コンチネンタルGP4000s

b0295234_1158296.jpg


ロードバイクにおいて、一番手っ取り早く「違い」が分かるパーツ…
それが「タイヤ」かもしれませんね。

鈍感な僕でも、タイヤを換えた時って、その違いがはっきりと分かります。
同じ銘柄でも、新しくしただけで、はっきりと乗り心地が良くなりますもんね。

マドン4.5のタイヤ遍歴は…

完成車に付いてたもの(ボントレガーのなんちゃら。23C)→ボントレガーR3(23C)→ミシュランPRO4 SC(23C)…ときて、最近、ショップの店長のすすめもあって、コンチネンタルGP4000sというタイヤいチェンジしました。
幅もそれまでの23Cではなく、ジテツウも想定していたし、店長もイチオシだったので、25Cに。

このタイヤ、好みもあるでしょうが、間違いなく自分としては、今までで一番好感触です。

コンチネンタルGP4000sは、転がり抵抗が軽いと言われていますが、それは僕でも分かりました。
とにかくコロコロコロコロよく進みます。

それと、今までのタイヤよりも「ゴム感」があるというか、抵抗感とは違うゴムゴムした感触があって心地いいです(なんだそりゃ!?)。

同じく巷で評価の高いミシュランPRO4ですが、個人的にはあまりピンとこなかったんですよね。
むしろその前のボントレガーR3の方がしっくりいってたような気がしたんです。
そんなことを店長に話したら、「pcblueさんは、プニプニした軟らかいタイヤより、シャキっとして転がるタイヤの方が合ってるのかもしれませんね」と、コンチネンタルをすすめられたわけです。

それに、25Cというサイズ。

正直いって、見た目はイケてません(爆)。
ロードバイクの、あの細いタイヤに憧れていたクチなので、やっぱり23Cの方がカッコいい。
でも、裏を返せば、見た目以外は全てOKです。
上手く表現出来ませんが、とにかく安心感が段違い!

何か難しい計算式だと、23Cより25Cの方が接地面積の関係で路面抵抗が小さくなるらしいですが、実際に乗ってみて、「小さくなる」感じは分かりませんが、少なくとも23Cより抵抗が大きくなるというような感触もありませんでした。
もう山も何度か登ってみましたが、僕レベルではまったく問題ないです。
また、下りでは25Cの方が圧倒的に楽だし、安心出来ました。

理屈はよく分かりませんが、この安心感は素晴らしいです。
特にジテツウでは、けっこう段差のあるところも通りますし、25Cにして正解だったと思います。


ちなみに店長は、自身のマドン7のチューブラータイヤでも、積極的に25Cを選んでいるそうですよ。


これからロードバイクは25Cが主流になっていくのでしょうか。
でも、あの23Cの細さも捨て難いんですよねっ。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-09-21 12:20 | インプレ | Comments(2)
Commented by なす子 at 2013-09-24 12:28 x
はじめまして、コメントから遊びに来ました。
私もタイヤはコンチ4000Sです。
やはり周りに居る走れる人が多く使っているというのが理由です。
あとパンクしにくいとも聞きますし。
使った感じは鈍感なのでよく分かりませんが(笑)
なんの不満もないので、次もコレにしようと思ってます。

ブログの写真にこだわりを感じます!
これから、どんどんいろんなトコロに出かけて綺麗な写真を見せてくださいね!
Commented by pcblue at 2013-09-24 14:44
♪なす子さんへ♪
うわあああ〜本物だ!(笑)
本物…ですよね?(爆)
さっそくのご訪問、ありがとうございます!
ブログ初めてよかった…(涙)。

4000s、履いているのですね。同じタイヤ、嬉しいっす。
ショップ店長イチオシで、もう1年くらい前からすすめられていました。でも、ミシュランも一度履いてみたかったもので…。実際に履いてみると、4000s、いいタイヤです。初心者の僕でもなんとなく分かります。今やすっかりお気に入りです。

写真を褒めてくださり、ありがとうございます。
写真撮るために自転車乗ってる…と言っても過言じゃないくらい、自転車+撮影を楽しんでいます。秩父の景色も、これからたくさん撮りたいと思っていますので、なす子さんもバンバン色々なところを載せて下さいね。いつも参考にしていますので。
<< 幸せな朝 レースXXXライト ステム >>