マドンかドマーネか、それが問題だ(1)

b0295234_18315596.jpg


トレック乗りにとっての目標であり「夢」は、やっぱりフルオーダーの「プロジェクト・ワン」でマドンかドマーネの上位機種を手に入れること。

僕もご多分に漏れず、マドン4.5を購入した直後から、将来に向けて「プロワン」ヘソクリ貯金を開始したわけですが…。

半年後にひとつ、大きな問題が勃発。



ドマーネが発売されたのです。



ドマーネは、純レース仕様のマドンに対し、同じくレースで戦える仕様でありながら、より快適性とエンデュランス性能をプラスしたバイク。
一番の特徴は「ISO SPEED」と呼ばれるシートチューブの構造で、トップチューブとの接続部にベアリングをかませることで、シートチューブがしなってお尻へのショックを大幅に軽減しているのです。これはレースに出る予定が今のところまったくない僕のようなライダーにとっても、すごく魅力的に思えました。



もしもドマーネが発売されなければ、迷わずマドン一択。
しかしドマーネが出たことで、狂おしいまでの苦悩が始まったのです。



さらにさらに、昨年はマドンがフルモデルチェンジを果たし、KVFというエアロ仕様に。
ますますカッコよくなってしまいました。

ドマーネ6が出た時も、マドン7が出た時も、ショップでちょこっと試乗させて頂きました。
その感想は、、、「どっちもいい!」(笑)。

そして今年の夏、ヘソクリ貯金もだいぶ貯まってきたところで、あらためてショップで両者を乗り比べる機会に恵まれました。



まず最初に乗ったのは、マドン7。

マドン7は、言わずと知れたトレックのフラッグシップ。
レースでプロライダーが駆るモデルですから、とんでもなく軽く、まさに空を飛ぶような浮遊感が味わえました。試乗車がアイオロス3D3+デュラエースの最軽量仕様だったこともあり、もう何て言いますか(笑)、漕げば漕ぐほどどこまでも加速していくような、心臓が爆発しそうな感覚を味わいました。エアロ形状に関しては、とてもじゃないですが僕の脚では体感しようもないですが、走っていても目に入ってくるヘッド&ダウンチューブのゴツいKVF形状などは、やっぱりカッコいい。「所有感」は、やはりマドン7に軍配、という感じでした。

そして、思ったよりも全然、乗り心地がいいことに驚きました。

マイバイクのマドン4.5はロングライド向けで、かなり軟らかめのフレームだと言われてますし、実際に自分でもそう感じていましたので、マドン7はさぞかし硬くてカンカンしてるだろうな…と予想していたんですが、意外や意外、確かに硬さは感じるんですが、思った以上にマイルドなのに驚きました。特にお尻に伝わってくる振動は想像を大きく下回るもの。これはブレーキをBB下に移動したことで、不必要な剛性を落としているからとのことでした。
この予想外の乗り心地の良さには思わず「う〜ん、ドマーネいらないかも…」と思ってしまうほどでした。正直、乗り比べるまではドマーネの方に心が傾いていたので、これには参りました。マドン7の方が高いですし…。



そして、次にドマーネ6。

こちらは、マドン7とは対照的に、「硬い」という印象でした。
えっ、と思われる方もいるかもしれませんが、想像していた以上に「硬い」のです。

しかし、ただ硬いのではなく、不思議な硬さでした。

「ISO SPEED」というシステムでシートチューブがしなるので、お尻は快適です。
ただ、ポヨンポヨンとするほどではなく、あくまでもロードバイクの範疇での快適さ。路面の情報はしっかりと伝えてきます。
驚いたのは、フレームのダウンチューブからBBにかけての剛性感が半端じゃなく、僕の感想では、マドン7よりも「硬い」と感じてしまったのです。何か、その部分だけ金属で出来ているかのような、そんな重厚感でした。発売直後にも試乗していたのですが、短時間だったので、今回じっくりと試乗してみると、お尻の快適さよりも、下回りの硬さが強く印象に残りました。

そして改めて感じたのが、その下回りの剛性感とホイールベースの長さ、フロントフォークの形状が生み出すとんでもない安定感!

まるでハンドルを固定してあるかのようにビシっとした直進性は、ものすごく魅力的に感じました。
ダンシングでバイクを振った時の剛性感もものすごく、案外、登りもいけそうだな、と。
それに、これ、きっと山の下りで安心だろうなぁ、と…。マドン7が「ヒラリヒラリ」という感じなのに対し、ドマーネ6は「どっしり」という表現。バイクを自由自在に振り回すような楽しさはないですが、安心安全にどこまでも走って行けるような、そんな頼りがいのある感触がありました。

僕は山、つまりヒルクライムも好きなのですが、タイムを競ったり、自分でTTしたり…ということはありません。あくまでも景色を楽しみながらのんびり登って、へっぴり腰で下ってくるのみ。
そう、下りが怖いのです。
普通、ヒルクライムをするなら迷わずマドンなのでしょうが、僕はそうは思えませんでした。
確かにヒルクライムは好きですが、平地も走りますし、ロングもやりたい。
基本、「ゆるゆる」ですので、「マドン7じゃなきゃダメ!」というのはまったくなかったわけです(「だったらマドン4.5で十分だろ」というのは置いといて頂いて…)。

ドマーネ6の試乗車はアルテグラコンポで、ホイールはデュラC35。確かにマドン7に比べれば重い感じはしましたが、そこは不思議とあまり気になりませんでした。


とにもかくにも、マドン7とドマーネ6の乗り比べの印象は、マドン7が「思ったより乗り心地がいい」となり、ドマーネ6が「思ったよりガッシリとした硬さがある」という、ますます悩みが深まるという、非常に困った結果になってしまったのです(苦笑)。







b0295234_1851081.jpg

【結論は再び深い霧の中へ…】






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-09-26 06:09 | 自転車のこと | Comments(2)
Commented by まーぶ at 2013-09-26 09:10 x
おはようございます。
悩みどころですね!
でも悩んでる時が一番楽しいですよね。

マドン7とドマーネ6・・・
自分の視野には全く入りません。
値段が高すぎるから(笑)
Commented by pcblue at 2013-09-26 10:53
♪まーぶさん♪
おはようございます!
そうなんです。いっそドマーネなんか出なければよかったのに…と、何度思ったことか。
でも実はもう、どちらかに決めて納車待ちなんですよ!!!

確かに値段は…。
でも、後悔したくないので、思い切りました。
<< マドンかドマーネか、それが問題... 荒川CR〜葛西臨海公園〜江戸川CR >>