2013紅葉ライド第三弾 袋田の滝 後編 〜奇跡のお団子〜

ああ、本当に来てよかったな…。

しばしその光景を眺めた後、さっきまではまだあった木々の葉っぱがほとんど無くなったところで、ふと我に返りました。

「あ、そうだ。今日の目的地は袋田の滝だったんだ」

再び自転車を担ぎ、ぬかるんだ土の上を国道へと戻ります。

「でも、この場所は一生忘れないだろうな」

振り返りつつ、再びペダルを漕ぎ出します。

相変わらず交通量も多く「国道!」という感じではありますが、それでも、だんだん自然が濃くなってきました。








b0295234_2110386.jpg











b0295234_21105336.jpg

【あと4㎞!】









b0295234_2111631.jpg

【ここを右折!】









いよいよ国道を離れ、やっと林道かな…と思いきや、ちょっと登ると、なにやらお土産やさんや旅館が建ち並ぶ観光地っぽい雰囲気に…。

ありゃ、もしかして着いちゃった!?








b0295234_21131698.jpg

【旅館の脇に流れる川と綺麗なもみじ。こんなとこに泊まってみたいなぁ】









駐車場のおばちゃん達の手招きがすごいこと(笑)。

自転車でも関係なく誘ってくるのね。



「おいしいおそばあるわよ〜。休んでって〜♡」








あいにくお金がないんですよ!!!!






叔母さま達のお誘いを受け流しつつ、ズンズン奥へと進んでいきます。

それにしても、観光客の多いこと!

思った以上にメジャーなんですねぇ(失礼しました!/笑)。


やがてドン詰まりの土産屋さんらしきおばちゃんに、「自転車はここまでよ。そこ(フェンス)に立て掛けていきなさいね〜」と、「帰りは何か買ってってね〜」という空気バリバリのお誘いに、あえなく撃沈。お言葉に甘えて自転車を置かせて頂き、「これ、命より大事なものなんで、盗まれないように見ていて下さいね〜」と100%スマイルを残して、徒歩で登っていきました。









b0295234_21381081.jpg

【袋田の滝への入口の紅葉。綺麗ですね〜。滝へはこの先のトンネルを通って行くようです】









鮮やかな紅葉を眺めながらカツカツ歩いていくと、そこには衝撃的な事実が待ち受けていたのです…


















b0295234_213922100.jpg




















か、金とるんかぁ〜い!!!!!


















そうだよね。観光地だから観覧料くらい取っても不思議じゃないですよね…。




小銭入れからなけなしの500円玉を涙ながらに受付のおじさんに渡します。

「ハイ、行ってらっしゃーい。滝はこのトンネルの先にありますからねー」

ノリが軽いよ…。

おつりの200円をしっかと受け取り、重い足取りでトンネルへと向かいます。

まさかこの自転車ジャージのおっさんが、実は「一文無し」に近いだなんて、よもや思ってないだろうな〜(溜息)。









b0295234_21424381.jpg

【こんなトンネルを、観光客のみなさんに混じってトボトボ歩きます。さ、300円か…】








「う〜ん、滝ってどういう感じで現れるんだろうなぁ」と思いながら歩いていくと…
















b0295234_21444146.jpg

【出たっ!】















思った以上に早く滝が現れました!

これはこれで、すごいスケール感です…。














b0295234_2146887.jpg

【袋田の滝!】














トンネルからバルコニーのように突き出たところで見る感じですね。

みなさん、ものすごい勢いで写真を撮りまくってます。

その勢いに押されて早々に退散。

トンネルを少し戻り、「吊り橋」という看板のある出口へ。









b0295234_21481952.jpg

【けっこうリアルな吊り橋で、歩くだけでかなり揺れるので、お年寄りの方は四苦八苦していました】









揺れるということは、カメラもブレやすいということ。橋の上を歩く人がいなくなった時を見計らい、ムムっと思いっきり踏ん張って写真を撮ります(笑)。









b0295234_2149110.jpg

【吊り橋から見た滝。左の突き出たコンクリのバルコニーみたいなのが、さっきまでいたところですね】









b0295234_2150556.jpg

【タテ位置だとこんな感じ】









b0295234_21505514.jpg

【滝と反対方向は、こんな雰囲気です。こちらもなかなかでしたよ】










ふむふむ、観光地然とした滝ではありますし、トンネル経由というのもアレですが、滝そのものは写真よりもスケール感があって、すごく綺麗でしたよ。

もうこのあたりだと紅葉も散っているので、もう少し早く来たらもっと綺麗だったでしょう。まあそれは来年のお楽しみということで、とっておきましょう。


さて、このまま吊り橋を渡って川沿いの遊歩道を歩いてもよかったのですが、何せクリート付きのシューズで歩きづらいので、無難にトンネルを引き返すことに。

その時、とある方に「僕も自転車やるんですよ! どこから来たの?」と声をかけられたのですが、突然のことで答えがしどろもどろになってしまい、何か変な空気のまま別れてしまいました。もしもこのブログを見ていたら(可能性きわめて薄いけど)、この場を借りてお詫び申し上げます。。。

でも、自転車乗りの方って、いい人が多いですね! 団体観光で来られている感じでしたが、ジャージ姿で小脇にヘルメットを抱えた人を見つけて嬉しくなったんでしょうか。その気持ち、何となく分かりますね〜。きっと自転車に乗りたくなったんじゃないかな(笑)。



さて、トンネルを歩き、自転車を置かせてもらってあるお土産屋さんに戻ります。




そういえば来る時、店の前で魚なんか焼いてたなぁ。

美味しそうだったなぁ。

でも、お金がないなぁ。




…なんてことを考えながら店の前に来ると、やっぱり焼いてます(笑)。

おそるおそる値段を見ると…


「鮎の塩焼き 450円」









ゲーーーーーーーーーーー!!!!!

予算オーバー…





久慈川は鮎が名物なんですよね。来る時も国道沿いに看板がいっぱいありましたもん。



ああ、食べられないと思うとよけいにお腹が空きます。

もう耐えられない〜!!!!!

そしてふと目線を魚の左に移すと…。










b0295234_221596.jpg










お団子、メチャクチャ美味しそうじゃないですか〜!!!!!!









そして目線を値札に移すと…








「250円」









うっわああああああ!!!! 50円オーバー……







炭火の前で小銭入れと格闘しているジャージ姿のおっさんが哀れに思えたのか、お店のおばちゃんが信じられない言葉を投げかけてくれたのです。









「さっきの自転車のお兄さんでしょ。何、50円足りないの? じゃあ、特別におまけしてあげる。200円でいいわよ♡」









「奇跡の光景」に続き、「奇跡のお団子」ゲットです(涙)。












b0295234_2235826.jpg

【茨城の人、あったかいっす…。そしてこのお団子、最高に美味しかったっす!!!!】










みそ田楽風の大きなお団子で、ふっくら柔らかくて、涙が出るほど美味しかったです。

「茨城♡」ですよ!



あったかいお茶までご馳走して頂き、なんだかとっても元気が出て、何度もお礼を言って店を後にしました。

袋田の滝、最高〜〜〜〜。また来るよ〜〜〜〜!!!!!









b0295234_2274988.jpg

【お団子チャージで元気になって、いざ下山】









b0295234_2285092.jpg










b0295234_2281564.jpg










b0295234_2283034.jpg










再びお土産屋さん街を抜け、紅葉を楽しみながら帰るとしますか。









b0295234_22101180.jpg










b0295234_2293428.jpg










本当は袋田の滝より奥の道も探検してみたかったのですが、時間がないのと、なにせ「無一文」のため、今日のところは諦めて走って来た国道を再び戻ります…。









b0295234_22122182.jpg

【さよなら久慈川! 今度は鮎食べるよ〜】








b0295234_22134562.jpg

【道端で見つけた綺麗な紅葉】









b0295234_22142321.jpg

【ドマーネ6“pcblue号”も、夕陽を浴びて嬉しそうです】










計らずも今回は「ほぼ平地ライド」になってしまいましたし、「ほぼ交通量の多い国道走り」にもなりましたが、不思議な物で、帰る頃にはトラックとの並走もすっかり慣れて、それほど苦にならなくなっていました。こういう道は怖がってフラフラ走るとよけいに危ないですね。道路の左端ってけっこう路面が荒れていたり、継ぎ目があったり、アルファルトが盛り上がっていたりするので、もう開き直って堂々と車寄りのところを走っちゃう方がいいですね。車のみなさんには申し訳ないけど、抜けるタイミングで抜いて下さい…という感じの方が、結局は車側も怖くないんじゃないかと思いました。フラフラと危なっかしく走っている自転車の方が怖いでしょうからね。

平地は苦手なんですけど、少しは成長したかな!?




復路は下り基調だったせいもあり、思ったより早く常陸大宮市街が近づきます。かといって海まで行けるほど時間もなかったので、行きに寄った自然公園に寄り道です。









b0295234_22214714.jpg

【やっぱりここが一番ヤマっぽかった、というオチ(爆)】









…でも、茨城の方の人情と「奇跡の光景&お団子」が心に染みた、素敵な80㎞の旅でした。









b0295234_22225225.jpg










帰り道の常磐道、「やっぱりガーミン欲しいなぁ」なんて妄想しつつ、幻想的な雲が作り出す景色を眺めていました(爆)。









b0295234_2224537.jpg











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-11-28 22:38 | ヒルクライム | Comments(6)
Commented by ルブランク at 2013-11-29 00:39 x
お疲れ様でした!500円のドラマですね〜
特にデポするときには何か忘れそうで怖いですね〜。
それにしても日本にはいろいろな観光地があるものですね。
綺麗な景色と人情に触れてよかったですね!
Commented by T.A at 2013-11-29 08:42 x
おはようございます。
袋田の滝、いいですね~(^^)
お団子エピソードも良い思い出になりそうですし。笑
平地メインでしたか~?結構アップダウンがありそうに思ってました。
大子から栃木県の烏山、馬頭にかけての里山の雰囲気が大好きで、今秋こそ自転車で走ってみたいと思ってましたので、やられた~って感じがちょっとします。笑
今年はもう無理かな~。ワタシもぜひ行ってみたいと思います。
Commented by たけと at 2013-11-29 17:48 x
こんにちは、ブログ楽しく読ませて頂きました。
私はミニベロ乗りのたけとと申します。
ほんといい景色ですね、写真がたくさんあって楽しめました^^
Commented by pcblue at 2013-11-29 18:24
♪ルブランクさん♪
そうそう、まさに500円のドラマ!(笑)
いや〜、ドジですね。仕事ではこんなことないんですけど。。。
観光地って、確かに調べてみるといろいろあるんですね。
僕も自転車に乗り始めてからたくさん知りましたよ。
Commented by pcblue at 2013-11-29 18:27
♪T.Aさん♪
どうもです!
お団子の味、忘れられません。。。
美味しかったですよ〜。もう一回食べたいくらいです。あっ、でも次は鮎かな(笑)。
ハイ、ほぼ平地でした! 道を知らないだけかもしれませんが、迷うといけないので国道のみ。ジワジワという感じの登り基調ではありましたが、まあ平地と言って差し支えないかと。
景色は良かったですよ! 里山っていう感じではありました。機会があれば、また改めて走ってみたいと思うところでした。T.Aさんも、ぜひ!
Commented by pcblue at 2013-11-29 18:30
♪たけとさん♪
ようこそおいで下さいました!
ブログ名のとおりゆる〜い感じの低刺激ブログなのでつまらないかもしれませんが、こんな感じでやっております。写真を撮るのが大好きなので、必要以上に貼付けてしまうクセがありますが、今後ともよろしくお願いします!
<< 養老渓谷 2013紅葉ライド第三弾 袋田... >>