2013紅葉ライド第三弾 袋田の滝 前編 〜奇跡の光景〜

11月26日、ようやく代休が取れて、車に自転車を積んで飛び乗ります!


「あれ? 走り出したはいいけど、どこ行こっか…」


今日は今までの反省を込めて、前日にコンビニでポカリと補給食を用意済み。

忘れがちなボトルもちゃんと水を入れて車に積みましたよ。

とりあえず「もう紅葉終わってそうだけど、秩父方面かな〜」なんてぼんやり考えながら、何気なく自転車用の小さな財布を見ると…







「お金入ってないやんけ〜!!!!!!」







またやってしまった…。

実は前にも一度、秩父方面に行った時にやらかしたことがあったのですが、二回目です。。。

自転車ライドの時は普段使っている財布ではなく、携行用の小さな財布に換えていくんですけど、この時にお金を入れ忘れてしまったのです。


「う〜ん、小銭がいくらか入ったままのはずだけど…」


祈るような気持ちでほじくると…








b0295234_1734241.jpg









500円…








他のものをきっちり用意した日に限ってこれだよ…。

かといって、もう高速。今から引き返す分けにもいかず…。





「そうだ! あそこに行こう!」




ない知恵を絞って思いついた目的にが、茨城県大子町にある「袋田の滝」でした。

ちょいマイナーかもしれないけど、茨城県では有名な観光地。いつか行ってみたいと思っていたのです。

それに、常磐道沿線のライド目的地の開拓は、僕に撮っては至上命題。

常磐道は比較的込まないし、距離もそこそこ。関越道方面に行くよりは、より気軽に出掛けられるのです。予算もないことだし、少しでも近い方が何かと気楽だし。

さらに追い打ちをかけるように、「外環道渋滞40分」の表示。もう行くしかないでしょう!

外環からすぐに常磐道に入ります。









b0295234_1745910.jpg

【途中のPAの紅葉が美しいです。平地でももうピークを過ぎましたね】









那珂インターを降りて、常陸大宮市街に車をデポ。天気は快晴。いざ出発!

土地勘も何も分かりませんが、道は簡単。国道118号線を北上するだけ。片道約40㎞の道のりです。

味気ない幹線道路の端っこを車やトラックにあおられながら走ります。

ちょっと我慢すれば山っぽくなってくれることを期待しながら…。



ちょこっと寄り道。左に逸れて自然公園らしきところへ…








b0295234_18201292.jpg




もしかしてここが一番自然が濃かったりして。









b0295234_1821330.jpg











b0295234_18211067.jpg

【なかなかいい公園です♪】









b0295234_18215926.jpg










b0295234_18221141.jpg

【こんな長閑な景色を横目に、また国道に戻ります】










b0295234_18224385.jpg

【なかなか素敵なネーミングじゃあないですか】









b0295234_18223648.jpg

【車とトラックの排ガスに痺れ、しばし休憩…】









b0295234_18234691.jpg

【並走する久慈川の景色が唯一の救い】









b0295234_18251476.jpg

【だんだん紅葉の山が近づいてきましたよ】










b0295234_1825431.jpg

【山が近づいてきても相変わらず交通量は多め。時折、蛇行する久慈川を橋で渡るんですが、その時だけ視界が開ける感じ。ただ、すぐ脇を車が通っているので、なかなか自転車を止めることが出来ません(汗)】









b0295234_1912485.jpg











まあそれにしても凄い交通量です。

まさかこんな感じになるとは…。

景色はそれなりにいいんですが、山というよりはほぼ市街地で、とにかく電線だらけで停まって写真を撮ろうとは思えません。

さらにキツいのが排ガスで、せっかく空気が綺麗なのに台無し(涙)。





それでも素敵な山道が現れるのを信じて、緩やかな登り基調の国道でペダルを回します。






どれくらい走ったでしょうか。



だいぶ袋田が近づいたところで、ふと左の川沿いの景色に目が留まりました。











b0295234_2022430.jpg












なんだろう…。

単なる川沿いに大きな木が生えている景色なんですが、なぜか強烈に僕の心をつかんだのです。

思わず自転車を止め、道路から川へと降りられるところがないか探します。

少し歩くと、廃屋の際から川へと獣道が続いていて、なんとか川の近くまで降りられそうです。

足下はぬかるんだ土。シクロクロスよろしく自転車をかつぎ、シューズをドロドロにしながらも歩いてその場所へと吸い寄せられるように向かいました…。












b0295234_19184989.jpg














しばらく言葉を失い、その景色を眺めていました。


なんという素晴らしい光景!


袋田の滝を目指しているというのに、なぜかこの光景に出会えただけで満足している自分がいました。

雄大な山と清流と太陽をバックに、大木から舞い散る紅葉の葉…

自転車でなければ、おそらく通り過ぎていたであろうこの景色。

ああ、自転車を始めてよかった。

今日、ここを通ってよかった。

大げさかもしれませんが、心からそう思えたのです。







しばらくその場にしゃがんでいると、ブワっと強い風が吹きました。

その風に乗って、残り少ない黄色の葉が目の前に舞います。

なんという光景でしょう…












b0295234_19231651.jpg














がんばってトラックの脇を走ってきてよかったな…。

そんなことを考えながら、しばらく時間を忘れてその場から離れることが出来ませんでした。


















b0295234_1925553.jpg



















にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-11-27 19:25 | ヒルクライム | Comments(4)
Commented by 104 at 2013-11-27 22:35 x
あれ~、マイナーなんですか?(笑) 県民としては日本三大瀑布として、そこそこ有名かと思ってたんですが… ちょっと悲しい! まあお隣県の滝の方が迫力あって、まわりにもたくさん観光地がありますからね。 でも今の時期はライトアップされてて、自分の好きな色に切り替えられるみたいですよ。 機会があれば夜も是非! 私もこの場所はロードバイクでは行った事はないので、続編楽しみにしてます。
Commented by ルブランク at 2013-11-27 23:25 x
ムム、奇跡の光景かぁ、タイトルに気持ちが表れてますねぇ!
でも、何かに引きつけられるようにぬかるみを越えて、
急に景色が開けると…感動の光景が!
この気持ち、わかりますよ!それって僕らが子供の
ころ、探検や冒険をして味わった、まさにあの気持ちですよね⁉︎
それにしても写真が綺麗だなぁ〜
雲ひとつないじゃないですか?
Commented by pcblue at 2013-11-28 08:48
♪104さん♪
いやいや失礼致しました! 言葉を間違えましたね。あくまで日光や那須みたいなところと比べて…という意味でして…(汗)。
自分としても常磐道沿線はアクセスしやすいので、筑波界隈以外にもどこかないかなと常々考えているんですよ。特にこの奥久慈周辺は注目しているんですけど…。何かいいルートがあったら教えて下さいね!
Commented by pcblue at 2013-11-28 08:50
♪ルブランクさん♪
自転車ライドは、いつもちょっとした冒険ですね。特に今回は、何気ない景色に心を奪われてしまいました…。そんなのも自転車の良さかなぁと。
グチャグチャの土の上を自転車担いで河原まで走ってる姿、おまわりさんに見つかったら職質モノですね(苦笑)。
<< 2013紅葉ライド第三弾 袋田... 2013紅葉ライド第三弾 予告 >>