襲撃未遂事件 前編

b0295234_20181759.jpg


それは、ロードバイク・マドン4.5を手に入れてから半年、去年の蒸し暑い6月の、ある夜のことでした。

いつものように夜中の2時に起き出してライドに出掛けた僕。
江戸川CRを北上して関宿城か、利根運河経由で利根川、手賀沼…というのが定番ルートだったのですが、なぜかこの日は気分が高揚していて、行ったことのないルートを走りたくなりました。

「そうだ、荒川CRに出てみよう」

江戸川CRと並んで、関東を代表するサイクリングロードが荒川CR。
しかしまだ僕は行ったことがなかったのです。

会社が足立区なので、ジテツウの要領で綾瀬に出て、わりとすんなりと荒川CRの左岸にIN出来ました。
もちろん辺りはまだ真っ暗。
しかし、走り慣れた通勤路だったせいもあり、特に何も考えもせずに鼻歌まじりのライドでした。

今考えれば、そんな時間に走ることだけでも非常識。
大人のやることではありません。
でもこの時僕は、悪い意味で完全に「調子に乗っていた」のです。

夜中のCRはけっこう怖いところ。
でも、この時の僕は怖い物なし(苦笑)。
真っ暗闇のCRをライトの明かりだけを頼りに爆走していました…。


さて、初の荒川CRに入ってみたものの、目的地はどうしよう…。
そう言えば、このまま南下すれば葛西臨海公園に着くってネットで見たことがあるな…。

葛西臨海公園と言えば、車では行ったことはあるものの、まだ自転車では未到達の地。
江戸川CRのシンボルと言えば、北の関宿城、南の葛西臨海公園。
なぜか興奮し、さらにご機嫌でペダルを回しました。



そして、「事件」は起こりました。



首都高を上に見上げながら荒川CRを走り、とあるスロープのようなところに差し掛かった時でした。
そのスロープを下っていると、30mくらい下に、街灯に照らされたふたつの人影が見えたのです。
時刻はまだ3時過ぎ。ジョギングやウォーキングの人影は見当たりません。

「あれ? こんな時間にこんな所で何してるんだろう?」

さらに近づいてみると、そのふたつの人影は男だと分かりました。
それも、かなり背が高くてガタイのいい若い男二人組でした。

そしてあろうことか、そのプロレスラーのような男二人は、こちらに向かって何かを喚きながら全力疾走で突進してきたのです。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by pcblue | 2013-09-09 06:10 | 自転車のこと | Comments(2)
Commented by まーぶ at 2013-09-09 10:52 x
この後いったい何が起こったのか・・・
ガタイのいい男二人組ってだけでかなりヤバい雰囲気ですね!
Commented by pcblue at 2013-09-10 09:01
♪まーぶさん♪
かなりヤバかったっす…
<< 襲撃未遂事件 後編 エスカレート >>