行くぜ激坂! 釜伏峠 前編 

以前も書きましたが、自転車で初めて上った山は筑波山でした。

でも、心の底から初めて坂が「楽しい!」と感じたのは、ここ。

秩父、釜伏峠のヒルクライム!






当時、ショップで元店員の浅野さんから「きついですけど楽しいですよ〜」というお話を聞かされ、それまではまったく興味のなかった坂、しかも秩父の激坂にチャレンジして、一気にヒルクライムの魅力に取り憑かれてしまったんだっけ(その時に参考にした浅野さん達が実際に走ったルートがこちら)。




聞きしに勝る激坂で、もう何回足を付いたか分からないほどだったけど、秩父ならではの「深い山」に魅了され、上りきる頃には完全に坂バカ…いや、「山バカ」が出来上がっていたのでした。





そして今回、2年半ぶりに再び訪れる釜伏峠。


最近はあまり山には行けてなかったので、なまりきった足に喝を入れる意味でも、あの激坂にまた挑んでみようと思ったのです。




実行したのは、7月16日(水)。

とっておきの代休を利用して、朝、いそいそとヴェル号にドマーネ6「pcblue号」を積み込み、高速に飛び乗りました。














b0295234_2011147.jpg

【ヴェル号初出動。三列目を畳んだだけで、こんな感じで積めてしまいました。広い! 二列目も畳んだらいったい何台積めることやら…。誰か、ご一緒します!?】















例によって平日なのに外環は大渋滞(涙)。

ノロノロ走り、関越道に入ったところからは順調に流れ、花園インターで流出。

国道140号「彩甲斐街道」を北上し、目指すは「道の駅ちちぶ」です!














b0295234_20144494.jpg

【有料道路にてこの景色が現れると、初めて来たあの時の高揚した気持ちが蘇りました】














b0295234_20155421.jpg

【道の駅ちちぶ着は10時過ぎ。美味しい秩父の水をボトルに積めて、いざ出発です(本当に美味しかった!)】














道の駅を出た後は、しばし市街地を走ります。その距離11㎞ほど。ちょうどいいウォーミングアップです。










b0295234_20194144.jpg

【こんな味のある旅館や…】

















b0295234_20202066.jpg

【味のある神社を通り過ぎて…】















b0295234_20211038.jpg

【適度なアップダウンを繰り返しつつ、しだいに里山の風景に】

















11㎞ほど走って、釜伏峠へのヒルクライム(右折)への分岐が現れます…が、いったんここを通り過ぎて直進。

実は初めて来た時、この先にあった美味しいうどん屋さんに立ち寄ったんですよね。

今日もそこに寄って、バッチリ補給していこうという算段でした。













b0295234_20221918.jpg

【あった! パっと見はただの民家です】













b0295234_20224024.jpg

【………。】















気を取り直して踵を返し、釜伏峠への分岐に戻ります(涙)。















b0295234_20232594.jpg

【このトイレが目印。気を取り直して、いざ!】







b0295234_2024026.jpg
















b0295234_20243321.jpg

【まずはこんな感じの広い道のゆるやかな坂ですが…】
















b0295234_20253522.jpg

【すぐに林道の雰囲気となり、斜度も跳ね上がります!(嬉)】











いやいや、久しぶりの釜伏峠へのヒルクライム。

いきなり10%超の坂が現れ…



キツーーーーーーーー!(でも嬉しい♡)

















b0295234_2028824.jpg

【脇にはこんな景色が。でも、さすがに余裕が…。静かな森の中にオッサンの荒い息が響き渡ります】
















b0295234_20285742.jpg

【容赦ない坂が次々と…】














b0295234_20285881.jpg

【くぉおおおおおおおおおおおおおお!(っと声を出してないと転びそうなほどの遅さで走っているわけです)】















b0295234_20293174.jpg

【ザ・つづら折り♡】














b0295234_20302144.jpg

【この重厚な雰囲気がたまりません♡】















b0295234_20315164.jpg

【ぬぉおおおおおおおおおおおおおおお!(立ちゴケ寸前!)】












恐怖の20%坂も堪能しつつ、なんとか前半の激坂区間を走破!















b0295234_2034045.jpg

【突然現れるこの民宿までで、激坂区間は終了。あー楽しかった!?】















激坂区間でヘタった足にムチを打ってさらに上り、別荘風のログハウス群を過ぎると…














b0295234_20342966.jpg

【釜伏峠、とったどーーーーー!!!】















写真を撮るために何度か足付きしましたけど(あくまでも写真を撮るためですぞ)、あの時の気持ちが蘇って、何だか懐かしくも胸が熱くなってしまいました。


ヒルクライム、やっぱり楽しいね!






ここから二本木峠へと向かいますが、その前に、せっかくなので釜山神社に寄り道することに。














b0295234_20371823.jpg

【神社へと向かう小道が絶品! これは新たな発見でした】

















b0295234_20375566.jpg

【しっかりお参りしてきましたよ】














神社から戻ってサイクリング再開。

ここからは二本木峠、秩父高原牧場を目指して尾根伝いのアップダウンを楽しみます。














b0295234_20391087.jpg
















b0295234_20392281.jpg

【見事な杉林。森林整備コンクール優良賞!】
















b0295234_20395562.jpg

【二本木峠、とったどー!】

















b0295234_20403288.jpg

【二本木峠を越えると、秩父高原牧場が見えてきました】














この釜伏峠から秩父高原牧場に至る道は、適度なアップダウンで走っていてもとても楽しい道!

鬱蒼とした林道から、この開けた景色への変化がまたいいんですよね〜。















b0295234_20425839.jpg

【この日の下界は35℃の猛暑でしたが、山の上は25℃以下でヒンヤリ気持ちいい。まだ紫陽花もたくさん咲いていました】














b0295234_2044184.jpg















b0295234_20441437.jpg
















紫陽花の道を過ぎれば、秩父高原牧場に到着です。














b0295234_20445677.jpg

【とりあえずお約束の一枚。このオブジェ、やっぱりちょっと寂しくなった?】

















b0295234_2046431.jpg

【ヤギさん達と触れ合えます】















b0295234_20465581.jpg

【かわいいなぁ】















b0295234_20472527.jpg

【しばし景色を眺めながらカロリーメイト休憩(笑)。確かに口の中の水分を持っていかれますが、なぜか好きなんですよねぇ】













とにかく、山が深い。

どこまでも連なる山々は、もう坂好き山好きにはたまらないですね。

思えばあの時も、釜伏峠の激坂にやられつつ、この高原牧場の開けた景色に癒されたんだっけ…。

まさか自分の人生の中で、こんな山の中を自転車で走るようになろうとは、想像もしなかったなぁ。











そんなことを考えながら、しばし時間を忘れてボーっと雄大な景色を眺めていました。






















b0295234_20522188.jpg





〈後編に続く〉



















にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2014-07-17 21:10 | ヒルクライム | Comments(8)
Commented by tokyo_terry at 2014-07-17 23:12
pcblueさん、こんばんは!!
へぇ〜、森林整備コンクールなんてのがあるのですね。知りませんでした。
手つかずの自然も大切ですが、程よく手入れされた森には
陽光が差し込んで木々も育つから、昆虫や小動物、小鳥などが
住みやすくなったりするので、こういった事業も大切ですね。
激坂のヒルクライム、すごいですね。
今のボクには、ただただ感心するばかりです。
あ、そうそう、カロリーメイトに口の中の水分持ってかれても
秩父の美味しい水があれば、大丈夫ですねッ(笑)
Commented by T.A at 2014-07-18 08:21 x
先日、二本木峠を登った時に、釜伏峠はキツいとの話を聞きましたが、激坂区間20%ですか…。そこまでいっちゃうと、上りを楽しむという範疇を大きく逸脱しちゃうような(^_^;
秩父方面は奥秩父に向けて徐々に侵攻していきたいと思いますので、その過程で釜伏も走ってみます!
それにしてもヴェル号は自転車も荷物も楽々積載でいいっすね~!
Commented by 通りすがりの愛読者 at 2014-07-18 11:57 x
20%の激坂!!
江戸サイアンダーパスの登りさえ嫌いな私には想像できません!
人生は登り坂、自転車は永遠に下り坂が理想です(笑
Commented by pcblue at 2014-07-18 17:00
♪terryさん♪
森林整備コンクール、面白いですね。今もまだあるのかは分かりませんが。。。 森は人間の手が入らないとダメになるらしいですからね。
terryさんは坂はアレでしたっけ? 激坂、一度体験すると病み付きになりますよ〜。今にも止まってコケそうになるあの感覚は、平地や下りのスピード感とはまた違ったスリルがあります(笑)。
カロリーメイト、もちろん秩父の水で流し込みましたよ!(笑)
Commented by pcblue at 2014-07-18 17:04
♪T.Aさん♪
T.Aさんは釜伏峠は未体験ですか? ぜひ行ってみて下さい! 浅野さんも大宮店時代に先輩に連れて行かれて上りきれず、三郷店に来てからリベンジしたんですよね。そのお話をよく聞かされてたのがヒルクライムにハマるきっかけだったんですよ。いつか三人で上ってみるっていうのもいいですね!
ヴェル号、一人で乗っているとスッカスカで、まるで倉庫が動いているみていです。。。 思わず誰かや荷物を乗せたくなる車でして、自分としては今まで考えもしなかった新世界に妙な新鮮さを感じています。
Commented by pcblue at 2014-07-18 17:06
♪通りすがりの愛読者さん♪
大丈夫! 江戸川のアンダーパスとは「楽しさ」が違いますから、騙されたと思ってぜひ挑戦してみて下さい! 僕だって、今でもアンダーパスは苦手ですから(汗)。
僕の場合、自転車も人生も、永遠に上り坂がいいなぁ♡
Commented by ベアさん at 2014-07-19 08:56 x
こんにちは!
すごく余裕の車載ですね!うらやましい。
まさか、自転車にあわせて車を選びました?笑

そして20%の坂ってちょっと想像がつかないです!10%の坂ですらかなりの斜度に感じるのに、倍!
自転車が進むとは思えません(笑)
Commented by pcblue at 2014-07-20 22:36
♪ベアさん♪
カミさんの「自転車積むのにちょうどいいじゃない」の一言がスバルを吹っ切る決め手になったのは事実です。子供達も喜び、全て丸く収まったような気もします。不思議と走りうんぬんは気になりません。ヴェル号、大切に乗ります!

釜伏の上り、確かに少し気を抜くと止まりそうです。でも、距離的にはさほどでもないので、逆ジェットコースター気分で楽しめますよ♪
それに、秩父にはまだまだヒドい激坂があるんですよね〜。また紹介します(笑)。
<< 行くぜ激坂! 釜伏峠 後編 予告 〜お山に行ってきました〜 >>