2013紅葉ライド第一弾 〜釜飯、碓氷湖、めがね橋〜

空腹のまま軽井沢を目指すことになり、さすがにこれはヤバいと思い始めたところで、横川に到着。
横川と言えば、アレでしょう…。






b0295234_20141440.jpg






荻野屋の「峠の釜飯」でございます。





上信越道の横川PAで食べたことはあったのですが、それ以外では初。

しかし店内は観光客でごった返していて(すごい人気ですね〜)、外のトラックの発着所みたいなところの横で寂しく食べました。

お腹が空いていたので、ものすごく美味しく感じたものの、なぜか完食出来ず。

疲労感が食欲に勝ってしまっているのです。

何かおかしいぞ…。


なんとなく体の異変を感じながらも、ここでようやくボトルの水をゴクゴク。
こちらはあっという間に空っぽに。
ここでようやく、それまでまったく水分を摂らずに走ってきてしまったことに気づいたのです。

そしてふと時計に目をやると…




「うわああああ! もう15時過ぎてる!?!?!?」




ようやく自分が置かれている状況に気づきます。
まさかこんなに遅い時刻になっているとは、有頂天になっていて気が付かなかったのです。

これはマズイかも…。




しかし、ここまで来て軽井沢に行かずに引き返すのも、なんとももったいない…。




「距離的にはたいしたことない。暗くなる前には下仁田に戻れるはず…」




しばし悩み、ライド続行を決断。(敗因その6)

再び自転車に跨がり、ペダルを回し始めます。




しばらく走り、右に折れると緩やかな登り基調に。
この時、なんとなく足の重さを感じていました。
日没までの残り時間が思ったより少なくなっているという現実が、ズシリと両脚にのしかかってきた…。そんな感覚でもありました。明らかに、妙義山を登っていた時とはペダルの「重さ」が違っているのが自分でもはっきりと分かったのです。









b0295234_20283834.jpg


b0295234_20303166.jpg


【碓氷峠への本格的な登りに入る手前でコーラ休憩。ドライブインには「ラーメン」のノボリ。釜飯よりこっちの方がよかったかな…(笑)】









いよいよ碓氷峠へのヒルクライムがスタート。

重い…。脚が重いのです…。

碓氷湖までは、僅かな距離。しかし、すごくキツいのが分かりました…。








b0295234_20305973.jpg

【碓氷湖着。こぢんまりとした、とても雰囲気のある湖でした】









b0295234_20322138.jpg










正直、ここで「やっぱり引き返そうかな…」と自問自答しました。
しかしそれでも、やっぱり軽井沢に行きたい!

ゆっくりでも着実に登り続ければ、なんとか大丈夫だろう…。

次の目標である「めがね橋」に向けて、再び漕ぎ出します。





まるで体が鉛のように重く、まったく速度が出ません。
おかしいな、そんなに斜度はキツくないはずなのに…。
やっぱり引き返そうか…。いや、大丈夫…。
葛藤しながらのヒルクライムは、遅々として進みません。

碓氷湖からめがね橋までは、やはり僅かな距離なのですが、ものすごく遠く感じました。









b0295234_20355067.jpg










b0295234_20352354.jpg










楽しみにしていためがね橋。
思った以上に大きく、ド迫力に圧倒されます。
紅葉もなかなか進んでいて綺麗です。

ただ、ここも観光客がすごい!

とにかくすごい人で、次々と大型バスが到着し、どんどん人が降りてきます。



「仮面ライダーブルー」は、格好の餌食です(爆)。



「おおおお、自転車かぁ。どこから来たの?」



ひとりのご老人が声を掛けてきました。




「えっと、千葉からです」

「な!? 千葉!? おーいみんな、この人千葉から自転車で来たんだってーーーーーー!」





慌てて「車で下仁田まで来たんですけど…」と続けた僕の言葉は、見事にかき消されました。




「まあ素敵! すごいわねぇ〜! で、これから軽井沢まで登るの!? 背も高いのねぇ。カッコいいわぁ〜♡」




素敵なおばさま方に囲まれモテモテのpcblue。
サングラス&ヘルメット姿なので、唯一のセールスポイントである背の高さだけが引き立ちます(傾向として、ご年配の淑女の方々ほど背が高いのが好きなようです)。

あなたたち、僕じゃなくて、めがね橋見にきたんでしょ…。





「がんばってねーーーー♡ バスで後ろから追いかけるわよーーーー♡」





おばさま方に見送られ、出発せざるを得なくなった僕。
もうちょっと脚を休ませたかったんですけど…。(敗因その7)





気が付けばかなり陽も傾き、肌寒さが感じられるようになっていました。
脚はますます重く、どうにも自転車が前に進みません。
それでも淑女達の声援を受けて、カッコ悪いところが見せられないじゃないですか。


目一杯ペダルを踏み込み、涼しい顔を作って坂を駆け上がっていったのでした…。












b0295234_20464811.jpg

【もうちょっと休みたかったよ〜(涙)】







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-11-03 20:52 | ヒルクライム | Comments(2)
Commented by Tomy at 2013-11-04 20:29 x
やっぱり紅葉も千葉付近とはぜんぜん色合いが違うもんですねえ。寒暖の差がこの色合いを生み出すんですかね。行ってみたいけど、ちょっと距離的に無理かな。次回も楽しみにしてます。
Commented by pcblue at 2013-11-04 20:56
♪Tomyさん♪
そうですね、やっぱり高原は色の鮮やかさが違いますね。
妙義山はまだまだこれからという感じでしたが、軽井沢はかなり綺麗でしたよ♪
<< 2013紅葉ライド第一弾 〜軽... 2013紅葉ライド第一弾 〜妙... >>