ニセ龍勢ヒルクライム 中編

「城峯山」の看板もあったことだし、龍勢ヒルクライムのルートで間違いなく合ってると疑いもせず、林道城峯1号線をごきげんで上っていく僕(実際は全然違います)。

斜度もジワジワとキツくなり、さぞかしこの先には生唾ゴックンものの激坂が待っていてくれるものとニヤけながら、しかし絶望的な遅さで上っていきます。








b0295234_20115492.jpg

【ところどころ桜も咲いていて、いい感じです♪】






あ〜、ヒルクライムってやっぱり楽しいなぁ〜…。









b0295234_20124459.jpg
















どーゆーことーーーーーーーーー!?














なんとなんと、「さあこれから佳境か」というところで痛恨の通行止め!

看板をよく見ると積雪のためらしいのですが、ここまでほとんど残雪はなかったし、あっても日陰の山の中だけだったので、唖然…。








でもまあ、通行止めとあれば、致し方ありません。

「ま、こんなこともあるよね。もしかしたら違うルートで城峯山に行けるかもしれないし」と気持ちを切り替え、右折。

フラフラと走り始めると…









b0295234_20164888.jpg

【山の中に突然、小さな公園出現。思わず一枚】









b0295234_20172988.jpg

【菜の花越しの山桜が綺麗でした】









公園があるということは、人が住んでるのかな?

予想は的中し、小さな集落の間を上って行きます。

ヒルクライムをしていると、時折、「こんなところに!?」というところで集落と出くわします。

どんな土地でもそこにはそれぞれの人の営みがあって、穏やかな生活があるんだろうなぁと思うと、なんだかいろいろ考えさせられますよね。
そんな時は「お邪魔させて頂いている」という気持ちになって、歩いてくるおばあちゃんなんかと会ったら、必ず挨拶するようにしています。こちらに悪意がなくても、「よそ者」には違いありませんから、せめて驚かさないようにしないといけませんよね。

民家なので写真は撮れませんが、素敵な集落の中の道を上りながら、目的地のはっきりしないヒルクライムは続きました…。









b0295234_20251432.jpg

【そこかしこに春の香りです】









b0295234_2025356.jpg

【桜を囲む贅沢なつづら折り!】









b0295234_20261912.jpg

【天空のちまき! 食べたいなあと思ったら、お店は開いてませんでした】









b0295234_20265796.jpg










やがて民家がなくなると、再び深い山の気配に囲まれます。









b0295234_20275299.jpg









まだこの時点では城峯山登頂の希望は捨ててなかったのですが、もうどこを走ってるのかもよく分からない状態。そろそろIPhoneのマップで確認しなくちゃな〜と思っていると、道は下り基調になり…









b0295234_20292162.jpg










!?









アレ…!? この四阿、見覚えがあるぞ…!!!










b0295234_2030188.jpg










山の中で一人、大声で笑ってしまいました。





そうです。




ここは先週来た、「あのお方」がいらっしゃる場所じゃないですか!!!!














b0295234_20314029.jpg

【この滝は…】















b0295234_20321715.jpg

【どーーーーーーーん!】














これはもう、何かのお導きとしか思えません!

先週来たばかりの秩父華厳の滝、不動明王様の前に出てしまったのです!






自分に呆れながらIPhoneでチェックすると、なるほど、先週上ってきた道の上から降りてきた格好となっていたのです。


二週続けて同じ目的地に辿り着いてしまった僕。









不動明王様、再会出来て嬉しいです…。

(つづく)












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2014-04-11 20:36 | ヒルクライム | Comments(0)
<< ニセ龍勢ヒルクライム 後編 ニセ龍勢ヒルクライム 前編 >>