ(苦笑)。

今回はもうルートから何からT.Aさんに丸投げなので、終始牽いていただくという、なんともけしからん状態!(感謝)





T.Aさんの後ろに付いて、夜の秩父の街を走ります。



心配された風も無く、空には星。



そしてハープ橋を渡るあたりでうっすらと東の空がブルーに染まり始め…










b0295234_20271804.jpg











「朝方に走るのって、けっこう好きなんですよ。こうして走りながら夜が明けていくのを見るのって、すごくいいですよね」とT.Aさん。


僕も普段は週末ひとり朝練で夜明けライド大好きなので、「分かります〜!」(笑)。




そんな他愛のない会話が無性に楽しくて…




ああ、やっぱり今日のライド、実現出来てよかったな…としみじみと思うのです。







ハープ橋を渡り終えたところで右折。県道37号から、いよいよ国道299号に入ります。去年のライドの終盤に走った道を逆に行く感じですね。確か去年ここを走っている時は、右膝裏が攣ってて、もうヘロヘロだったなぁ。。。



今回のルートはT.Aさんが以前に走られてブログにもアップしていた道で、第一チェックポイントは国道299号を上ったところにある志賀坂峠。

確か僕も心底驚いた麦草峠ライドの時もここを通過していたはずで、トンネル手前で写真を撮られていたっけ。

まずはこの国道299号をひた走り、志賀坂峠を目指します。




「国道」という響きから、勝手な想像で、「林道」ではなく、車が行き交う二車線の幹線道路をずっと上っていく…というイメージだったのですが、それはいい意味で裏切られることに…。






「ここで最後のコンビニになりますんで、休憩&補給していきましょう」とT.Aさん。


見覚えのあるセーブオン。

そう、去年のライドの終盤で立ち寄ったコンビニです。懐かしい!









b0295234_20500305.jpg









セーブオンではトイレと、山菜おこわのおにぎりを一つ買って店の前のベンチでパクパク。

今回はとにかく、ライド前半にしっかりと食べておこう、ということで。おこわ系は腹持ちがいいですからね。




相変わらずカッコいいT.Aさんのカーボンスモークのブラックマドンを眺めながら休憩し、再出発です。

もう夜も明けて、朝ですよ。









b0295234_20553808.jpg
【カッコええ】












b0295234_20555807.jpg
【バイクが傍にあると、何時間でもしゃべっていられますな】









b0295234_20581699.jpg
【さあ行こう!】









夜が明けると夜明け前より気温が下がり、ひと桁台に突入。

薄手の長袖ジャージにジレを羽織ってきましたが、朝だけなら冬用のウィンドブレーク系の方がいいくらいの冷え込みです。この時期は本当に服装が難しい!









相変わらずの安定感あるT.Aさんの牽きで、国道299号を快走していきます。

徐々にですが周囲の雰囲気が変わり始め、だんだん「山」の雰囲気に。

心なしか斜度も上り基調になってきたような…




遠くには高い山がチラホラと見えます。とってもいい感じです!









b0295234_21020299.jpg











b0295234_21022400.jpg









b0295234_21023522.jpg








気がつけば周囲は森に囲まれ始めていて、太陽が顔を出し始めました。

日曜日のせいか車も少なく、きわめて快適なサイクリングです!





「この日の出の雰囲気、何とも言えないですよね〜」とT.Aさん。

この時間に自転車に乗っていられることを、お互い感謝します。










b0295234_21044877.jpg








巨大な送電施設に目を奪われながら、さらに進んでいきます。









b0295234_21054015.jpg


b0295234_21055509.jpg










周囲の森もほんのりと色づき始めていて、それが朝陽に照らされて、なんとも言えない雰囲気!

「いつでも止まって写真撮ってくださいね〜」というT.Aさんのお言葉に甘え、所々で声がけして停車し、丁寧に写真を撮っていきます。










b0295234_21073657.jpg









b0295234_21075107.jpg









b0295234_21081615.jpg








b0295234_21083959.jpg









b0295234_21090774.jpg









b0295234_21093011.jpg









撮っても撮ってもきりがない。でも、撮らずにはいられない…。


気がつけば国道らしい街の景色はどこへやら。完全に森の景色に囲まれていました。



夢中でシャっターを切る僕の横で、「299、意外といいでしょ?」とT.Aさん。「酷道なんて言われてますが、自転車で走るぶんにはなかなか快適な道なんですよ」。



何度もここを走ったことがあるT.Aさん、まるで我が子を自慢するかのような笑顔が印象的でした。


確かにこの道はいい!











b0295234_21121212.jpg









この看板の先から斜度もグっと上昇し、道幅もさらに狭くなって「山」って感じに!

かといって激坂ではなく、5〜7%くらいの坂が続く感じで、例えるなら定峰峠の上りに似た雰囲気です。



キツめの坂が現れるたびに「ウヒョー♡」とあからさまに嬉しそうに声をあげる僕に、T.Aさんも苦笑いの連続です(苦笑)。









b0295234_21152262.jpg
【最高♡】









それにしても、何という天気でしょう。

絵に描いたように雲ひとつありません!



きっと(僕の)普段の行いがいいせいだろうなぁ…(ウソ)。









b0295234_21174286.jpg









そして…


どうです、この景色!!!





正直、ここまでの景色を堪能出来るとは、予想だにしていませんでした。


林道のように木々に囲まれて…というのではなく、とにかく「遠景」が素晴らしいのです。


行ったことないですが、まるでヨーロッパの山岳地帯を駆け上がっているかのような、そんな感覚…。




「いい景色でしょう? この朝の空気が澄んだ感じがまた、何とも言えないですよね。でも、まだまだこれからですからね」





T.Aさんと二人、至福の朝のヒルクライムは続くのでした。









b0295234_21221082.jpg










b0295234_21223817.jpg









b0295234_21225692.jpg







上の写真のように、遠景を引き寄せて撮るには、やっぱりズームレンズ。

レンズの選択、間違ってなかった〜。









b0295234_21235323.jpg
【こういうのは超広角レンズの方が得意ですけどね】










b0295234_21243136.jpg
【こういうのはズームでなければ撮れません!】









何キロくらい上ったのでしょう…。

至福のヒルクライムを堪能していると、唐突にこんな景色が目の前に現れました。









b0295234_21255386.jpg
【第一チェックポイント、志賀坂峠とったど〜!】








T.Aさんのブログで見覚えのあるトンネル手前の景色。

とりあえず、志賀坂峠はクリア!




そして二人でまた撮影タイム(苦笑)。










b0295234_21271134.jpg









b0295234_21272404.jpg










山々が連なる遠景に二人で感動しつつ、再び自転車にまたがってトンネル手前を左折。


お次は第二チェックポイント、八丁峠へのヒルクライムがスタートです。

そしてこの上りがまた、筆舌に尽くしがたい絶景だったのです…。









b0295234_21285927.jpg
〈つづく〉










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2015-10-27 21:29 | ヒルクライム | Comments(10)
Commented by tokyo_terry at 2015-10-27 22:45
pcblueさん、こんばんわ!!
なんと言うナイスロケーション!素晴らしい!
そして、マドンとドマーネもグッドコンビネーションッ!
トレック乗りとしては、すごく羨ましいぃ〜・・・妬けるなぁ(爆)

早朝の山々、キレイですねぇ〜。
特に陽が昇ったばかりの時間帯は、立体感が強調されて良い写真になりますね。
風景の切り取り方も流石pcblueさんです。
第二チェックポイントの写真も・・・早く見せて〜〜〜(笑)
Commented by T.A at 2015-10-28 07:43 x
日曜日お世話さまでした。
持ち上げ過ぎ!つまらねぇやつですから(^_^;
それにしても見事な紅葉でしたね~。走っている間ずっと素晴らしい風景を堪能し続けていた感じで、あんなサイクリングは初めての経験でした。
ブログ更新早いっすね~。まだ何にも手をつけてませんでした。写真いただいちゃおうかな。笑
Commented by leblanc_blue at 2015-10-28 17:40
pcblueさんこんにちは!
いや、本当に絶景ですね。加えてpcblueさんが楽しんでおられる様子がさらにいいですね。
T.Aさんの黒いマドンもかっこいいですね〜
普段はスマホで見ることが多いんですが改めてPCで見させていただきました。
続きの記事も写真も楽しみにしています!
Commented by pcblue at 2015-10-28 19:29
♪terryさん♪
こんばんは!
いやぁ、すごいロケーションでした。おそらくterryさんがいたら、1時間以上撮影してたと思います!(笑)
T.Aさんのマドン、風格があってすごくカッコいいですよ。なんていうか、走破してきた道が宿っているというか…。

早朝の山は、撮影にはもう最高ですね。ただ河川敷と違って慣れていないので、すごく自分がもどかしかったです。。。
Commented by pcblue at 2015-10-28 19:32
♪T.Aさん♪
こちらこそ、大変お世話になりました! 終始前を牽いて頂き、感謝です。そしてやっぱり、T.Aさんはシブいです(笑)。
ほんと、思ったより紅葉も鮮やかですごいライドになり、一生の思い出になりました。写真を撮りすぎて、整理するのが大変です。
写真、どんどん使っちゃって下さい(笑)。その代わりといっては何ですが、ルートの方がT.Aさんに任せっぱなしでアヤしいので、よろしくお願いします(汗)。
Commented by pcblue at 2015-10-28 19:34
♪ルブランクさん♪
こんばんは!
最高の絶景ライドでした。まさかこれほどとは…。案内して下さったT.Aさん、恐るべしです。
僕なんてもう終始、40オッサンとは思えないハシャギっぷりでしたよ! ほんと、楽しかった…。

頑張って更新しますので、最後までお付合いくださいませ。
Commented by Kei at 2015-10-28 19:58 x
えっと……。小径車でも登れますかね?写真を見ていたらヒルクライムにDAHONで挑戦したくなってきましたw
Commented by pcblue at 2015-10-28 23:22
♪Keiさん♪
志賀坂峠〜八丁峠は、斜度的にはおおむね6%前後で激坂と呼べるような坂はないので、クロスバイクや小径車でもまったく問題ないと思いますよ。
秘境感が強すぎるのか、例えば白石峠や定峰峠などのようにメジャーでもない(こんなに素晴らしい坂なのに!)ので、自転車とは一台もすれ違わなかったですし(朝早かったから?)、車もほとんど通らなかったので、とても走りやすかったです。ぜひトライしてみてください。素晴らしい景観に、きっと驚くと思いますよ!
Commented by Kei at 2015-10-29 20:47 x
問題はヒルクライムに挑戦したことがないので斜度と言われてもイマイチ実感がないんですよね〜w 自分が日頃走っている坂はどのくらいなのか?......、そもそも秩父までどうやっていくのかと!w 

もう少し検討してみます。応援ありがとうございます
Commented by pcblue at 2015-10-30 06:17
♪Keiさん♪
ヒルクライムに挑戦したことがないなんて、うらやましい!
だってまだこれから、あんなに楽しいことをゼロから体験出来るんですから(笑)。
身近なところだと、やっぱり筑波山ですかね。不動峠の4㎞が走破出来れば、ほとんどの峠は大丈夫ですよ。最後に10%強の坂が出てきますが、これが基準になりますよね。実際は何%なのかは未だ分かりませんが…(苦笑)。
<< T.Aさんと奥秩父絶景紅葉ライ... T.Aさんと奥秩父絶景紅葉ライ... >>