平地でデュラ調整ライド 前編

今日金曜日は一週間ぶりの休み!

色々な意味で僕の自転車生活のターニングポイントとなりそうなT.Aさんとの秩父ライドから一週間。

未だに攣りかけた右端膝裏の痛みが残る中、朝、ちょっとした用事を片付けて10時に家を出ました。




機械式デュラエースの変速部分を換装し、晴れてフルデュラとなった新生pcblue号。

感動のシェイクダウンは水曜日の夕方にチラっと朝日峠で済ませてきたわけですが、ガッツリ乗れるのは初。

江戸川左岸を北上しながら一瞬、「自走で筑波か!?」とも考えましたが、時間的に厳しそうなので、今日は平地ライドに決定。

江戸川CR左岸をあてもなくそのまま北上します。




それにしてもいい天気! そして気温9℃と寒い!

もう冬がすぐそこまで来ていることを実感する天気となりました。



週末はまた土日ともガッチリ仕事なので、今日、乗れてよかった〜。















b0295234_21591452.jpg

【快晴! 今日は平地をじっくり走ってデュラの感触とポジションの調整をする腹づもり】




















b0295234_21595829.jpg

【左上に小さく富士山】














変速そのものは快調そのもの。

ガキーンと変速します(笑)。

ただ、こないだは山だったので気が付かなかったんですが、フロントアウターで、かつリアも重いギアを踏んでいる時、トリム調整をしてもシャラシャラとあたっている感覚。















b0295234_2224414.jpg

【江戸川CR左岸から利根運河へ】















b0295234_2232426.jpg

【とりあえずいつもの場所で缶コーヒー休憩(笑)】















b0295234_2235918.jpg















運河公園での休憩を終え、再び江戸川CR左岸に戻ります。














b0295234_225059.jpg

【運河河口公園にて。少し思うところがあってサドルを低く、そして前に調整。これでかなりしっくりきました】
















b0295234_2261685.jpg

【玉葉橋で右岸に渡ります】




















やっぱりトリムの位置がズレているような感触。

気になったらとりあえずGO!
















b0295234_228251.jpg

【吉川の街を走って、11時30分、開店直後のこちらへ】















b0295234_2285588.jpg

【症状を伝えると、店長がひょいひょいと調整】














リアディレイラーを動かすワイヤーの張りを調整して頂き、重いギヤにした時のトリムの当たりを修正して頂きました。

そして、その場で自分でも出来る微調整の方法も教えて頂きましたよ。




あと、T.Aさんとのライドで右足膝裏あたりが攣りそうになったことについて話すと、「もしかしたらサドルが高過ぎたのかもしれません。脚が伸びきってしまう感じで、太腿とふくらはぎの裏に変な力がかかっていたのかも。サドルが低い場合は太腿の表側が攣りますからね」と店長。

やはりサドルを5㎜ほど低めに修正したのは正解だったかも。ツールの見過ぎで、ついつい高くしちゃうんですよね、サドル…。

他にもいろいろ有益なアドバイスもゲット。

やっぱりショップに足を運ぶといろいろいいことあります♪





「デュラの変速調整に関しては、まあおかしいと思ったらすぐに持ってきて頂くのが一番です。ちょいちょい調整しながら煮詰めていきましょう」と店長に見送られてライド再開!















b0295234_2211537.jpg

【とりあえず江戸川CR右岸に戻って、みさとの風ひろばでトイレ休憩】














b0295234_22141311.jpg

【換装したISO ZONE VR-SFハンドル。これ、最高です! パッドの快適さはもちろん、絶妙な形状と、下ハンの持ちやすさが秀逸。正直、今まで下ハンを持つことってあんまりなかったんですが、積極的に持とうと思えるハンドルです。これからの季節、江戸川CRの向かい風に強い味方!?】
















そのまま江戸川CR右岸を緩やかな追い風に乗って南下。

トリムの感じもバッチリで、意味もなく変速を繰り返しながら快調に飛ばします。




さて、この後はどこに走りに行こうかな?

【つづく】


















b0295234_22164429.jpg








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2014-11-14 22:20 | 平地ライド | Comments(2)
Commented by leblanc_blue at 2014-11-15 12:29
社交辞令などではありません‼️

距離と時間を経てのライドは感動ものでしょうね❗️

装着まもないデュラエースを信頼の置けるショップと詰めていくのはまさに至福のひとときですね。

カンチェラーラが機械式デュラを使っているのは有名な話ですが、pcblueさんはまさに同じ機材ですね。

僕もフルデュラに加えハンドルバーにも興味が出てきました(笑)マドンにエアロバーはバッチリなんですが、ワイヤー類を中通しするため抵抗になるはず…isoハンドルバー+ポリマーコーティングケーブルでもっと軽く…う〜ん、ヤバいな❗️
Commented by pcblue at 2014-11-15 21:59
♪ルブランクさん♪
僕はショップに恵まれたことが最大の幸運だと思っています。でなければ、デュラどころかロードにも乗っていたか…。そう考えると「縁」って不思議ですね。
ルブランクさんとのライドも、いつか必ず実現させましょうね!
エアロバー、見た目はもう最高なんですが、ショップで確認したところ、確かにワイヤー中通しによる抵抗はありそうですよね…といっても、僕達で体感出来るレベルなのかは分かりませんが…。
今回、ワイヤーのカーブがキツくなりすぎないよう、店長があえて余裕を持たせてルーティングしてくれているんですよ。

ISO ZONEハンドル、とにかく快適です。ルブランクさんもぜひ一度、お店で握ってみて下さい!
<< 平地でデュラ調整ライド 後編 機械式か電動か、それが問題だ >>